活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

コーチングの神様が教える「前向き思考」の見つけ方

コーチングの神様が教える「前向き思考」の見つけ方
コーチングの神様が教える「前向き思考」の見つけ方
(2011/06/16)
マーシャル・ゴールドスミス、マーク・ライター 他 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:25

本書は、「コーチングの神様が教える」シリーズ第3弾。

著者は、あのジャック・ウェルチさんなどの
コーチを務めたことで知られるエグゼクティブ・コーチの第一人者、
マーシャル・ゴールドスミスさん。

シリーズ第1弾の『「できる人」の法則』では、
リーダーが持つ悪い癖を直すことがテーマでした。

続く第2弾の『後継者の育て方』では、
後継者にバトンを渡す方法が解説されていました。

そして、待望の第3弾である本書のテーマは「モジョ」。

本書の原題は、「Mojo: How to Get it, How to Keep it,
How to Get it Back When You Lose it
」です。

「モジョ」とは、一体、何なのか?

この言葉はもともと、超自然力を信じるブードゥー教の
布切れや小さな袋の形をした魔力のあるお守りからきています。

ゴールドスミスさんは、人生でもっと意義を見出し、
幸せを得るためにベストな心の状態を「モジョ」と呼びます。

  「モジョは今自分がしていることに前向きな気持ちを持つこと。
  それは自分の心の内から始まり、外に輝き出るものだ。」

一般的には「ゾーン」とか「フロー」と呼ばれ、
集中力が高く、優れたパフォーマンスを発揮できる状態に
近いものです。

何をやってもうまくいく波に乗った状態で、
運ではなく、自らそれをコントロールするのが「モジョ」です。

「モジョ」は個人的な力で、手に入れることも、維持することも、
失うことも、取り戻すこともできます。

「モジョ」を手にするために重要な要素は、次の4つ。

  1. アイデンティティ(自分が何者かを理解する)
  2. 成果(最近達成した成果は何か?)
  3. 評価(周りからはどう見られているのか?)
  4. 受け入れる(できることを変え、できないことは諦める)

この4つの重要性と相互関係を理解すれば、
仕事でもプライベートでも「モジョ」を得ることができると
ゴールドスミスさんは説きます。

そして本書の後半では、「モジョ」を得るために、
14のツールセット、つまり具体的な戦術を示します。

正直、表面的な説明だけだと、「モジョ」については、
判然としない印象があるかもしれませんが、
本書でゴールドスミスさんは豊富な事例を示していますので、
読むほどに「モジョ」について理解が深まります。

更に読後には、「モジョ」を得て人生の質を高めたいという
気持ちが自然と湧き出てきます。

この本から何を活かすか?

  「モジョ・スコアカード」をつけてみる。

「モジョ・スコアカード」とは、自分の1日のいくつかの活動内容を
ピックアップして、それぞれ10個の質問に答えて、
10点満点のスコアをつけるもの。

  ・モジョスコア質問内容/英語版
  ・モジョスコアカード/英語版
  ・モジョスコアカード/日本語版

このスコアカードをつけると、自分のモジョが測定でき、
何をしているときにモジョが高いのか、
あるいは何をしているときにモジョが低いのかを
把握することができるようです。

私もゴールドスミスさんの記入例を参考に
モジョ・スコアをつけてみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 07:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1243-c23397fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT