活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

グラミンフォンという奇跡

グラミンフォンという奇跡 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換 [DIPシリーズ]
グラミンフォンという奇跡 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換 [DIPシリーズ]

(2007/07/12)
ニコラス サリバン 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:24

目の前に、食べ物に困っている人たちが大勢います。

あなたは、この人たちに何を与えるべきでしょうか?

食べ物を与えることもできるでしょう。
それで彼らは少し生きのびることができます。

しかし、与えた食料を食べ尽くしてしまったら、
また新たな食料を与えなくてはなりません。

次に、食料ではなく「牛」を与えたらどうなるでしょうか?

牛はミルクをつくります。
つくったミルクを売ってお金に換える。

これは一時的な施しではなく、仕事を与えたことになり、
この仕組みで生活ができるようになります。

それでは、「牛」を「携帯電話」に代えてみたら?

  「ここはバングラデシュだ。みな食べるものにも不自由している。
  電話を使って何をするのだ」

これはイクバル・カディーアさんが、
バングラデシュで携帯会社を起業する準備のため、
統計局長官にデータ提供を求めたときに言われた言葉。

世界で最も貧しい国のひとつ、バングラデシュ。
その国では多くの人々が1日2ドル未満で暮らします。

しかし、カディーアさんは次のように考えました。

  「私は、<つながること>はすなわち生産性なのだと気付いた。
  それが最新のオフィスであろうと、発展途上国の村であろうと」

カディーアさんが考えた、貧困の国で電話を普及させる
ビジネスモデルは、次のようなものでした。

まず、グラミン銀行からマイクロクレジットで融資を受けた
各農村の女性起業家(テレフォン・レディ)が、携帯電話を保有する。

次に、彼女達は村人たちに携帯電話を使ってもらい、
その利用料金でローンを返済し、収入を得る。

こうすることで、25万台のビレッジフォンが、
1億人の通信手段として普及しました。

これが、「牛の代わりに携帯電話」というビジネスモデルです。

本書は、イクバル・カディーアさんがバングラデシュで
携帯電話会社グラミフォンを成功させた物語。

しかし、単に起業のストーリーではなく、
その作り上げたビジネスモデルが経済を活性化し、
貧困問題を解決する仕組みとして紹介されています。

また、グラミンフォン以外の事例も取り上げ、
BOP(ボトム・オブ・ザ・ピラミッド)の
ダイナミズムが世界を変える可能性があることを伝えます。

本書は2007年7月刊行の本。

私は、読む時期を逸していて、ずっと気になる本だったんですが、
やっと読むことができました。

この本から何を活かすか?

  「カディーアは、人々が黒と見るときに白と見るような
  才能を持っていた。彼は、魅力的でないもの
  -困窮しているお粗末なビジネス-
  こそが、実は魅力的な投資対象となることを知った。」

本書はBOPの成功したケースですが、
発想の転換として刺激的でした。

バングラデシュだからできたのではなく、
バングラデシュでもできたと考えると、
日本の今の閉塞感を打ち破るアイディアや
ビジネスモデルが発想できるかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1281-5782ae42

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT