活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

「つながり」を突き止めろ

「つながり」を突き止めろ 入門!ネットワーク・サイエンス (光文社新書)
「つながり」を突き止めろ 入門!ネットワーク・サイエンス (光文社新書)

(2010/10/15)
安田 雪 商品詳細を見る
 
満足度★★★
付箋数:24

  「彼氏の元カノの元カレ・・・をたどっていったら、
  その連鎖はどこまで広がっていくのだろうか。」

これはAC公共広告機構の、エイズ検査を推奨する広告に
インスパイアされ、本書の著者である安田雪さんが
行ったネットワーク分析。

この分析は、ある女性をスタートとして、
彼氏へ、元カノへ、その元カレへと3ステップで遡り、
ネットワークにつながっている人数を数えあげます。

果たして、3ステップで何人につながっているのか?

非常に興味ある分析ですが、言うは易し行うは難し。

当の安田さん自身も次のように語っています。

  「私だってこんな調査以来が来たら回答しない。
  淑女として断固拒否する。冗談ではない。」

そこで、安田さんらが行ったのは、
過去のデータをもとにしたシミュレーション。

その結果、5人と付き合えば連鎖は数千人規模へ・・・

  「さて、この見えない連鎖をどう評価するか。
  自分の胸に手をあてて、かつての交際相手たちを思い浮かべて、
  その広がりに大海原を感じるか、“色即是空”と思うかは
  あなた次第である。
  個人の小さな選択は、全体に大きな影響を及ぼす。」

ネットワークは、ありとあらゆる事象の背後に潜んでいます。

本書は、人間のネットワークに限定して書かれていますが、
ネットワークの持つ「強さ、怖さ、魅力」を余すところなく
伝えています。

  「企業でも産業でも国家でも、データさえあれば、
  それこそ疾病、自殺、天下り、
  何だってネットワークとして分析してみせる。」

世の中には、突き止められたくない「つながり」も
たくさんあるので、安田さんのこの気迫には、
ちょっと、たじろいでしまう人もいるかもしれません。

学術的な内容でありながらも、
安田さんのネットワークに対する情念を感じさせる、
不思議な魅力を持つ一冊です。

この本から何を活かすか?

人のつながりを調べる検索エンジンとして「SPYSEE」があります。

せっかくなので、安田さんの相関図を見てみました。

つながっている89%が、学者・研究者で占められています。

安田さんと直接つながっているのは、
松尾豊さん、大向一輝さん、栗田宣義さんなど、
私にとっては、名前も知らない方々ばかり。

しかし、「六次の隔たり」で世界中の人々と間接的に
つながってしまうくらいですから、
相関図の先を、あと数ステップ進むことで、
安田さんから私まで、つながっているのでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1023-8d41e31a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT