活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

逆算メモ術

逆算メモ術 ~結果を出している人の実践テクニック~ (マイコミ新書)
逆算メモ術 ~結果を出している人の実践テクニック~ (マイコミ新書)

(2010/10/23)
マイコミジャーナル編集部 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:14

知りたい!を刺激する総合サイト「マイコミジャーナル」に
連載中の人気記事「メモの極意」をまとめて、加筆した本です。

メモは単なる、備忘録に過ぎないのか?

このような疑問をもとに行われた
「メモの達人」11人へのインタビューを
目的別に振り分けて掲載し、最後に達人たちの共通点から、
新たなメモの定義を提案しています。

メモの達人として登場するのは、次の11人。

  ・浅野ヨシオさん (たった1通で人を動かすメールの仕掛け
  ・大橋悦夫さん (成功ハックス
  ・奥野宣之さん (情報は1冊のノートにまとめなさい
  ・小飼弾さん (新書がベスト
  ・小松麻里さん
  ・午堂登紀雄さん (「読む・考える・書く」技術
  ・佐々木直彦さん (時間をかけない!情報整理術
  ・原マサヒコさん (人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた
  ・美崎栄一郎さん (「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
  ・三橋泰介さん (どんな相手ともラクに話せる 「話し方」の裏ワザ
  ・村井瑞枝さん (図で考えるとすべてまとまる

このブログで紹介したことがある方もいらっしゃいますね。

思考・発想にパソコンを使うな」の著者、
増田剛己さんは、「メモ」と「ノート」を
明確に区別していましたが、
本書で紹介されるメモ術は、その両方を含んだものです。

11人の中には、デジタル派もアナログ派もいて、
メモのスタイルは様々。 

これだけ色々なメモ術が紹介されていれば、
1つぐらいは自分に合ったメモの方法が
見つかる可能性も高いと思います。

本書は、11人のメモの達人のサマリーです。

それぞれのメモ術を、あまり詳しく紹介していない面もありますから、
本書で気に入ったメモ術を見つけてから、
各達人のメモ術の本に進むのがいいかもしれません。

節約派の方は、まずは、マイコミジャーナルの
連載記事をご覧ください。

本書が刊行された以降も、小室淑恵さん、津久井将信さん
久恒啓一さんらのインタビュー記事が続いています。

この本から何を活かすか? 

私が本書の中で気に入ったのは、
原マサヒコさんの「何でもToDo」です。

誰でも心や身体を休めるために、のんびりダラダラ
過ごしたいと考える日もあるはずです。

しかし、何もしなければ何もしないで、
妙な罪悪感を抱いてしまう人もいるようです。

そこで原さんは、次のようなToDoを設定します。

  □ 9時~18時 時間を忘れてのんびりする
  □ 20時~22時 ぼーっとする

このToDoを設定、いいですね。
能動的にダラダラでき、しかも達成感も得られる。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:05 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

有難うございます!

ikadokuさん

私の「何でもToDo」を気に入っていただき有難うございます!

ぜひご活用ください☆

| 原マサヒコ | 2010/12/19 02:30 | URL |

原マサヒコさん

コメントありがとうござあいます。

特に、年末年始にかけて「何でもToDo」は
活躍しております。

| ikadoku | 2011/01/01 16:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1043-434440c9

TRACKBACK

メモで人生を豊かにするための3つのポイント - 書評 - 逆算メモ術

これまでの人生の中で「メモを取りなさい」と言われた、あるいは指導されたことがないという人は少数派でしょう。 また、自ら積極的に「僕は一切メモは取りません」と宣言している、あるいは信念として持っている人も少数派でしょう。 つまり、僕らの大多数は、何らかの...

| 知磨き倶楽部 ~ビジネス書で「知」のトレーニングを!~ | 2010/12/17 11:13 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT