活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

街場のメディア論

2011年02月22日
社会・国家・国際情勢 3

街場のメディア論 (光文社新書)
街場のメディア論 (光文社新書)

(2010/08/17)
内田 樹 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:38

久しぶりに知的興奮を覚える本に出会いました。

本書は、内田樹さんが贈る「街場」シリーズ第4弾。

同シリーズではこれまで「アメリカ論」、「中国論」、
教育論」を刊行してきたようですが、
実は、私は内田さんの著書を読むのは今回が初めて。

一言でいうと衝撃的。

すぐに、内田さんの他の著書も読もうと決心しました。

内田さんが本書で展開するメディア論に
賛成するか反対するかは別として、
読者に知的な刺激を与えることは間違いありません。

  「どうせ口を開く以上は、自分が言いたいことのうちの
  “自分が言わなくても誰かが代わりに言いそうなこと”よりは
  “自分がここで言わないと、たぶん誰も言わないこと”を
  選んで語るほうがいい。」

これは、本書第5講の中での、
メディアのとるべき態度への言及です。

この本自体もひとつのメディアですから、
“たぶん誰も言わないこと”を選んで語るという態度が、
貫かれています。

  ・メディアの不調はそのままわれわれの知性の不調である。
  ・能力は他者から求められたときに選択的に開花する。
  ・メディアが被害者面でコメントすることがクレーマー化を誘発する。
  ・「患者さま」という呼称は医療を商取引モデル化する。
  ・本を書くことは本質的には「贈与」だ。

これらは、本書での内田さんの主張の一部ですが、
いずれも他ではあまり聞きくことのない意見です。

内田さんは、ネット上で公開した文章の著作権を放棄し、
コピーライトに寛容な態度をとっています。

それは、書物は「贈与」であるという考え方があるだけでなく、
根底には、自らの発言の独自性へのゆるぎない自信が
あるからのように思えます。

本書は、神戸女子学院大学での授業をもとに、
学生・院生とのディスカッションなどの録音テープを起こし、
それに加筆して編集する方法で作られているそうです。

出来上がった書籍は、実際の講義と
かなり違うものになっているようですが、
ハーバード大学でマイケル・サンデルさんが指導する
Justice(正義)」の講義に匹敵すると言っても
過言ではないかもしれません。

この本から何を活かすか?

  電子書籍の真の優位性

  「電子書籍が読者に提供するメリットの最大のものは
  “紙ベースの出版ビジネスでは利益が出ない本”を
  再びリーズナブルな状態に甦らせたことです。」

つまり、今まではどんなに優れた本であっても
出版ビジネスにおいて採算が取れない本は、
流通することがなかった。

しかし、電子書籍の登場によって、
そういった一部の読者が読みたくても読めなかった本への
アクセシビリティが飛躍的に高まったという主張です。

これはクリス・アンダーソンさんによって提唱された
「ロングテール」モデルが電子書籍に内包されることを意味し、
ひいては読者数全体の増加につながる可能性が
あるということかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント3件

コメントはまだありません

kenn

ぼくは内田さんの考え方が好きで、書かれるものもいろいろ読みますが、
ikadokuさんが言われるように、批判的な方も多いようです。
有名な方では、小飼弾さんなんかが、よく厳しい批評をされてますね。
そういう批評もよく読みますが、じぶんの読みの浅さを思い知らされてばかりです。

ご存知かもしれませんが、こちらが内田さんのブログです。
http://blog.tatsuru.com/
刺激的でおもしろいと思います。

2011年02月22日 (火) 22:26

ikadoku

kennさん

いつもありがとうございます。

やっぱりそうでしたか。

私は今回初めて内田さんの本を読んで、
ひょっとすると、kennさんも好きなのでは?
と密かに考えていました。

kennさんが提供してくれる情報は、
私が知らないことがほとんどなので、
今回の内田さんのブログもそうでした。

読んでみますね。
ありがとうございました。

2011年02月23日 (水) 09:36

kenn

何かのお役に立てばうれしいです。
内田さんのブログ記事は、
本にまとめられることも多いみたいです。

ぼくも、読むには読むものの、うまくまとめられず、
ブログにアップすることができないので、
何とかしたいと思っているんですが・・・


2011年02月25日 (金) 23:28

トラックバック1件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック