活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

挫折力

挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)
挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)

(2011/01/19)
冨山 和彦 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:27

挫折から立ち直る方法や、現状復帰のための
方法を説く本ではありません。

  「積極的な挫折を体験し、それを乗り越えることで、
  これからの時代に通用する力を身につけよう」という
  前向きな方法論。

「挫折」は人を成長させ、人生を豊かにします。

裏を返せば、挫折しない人は成長しないということでしょう。

挫折というと、ネガティブなイメージですが、
本書には、そういった暗さは一切ありません。

ここで説かれるのは、打たれ強くなり、
次の戦いに活かせる積極的な挫折。

本書の主張は、著者の冨山和彦さんの
個人的な体験に基づいています。

冨山さんは東大法学部に在学中に司法試験に合格するも、
司法修習生に進まず、コンサルティング会社のBCGに入社。

しかし、BCGも1年で退社し、
コーポレイトディレクション(CDI)の設立に参画。

その後、CDIの代表取締役社長を経て、
産業再生機構のCOOを務めました。

一般人から見ると、十分にエリートコースを
歩んでいるように見えますが、
敷かれたレールの上を歩んだわけではありません。

キャリアを捨て、新たな道を開拓しながら歩んだ経験が
冨山さんの挫折力を磨いたようです。

  第1章 挫折こそが成長への近道
  第2章 ストレス耐性を高め、挫折と折り合う技
  第3章 人間関係の泥沼を楽しみ、糧にする技
  第4章 捨てる覚悟を持つための技
  第5章 リアルな「権力」を使いこなす技

私がこの本を読んで思ったことは、
今、日本で起きている未曾有の危機も
将来的には、日本を強く豊かにするものであるということ。

今回の経験が、必ずや未来への糧になる。

本書は、ビジネス書ですが、有事に立ち向かうための
勇気と活力を与えてくれます。

この本から何を活かすか?

  「内村鑑三とマキャベリは、あなたの中に共存できますか?」

本書の最後で、冨山さんはこのように問います。

相反する2つの人格を、1人の人間の中に
合わせ持つには、ある種の「狂気」が必要。

  日常の温厚と修羅の鬼神。
  平時のバランス感覚と危機時の果断。

この狂気を善なる目的のために使いこなすことができるのが、
究極の挫折力を持つ、真のリーダーのようです。

もちろん、今は修羅の鬼神になる時です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 09:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1118-d5310c8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT