活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

晴れた日には銀行から傘を借りよう

晴れた日には銀行から傘を借りよう
晴れた日には銀行から傘を借りよう
(2007/10/23)
小堺 桂悦郎商品詳細を見る

満足度★★★

資金繰りコンサルタントの小堺桂悦郎さんと言えば、
最近では、「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」が有名です。

それ以前の著書においても、今までは、ベテラン経営者向けに、
小堺さんの、個性豊かなクライアントさんのエピソードを交え、
会社の延命方法(主にリスケ)を中心に書かれていました。

今回も、いつものユニークな語り口は健在ですが、
メインとなる対象は、これから起業しようとしている人や、
独立まもない経営者となっているようです。

ズバリ、本書のテーマは、
   これからはじめる、「カシコイ借金経営」
   または、戦略的「自転車経営」のススメ

そして、会社の成長サイクルを4つのステージに分け、
各ステージごとの資金繰りのコツを解説しています。

創業まもない人はもちろん、ベテラン経営者であっても、
資金繰りに困ったときには、どうしても自分の視点でしか、
状況を判断できなくなってしまいがちです。

しかし、小堺さんは、いつも、くだけたエピソードの中にも、
貸す側の視点を与えてくれますね。

本書では、できるだけ会社の基礎知識も盛り込みながら、
中小企業のリアルな経営の裏側を伝えています。

この本から何を活かすか?

小堺さんは本書の中で、資金管理のできていない会社は、
帳簿の代わりに、入金と支払いの別々の専用口座を用意しよう
と勧めています。

確かに、何も管理できていないよりはマシですが、
やはり、きちんと帳簿で管理できるようにならなければ、
将来的に考えても、かなり厳しいような気がします。

ここから考えるべき点は、
この本は中小企業向けの経営の本ですが、
資金管理の重要性は、個人の家計においても
同じように重要であるということだと思います。

しっかりと、資金管理できるようにしていきたいものです。

May the reading be with you!   

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会計・ファイナンス・企業分析 | 11:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コメント、トラバありがとうございます

ブログ訪問していただき、ありがとうございます。

ブログのコンセプトが近いので、
どのような本を読んで、
どのような記事を書かれているか、
参考になります。

今後も立ち寄らせていただきます。

| bestbook | 2007/11/27 22:24 | URL |

bestbookさん

bestbookさんも、年間2000冊の本に目を通しているとは、
凄まじい量ですね。
しかも、ブログで紹介されている本は割りとハードな本
が多いようにお見受けします。
いろいろ参考になりますので、
また、定期的におじゃましたいと思います。

| ikadoku | 2007/11/28 14:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/102-5cb80f3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT