活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ライフハッカー

ライフハッカー[日本版] 辛そうで辛くない人生と仕事が少し楽になる本
ライフハッカー[日本版] 辛そうで辛くない人生と仕事が少し楽になる本

(2011/02/18)
ライフハッカー[日本版]編集部 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:17

  「ライフハックとは、仕事や生活の問題を
  解決するためのちょっとした方法です。
  これによって、面倒なパソコンの作業が速くなったり、
  仕事がうまく進んだり、人間関係もすこし改善されたり、
  机の周りが整理されたりします。」

これは、本書の編集委員を務める小山龍介さんが、
「まえがき」に書いている言葉。

本書は、2008年7月から株式会社メディアジーンによって
運営が開始されたサイト「ライフハッカー[日本版]」に
掲載された記事をまとめたものです。

ちなみに、本家、米国の「lifehacker」は、
2005年からGAWKER MEDIA社によって運営されています。

日本版オリジナル記事と米国版の翻訳記事をあわせて
日本版サイトのアーカイブは6800を超えるそうですが、
本書では、その中から「時流に流されない」
47個のおすすめハックが選らばれ、掲載されています。

ですから、本書にはPCのテクニック系のハックが
あまり掲載されていません。

生活の質を向上させたり、仕事でのストレスを軽減するような
ハックが多く紹介されています。

  ・テック系のハック → サイトで
  ・ライフ系のハック → 本書で

本書の編集に当たっても、この棲み分けが、
すいぶん意識されたようです。

紹介されるハックは、劇的に生活を変えるものでは
ありませんが、私たちの悩みをちょっとだけ軽くしてくれます。

そのちょっとの積み重ねと、使うときのワクワク感が大事。
自分なりにカスタマイズして使うのも楽しいですね。

また、本書は、デビッド・アレンさんの
はじめてのGTD」のようなシステム化を考えていませんから、
気に入ったものから、手軽にはじめられるのがポイントです。

「ライフハッカー[日本版]」のサイトとはちょっと違って、
紙面ならではの少し落ち着いた雰囲気で
ハックに対するモチベーションも違うように感じました。

この本から何を活かすか?

以下、本書で私が気になったハックです。

3.指を右へずらすだけで、覚えやすく強固なパスワードが作れる!?

   覚えやすいパスワードをキーボード上で、
   右へ1個ずつずらしてパスワードを作る。
   この方法で暗号クイズなんかも作れそうですね。

8. コーヒーの口臭問題とその解決策

   コーヒーを飲むと口臭を起こしやすいそうです。
   知らなかった・・・
   解決策は、水を口に含んで舌の表面をきれいにすること。

12.「ズブ濡れになった本は凍らせると復活する」というハック術

   濡れている間にジップロックに入れ、
   ジッパーを閉めずに垂直立てて冷凍庫に入れる。
   水分が抜けたら冷蔵庫から出し自然解凍。
   あくまで、緊急対策用のハックですね。

41.机の上のケーブルは、歯ブラシホルダーで整理

   100円ショップなどで売っている吸盤付き歯ブラシホルダーで、
   机の上に散らかっているUSBケーブルなどを固定する。
   確かに、見た目も使い勝手も良さそう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1163-d02bba44

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT