活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

カモメになったペンギン

カモメになったペンギン
カモメになったペンギン
(2007/10/27)
ジョン・P・コッター、藤原和博 他商品詳細を見る

満足度★★★

本書は、あるペンギンたちの集落を舞台にした寓話です。

永久に安全だと、誰も疑わなかった
自分たちが暮らす氷山に、重大な変化が訪れます。

それは、誰もが受入れたくない事実。
「Our Iceberg Is Melting(私たちの氷山は溶けている)」
これが、本書の原題でもあります。

そして、この問題を解決するために、
5羽のキャラクターの異なるペンギンが中心となって、
改革を進めます。

本書の翻訳をした藤原和博さんも「あとがき」で、
(あとがきを立ち読みする人に敬意を表して)
あまりストーリーがバレないよう配慮していますので、
私も寓話の内容の紹介は、このくらいに留めておきます。

本書の著者、ジョン・P・コッターさんは寓話形式の
ビジネス書の利点として、次のような点を挙げています。

  ・効率よく45分で読める
  ・読者層を問わず読める
  ・楽しく読め学びやすい

そして、寓話形式の本を読む際の最も大切な点は、
「想像力」を働かせることでしょう。

コッターさんは、自分が、溶けかかっている氷山の上で
生活していると想像したり、氷山をいろいろなものに変え、
自分にとっての氷山は何かを考えるように勧めています。

日々の移り変わる世界の中には、氷山の問題が驚くほど
存在しているようです。

さて、あなたにとっての氷山は、いったい何でしょうか?
そして、その問題を解決すべく改革できるでしょうか?

この本から何を活かすか? 

本書の教えは、コッターさんの提唱する
「変革を成功させる8段階のプロセス」が元になっています。

 1.危機意識を高める
 2.変革推進チームをつくる
 3.変革のビジョンと戦略を立てる
 4.変革のビジョンを周知徹底する
 5.行動しやすい環境を整える
 6.短期的な成果を生む
 7.さらに改革を進める
 8.新しい文化を築く

コッターさんのwebサイト(英語)では、これらのプロセスが
ペンギンのイラスト付きで、読むことができます。
また、コッターさんからのメッセージ映像もありますので、
興味がある方はご覧ください。 

May the reading be with you!      

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/120-b54177ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT