活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

異端のすすめ 強みを武器にする生き方


異端のすすめ 強みを武器にする生き方 (SB新書)

満足度★★★★
付箋数:24

  「どのような働き方、生き方をするのが
  正しいということではありません。
  他人に振り回されることなく、
  自分自身が “どうありたいか” 
   “どうしたいか” という意思を持って、
  選択すること。そして挑戦を続け、
  自分自身が燃焼し尽くした感を持てる
  ような納得できる人生を作り上げる
  ことが重要だと僕は思います。(中略)

  いつか皆さんが死ぬとき、 “自分の
  人生、本当によかった” と思えるか。
  これが人生のすべてだと僕は思います。
   “今、死んだとしても後悔はない” 
  と言い切れるくらいに、熱を発しながら
  進んでいくこと。これに尽きます。」

本書は、弁護士で元政治家、タレントの
橋下徹さんが、「生き方」について
語った本です。

ベースになっているのは、2019年4月に
開催された、「橋下徹特別講演会~
自分の限界を作るな!!やってみなきゃ
わからない~」の内容です。

この講演を基に、大幅に加筆・修正して
書籍化しています。

そのため、目の前で橋下さんの講演を
聞いているように、「熱さ」が伝わって
くるライブ感があります。

私が橋下さんを知るようになったのは、
日本テレビ系の『行列のできる法律相談所』
にレギュラー出演するようになってから。

それ以前の、弁護士になって約1年で
自分の事務所を立ち上げた話や、
どのような経緯でメディア出演するように
なったかの話は、今回初めて聞きました。

本書では、橋下さんのこれまでの半生を
振り返りながら、後悔しない生き方をする
極意を語っています。

個人的に、橋下さんに魅力を感じるのは、
その「持論」の展開の仕方です。

橋下さんは、他人の受け売りではなく、
自分の頭で考えた持論を持っている人
という印象が強くあります。

  「これからの情報化時代に求められる
  能力は、 “知識・情報を持っている” 
  ということよりも、その知識や情報を
  活用して“自分の頭で考え持論を
  打ち出せる”ことであると自覚すべき
  です。」

橋下さんは、常に自分の考えを持つことを
「自分の中に持論工場を持つ」と表現して
います。

知識や情報を自分の中にインプットして、
それを基に持論を構築する。

それは、原料を放り込むと最大の付加価値
のある先端製品を作ってしまうような
工場のようなものだから。

では、橋下さんはどのようにして、
自分の中に「持論工場」を作ったのか?

それは一朝一夕で、できあがったものでは
ありません。

  「僕は、新聞やネットなどで知識・情報を
  インプットしながら、必ずそこに自分の
  意見を脳内で添える習慣をもう20年以上、
  毎日続けています。持論をアウトプット
  する僕の工場は、最新とまではいえない
  でしょう。でも、それなりの働きをする
  ものにはなっていると自負しています。」

工場なので、必ず原料は必要です。

しかし、原料だけどれだけ多く集めても
加工しないと製品にはなりません。

その原料を入れると加工するという作業を
自動化するのが、毎日の習慣なのです。

知識を得るためのインプットではなく、
持論を構築するためのインプットと
強く意識する。

そして、持論のアウトプットを習慣化
したことが、橋下さんの大きな強みに
なったようです。

この本から何を活かすか?

橋下さんが、今のようなキャリアを
歩むことができたのは、「運の要素」
もあります。

しかし、その「運」自体も、自分で
引き寄せると考えるのが橋下流。

  「運が巡ってくるかは神様ではなく、
  自分の “生き様” が決めるものです。
  新しいことにもどんどんチャレンジする
  人ほど、チャンスに恵まれやすくなる、
  運が巡ってきやすくなるということです。」

日々完全燃焼する生き様が、運さえも
引き寄せ、その他大勢から抜け出して、
圧倒的に突き抜けることを可能にします。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人は、なぜ他人を許せないのか?


人は、なぜ他人を許せないのか?

満足度★★★
付箋数:22

2020年1月、俳優の東出昌大さんは、
女優・唐田えりかさんとの不倫を、
「週刊文春」によって報じられました。

それ以来、東出さんと唐田さんへの
強烈なバッシングが続いています。
(2020年3月30日現在)

不倫は法律上も社会通念上も
してはいけない行為です。

しかし、バッシングをしている人たちは、
裏切られた杏さんの関係者ではありません。

もちろん、自分や自分の身近な人が、
直接不利益を被ったわけでもありません。

なぜ、当事者と関係があるわけでも
ないのに、強い怒りや憎しみの感情が
湧き、バッシングしたくなるのか?

  「知りもしない相手に非常に攻撃的な
  言葉を浴びせ、完膚なきまでに叩き
  のめさずにいられなくなってしまうと
  いうのは、 “許せない” が暴走して
  しまっている状態です。
  我々は誰しも、このような状態に
  いとも簡単に陥ってしまう性質を
  持っています。」

脳科学者の中野信子さんは、この状態の
ことを「正義中毒」と呼びます。

人は、「我こそは正義」と確信した途端、
「正義中毒」に走る傾向があるようです。

本書は、多くの人が陥ってしまう
「正義中毒」のメカニズムを解説した
本です。

脳科学的な知見から、その理由を解説する
だけでなく、許せない自分を理解し、
人を許せるようになるための本です。

  「人の脳は、裏切り者や、社会のルール
  から外れた人といった、わかりやすい
  攻撃対象を見つけ、罰することに快感を
  覚えるようにできています。
  他人に “正義の制裁” を加えると、
  脳の快楽中枢が刺激され、快楽物質
  であるドーパミンが放出されます。
  この快感にはまってしまうと簡単には
  抜け出せなくなってしまい、
  罰する対象を常に探し求め、決して
  人を許せないようになるのです。」

この正義中毒は、インターネットやSNS
で増長され、加速していきます。

特に日本社会は同調圧力が強く、
集団の和を乱す人を排除しようとする
傾向が激しいようです。

自分の属する集団を守るために、
ルールを守らない人を叩く行為は
正義であり、社会性を保つために
必要な行為と認知されます。

攻撃すればするほど、ドーパミンによる
快楽が得られるので、やめられなくなる。

これは集団での「いじめ」が増長される
メカニズムと同じですね。

この正義を振りかざして他人を叩く
行為は、快感であると同時に、
相手を罵ってしまう自分に嫌悪感を
抱く場合があります。

正義中毒に陥ると、批判された側
だけでなく、批判した自分自身も
苦しくなってしまうのです。

そんな自分から抜け出すためには、
どうしたらいいのでしょうか?

まず、自分が正義中毒の状態になって
いるかどうかを、自分自身で把握できる
ようになることが最初の一歩です。

ワイドショーを見て、「この人許せない」
と思う感情が出てきたときは、ひと呼吸
置くようにします。

「自分は今、中毒症状が強くなっている」
と意識するようにします。

この客観的な思考は、脳が老化すると、
より苦手になってしまうようです。

この本から何を活かすか?

正義中毒から抜け出すためには、
老けない脳をつくるトレーニングが
必要です。

本書では、次のトレーニングをすることが
推奨されていました。

1. 慣れていることをやめて新しい体験をする
 ・いつもと違う道順で歩く
 ・いつものメニューや店を変えてみる

2. 不安定・過酷な環境に身を置く
 ・「絶対に読まない本」「関心のない本」
  を手に取る
 ・ネットでの知的偏食を防ぐ

3. 安易なカテゴライズ、レッテル貼りに
  逃げない

4. 余裕を大切にする
 ・通勤時間を短くする

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3/23~3/27まで休載のお知らせ

諸事情により、3/23(月)~3/27(金)まで、
ブログの更新を休みます。

3/30(月)から再開しますので、
よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| お知らせ | 04:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深海――極限の世界 生命と地球の謎に迫る


深海――極限の世界 生命と地球の謎に迫る (ブルーバックス)

満足度★★★★
付箋数:26

地球の生態系は、太陽光がエネルギー源
となり、植物の光合成で支えられています。

しかし、その光合成の生態系とは別の
生態系があることはご存知でしょうか?

  「1977年、世界が驚く大発見がありました。
  東太平洋のガラパゴス沖の水深約2500m
  の海底で熱水噴出孔を初めて発見した
  のです。その2年後、熱水噴出孔の周り
  には、二枚貝や環形動物などの生物が
  周囲の海底に比べて非常に高い密度で
  生息することがわかりました。」

太陽光が届かず光合成ができない
「深海」に生物群集が存在している。

それは光合成とは違う生態系がある
ことを意味します。

これを「化学合成生態系」と呼びます。

光合成の代わりに1次生産を支える源は、
海水に含まれる還元物質(硫化水素や
水素など)や炭素1つから構成される
有機物のメタンです。

これら還元物質やメタンが酸化される
ことで化学エネルギーが生じ、
それを使って有機物が合成されます。

この合成は化学合成と呼ばれ、
古細菌や細菌などの化学合成原核生物
が植物のように1次生産者となります。

そして、化学合成原核生物を栄養源に
する動物が周囲に集まり、生態系が
形成されているのです。

この生態系で生息している動物の多くは、
その体内に化学合成細菌を宿しています。

これらの動物の多くは、口や消化器官
が働かないため、自らの栄養源を
化学合成細菌からもらって生きています。

その後、化学合成生態系は、
熱水噴出孔の周り(熱水域)や周囲の
海水の温度とほぼ変わらない温度の
海水が湧き出す場所(勇水域)に存在
することがわかりました。

この化学合成生態系の発見は、
20世紀における海洋生物学上の
最大の発見の1つになりました。

そして、深海の化学合成生態系の研究は
とてつもない壮大な科学テーマに
展開していきました。

それは、なぜか?

実は、化学合成生態系を研究することで、
私たち全人類が知りたいと思っている
謎を解明できる可能性があるからです。

それは生命の起源と地球外生命の謎です。

生命が生み出される条件を考えながら、
今の地球にその条件を当てはめると、
化学合成生態系がつくられる熱水噴出孔
に行き着くとも考えられています。

また、特定の化学物質があれば生命は
存在できることがわかったので、
他の惑星にも生物が存在できると
考えられるようになりました。

本書は、「最後のフロンティア」とも
いわれる、「深海」について解説した本。

生物や地球のしくみ、地震との関連や
人類との関わりについて解説します。

海洋研究開発機構(JAMSTEC)の多くの
研究員の方が、それぞれの専門分野に
ついて分担で執筆しています。

それを同機構の上席研究員である
藤倉克則さんと木村純一さんが
まとめました。

海は、地球の表面積の7割を占め、
私たち人類にとっては、欠くことの
できない存在です。

また、日本は領海と排他的経済水域を
合わせると、世界第6位の海の面積を
持つ、有数の海洋国家です。

それだけ生活にも密接している海ですが、
深海については、陸域に比べると、
まだまだわからないことが多くあります。

本書では、大深度有人潜水調査船の
「しんかい6500」などの調査でわかった
研究結果をもとに深海の謎に迫ります。

ちょっと専門的な部分もありますが、
ここまで深海のすべてを語った一般書は
他に見当たりません。

この本から何を活かすか?

地震の原因は、地球の表面を覆う
プレートの運動と深く関わっています。

いくつもの層に分かれたプレートが、
独立して運動することで、さまざまな
地質現象が起こると考えるのが、
プレートテクトニクスという学説。

そのプレートテクトニクスは、
深海で起こっています。

そのため、深海を研究することは、
地震のメカニズム解明にもつながって
いるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中学受験の超カリスマが5000組の家庭を見てわかった 子どもの学力を伸ばす親、ダメにする親


中学受験の超カリスマが5000組の家庭を見てわかった 子どもの学力を伸ばす親、ダメにする親

満足度★★★
付箋数:21

著者の西村則康さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

「全国学力・学習状況調査」は、文部科学省
が、全国の小学6年生と中学3年生を対象に
毎年行っている調査です。

この調査と同時に実施された保護者
向けのアンケート結果が、2018年の夏に
発表されました。

このアンケートは、無作為に抽出された
全国の保護者6万人が対象でした。

調査項目は、全部で24項目。

子どもの普段の様子、教育のために
支出している金額、保護者の職業や収入、
帰宅時間や最終学歴などが調べられました。

その調査結果は、日本の教育界に大きな
衝撃を与えるものでした。

・お父さんが単身赴任している子どもの
 学力はそうでない子どもより高い。

・お父さんの帰宅時間が22時以降という
 家庭の子どもの学力がもっとも高い。

・お母さんの学歴が高いと子どもの
 学力が高い。

つまり、父親は不在であるほど子どもの
学力は高く、子どもの学力への影響は、
父親より母親の方が高いということ。

あくまでアンケートなので、家庭環境と
子どもの学力の「相関関係」の一部が
現れただけで、「因果関係」がある
わけではありません。

しかし、イクメンという言葉が生まれた
ように、父親も積極的に子育てに関わる
のが良しとされていることからすると、
かなり意外な結果でした。

難関中学・高校受験指導一筋のカリスマ
家庭教師として、40年以上活躍する
本書の著者、西村さんは、この結果に
「一理ある」とうなずいたそうです。

  「(40年間指導する中で)子どもの事
  を思いながらもダメにしてしまう
  親御さんを、これまでさんざん見てきた
  からです。
  たしかにお父さんが人一倍教育熱心な
  ご家庭のお子さんは、逆に成績が
  振るわない傾向がありました。
  そればかりか、プレッシャーに
  耐えきれず学校からドロップアウト、
  家庭内暴力にまで走ってしまった
  お子さんも、この目で何人も見て
  きました。」

では、お父さんは子どもとどのように
接すれば、成績が上がるのでしょうか?

それは、「よく遊んでくれるお父さん」
になること。

特に、小学生のお父さんは、
子どもの「最高の遊び相手」でいる
ことを西村さんは推奨しています。

遊びを通じて、さまざまなことを
「教育」することがお父さんの役割。

決して、わが子に勉強させる事では
ありません。

小学校の算数で連立方程式を教えたり、
成績構上をPDCAサイクルを回すように
指導してはいけないのです。

お父さんは、子どもと一緒に遊ぶ中で、
学ぶ楽しさを伝えていくことが大切。

子どもが自ら見て、聞いて、直接学べる
環境に連れて行って、自分で学習して
いく姿勢を持ってもらうようにします。

ここでは、理想の父親の接し方を
紹介しましたが、本書ではもちろん
母親の接し方も解説しています。

どのような家庭が、子どもの学力を
伸ばすのか。

本書は、中学受験をする家庭はもちろん、
そうでない家庭でも非常に参考になる
子どもをやる気にさせる環境づくりが
紹介さています。

 1章 親の期待で、お子さんを追い詰
   めていませんか?
 2章 やっぱり大きいお母さんの役割
 3章 理想的なお父さんとは?
 4章 あらためて中学受験を考える

この本から何を活かすか?

西村さんは、親の「心の持ちよう」が、
子どもに大きな影響を与えると言います。

次のような、心の余裕と自信を持って
子どもと接するといいようです。

 ・自分の子どもの頃を振り返る心の余裕
 ・親御さんが自分の表情を感じとろう
  とする客観性
 ・自分の言動が子どもにどのように
  響いているかを理解しようとする
  共感力
 ・子どもへの強い信頼感
 ・自分自身への信頼感

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小宮一慶の「日経新聞」深読み講座 2020年版


小宮一慶の「日経新聞」深読み講座 2020年版

満足度★★★
付箋数:20

  「新聞を読むとき、多くの人が
   “残念な読み方” をしていると感じます。
  新聞の見出しだけに目を通していたり、
  自分の関心のあるところしか読まな
  かったり、という読み方をしている
  からです。そういう読み方をしていると、
  自分の頭の中に残るのは、関心のある
  記事だけになってしまいます。
  関心の幅が広い人ならいいのですが、
  そうでなければ、偏った情報しか
  入ってきません。それでは専門紙を
  読んでいるのと変わりません。」

関心の幅を広げることは、新聞を読む
大きな役割の1つです。

本書は、日本経済新聞の読み方を
解説する本。

著者は経営コンサルタントとして
活躍している小宮一慶さんです。

実は、この本は「2020年版」で、
何年か前から毎年刊行されています。

日経新聞の読み方は、毎年変わるのか?

もちろん、そんなことはありません。

本シリーズは、その年のキーワードを
掲載しているので、毎年刊行することが
できるのです。

ちなみに、2020年版に掲載されていた
キーワードは、次の5つです。

日米貿易摩擦、老後資金2000万円問題
仮想通貨「リブラ」、日韓関係、消費増税

日経新聞の読み方だけでなく、
経済時事ネタも知りたい方にとっては、
一石二鳥で情報が得られます。

日経新聞ですが、まともに読もうと
思うと情報が多すぎて、2時間ぐらいは
かかるのではないでしょうか。

さすがに、毎日、そんなに時間をかける
ことは現実的ではありません。

小宮さんは、毎日、通勤中に日経新聞を
読んでいて、かけている時間は25分ほど。

そのわずかな時間で、1面から最後の面
まで目を通し、必要な情報はすべて
得ているようです。

それは、どのような日経新聞の読み方を
しているのでしょうか?

本書では、5つのコツが紹介されています。

1. 1面トップ記事は「リード文」
 (タイトルの横にある冒頭の文章)
 だけでもいいから、必ず毎日読む。

 社会の関心事に自分の関心を合わせて
 いきます。

2. 1面以外でも、大きな記事は
 リード文だけでも必ず読む。

 また、社説で何をテーマにしているかも
 あわせてチェックします。

3. 見出しはすべて目に入れる
 (記事はもちろん全部読むわけではない)。

 紙面全体に目を通し、何を大きなテーマ
 にしているかを把握します。

4. 気になった数字はメモする。

 できる限り手を動かしてメモする方が
 いいですが、通勤中などは電子版の
 保存機能を利用するのが便利です。

5. 記事と記事を関連づけて読む
 訓練をする。

 電子版の経済指標ダッシュボードを見て、
 数字と記事の内容を関連づけるます。

ただし、このような効率的な読み方を
するにも、基本的な2つの知識を
身につけておくことが必要です。

1つは、マクロ経済の基礎知識。
もう1つは、会社の数字(会計)の知識。

この2つをちゃんと勉強しようと思うと
それなりに時間がかかります。

しかし、日経新聞を読むために必要
なのは、本当に基礎の基礎。

本書では、マクロ経済と会計の基礎
についても、それぞれ1時間程度で
身に付けられるようにまとめられて
います。

どんなことでも、基本をきちんと学ぶ
ことが大切なので、それは日経新聞を
読むときでも同じです。

この本から何を活かすか?

新聞の発行部数は毎年減少しています。
それは日経新聞とて、例外ではありません。

他紙よりは下落幅は小さくても、
徐々に発行部数は減っていっています。

発行部数だけでなく、もう1つ問題なのは、
デジタル化して儲かる仕組みに移行
できていないことです。

やはり購読料より、広告料で稼ぐ方に
軸足を置く必要があるのかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エリザベス女王-史上最長・最強のイギリス君主


エリザベス女王-史上最長・最強のイギリス君主 (中公新書)

満足度★★★★
付箋数:26

2020年1月に、イギリスのハリー王子と
メーガン妃が王族の立場から離れて、
北米で活動すると発表しました。

ハリー王子というのは通称で、正式には、
サセックス公爵ヘンリー王子です。

言わずも知れた故ダイアナ妃の次男ですね。

その配偶者のメーガン妃は、
SUITS/スーツ』のレイチェル・
ゼイン役で知られる米女優さんです。

2人の離脱問題は「メグジット」と言われ、
イギリス王室がどのように対応するかが
注目されていました。

エリザベス女王は王室の公務から
引退する二人に対し、王室を意味する
商標の「Sussex Royal」の使用を
禁じました。

家長としてときに厳しい判断をする
エリザベス女王は、2022年2月に、
イギリス史上はじめて「在位70周年」
を迎えます。

これまでのイギリス王室の歴史の中で、
最も長い在位期間を誇るエリザベス女王も
すでに90歳を超えています。

しかし、今なお引退の意向はなく、
精力的に公務活動を行っています。

エリザベス女王とは、果たして
どのような人物なのか?

今やエリザベス女王といえば、
現在の女王を指しますが、
正しくはエリザベス2世です。

1952年2月、25歳で即位しました。

イギリスだけの君主ではなく、
カナダ、オーストラリア、ニュージーランド
など合わせて16カ国の元首でもあります。

エリザベス女王には、これまでウィンストン
・チャーチルさんはじめ、最近のボリス・
ジョンソンまで14人の首相が仕えてきました。

エリザベス女王は、「政治的な経験を
長く保てる唯一の政治家」とも評され、
決して「お飾り」ではありません。

70年近い在位の中で、政治に関与し、
そして多くの事件にも遭遇しました。

ダイアナ妃が人気があった頃や、
死後の対応に対して、いろいろと非難
されることもありました。

  「本書は、イギリス史上はもとより、
  現存する君主のなかで最長の在位記録
  を誇る、このひとりの女王の人生を
  振り返ることで、第二次世界大戦後の
  70年に及ぶイギリスと世界の歴史を
  ひもといていく物語である。」

本書は、波瀾万丈の人生を送る
最強の女王陛下、エリザベス女王の
評伝です。

著者は、『立憲君主制の現在』などの
著作で知られるイギリス政治外交史
の専門家、君塚直隆さんです。

君塚さんは、最初、存命中の人物の
評伝を書くことには、躊躇があった
ようです。

それは「棺を蓋いて事定まる」という
格言があるとおり、死後でないと、
その人物評が定まらないからです。

しかし、今回、王室文書館の史料を
閲覧・使用する許可を、イギリス王室
から得て、今回の執筆に至りました。

私も物心がついたころには、
エリザベス女王は、すでに女王でした。

チャーチル首相と一緒に、教科書に
載っていた歴史上の人物が、
現在進行形で公務を行っていることは、
何か不思議な感じがします。

イギリスを取り巻く環境は、日本からは
見えない部分もあり、本書はイギリスの
現代史を知る上でも貴重な本です。

  「女王と王室のこれまでの道のりは、
  決して平坦なものではなかった。
  20世紀末には、一時は存亡の危機に
  さえ陥りそうになったこともある。
  そのような幾多の試練を乗り越えて、
  今日のイギリス王室、さらには
  イギリスの姿を築き上げてきた
  エリザベス2世とはどのような人物
  なのであろうか。」

是非、本書でイギリス女王の怒涛の人生を、
楽しんでください。

この本から何を活かすか?

現エリザベス女王の父親は、
ジョージ6世です。

この英国史上最も内気な国王と
言われたジョージ6世を描いた映画が、
英国王のスピーチ』。

本書で史実がわかった上で、
この映画を見てみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界を変えた150の科学の本


世界を変えた150の科学の本

満足度★★★★
付箋数:25

全272ページという、ページ数からは、
想像できないくらい「重たい」本。

ちょっと持ち運びするのは難しい。

でも、こんな素敵な本なら手元に置いて
おきたいと思わせる本です。

  「ラテン語のscientificaは知識を
  作り出すものを意味する。
  この広い見方から、“science(科学)”
  は森羅万象とそこに内在する対象を
  理解することを指すようになった。
  科学の発展の中心となってきたのは
  発明だ。発明は、大型ハドロン型
  加速器といった恐ろしく複雑な
  機械設備やアインシュタインの
  一般相対性理論のような高度に
  知的な概念に限ったことではなく、
  もっとずっと身近なものなのだ。
  このテクノロジーがなくては、
  私たちは民話や謎の類とともに
  取り残されていただろう。
  発明とは記述することなのだ。」

人類はさまざまな科学を発見発明し、
科学は「書物」によって、人類の知と
なってきました。

本の持つ記録性があったからこそ、
科学は時間と空間を超えて、
発展することができたのです。

本書は、タイトルにある通り、
世界を変えた科学の本をオールカラー
で紹介する図鑑のような本。

この一冊で科学史の図書館になって
いるようなものです。

著者はイギリス在住のサイエンスライター、
ブライアン・グレッグさん。

本書では科学書の2500年の歴史を、
大まかに5つの時代に区切って
紹介します。

第1章の「古代世界」では、科学の
礎となる初期の科学的な記述から
1200年頃までを扱います。

 エドウィン・スミス・パピルス
 ヒポクラテス『ヒポクラテス全集』
 アリストテレス『自然学』
 プトレマイオス『アルマゲスト』
 フィボナッチ『Liber Abaci(算盤の書)』

第2章の「ルネサンス期の活版印刷」では、
18世紀末までを扱い、古代の手書き写本
から印刷本が登場した大革命まで。

 ヨナネス・ケプラー『De Stella Nova』
 ガリレオ・ガリレイ『新科学対話』
 アイザック・ニュートン『プリンキピア』
 レオンハルト・オイラー
 『自然科学の諸問題についての
 ドイツ王女へのオイラーの手紙』

第3章の「近代古典」は、19世紀が対象で、
科学が成熟し、広い読者層を得ながら、
雑誌も媒体として活躍するようになります。

 ヘンリー・グレイ『グレイの解剖学』
 チャールズ・ダーウィン『種の起源』
 マイケル・ファラデー『ロウソクの科学』
 グレゴール・メンデル『植物雑種に関する
 実験』

第4章の「近代古典の後」では、科学の
あるべき姿の変遷が示されます。

それは科学がアマチュアの活動だった
ところから、専門職への移行を意味します。

 チャールズ・ダーウィン『ダーウィン自伝』
 エルヴィン・シュレーディンガー
 『生命とは何か』
 リチャード・ファインマン
 『ファインマン物理学』
 ジェームズ・ワトソン『二重らせん』
 リチャード・ドーキンス『利己的遺伝子』

最後の第5章「次の時代へ」では、
1980年代以降で、現代的なポピュラー
サイエンスが浸透してきた時代です。

 スティーヴン・ホーキング
 『ホーキング、宇宙を語る
 デイビッド・アッテンボロー
 『地球の生きものたち』
 サイモン・シン『フェルマーの最終定理
 ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史

パラパラ眺めているだけでも楽しく、
文章も事実の記述だけでなく深い洞察が
あり、読み応えがあります。

この本から何を活かすか?

本書に紹介されていた科学本の中で、
入手可能で、かつ私が興味深かったのは、
オリヴァー・サックスさんの
妻を帽子とまちがえた男』です。

この本は24篇からなる医学エッセイで、
人間科学の傑作と紹介されていました。

Kindle版も出ていて入手しやすいので、
読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

50代からの人生戦略


50代からの人生戦略 (青春新書インテリジェンス)

満足度★★★
付箋数:25

  「鈴木宗男事件に連座しなければ
  作家・佐藤優が誕生することはなかった。
  私は比較的慎重な性格だ。
  もしあの事件がなかったら、
  40代末から定年後の戦略を練り、
  50代は試行錯誤しなが定年後に向けた
  準備を進めていったはずだ。
  そういう自分を想像しながら
  本書を書き進めた。」

このように語るのは、本書の著者、
「知の怪物」こと佐藤優さん。

佐藤さんにとって、作家であることは
あくまで一面に過ぎません。

もし外務省に残っていたとしても、
本質的には、佐藤さんはやはり、
今の佐藤さんと変わらないでしょう。

鈴木宗男事件で取り巻く環境は大きく
変わりましたが、佐藤さんの生き方は
今と同じような気がします。

さて、本書はタイトルにある通り、
50代からの生き方を指南する本です。

「人生100年」といわれる時代になり、
50代はちょうど折返したところです。

まだ、人生の半分が残っていると考え、
今までと同じ生き方を続けるか?

もう、人生の半分も残っていないと
考え、ここで人生を変えていくのか?

人それぞれですが、本書は後者です。

  「50代、人生の折返し地点はすでに
  すぎました。残り時間がだんだん
  限られてくるため、時間に対する意識も、
  その使い方も当然変わってきます。」

佐藤さんは、残り時間を意識して、
そこから逆算して優先順位を決めて
生きることを勧めています。

限られた時間の中で、やるべきは、
「集中」と「選択」。

明確な目的がなければ、今から
頑張って「語学」を基礎から
勉強するのは時間のムダ。

転職や起業など下手に考えず、
今の会社でどのように定年まで
過ごすかを考えます。

頑張りすぎず、上手に手を抜いて、
自分のペースで仕事をしていく。

リスクの高い新しいプロジェクを
任されそうになったら、責任を回避し、
うまく逃げることも必要です。

このように書き並べると、一見、
ぐうたらな「働かないオジサン」の
ように見えますが、そうではありません。

仕事では、自分で何でもやらず、
若い世代に権限を移譲して、
上手に任せながら人を育てます。

自分がそれまで仕事にかけていた
時間は、もっとプライベートに回し、
「健康」と「家族」へ投資します。

SNSなどにムダな時間を使っては、
いけません。

自分の「したいこと」と「やるべきこと」
をそれぞれ5つずつリストアップして、
優先順位を付けて、残りの人生の時間を
割り振っていきます。

また時間だけでなく、今後の「お金」
のことも考えなくてはいけないので、
50代のうちに「第二の収入源」を
模索しておきます。

50代で、一度立ち止まって、
働き方、人間関係、家族、お金について
どうあるべきかを整理します。

本書には、非常に現実的なアドバイスが
書かれています。

50代は会社の中では「報われない自分」
を意識させられる年代。

たとえ出世の道が閉ざされていても、
会社や周囲を恨んで拗ねてはいけません。

燃え尽き症候群のようになる必要も
ありまでせん。

今までの考え方から上手にシフトして、
働き方を変えていくことが、結局は
これからの人生を充実させることが
できるのです。

この本から何を活かすか?

  「50代になると、仕事でもプライベート
  でもさまざまな転機が訪れます。
  悩みごとや問題に直面したとき、
  人生の岐路に迷うことがあるときに
  どうするか。そういうときこそ、
  古典、それも近代以前にまとめられた
  本を読むことをおすすめします。
  特に、聖書や仏典、コーランなどの
  古くからある宗教書はおすすめです。」

初めて聖書を読むには『聖書協会共同訳
が、「引照つき」でいいようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本語の個性 改版


日本語の個性 改版 (中公新書)

満足度★★★★
付箋数:26

  「ながい間、よそばかり見ていたから、
  われわれには日本語のことがよく
  わかっていない。改めて自分の言葉、
  まわりの言葉を注意してみると、
  これまでは気にならなかったことが
  あれもこれも大きな問題のように
  思われてくる。それでなくても、
  現代は言語の時代だと言われる。
  言葉が気にならないという人があれば、
  そのほうがおかしい。とりわけ、
  従来はあまり重視されなかった
  話し言葉が興味ある可能性を秘めて
  いるように思える。
  この本は、そういうことを考えている
  ひとりの人間が、日本語について、
  あれこれエッセイ風に考えをのべた
  ものである。」

あれこれ考えたひとりの人間というのは、
外山滋比古さんです。

お茶の水女子大学名誉教授を務める、
96歳(2020年3月現在)、いまだ現役。

外山さんと言えば『思考の整理学』。

1983年に刊行されて以来、東大生や
京大生に根強く支持され続けている
35年以上売れ続けるロングセラーです。

そんな外山さんも数年前に奥様を亡くし、
今は介護付き有料老人ホームで暮らして
いるようですが、まだまだ元気です。

さて、本書は1976年に初版が刊行され、
32版まで重ねられた後、2020年2月に
改版が発行された、ロングセラーです。

私たちが普段使う日本語に潜んでいる
盲点を、英語表現と比較しながら
あぶり出します。

まさに英文学者ならではの視点ですね。

改版されたとはいえ、描かれている
日常は現代とはずいぶん違っています。

ロッキード事件なんかも登場して、
45年近く前に書かれた時代を感じさせます。

しかし、日本語の言語構造に切り込む
ところや、視点の鋭さは今読んでも
新鮮な驚きがあります。

本質的なところでは古さを感じさせず、
軽やかなエッセイになっています。

何より、軽快な中にも知的好奇心を
刺激する筆力があり、さすが知の巨人と
言ったところでしょうか。

個人的に面白かったのは、日本語を
「室内語」と捉えた考察です。

  「日本語は室内語として洗練され
  発達してきた言葉である。
  方丈の室内でしめやかにもの語り
  するにはこんなに適したやわらかな
  言葉はないけれども、公衆を前に
  して演説をするにはあまり適して
  いない。福沢諭吉は日本語で
  スピーチすることは絶望的だと
  すら述懐した。」

室内語である日本語は、独白的表現が
よく発達するようになりました。

それは短ければ短いほど、含蓄が
大きいように感じられる表現です。

それが、短歌や俳句へつながりました。

よく日本語は情緒的と言われることが
ありますが、それは室内語的な性格が
そうさせているのです。

しかし、現在は日本語も戸外化し、
人前で話すには良くなってきたものの、
言葉の乱れの原因にもつながっています。

日本語が本来持っていた美しさが
失われつつあります。

現代の私たちから見ると、ネットや
SNSなどの登場により、更に日本語が
変質し、ますます違った言葉に
なってきている印象があります。

普段、意識して使っていない言葉も
改めてその成り立ちや背景を知ると、
日本語が元々持っていた豊かさを
取り戻す機会にすることができます。

この本から何を活かすか?

  「われわれは文章を書くときに
  段落(パラグラフ)のことをあまり
  気にしない。すこし長くなったから、
  このあたりで改行しようか、
  というので、新しいパラグラフを
  始めたりする。段落の感覚という
  ものはなきにひとしい。」

スピーチにしても文章にしても、
パラグラフがあるかどうかで、
相手への伝わりやすさが違ってきます。

今のような国際化した社会では、
日本語でもパラグラフを意識した
話し方・書き方が求められている
のかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファクトに基づき、普遍を見出す 世界の正しい捉え方


ファクトに基づき、普遍を見出す 世界の正しい捉え方

満足度★★★★
付箋数:27

  「 “フェイク” と言えば、アメリカ
  大統領選に大きな影響を与えたような
  海外のフェイクニュースのイメージが
  強いかもしれないが、いつの間にか
  日本でもフェイクが横行するように
  なってしまった。誰もが情報の発信者
  となり、その情報が瞬時に拡散される
  インターネットの影響も多分にある
  と思うが、新聞やテレビといった
  オールドメディアでも、事実を意図的
  に歪曲した印象操作や、エビデンス
  (証拠)に乏しいニュースの垂れ流し
  が行われている。」

本書は、高橋洋一さんが世間にはびこる
フェイクをぶった切り、ファクトに
基づいた正しい見方を解説する本です。

最近のフェイクといえば、コロナウィルス
蔓延にまつわる、トイレットペーパー
買い占め騒動です。

このような騒動を見ていると、本当に
ファクトを確認せずに、踊らされる人が
多いことに唖然としてしまいます。

さて、本書で高橋さんが最初に指摘
するのは、「老後2000万円不足」問題。

この情報は、フェイクではありませんが、
数字の読み方には注意が必要です。

自分は2000万円に足りないという人が
過剰反応し、マスコミもそれを煽る
ことで、情報を流した側の意図した
通りにことが運びました。

  「重要なのは、公的年金について
   “不足している”  “ひょっとしたら
  制度は破綻しているかもしれない” 
  と誤解することが、財務省にとっては
  たいへん好都合であるという側面だ。
  言うまでもなく、 “年金充実のため
  にも消費税増税が必要” と主張
  しやすくなるからである。」

それまで野党は、2019年10月の
消費税増税には大反対していました。

しかし、野党は財務省の描いたシナリオ
を読み取れず、2000万円不足問題を
争点としてしまいました。

そのため、消費税増税という本筋を
攻めることができませんでした。

この問題には、さらに別のフェイクが
関連しています。

それは、「年金は福祉」というフェイク。

年金は社会福祉であり、「今は原資が
不十分な状態である」というフェイクが、
広まっています。

やはりこのフェイクも広がると、
社会福祉は税金で賄うものだから、
消費税増税で賄うしかないという
「俗論」がまかり通ってしまいます。

しかし、本来、年金は福祉ではなく、
「保険」です。

年金制度は、長生きするリスクに備えて、
早逝した人の保険料を長生きした人に
渡して補償する保険。

これは厳格な保険数理に基づいて、
運用されています。

言い換えると、年金は、平均年齢より
前に死んだ人は掛け損で、長く生きた人
にとっては得をする仕組み。

世間では、「年金制度の破綻」が喧伝
されていますが、人口動態を予測すれば、
破綻することはない制度です。

年金は保険なので本来は、税金ではなく
徴収する保険料で調整すべきです。

しかし、年金保険料は労使折半のため、
保険料アップで賄うと、企業の負担が
増えてしまいます。

そのため経済界としても、消費税として
広く社会一般に負担を押し付けた方が
マシと判断しているのです。

本書の高橋さんのファクトに基づく解説
を読んでいると、本当に多くのフェイクが
マスコミによって広められ、情報操作を
されていることがよくわかります。

この本から何を活かすか?

では、フェイクに惑わされないためには、
どうしたらいいのでしょうか?

それは、自らファクトを見極め、
真実を見出す力を磨くことです。

そのための高橋さんのアドバイスが、
「川を上り、海を渡れ」です。

「川を上る」というのは、歴史を遡って
過去の経緯を調べるということ。

「海を渡れ」というのは、海外の事例を
調べるということです。

この2つを併せると、時間的広がりと、
空間的広がりの両方を持った、
強い論考をすることが可能になります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ファインマン物理学」を読む 普及版 電磁気学を中心として


「ファインマン物理学」を読む 普及版 電磁気学を中心として (ブルーバックス)

満足度★★★
付箋数:21

天才とは、この人のことを形容するために
あるような言葉。

この人とは、アメリカの物理学者、
リチャード・ファインマンさんのことです。

天才は何を知り、何を伝えようとしたのか?

ファインマンさんは、1965年にノーベル
物理学賞を受賞しています。

量子電磁力学の分野における基礎研究と、
素粒子物理学についての深い結論に関して、
ジュリアン・シュウィンガーさん、
朝永振一郎さんとの共同受賞でした。

また、ファインマンさんは原子爆弾を
開発したマンハッタン計画へ参加したこと
でも知られています。

ただ、世間的に最も有名なエピソードは、
米チャレンジャー号爆発事故の原因を探った
ロジャース委員会に参加したことでしょう。

チャレンジャー号の事故原因はOリング
であることを突き止め、テレビ放送された
聴聞会でパフォーマンスを行っています。

コップの氷水にOリングを浸すことで、
弾力性が失われることを実証しました。

さて、そんな天才ファインマンさんが、
カリフォルニア工科大学時代の講義内容を
もとに書いた、物理学の教科書があります。

その名も『ファインマン物理学』。

この本は、刊行されて以来、科学を志す者の
バイブルとして世界中で親しまれてきた。

世界的名著『ファインマン物理学』の中で、
ファインマンさんは何を言いたかったのか?

そしてファインマンさんの着想のどこが
すごいのか?

  「本書は『ファインマン物理学』を
  読むことを通じて “電磁気学のココロが
  わかる” ようになり、同時に、
  ファインマンという稀有の天才の
  科学思想に入門さうることを目的に
  書いた」

この『ファインマン物理学』の解説書を
書いたのは、サイエンスライターとして
活躍する竹内薫さん。

もともと竹内さんは2004年から2005年に
かけて、講談社から3部作として、
『「ファインマン物理学」を読む』を
刊行しています。

「ファインマン物理学」を読む
 量子力学と相対論を中心として

「ファインマン物理学」を読む
 電磁気学を中心として

「ファインマン物理学」を読む
 力学と熱力学を中心として


本書はその3部作を「普及版」として、
ブルーバックスから出したもの。

その中の、2冊目です。

『ファインマン物理学』の第3巻、
(原書では第2巻の前半部分)の
「電磁気学」に的を絞って書かれた本。

電磁気学は、抽象的な概念も多く、
かなり難しい印象のある分野です。

そして、その中でもラスボス的な存在は
マクスウェルの方程式でしょう。

通常の教科書では、これが最後に出てきます。

しかし、『ファインマン物理学』は違います。

  「通常の電磁気学の教科書では、
  最初に静電場、次に静磁場、それから
  物質中の電磁気になり、最後に
  (お情け程度に)マクスウェルの方程式
  と電磁波が紹介されている。
  ところが、ファインマン先生の授業では、
  驚くべきことに、しょっぱなに
  マクスウェルの方程式が登場するので
  ある。いわば、前座を通り越して、
  いきなり真打ちが登場するようなものだ。」

『ファインマン物理学』では、最初に
マクスウェルの方程式の概念が語られ、
その後に必要な数学が紹介されます。

本書は、そんな『ファインマン物理学』を
なるべく言葉で丁寧に解説した本です。

数式が出てこない、誰でも読める本では
ありません。

あくまで電磁気学を学びたい人のための
入門書なので、普通に数式は出てきます。

マクスウェル方程式の概念から始まり、
そこから電磁場の仕組みまでを一気に
解説しています。

この本から何を活かすか?

  「書こうか書くまいか、迷ったのであるが、
  やはり書くことにした。ファインマン先生
  の科学思想を辿るうえで、どうしても
  避けて通ることができない問題に触れて
  おこうと思う。それは科学と戦争と兵器
  の関係である。」

本書では、最後にあのマンハッタン計画
に触れ、ファインマンさんの科学思想を
紹介しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道いい旅研究室〈17〉北海道の廃止寸前駅と穴場温泉とウルトラセブン


北海道いい旅研究室〈17〉北海道の廃止寸前駅と穴場温泉とウルトラセブン
満足度★★★
付箋数:23

実に9年ぶりの紹介になります。

前回紹介したのは、2011年5月11日の
記事でした。

北海道いい旅研究室 13book1
北海道いい旅研究室 13book2

今回は同誌の最新巻17号になります。

まず、この本は「のんびり出版社
海豹舎」から、不定期で出版される
本です。

主に北海道の温泉をメインの記事に
していますが、最近では鉄道の記事も
もう1つの柱になっています。

この出版社は、舘浦あざらしさんが、
1人でやっています。

そして、あざらしさんは、
いろいろとこだわりが強い方です。

そのの考え方を受け入れる方からは、
絶大な支持を得ています。

問題は、次の号がいつでるのか
皆目わからないこと。

今回は、あざらしさんがレギュラー出演
しているラジオ番組を聞いて、たまたま
新刊が出ていることを知りました。

2020年3月現在、HBCラジオの
「朝刊さくらい」の今朝の三枚おろし
のコーナーに、あざらしさんは出演
しています。

毎週火曜日の7:40から、10分ほどの
コーナーです。

さて、今回の「北海道いい旅研究室」
17号の表紙には、3つのタイトルが
並んでいます。

・北海道の廃止寸前駅
・穴場温泉
・ウルトラセブン

しかし、実は本号の一番の特集記事は、
「北海道の平成絶滅温泉&ずっと休業中
の絶滅寸前温泉 前編」です。

カラーを含む29ページの大特集。

ただし、この特集を表紙に出すと、
さすがに本が売れなくなると思って、
表紙には出さなかったそうです。

前編と後編に分かれた大特集なので、
後編は次号に掲載予定ですね。

  「リストアップした150軒をすべて
  探し歩く旅に出てみたら、予定外の
  平成絶滅温泉が出てくる出てくる。
  気が付いたら、軽く200軒を超えて
  いたりして!」

わずかな手がかりを元に、1人で
北海道中を取材して回っている姿勢
には、本当に頭が下がります。

今回の記事は前半分だけですが、
「あ~、こんな温泉あった、懐かしい」
と思い出したのがいくつもありました。

いずれにしても、平成の30年間で、
北海道の200軒以上の温泉がなくなって
いるのは、本当に寂しい限りです。

あと、もう1つ「ウルトラセブン」の
特集について。

これ、結構、唐突感がありました。

  「石井伊吉(現/毒蝮三太夫)演ずる
  フルハシ隊員は北海道の牧場の息子
  という設定だし、ダン役の森次浩司
  (現/森次晃嗣)は北海道出身で、
  おいら、兄弟には世話になっているし、
  アンヌ役の菱見百合子(現/ひし美
  ゆり子)だって北海道に縁がある
  家系なのだよ。」

ということで、円谷プロに企画書を
送ったらOKが出て、今回の特集に
なったようです。

また、ウルトラセブンの脚本家だった
金城哲夫さんと上原正三さんの2人は
沖縄出身でした。

そこで、「北海道とウルトラセブンと
沖縄」という記事になっています。

この本、時期を逃すと入手困難になる
ことがしばしばあります。

興味がある方は、Amazonと楽天ブックス
の両方を覗いてみてください。

タイミングが合えば在庫があるかも
しれません。

この本から何を活かすか?

あざらしさんがホームページを作った
ようなので、リンクを貼っておきます。

北海道いい旅研究室のホームページ

また、当ブログで前回紹介した9年前の
間に刊行された号も紹介しておきます。

北海道いい旅研究室〈14(book1)〉
北海道いい旅研究室 第14号 book2(キトピロ
北海道いい旅研究室〈14 book3〉チャランケが足りないよ号
北海道いい旅研究室 第15号(アンコラチ・ソナピ号
北海道いい旅研究室〈16〉北海道の廃止駅と小さな温泉宿

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 05:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本最高の英語コーチングスクール プレゼンス式TOEIC(R)L&Rテスト勉強法


日本最高の英語コーチングスクール プレゼンス式TOEIC(R)L&Rテスト勉強法

満足度★★★★
付箋数:28

ダイヤモンド社の上村さんより
献本頂きました。ありがとうございます。

働きながら、英語を勉強している人が
共通して抱えている悩みは何か?

それは、時間がないことではありません。

確かに仕事が忙しい人も多いので、
時間を作ることは簡単ではありません。

しかし、一番の問題は、勉強するための
「モチベーション」です。

最初は決意して勉強を始めるものの、
忙しくて勉強ができない、勉強しないから
点数が伸びない、点数が伸びないから
モチベーションが保てない。

このような悪循環に陥ってしまいます。

では、3ヶ月集中して勉強すれば、
TOEICのスコアが150点上がると
確約されていたらどうでしょうか?

ちょっと辛くても、3ヶ月なら短期集中で
やってみようという気になるのでは
ないでしょうか。

本書は、英語コーチングスクール
「プレゼンス」のTOEICのL&Rテスト対策
のコースを書籍化したもの。

プレゼンスでは、通常2ヶ月でTOEIC対策を
行っていますが、本書では独学者向けに、
3ヶ月用にアレンジしています。

TOEICの参考書ではありません。

短期間で、TOEICのスコアを最大限上げる
ための戦略的勉強方法を教える本です。

その人のスコアによっても異なりますが、
基本は週12時間×12週=144時間で、
150点アップを目指します。

週12時間は、1例として、平日は1日
1時間30分、休日は1日2時間15分で、
確保できます。

本書のメソッドの特徴は大きく2つ。

1つは、「仕組み化」です。

仕組み化とは、「何を」「どのように」
やればいいのかはもちろん、
「いつ」「どのくらい」やればいいのか
まで、すべて決めることです。

実は、この仕組み化さえできてしまえば、
一番のネックだったモチベーションさえ
関係なく、自然と勉強できるようになります。

もう1つの特徴は、「効率の最大化」です。

効率の最大化とは、同じ時間を使っても
最大限の効果が出るようにすること。

そのため、本書では144時間の中で、
どういう順番でやれば一番効率がいいかに
徹底的にこだわっています。

その順番とは、次の3ステップです。

ステップ1 基礎力を身につける

ここを疎かにすると、途中でスコアが
伸び悩むことになります。

必須単語の暗記、基本文法の理解、
英語脳の養成の3つを徹底してやります。

ステップ2 得点力を磨く

ここではステップ1の努力が、そのまま
スコアに直結する力をつけます。

公式問題集を使って、パートごとの
解答テクニックを身に付けます。

ステップ3 本番力にこだわる

本番当日にそれまで培ってきた基礎力と
得点力を最大限発揮できるようにします。

このステップで身に付けるのは、
本番からの逆算思考とコンディション
調整の2つです。

これが本書の戦略的勉強法ですが、
何と言っても肝となるのは、ステップ1の
基礎力だと思います。

単語の覚え方1つみても、記憶に定着させる
仕組みを使い、非常にシステマティックです。

私の勉強法の考えには、ものすごく
フィットしていて、すべてのTOEIC学習者に
勧めたい本だと思いました。

まずは、現在大学生に通っている娘に
この本を贈ります。

私自身は、最近はTOEICを受けておらず、
年2回VERSANTを受けるようにしているので、
本書のメソッドをVERSANT用にアレンジして
使いたいと思います。

この本から何を活かすか?

本書の編者である「プレゼンス」とは、
故杉村太郎さんが創設した、日本初の
英語コーチングスクールです。

杉村さんがハーバード・ケネディスクール
に一発合格した勉強法をベースに
カリキュラムが考案されています。

「英語さえ克服できれば、日本人は
世界一の存在感(プレゼンス)を発揮
できるのではないか」という杉村さんの
想いが社名になっているようです。

私は、杉村さんの大ファンで、
今でも『アツイコトバ』は私のバイブル
の1冊になっています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同僚は宇宙人: 職場のモヤモヤ一掃マニュアル


同僚は宇宙人: 職場のモヤモヤ一掃マニュアル (実用単行本)

満足度★★★
付箋数:20

あなたのオフィスには、どんな宇宙人が
いますか?

  「オフィス。そこは未知との遭遇の
  連続です。世代、性別、立場。
  それらの違いによって、行動や発言が
  全く理解できない存在がいる。
  中にはこちらに甚大な被害を与えて
  くる者もいる。職場とは、人間関係の
  モヤモヤに満ちた小宇宙なのかも
  しれません。
  年の離れた先輩との接し方に悩んで
  いる若者。部下の不可解な行動に
  疲れている上司。おじさんの無神経な
  発言に我慢し続けている女性。
  彼らはどのようにして “オフィス宇宙人” 
  と付き合えばいいのか。」

本書は、あなたのオフィスにも
きっといる宇宙人をネーミングして、
その生態や対処法をまとめた図鑑。

著者は、コピーライターの野澤幸司さん。

なぜかAmazonではタイトルの後ろに、
(実用単行本) と記されていますが、
決して実用的な本ではありません。

さまざまなオフィス宇宙人を見ると、
「あ~、ウチにもいるいる」と納得し、
ふっと笑える本です。

笑っているうちに、宇宙人に対して
モヤモヤしていた気持ちが消える
ことでしょう。

ただし、ずっと読んでいくと、
「あれっ、これオレじゃないか!」
と自分もオフィス宇宙人の1人である
ことが判明するかもしれません。

それに気づいただけでも見つけもの。

さて、本書の中からオフィス宇宙人を
2人紹介します。

<あとよろ星人>
攻略難易度★★★★★
【生態】
 まるで自分がプロジェクトの中心
 であるかのような顔をして仕事を
 スタートさせるが、「俺の仕事
 アピール」が完了すると同時に
 「あとはよろしく」とフェードアウト
 していく。ヒマになるとときどき
 やってきて「あれどうなってる?」
 と聞く。
【対処法】
 事細かく口を出してくるよりマシかも
 しれないし、彼らもかつては上司に
 同じことをされていたのかもしれない。
 という想像をめぐらすことで、今を
 耐え忍んで乗り越えていこう。
-宇宙からの声-
 手柄は横取り。失敗は部下のせい。
 それが上司。

<デスクでカレー星人>
攻略難易度★★★
【生態】
 通常、匂いが強い食べ物はデスクで
 食べないのが暗黙の了解となっているが、
 その常識を覆し続ける猛者。
 湯気に乗った香辛料の香りは、空腹で
 イライラしている同僚たちをピリピリ
 させるという、まさにスパイシーな
 存在である。
【対処方法】
 カレーの香りはとても食欲をそそるので、
 それを逆手に取るべし。まずコンビニで
 プレーンなパンを買う。そして遠方から
 漂うカレーの香りに呼応するように
 パンをかじれば、カレーを買わずして
 ナンとカレーを食べているような幸せな
 錯覚に陥ることができるだろう。
-宇宙からの声-
 カレーなる匂いを、いっそおかずに
 してしまえ。

さすがにコピーライターだけあって、
言葉のチョイスが抜群です。

また、川崎ななえさんのイラストも
秀逸で、宇宙人の存在を際立たせます。

この本から何を活かすか?

本書を読むと、イライラするような
人でも、最後に「星人」と付けるだけで
受け入れられるようになってきます。

だって、エイリアンだから
理解できなくてもしょうがないと。

ちなみに、野澤さん自身は、
「人の目を見て話せない星人」で、
川崎さんは「おっとりせっかち星人」
のようです。

自己紹介で、「星人」を付けるのは、
いいかもしれません。

そう思った私は、「ホワイトボードで
説明したがる星人」でした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

体育会系上司 - 「脳みそ筋肉」な人の取扱説明書 -


体育会系上司 - 「脳みそ筋肉」な人の取扱説明書 - (ワニブックスPLUS新書)

満足度★★★
付箋数:18

かつては「体育会系」であることが、
就職に有利になるなど、良いイメージ
がありました。

しかし、最近では体育会系の起こす
不祥事が多く、そのイメージに陰りが
出はじめています。

  「ここ数年、体育会系組織の不祥事が
  つぎつぎと明るみに出て、世間を
  騒がせている。パワハラ等を訴える側
  と訴えられる側、どっちの言い分が
  正しいかは藪の中といった感じも
  あるが、そのような問題が頻繁に
  起こっていることから、体育会系組織
  のあり方に批判の目が向けられている。」

本書では、体育会系組織の特徴と
問題点を、心理学的な視点から
解説しています。

著者は、MP人間科学研究所代表の
心理学者、榎本博明さんです。

日大アメフト部の悪質タックル問題、
日本ボクシング協会のパワハラ問題、
日本体操協会のパワハラ疑惑・・・

こういった体育会系組織の不祥事は、
なぜ、起こってしまったのか?

本書では、以下のような体育会系組織
の特徴が、不祥事につながっていると
指摘します。

 ・上意下達が思考停止を招く
 ・気配りが忖度の行き過ぎを招く
 ・権威主義がパワハラ容認につながる
 ・属人思考に染まる
 ・事なかれ主義に陥りがち
 ・団結心の強さが仇になる
 ・自己抑制による欲求不満が陰湿な
  いじめを生む

言われてみると、確かにそう思える
理由が並んでいます。

問題は、ここに挙げられている特徴が
体育会系の組織だけに限らないことです。

  「体育会系組織の特徴と問題について、
  心理学の視点から検討していくと、
  それはとくにスポーツ系の組織に限らず、
  日本のあらゆる組織に通じるものが
  あることがわかる。言ってみれば、
  日本敵組織のもつ特徴が、体育会系組織
  に凝縮されているといった感じがある。」

本書では、体育会系組織に象徴される
日本的組織の病巣をえぐり出します。

例えば、日本の政治を動かしている官僚。

ここにも、上には絶対服従で、
けっして逆らうことのできない
体育会系の体質があります。

官僚は政治家の責任逃れの姿勢を守るべく、
矛盾に満ちた答弁を繰り返すばかりで、
決して本当のことは言いません。

それは、官僚たちが自分の頭で考えて
判断することが許されない構図の中で
動いているから。

官僚の人事権は官邸に握られていて、
政治家に不利な証言をしようものなら、
どんな報復があるかわからないのです。

これは、日大アメフト部で監督やコーチ
の指示に従って、危険なタックルをして
しまった学生と同じ立場です。

また、2019年秋に発覚した神戸の
須磨小学校の教員間いじめ問題にも
共通しています。

20代の男性教員が、30代の男性教員3人、
リーダー格の40代女性教員1人の
計4人から常習的にいじめを受けていた
ことが発覚しました。

驚くべきは、加害者の男性教員が
生徒のいじめの対応や防止する
生活指導を担当していたことでした。

こういった呆れた事件が起こる理由は、
教員の世界にも、上には絶対服従の体質が
あるからに他なりません。

本書では、世間を騒がせた組織による
不祥事がなぜ起こったかを分析します。

ただし、残念ながらタイトルにある
体育会系上司の扱い方や接し方には
あまり多くは言及していません。

本書を手にする人は、この点について
具体的なアドバイが欲しいはずなので、
少し消化不良感が残ると思います。

この本から何を活かすか?

本書では、「英語民間試験」導入の
問題についても言及しています。

萩生田大臣の「身の丈発言」によって、
批判が殺到し、英語民間試験の導入は
中止になりました。

しかし、そもそも英語民間試験は、
それぞれ異なる用途で作られたもの。

その性質の異なる7つの民間試験を
比較して、合否の判定材料とするのは
そもそもムリな話し。

榎本さんは、これを導入しようと
していたのは、「思考停止」に
陥っていた結果だと指摘しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハウ・トゥー:バカバカしくて役に立たない暮らしの科学


ハウ・トゥー:バカバカしくて役に立たない暮らしの科学

満足度★★★
付箋数:24

  「この本で書かれたいかなることも、
  ご家庭で試さないでください。
  本書の著者はインターネット漫画家で
  あり、健康や安全の専門家では
  ありません。彼は物に火がついたり
  爆発したりするのが楽しいのであり、
  あなたのためなど思っていません。
  本書の出版者と著者は、本書に含まれる
  情報から直接または間接的に生じた、
  いかなる有害な影響に対しても責任を
  負いません。」

本書の著者は、元NASAのロボット技術者
のランドール・マンローさん。

マンローさんは、2006年にNASAを辞め、
フルタイムのインターネット漫画家に
なりました。

そして執筆した本がベストセラーに
なった『ホワット・イフ?』や
ホワット・イズ・ディス?』でした。

本書は、それに続く第3弾。

日常生活の中に不必要な科学を持ち込み、
バカバカしいことを考える本です。

そのバカバカしさ加減が、実に面白い。

例えば、あなたが空港にいて、
スマホのバッテリーがなくなりそう
なとき、どうするか?

普通は、充電ステーションやレストランで
USBやコンセントを探すでしょう。

中には、壁の掃除用コンセントから
電気を拝借する人もいるかもしれません。

しかし、USBやコンセントの差込口が
全く見つからなかったらどうするか?

マンローさんが最初に提案するのが、
水力発電です。

  「空港に実際の川はないだろうが、
  多くの場合、流水は存在する。
  水は水道の蛇口や給水機の口から
  流れ出ているので、あなたが水力発電用
  のダムと同じような方法で、この水を
  使って発電できないという理由はない。」

水を流しで、タービンを設置して、
そこで発電するというアイディアです。

そもそも発電用のタービンなんて
持っていないとか、仮に持っていても
設置方法がわからないというツッコミは
受け付けません。

あくまで、タービンは持っている前提で、
流水から得られる電力は意外に大きいと、
妄想を膨らませていきます。

  「ターミナルビルとジェット機を
  つなぐボーディング・ブリッジが
  下向きに傾斜しているのは言うまでも
  ない・・・・」

遂には、ボーディング・ブリッジに
ホースで水を流し、その水が流れ落ちる
勢いで発電しようとするアイディアです。

マンローさんが、水の次に目をつけたのが、
エスカレーター。

  「じつのところ、エスカレーターとは
  金属でできた大きな滝であり、
  その動く階段を使えば、滝が水車小屋の
  水車を回すように、車軸を回転させる
  ことができる。」

ちなみに、1台のエレベーターが1分間に
行う力学的な仕事は次の計算で出します。

「1分当りの最大乗客数」×「乗客ひとり
当たりの体重」×「エスカレーターの高さ」
×「重力加速度」

このような実生活では使うことのない、
バカバカしい科学的妄想が続きます。

 ・ものすごく高くジャンプするには
 ・引っ越すには
 ・鬼ごっこをするには
 ・小包を送るには(宇宙から)
 ・自撮りするには
 ・この本を処分するには

本書では、こういった日常的な課題を
解決するために、とんでもなく不必要な
科学を持ち込みます。

科学的な知識や考え方は正しくても、
その実現性を全く考慮しない姿勢を
貫き通しているのが素晴らしい。

この本から何を活かすか?

川を渡るにはどうするか?

このテーマでも、マンローさんは、
いろいろなアイディアを示してします。

中でも私が驚いた方法がこれです。

  「(川の)上流に何か機械を設置して、
  川を液体から気体に変換し、
  その後干上がった川底を歩いて渡る
  ことはできないだろうか?」

川を沸騰させて干上がらせて渡る
という、突拍子もないアイディアは、
簡単に出てくるものではありません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |