活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

7つの法則 ― ビジネスを成功させる正しいコツ

7つの法則 ― ビジネスを成功させる正しいコツ
7つの法則 ― ビジネスを成功させる正しいコツ

(2011/05/31)
マーク・トンプソン、ブライアン・トレーシー 他 商品詳細を見る
 
満足度★★★
付箋数:21

  1.リーダーとして成し遂げたことで、
   最も誇りに思うことは何か。三つ挙げよう。

  2.これまでの失敗の中で、最も教訓になったものは何か。
   その経験を自分のビジネスにどうやって生かそうと思うか。

  3.前に進むことが困難で、先の見通しも不確かな時、
   道を曲げない勇気をどのようにして他者に示すか。

  4.自分のリーダーとしての有効性を測る最も重要な尺度は何か。
   自分はなぜ給料をもらっているのだと思うか。

  5.今してることの中で、今分かっていることを知ったうえで
   もう一度はじめからやり直すとすれば、「今度はしない」と
   思うことはあるか。
   リーダーとして、今日、「するのをやめよう」と思うことは何か。

  6.社員、得意先、そして自分の家族にとって3つのP
   (目的、情熱、成果)は何か。

  7.自分のリーダーシップと仕事の状況が最高の状態を
   イメージしよう。それは現在とどこがどのように違っているか。

これは、本書、第1章末に書かれている
「素晴らしいリーダーになるための」7つの質問。

本書の監訳者である渡邉美樹さんは、本書の読み方として、
全体を読む前に、各章の最終ページにある「7つの質問」に
答えてみるように勧めています。

そして、全体を精読した後、再度、この質問に答えてみる。

いったい、どのような変化があるのか?

渡邉さんは、何度も本書を読み込み、
期間をおいてチェックを重ねることで、
さまざまな事柄が見えてくるようになると解説しています。

さて、本書は素晴らしいビジネスを築くための
7つのステップを具体的に示した本です。

著者は、「ビジョナリー・ピープル」の共著者である
マーク・トンプソンさんと、成功哲学の第一人者の
ブライアン・トレーシーさん

ビックネーム2人の強力タッグで書かれています。

  第1章 素晴らしいリーダーになる
  第2章 素晴らしいビジネスプランを立てる
  第3章 素晴らしい人材で周りを固める
  第4章 素晴らしい製品やサービスを提供する
  第5章 素晴らしいマーケティング・プランを立てる
  第6章 素晴らしいセールスの方法をマスターする
  第7章 素晴らしい顧客体験を提供する

実際に読んでみると、非常に分かりやすく説明されていますが、
意外とさらっと書かれている感じです。

トンプソンさんとトレーシーさんの共著で、
カバーされる範囲は広くなっているものの、
深く入り込むようには書かれていないのかもしれません。

この本から何を活かすか?

本書には付録として、ビジネスから離れて、
「素晴らしい人生を生きる」ためのポイントが、15ページ程度の
文章にまとめられ、掲載されています。

その中では、理想の未来を実現のために必要な、
貯蓄額の計算方法が示されています。

  「毎月の必要額に240を掛ければ、経済的自立のために
  蓄えるべき目標金額がわかる。」

私が、以前このブログで試算した、経済的自立のための
必要元本額は、「毎月の必要額×100」
(月30万必要な人は、3000万の元本があればよい)でしたから、
本書の考えとけっこう大きな開きがありますね。

やはり、消費するためのストックと考えるか、
フローを生むためのストックと考えるかで、
大きな違いになるのだと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1219-51f0edfb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT