活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術
プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術

(2010/12/10)
永田 豊志 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:23

なぜ、残念なプレゼンは眠くなるのか?

もちろん、ハンドアウト(配布資料)を先に渡してしまうことが
その原因ではありません。

ハンドアウトをやめてしまうと、
かえって不便なことが多くなってしまいます。

残念なプレゼンで眠くなる本当の原因は、
わかりずらい、具体的でない、面白くないから。

こう説明するのは、本書の著者、永田豊志さん。

そこで、ちょうどその眠くなるプレゼンの逆、
「わかりやすい」、「具体的」、「面白い」内容で、
オーディエンスに納得してもらい、
行動を起こしてもらうプレゼンを行うのが本書の目的。

そのためには、準備が大切です。

本書では、準備の中でも核となる「構想を練る」段階を
「図解」を使ってロジカルに行う手法を説明します。

永田さんは、その手法を「図解プロット」と呼び、
プレゼンを行う上で、最も重要なプロセスと位置づけています。

         Why?
    [現実]  →  [理想]
                |
  What?  [提案]  How?

図解プロットのコア部分は、現実・理想・提案。

ここから各トピックを詳細情報に展開(ドリルダウン)して、
プレゼンの骨格を作り上げます。

本書は、約200ページの本ですが、
その半分、右側のページがほとんど図解。

その右ページを眺めているだけで、
本書の内容をほぼ理解できますから、
実際に図解の持つパワーを実感できると思います。

なんといっても、永田さんは本書の原稿でさえ、
パワーポイントで書いているそうですから。

本書はプレゼン上級者には、若干物足りないかもしれませんが、
初心者やプレゼンが苦手な人には、かなり心強い一冊です。

とにかく分かりやすい。

頭がよくなる「図解思考」の技術』に続く
「図解思考」シリーズ第2弾という位置づけ。

だたし、前著を読んでいなくても、
本書だけで十分にプレゼンに活用できる内容です。

また、「Business Media 誠」に短期集中連載された
永田さんの記事に、本書の要点が図解付きで掲載されています。

本書に興味がある方は、まずそちらをご覧ください。

 この本から何を活かすか?

一流のプレゼンテーションのアーカイブ「TED」。

永田さんも、本書の中でTEDの
質の高いのプレゼンに触れることを推奨しています。

私は、今まで度々このサイトで
世界的に有名な方のプレゼンを見ていましたが、
日本語訳付きで見れるのは知りませんでした。

同サイトのすべてのプレゼンに、
字幕が付けられているわけではないようですが、
これならもっと気軽に、楽しめますね。

TED Translations Talks in 日本語

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1066-51db030e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT