活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

これからの思考の教科書

これからの思考の教科書 ~論理、直感、統合ー現場に必要な3つの考え方~
これからの思考の教科書 ~論理、直感、統合ー現場に必要な3つの考え方~
(2010/09/28)
酒井 穣 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:30

  「インテグレーティブ・シンキングのエッセンスは、
  対立する2つのアイディアを同時に検討する力であり、
  2つのアイディアのうちの一方をすんなりと選んだりせず、
  2つのアイディアが持つポイントを同時に受け入れるような、
  より優れた第3のアイディアを生み出すというものです。」

本書は、酒井譲さんの教科書シリーズ第3弾ですが、
既刊の「はじめての課長の教科書」や
あたらしい戦略の教科書」とは趣が違います。

それは、どんな人にとっても常につきまとう「思考」を
テーマにしたものだからかもしれません。

本書には、3つの柱があります。

1つ目の柱は、ロジカル・シンキング(垂直思考)。
2つ目の柱は、ラテラル・シンキング(水平思考)。

そして3つ目の柱が、冒頭で酒井さんの説明を引用した
インテグレーティブ・シンキング(統合思考)です。

酒井さんは、本書に目新しいことがあるとすれば、
それはインテグレーティブ・シンキングの提示であると
述べています。

しかし、なかなかどうして、類書が多く出版される
ロジカル・シンキングやラテラル・シンキングについても
かなり斬新な解説になっています。

思考法と言いながら、単にフレームワークを
提示しているだけの本とはまったく異なります。

ロジカルだけで終わらない。
ラテラルだけでも終わらない。

だからこそ、本書が「これからの」思考の教科書と
謳う所以なのでしょう。

  「相反する二つの考えを同時に受け入れながら、
  なおかつそれぞれの機能を発揮させる能力があるかどうか」

とは、スコット・フィッツジェラルドさんが指摘した
第1級の知性の持ち主の特徴だそうです。

トレードオフを超えたところにあるのが、
インテグレーティブ・シンキングということです。

今までも、酒井さんは質の高い本を執筆されてきましたが、
本書は更にもう一つ突き抜けたという印象ですね。

この本から何を活かすか?

ラテラル・シンキングの思考ツール「マンダラート」。

私も加藤昌治さんの「考具」を読んでから、
たびたび使っています。

酒井さんが本書でイチオシするのが、
iphoneのアプリ「iMandalArt」です。

各セルに写真や音声も配置することができるので、
通常のマンダラートより、発想を刺激されるそうです。

ちょっと、購入を検討。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 09:49 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございます!

こんにちは、酒井です。まずは本書のお買い上げ、ありがとうございます。また、とても嬉しい書評を頂戴し、ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いします。

| 酒井穣 | 2010/11/30 22:32 | URL | ≫ EDIT

酒井穣さん

コメントいただき、こちらこそありがとうございます。

今回の本は、酒井さんの思考法が公開され、
私にとっては、非常に得ることが多かった一冊でした。

| ikadoku | 2010/12/03 07:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1028-e582fff6

TRACKBACK

『これからの思考の教科書』ロジカル、ラテラルから次の思考へ

これからの思考の教科書 ~論理、直感、統合ー現場に必要な3つの考え方~酒井 穣ビジネス社 ( 2010-09-28 )ISBN: 9784828415901sickboyのバインダーで詳細を見る ■感想 人が物を考える行為は生きている...

| hobo-多読多評- | 2012/04/18 05:49 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT