活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ウラ目の法則

いやでも人生が好転する! ウラ目の法則 ピンチを成功に変える?テク
いやでも人生が好転する! ウラ目の法則 ピンチを成功に変える?テク

(2011/05/18)
西田文郎 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

本書は、徳間書店・高島さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

こんなハズではなかった・・・

人生には、しばしばよかれと思ってやったことが、
逆によくない事態を引き起こしてしまうことがあります。

なぜ、そのようなことが起きてしまうのか?

  「じつは、人生には“ウラ目の法則”というものがあるからなのです。
  よかれと思ってやったこと、一生懸命考え、努力してかやったこと、
  間違いないと思ってやったこと、そういったことが、
  不思議なくらい“ウラ目”に出てしまうのです。」

今回、西田文郎さんが説くのは、人生の「ウラ目の法則」。

思わぬところで、出てしまうウラ目。

しかし、本書の大原則さえ知っていれば、
まるでオセロゲームのように、
すべてをひっくり返すことができるというもの。

「ウラ目の法則」には次の7つの特徴があります。

  1.ウラ目は、“正しい”ことを“真剣”にやったときに出る
  2.ウラ目は、ひっくり返せば、“幸福”に変わる
  3.ウラ目は、克服してもまたやってくる
  4.ウラ目は、完璧に近づく一里塚
  5.ウラ目は、“進歩”ではなく“進化”を招く
  6.ウラ目は、“真実の友”を授ける
  7.ウラ目は、何歳からでもひっくり返せる

この法則を知っていれば、どんな過酷なウラ目が出たとしても、
ポジティブに考えることができます。

ウラ目をひっくり返すことができると強く信じることが、
わずかなチャンスでも見逃さず、
成功をつかみとる事につながるのかもしれません。

また、本書の最終章は「序章」となっています。

なぜ、最後の章が序章なのか?

それは、現在の日本が大きなウラ目に遭遇しているので、
この章から日本が復興に向けて立ち上がって欲しいという
西田さんの願いが込められているから。

本書は西田さん流の復興支援でもあります。

西田さんは、今までにも「かもの法則」、「10人の法則」など
様々なメンタル理論を提唱してきましたが、
本書はまさに、今必要とされる心をケアする本です。

この本から何を活かすか?

  「結婚は、“ウラ目の法則”の極み」

西田さんは、結婚は誰を選んでもウラ目が出るので、
それを知っておくことが夫婦円満の第一歩と説きます。

私も結婚生活が10年以上経ちますので、
オモテ目もウラ目も、どちらも受け入れられるようになりました。

そかし、その後に訪れる「子育てのウラ目」は、
まだ私の中で受け入れる準備ができていません。

すべてがウラ目になる、子どもの思春期に、
本書をもう一度読み返したいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 09:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も読みました

裏目に出るのを、ひっくり返すと幸せになる

ということですね。

続けていれば、うまくいくということも学びました。

日本もかならず復興しますね

| 本のソムリエ | 2011/07/10 11:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1185-a4cbb471

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT