活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

週末海外 - 頑張る自分に、ご褒美旅を -


週末海外 - 頑張る自分に、ご褒美旅を -

満足度★★★
付箋数:22

隣に座った妻がニコニコしながら
読んでいたので、横流ししてもらった
本です。

タイトルが、なかなか魅力的。

  「私は旅は大好きですが、事前準備は
  苦手だし、行ったら余すところなく
  観たい。そんなふうに思っていました。
  でも、あるときから “これだけは
  しよう” と目的を1つだけ決めて
  行くことにしました。その1つが旅先
  で叶ったら、あとはおまけぐらいの
  ゆったりとした心構えです。」

近年はLCC路線も拡大しているので、
海外に手軽に行けるようになりました。

ネットで情報は入手しやすくなり、
少しマイナーな旅行先のことでも
詳細にわかるようになっています。

あそこも、ここも行けるようになった。
ここに行ったら、あれもこれもやりたい。

この町とこの町を訪れて、ついでに
あそこまで足を伸ばしたい。

手軽に行けるようになった分、
選択肢が広がり、いろんな欲も出てきて、
つい詰め込みたくなります。

しかし、選択肢が多くなればなるほど、
人は決められなくなる生き物。

本書の冒頭のメッセージを読んで
気づきました。

そうか、やりたいことが1つでも
決まれば、それで旅に出ればいいんだ。

  「長期の休みを取らなくても、
  土日に、3連休に、少し有休を取って
  4、5日間で、世界のは果まで旅が
  できます。
  本書では、実際に私が世界中の街で、
   “これだけすればOK” というおすすめ
  の楽しみ方を紹介しています。」

著者は女性旅作家の小林希さん。

本書は、2日で行ける海外から、
最大5日で行ける旅先までを
ガイドする本です。

では、ほんの一部だけですが、
日別に旅行先を紹介します。

<2日で行ける海外>
 香港
 マカオ
 台北
 新北投
 ソウルなど

<3日で行ける海外>
 ウラジオストク
 サムイ島
 シンガポール
 バガン&ヤンゴン
 ハノイ
 アグラなど

<4&5日で行ける海外>
 イスタンブール
 バルセロナ
 メキシコシティ
 ハバナ
 ブエノスアイレスなど

写真を交えたコラムを読んでいると、
旅の虫がいい感じで刺激されて、
本当に海外に行きたくなります。

妻が読んでいたこともあって、
女性をターゲットにした本ですが、
男性が読んでも楽しめました。

それは小林さんが、いろんなテーマを
設定して旅行をしているから。

本書を読んだ後に、妻に聞きました。

この本がずいぶん気に入ったので、
他県で1人暮らししている娘にも、
1冊買ってやったと。

だから、娘は実家に帰らずに、
台湾、タイ、ベトナムなど海外に
行っているのか・・・と納得。

本書の影響力に感心しました。

この本から何を活かすか?

本書には「限られた時間で満喫する
ための、週末海外旅行の極意」が
まとめられていました。

 Point1 フライトは深夜発、
    早朝着で旅時間を確保

 Point2 ポケットWi-Fiを空港で
    レンタル

 Point3 アプリを活用して、
    時短で気軽な旅を

 Point4 荷物は最小限で、
    現地調達する

 Point5 異国情緒ある
    旅行会社を選ぶ

 Point6 海外旅行保険は
    クレジットカード付帯が便利

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 07:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新たなAI大国 その中心に「人」はいるのか?


新たなAI大国 その中心に「人」はいるのか?

満足度★★★
付箋数:24

スマートフォンアプリにAIスピーカー、
スマート家電、車の自動運転・・・。

今やあらゆるモノにAIが組み込まれ、
AIは私たちの日常にありふれた存在に
なりつつあります。

今後、さらなる進歩を続けるAIと、
私たちはどのように付き合っていけば
いいのでしょうか?

次のような状況を想像してみてください。

あなたが、長い間子どもが欲しかった
夫婦だったとします。

そんな夫婦に、ついに奥さんが妊娠
していることがわかりました。

しかし、残念なことに奥さんに
乳がんが見つかります。

このとき、過去のデータを統計的に
リスク計算したAIから、「中絶」を
勧められたらどうしますか?

AIの診断に従って、一番リスクの少ない
中絶を選択するでしょうか?

それとも、わずかな可能性に賭けて、
リスクが高い、中絶しない別の道を
選択するでしょうか?

  「本書では、私たちが今後AIによって、
   “知的である”  “人間である” 
   “自立している” このとの意味を、
  いかに考えさせられることになるか、
  説明していく。そして、人として
  疑問を抱かずにはいられない事柄に
  ついても考えていきたい。
  ――AIは一体どうすれば倫理的で
  思いやりのある意思決定ができる
  ようになり、効率一辺倒ではない
   “何者か” になれるだろうか? と。
  こうした問題は、 “価値観”  “信頼” 
   “力” をめぐる私たちの地域的・
  世界的な概念に疑問を呈するだろう。
  だから私たちは、本書全般を通して、
  この3つのテーマに触れていきたい
  と思う。」

本書は、『Solomon's Code: Humanity
in a World of Thinking Machines

の翻訳本。

日本の読者向けに、一部を割愛した、
コンパクト版となっています。

著者は、シンクタンク「Cambrian.ai
(カンブリアン・ドット・エーアイ)」
の創業者兼CEOのオラフ・グロスさんと、
同僚のマーク・ニッツバーグさん。

原題の『Solomon's Code』は聖書に
登場するソロモン王に由来しています。

ソロモン王は、富と倫理的な知恵の
象徴であると同時に、欠点を持つ
指導者の象徴です。

ソロモン王は知恵を用いて国を
治めましたが、過ちによって国の
混乱と衰退を招きました。

  「本書は、人類が知恵と先見の明
  を持って行動し、次世代のAIを設計
  する際に自らの欠点から学べば
  繁栄できる――という立場をとって
  いる。」

AIという知恵は非常に便利ですが、
使い方によっては、私たちの世界を
滅ぼしかねません。

本書では、国や地域によって異なる
AIとの関わりを見ていきます。

そして、AIを道具として使いながら、
人間は人間としての価値をどのように
見出していくかを考えます。

そのときに私たちが考えるのが、
「知的である」、「人間である」、
「自立している」ことの3要素です。

世界各国のAI戦略を俯瞰しながら、
どのようにバランスを取っていけば
いいかを考えさせられる本です。

 第1章 すでに存在しているAI世界
 第2章 新たなパワー・バランス
 第3章 「より賢い世界」の
    トップランナー
 第4章 AI世界のパワーゲーム
 第5章 そう遠くはない未来に
    ついての未来予想図

この本から何を活かすか?

ヨーロッパには、ロボットを
人間社会を破壊し、人間を脅かす
恐ろしい存在だと考えている人が
多くいます。

一方、日本ではロボットは人間の
護り手か友だちのような存在に
なれると考える人が多くいます。

本書では、日本で人間とロボットの
共生思想に大きな影響を与えたのが、
『鉄腕アトム』だったと指摘しています。

個人的には、放送年数や世代も考えると
『ドラえもん』の方が、日本人のロボット
に対する感情に、より大きな影響を
与えたのではないかと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 07:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイバーアンダーグラウンド / ネットの闇に巣喰う人々


サイバーアンダーグラウンド / ネットの闇に巣喰う人々

満足度★★★★
付箋数:26

アマゾンのレビューに「やらせ」が
多いことをご存知の方も多いでしょう。

特に、中国の業者が販売する製品で、
いかにも「さくら」と思わしき
絶賛レビューをよく目にします。

以前は、中国で自動翻訳ソフトを使って
大量にレビューが書かれていました。

しかし、最近アマゾンでは、
「日本でレビュー済み」と国を表記
するようになったので、その手口は
減りました。

その代わり、フェイスブックなどの
SNSを通じて、日本人にレビューを
依頼することが増えています。

「やらせレビュー」は1件当たり、
いくらで書き込まれているのか?

  「日本の口コミ代行業者なら、
  やらせレビュー1件当たり35元
  (約525円)、欧州の業者は50元
  (約750円)、米国は70元(約1050円)
  が相場となります。レビュアーを
  募集し、要領を伝え、投稿させ、
  謝礼を渡す。その一連の業務を
  任せられます。」

この単価は、中国の出品者が、
日本の口コミ代行業者に支払う
手数料です。

では、アマゾンの「やらせレビュー」
を書く側はいくらもらっているのか?

それは一般のレビュアーと
「ベスト500レビュアー」では
報酬単価が大きく異ります。

  「500位圏内の『ベスト500レビュアー』
  にやらせレビューを書いてもらうため
  の相場は時期によって変動しており、
  現在は1000元(約1万5000円)で
  推移しています。もちろん商品は
  無償で提供します。」

アマゾンのその他大勢のレビュアーは、
商品の無償提供だけがやらせの見返り
になっているようです。

また、やらせレビューを書き込む
タイミングも巧妙に工夫されています。

初日は10件、2日目は15件、3日目は
20件と増やしていき、4日目は10件減らす。

初期の需要が一巡して、一旦販売が
落ち着く過程を模倣しているようです。

  「世界最大の通販サイト、アマゾンで
  商品を絶賛する “やらせレビュー” が
  横行している。消費者をだます
  不届き者の正体を追ってたどり
  着いたのは中国・深セン。
  路地に立つ雑居ビルから全世界に
  向けて次々のやらせの指令が発せ
  られていた。不正対策に年間400億円
  以上を投じるアマゾンをあざ笑う
  黒幕が、ついに全手口を明かした。」

本書は、ネット社会の闇を3年の
時間をかけて追った、ルポルタージュ。

著者は、日経ビジネスの記者の
吉野次郎さんです。

さすがに、ネット犯罪に通じる
相手なので、取材は難航したようです。

知人のツテをたどり、取材交渉を重ね、
黒幕への面会を取り付けました。

  「青年ハッカーは10代で悪事の限りを
  尽くし、英国人スパイは要人の殺害を
  はじめとする数々のサイバー作戦を
  成功させていた。老人から大金を
  巻き上げ続けていた詐欺師、
  アマゾンにやらせ口コミを蔓延
  させている中国の黒幕、北朝鮮で
   “サイバー戦士” を育てた脱北者、
  プーチンの懐刀・・・・。
  取材活動が軌道に乗ると一癖も二癖も
  ある者たちが暗闇から姿を現した。」

他のネット犯罪を取り扱った本では、
決して辿り着かない相手にまで、
直接取材を行っている貴重な本です。

資料としての価値だけでなく、
吉野さんの真相に迫る筆力は、
読者を引きつけるものがあります。

この本から何を活かすか?

  「試しにフェイスブックやツイッター
  内を “アマゾンレビュー” の
  キーワードで検索してみてほしい。
   “レビュアー” と呼ばれる投稿者を
  募集する項目がずらりと表示される
  はずだ。」

実際にフェイスブックとツイッターで
検索てみると、レビュアー募集が
数多く表示されました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか


フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか (ポプラ新書)

満足度★★★
付箋数:23

国連の関連団体が毎年調査している
「世界幸福度ランキング」。

「どれくらい幸せに感じているか」という
意識調査に、GDP、社会支援、健康寿命、
人生の選択度の自由度などを加えて、
各国の幸福度をランキングしたものです。

2019年の調査では世界156カ国が対象で、
日本の幸福度は「58位」という結果でした。

最近の日本は、50位台で推移しています。

これに対して、2018年、2019年で2年連続
1位となったのがフィンランドです。

日本とフィンランドでは、一体どのような
違いがあるのか?

本書は、その疑問に答える本です。

著者は、フィンランド大学大学院を卒業し、
フィンランド系企業を経て、現在は
フィンランド大使館で仕事をしている
堀内都喜子さんです。

フィンランド人に幸福度ランキング1位
について聞くと、次のような答えが
返ってくるようです。

  「そんなに夢の世界ではないし、
  実際にゆとりのある生活をしている
  わけじゃない」

フィンランドにも課題はたくさんあり、
パラダイスではありません。

堀内さん自身も、日本の方が優ていると
感じたところもたくさんあったようです。

  「それでも、フィンランドから学べる
  ところはたくさんあるし、日本も
  こうなったらいいのに・・・と思う
  ことが多くあるのも事実なのだ。
  それは、特にワークライフバランスや
   “ゆとり” の部分にある。」

日本とフィンランドでは、人口規模も
法律も制度も違います。

とは言え、日々の生活や考え方など、
学べる部分があると考えて、
本書ではフィンランドの働き方や
生活を紹介しています。

ちなみに、日本とフィンランドでは、
自然豊かなところや、少しシャイで
真面目、謙虚な性格など、共通点も
多くあるようです。

では、フィンランドの幸福度の秘訣は
何か?

堀内さんがフィンランド人の同僚に、
聞いてみると「バランス」という答えが
返ってくるようです。

ワークライフバランスがとりやすく、
仕事、家庭、趣味、それぞれを楽しむ
ことができると感じているようです。

 ・仕事は16時で終わり、残業はしない
 ・在宅勤務の割合は約3割
 ・コーヒー休憩が法律で決まっている
 ・オープンでフラットな組織
 ・父親の8割が育休取得
 ・会社が趣味やスポーツを支援
 ・夏休み1ヶ月、1年は11ヶ月と割り切る
 ・睡眠時間は7時間以上

こういった働き方をしていても、
1人当たりのGDPは、日本の1.25倍ある
というから驚きです。

私は日本との大きな違いは、環境面よりも、
むしろ仕事に対する考え方にあるように
感じました。

それを象徴するのが、最近欧米でも
話題のフィンランドの「シス(SISU)」
という言葉です。

シスは、フィンランド語で、困難に
耐えうる力、努力してあきらめずに
やり遂げる力、不屈の精神、ガッツ
といった意味を持つ言葉です。

シスは、フィンランド人にとっては、
「自分の強い気持ち」を表しています。

それが仕事も、家庭も、趣味も、
勉強も、全てに貪欲に取り組む姿勢に
つながっているようです。

そうであれば、環境が異なる日本でも
大いに参考にできそうです。

この本から何を活かすか?

堀内さんが、日本とフィンランドの
違いを感じた1つに「学び続ける姿勢」
があります。

フィンランドでは、学校を卒業しても
仕事とリンクする学びを続けることが
広く浸透しています。

2人に1人は、再就職や転職の際に、
新たな専門や学位を得ているようです。

何歳になっても、学び続ける姿勢は
私たちも持っていたいものです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地雷を踏むな :大人のための危機突破術


地雷を踏むな :大人のための危機突破術 (新潮新書)

満足度★★★
付箋数:20

「良かれと思ってやったのに・・・」
「怒らせるつもりは全然なかった」
「気を使って対応していたはずが・・・」

人間関係には、決して踏んではいけない
「地雷」があります。

しかし、いくら細心の注意を払って、
地雷を踏まないように気をつけていても、
ときに踏んでしまうことがあります。

なぜ、そんなことが起こってしまうのか?

  「昔ならば、 “地雷” のマップは
  かなり固定的でわかりやすいものでした。
  こことあそこに埋まっている、
  ということを知っておけば、その知識は
  かなり長持ちしたのです。(中略)
  ところが、インターネットが登場し、
  価値観が多様化した現代は、
  こうした固定的なマップが通用
  しない時代です。 “地雷” が勝手に
  動き回る状況だと考えていただければ
  いいでしょうか。いや、より正確に
  言えば、 “地雷” が勝手に分裂して
  増殖していくような状況だと言える
  かもしれません。」

現在の地雷は、昔ほどわかりやすくない。

しかも、それが動いたり、増えたりする
から手がつけられない状況です。

ところで、なぜ、地雷は生まれるのか?

それは、人にはそれぞれ自分だけの
意識や価値観があるから。

その意識の違い(ギャップ)が、
地雷を生んでいるのです。

本書は、危機管理コンサルタントの
田中優介さんが、人間関係における
危機管理法を指南する本です。

大きくは、地雷を踏まない方法と、
踏んでしまった後の対処法の
2つについて、実例を挙げながら
解説しています。

田中さんは、人間関係は「ある」もの
ではなく、「デザイン」するものと
説明します。

人間関係のデザインとは、相手との
「距離感」を定めることです。

人は相手を「嫌な人」と感じると、
離れようとしますが、避けすぎると、
人間関係が悪化する場合があります。

また、相手に好意を持って近づこうと
しても、相手は距離を詰めるられる
ことを苦痛と感じるかもしれません。

こういった相手との意識の違いを
感じ取るには、「様々なギャップ」
に注目した方がいいようです。

 ・モードの違いというギャップ
 ・パーソナリティによるギャップ
 ・「岸」による見え方のギャップ
 ・世代間のギャップ

こうした相手との様々なギャップが、
地雷を生んでいるのです。

本書では、地雷を避けて人間関係を
構築するために、次の5つの能力を
磨くことを推奨しています。

1. 開始能力
 キーマンと思った人と親しくなる能力
2. デザイン能力
 人間関係をデザインする能力
3. 維持能力
 人間関係をメンテナンスする能力
4. 修復能力
 傷ついた人間関係を元に戻す能力
5. 収束能力
 危機おさまりをつけ、終わらせる能力

また、本当にトラブルに巻き込まれた
場合は、警察と弁護士を使うことが
あります。

本書では、危機管理の指南書として、
警察と弁護士の適切な使い方にまで
言及しています。

ただ、個人的にはもう少し具体的な
地雷を避けるノウハウを盛り込んで
欲しいように感じました。

この本から何を活かすか?

田中さんは、経営者から女性トラブルの
相談を受ける機会があるようです。

そのときに、どんなアドバイスをして
いるのでしょうか?

  「お付き合いした年数と同じ時間
  をかけて、お別れするぐらいの覚悟を
  して下さい。3日かけて登った山を
  3時間で下ろうとすると滑落しますから」

すぐに手を切ろうとすると、報復される
危険性があるので、じっくり時間を
かけて対応する必要があるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリーンミート 培養肉が世界を変える


クリーンミート 培養肉が世界を変える

満足度★★★
付箋数:24

動物の肉や魚介類などを食べない、
ベジタリアン。

それをもっと厳格にして、卵や乳製品
など動物性食品すら食べない人は
ヴィーガンと呼ばれます。

ベジタリアンやヴィーガンは人口の
5%程度いると言われています。

ではなぜ、ベジタリアンやヴィーガンは
肉を食べないのでしょうか?

理由はいくつかあります。

1つは、宗教上の理由から。

最も有名なのはヒンドゥー教です。

ヒンドゥー教では、牛を聖なる獣と
考えているので、絶対に口にしません。

その他に、倫理的な理由から肉を口に
しない人たちもいます。

これは人間を殺さないのと同様に、
動物も殺してはいけないという、
動物保護の考えです。

そして、環境保護の観点から考えて
肉を食べない人たちもいます。

畜産業による食肉の生産は、
タンパク質を得る目的では効率が悪い。

そのため、地球温暖化などの環境に
悪影響を与えていると考えている人が
ベジタリアンになります。

宗教上の理由はさておき、動物保護と
環境保護の問題は、「細胞農業」に
よって解決することができます。

細胞農業とは、これまで動物や植物
から収穫してきた産物を、特定の
細胞を培養することで生産する方法。

バイオメディカル領域の技術を使った
手法です。

本書は、細胞農業によって作られる肉、
「クリーンミート」によって起業する
人々を描いたノンフィクション。

クリーンミートは、ベジタリアンの
問題を解決するだけではありません。

家畜によるウィルスや伝染病の拡大、
パンデミックを防ぐことができます。

  「クリーンミートはSFの産物ではない。
  本書にあるように、2013年には
  世界初の培養肉ハンバーグがつくられ、
  人間の口に入っている。」

クリーンミートは、以前からある
大豆や玄米などの植物性の材料から
作ったで擬似肉(フェイクミート)
とは異なります。

クリーンミートは、動物の細胞から
人工培養によってつくられるので、
成長ホルモン、農薬、大腸菌、
食品添加物に汚染されていません。

この技術には、ビル・ゲイツさん、
ジャック・ウェルチさん、エリック・
シュミットさんなどのビジネス界の
大物も注目しています。

特にグーグルの共同創設者の
サーゲイ・ブリンさんは資金面で
大きな支援をしています。

その援助を受け、クリーンミートは、
商業化できるレベルまで、進歩しつつ
あります。

本書では、クリーンミートによって
スタートアップしようとする人たちを
生き生きと描き出しています。

原題は、「Clean Meat: How Growing
Meat Without Animals Will
Revolutionize Dinner and the World


著者は、クリーンミートを人類として
最初に食べた、ポール・シャピロさん。

動物愛護の活動家で、TEDxなどでも
講演をしている方です。

まだまだ、クリーンミートが一般に
普及するには時間がかかりそうですが、
その創成期を入念な取材を重ねて
描いています。

登場人物が、非常に多い本なので、
訳者の鈴木素子さんが、巻末に参照用
として登場人物と組織をまとめて
くれているのが、地味に有り難い。

この本から何を活かすか?

クリーンミートが商業化されるまで
には、いくつかの壁があります。

1つは、コストの問題です。

これは、今後の技術革新によって、
解決することが望まれています。

これより、大きな壁となるが人々の
クリーンミートに対する認識の問題
でしょう。

遺伝子組み換え食品もそうですが、
「培養肉」というイメージが、
多くの消費者に受け入れられるには、
時間がかかりそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

言葉ダイエット メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術


言葉ダイエット メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術

満足度★★★★
付箋数:26

わたしたちは、毎日たくさんの文章を
読み書きします。

メール、企画書、エントリーシート・・・

こういったビジネス文章のなかには、
読みにくい文章と読みやすい文章が
あります。

その差は一体、何なのか?

  「文章が読みにくい理由は、ただひとつ。
   “書きすぎ” です。
  伝えたい内容をあれもこれも詰め込み
  すぎてしまい、言葉に贅肉がつき
  パフォーマンスが悪化。
  読みにくくなってしまうのです。
  なので、解決法もただひとつ。
  言葉の贅肉を削ぎ落とす。
  つまり “言葉ダイエット” です。」

では、なぜビジネス文章は長くなって
しまうのでしょうか?

その理由は、主に2つあります。

1つ目は、読んでもらえる前提でいるから。

文章の内容が伝わるかどうかは、
誰しもある程度気にします。

しかし、そもそも読んでもらえるか
どうかを気にしている人は意外と
少ないようです。

どんなに一生懸命文章を書いても、
読んでもらわなければ、伝わりません。

まずは、相手は自分の文章を読みたく
ないという前提に立って、文章を書く
ことが必要です。

2つ目の理由は、あなたが真面目で、
能力が高いから。

情報を確実に伝えたい。
目上の人に失礼がないようにしたい。
最新の専門用語を使いたい。

こういった気持ちが文章を長くさせます。

ただし、これはスキルの有無の問題。

「文才」という言葉があるので、
読みやすい文章が書けるのは才能だと
思っている人がいますが、違います。

才能ではなく、スキルなので誰でも
練習すれば身につけることができます。

本書は、4つのステップでわかりやすい
文章を書くスキルを身につける本です。

STEP1 読みやすい文章の書き方
STEP2 こんなビジネス文章はいやだ!
STEP3 読みたくなる文章の書き方
STEP4 読みやすい文章 実例集

著者は、コピーライターの橋口幸生さん。

「スカパー! 堺議員キャンペーン」
「劇画 鬼平犯科帳25周年記念動画
“鬼へぇ”」などを手掛けた方です。

言葉のダイエットをして、読みやすい
文章を書くポイントは7つあります。

 1. ひとつの文には、ひとつの内容
  だけを書く
 2. 1文は40~60文字以内
 3. 抽象論禁止
  修飾語、カタカナ用語は最小限に
 4. 繰り返し禁止
  重言に注意
 5. ムダな敬語禁止
  嫌われないことより、読みやすさ優先
 6. 表現を統一しよう
  同じ内容には、同じ単語を使う
 7. こそあど&接続語の連発禁止
  体言止めを使って、文章をつなげる

こういった点に留意して、実際に
メール、企画書、エントリーシートで、
言葉をダイエットする演習を行います。

また、本書の後半では、単に読みやすい
だけでなく、「読みたくなる」文章を
書く秘訣を解説しています。

このパートには、橋口さんの
コピーライターとしてのテクニックが
詰め込まれています。

既にわかりやす文章が書けている人でも、
このパートは参考になるはずです。

全体にコンパクトにまとまっているので、
多くのビジネスパーソンや学生にとって、
非常に実践しやすい良書だと思います。

この本から何を活かすか?

おもしろ文章には「発見」がありますが、
発見にも2種類あるようです。

それは「主観的発見」と「客観的発見」。

主観的発見は、人の気持ちの中にある
発見で、「経験」の中から探します。

客観的発見は、自分の中にはない発見で、
読み手の知らない事実です。

文の中にどちらかの「発見」があると、
「そうだよな」とか「へぇ、そうなんだ」
というおもしろさが加わります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

池上彰と現代の名著を読む


池上彰と現代の名著を読む (単行本)

満足度★★★
付箋数:24

池上彰さんは、2012年2月1日に、
東京工業大学の学内共同研究教育施設、
リベラルアーツセンターの専任教授に
着任しました。

東工大がリベラルアーツ教育に力を
入れるため、リベラルアーツセンター
を創設した際に、池上さんを招いたのが
きっかけでした。

池上さんが東工大で行った実際の
授業の内容は、2012年に刊行された
この社会で戦う君に「知の世界地図」
をあげよう 池上彰教授の東工大講義

に書かれています。

また、池上さんが東工大の学生に
向かって宣言した内容は、2013年1月に
刊行された『学び続ける力』に
書かれています。

さて、本書は池上さんが東工大で
行っていた「読書会」の様子を
実況中継したものです。

  「学生諸君の中から “読書会を
  開きたいんです。なにか本を選んで
  いただけませんか?” と声が上がり
  ました。おお、読書会かあ。
  私が大学時代によく開いたもの
  だけれど、東工大生は、どんな本を
  読みたいのか。 “私たちが絶対に
  選ばないような本を選んでほしい
  んです” 」

こんな経緯で、定期的な読書会が
スタートしました。

読書会には、東工大の学部生だけでなく、
院生や卒業生なども参加しています。

注目したいのは、いわゆる理系の
エリート学生と、文系人間の自認する
池上さんとの知のコラボレーション。

池上さんは、この読書会で学生たちと
感想や意見を交わすことが、
「禁断の果実を食べているような
甘美な時間だった」と振り返ります。

本の内容について議論する中で、
理系の学生らしいツッコミが入ります。

「著者の主張にエビデンスはあるん
ですか」
「データの摂り方が、恣意的すぎる」
「議論の前提の定義があいまいなまま
論を進めているのはおかしい」

こういった論理的思考によるツッコミは、
池上さんにとってもずいぶん新鮮だった
ようです。

以下、本書の読書会で取り上げられた
12冊です。(敬称略)

 半藤一利著『世界史のなかの昭和史
 橋本明子著/山岡由美訳『日本の長い戦後
 神谷美恵子著生きがいについて
 見田宗介著『現代社会はどこに向かうか
 H・ロスリング、O・ロスリング、
 A・R・ロンランド著/上杉周作、関美和訳
 『FACTFULNESS
 S・ギャロウェイ著/渡会圭子訳
 『the four GAFA(ガーファ)
 Y・N・ハラリ著/柴田裕之訳『ホモ・デウス
 C・オニール著/久保尚子訳
 AI・ビッグデータの罠
 S・レビツキー、D・ジブラット著/
 濱野大道訳『民主主義の死に方
 オルテガ著/神吉敬三訳『大衆の反逆

本書は、やはり読書会に自分も参加する
つもりで読むのがベストです。

そのためには、読書会で取り上げられる
本を読んでおくことが前提。

自分でも感想や意見を述べながら、
知のコラボレーションにエアーで参加
することが、本書を最も楽しむ方法です。

本書をブックガイドとして手元に
置いておいて、各課題本を読んでから、
そのパートを読むのがオススメ。

私も約半分の本が未読だったため、
そのパートは、さらっと流しました。

課題本を読んでから、あらめて議論に
参加しようと思っています。

この本から何を活かすか?

本書の第2章では「著書を囲む読書会」
として、『世界史のなかの昭和史』の
著者、半藤一利さんを招いています。

その中で半藤が理想とするリーダーの
6つの条件が挙げていました。

 1. 自分自身で決断すること
 2. 部下に明確な目標を与えること
 3. 常に権威を明らかにせよ
 4. 情報は自分の耳で聞け
 5. 想像と現実を引き離せ
 6. 部下には最大限の任務の遂行を求めよ

個人的には、名将・山本五十六さんが、
「2」ができていなかったという指摘は
なかなか新鮮でした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハーバード式 ホルモンを整えてハイパフォーマンスを引き出す 無敵の仕事術


ハーバード式 ホルモンを整えてハイパフォーマンスを引き出す 無敵の仕事術

満足度★★★
付箋数:23

私たちの体調や仕事のパフォーマンスは、
好むと好まざると、体内で分泌される
「ホルモン」の大きな影響を受けます。

  「ホルモンにとって良い生活を送れば、
  ホルモンの力を最大限に利用すること
  もできる。ビジネスだけでなく人生の
  あらゆる局面において、事態を好転
  させる力をホルモンは秘めている。
  ホルモンは、普段は無意識で分泌
  されているが、その役割や効果、
  分泌のタイミングなどをよく理解
  すれば、バランスをコントロール
  することも可能である。」

本書は、ホルモンの後押しを得て
仕事をスムーズに進めるための
To Doを紹介した本です。

特定の著者はおらず、Harvard Business
Hacks Researchersの編集による本です。

監修者は元ハーバード大学研究員で、
日本内分泌学会代表理事を務めていた
慶應義塾大学医学部教授の伊藤裕さん。

具体的なビジネスシーン毎に、
パフォーマンスを高めるために必要な
ホルモンの役割や効果を解説します。

そしてそのホルモンの力を引き出す
ための「推奨行動」と「NG行動」が
示されています。

例えば、あなたに慢性的な疲労が
あったり、イライラすることが頻繁に
ある場合はどうすべきか。

こういった場合に必要なホルモンは
セロトニンです。

セロトニンは、別名「幸せホルモン」
と呼ばれることもある物質。

セロトニンはストレスへの耐性を高め、
心の不安やムカムカを鎮めて、
安らかにする効果を持ちます。

この物質が不足すると、うつ病や
不眠症などの精神疾患に陥る危険性も
高まるようです。

疲れやストレスを溜め込まないように
するための推奨行動は3つあります。

1. 月曜日の朝までに週末のレジャー
 の予約を入れる

週末にイベントの予定を入れると、
平日がやがてくる楽しみのための
「過程」となり、生き生きと過ごせる
ようになります。

2. 演歌を歌う

リラックスして自律神経を安定化
させるために、副交感神経を優位に
する必要があります。

そのために「深呼吸」が効果的です。

実は、深呼吸は簡単そうに見えて
意外と効果的に行うのは難しい。

しかし、演歌を歌うと呼吸を意識
しなくても、トレーニングなしで、
誰でも深呼吸ができます。

3. 毎朝、バナナを1本食べる

セロトニンの原料となるのは、
必須アミノ酸の1つトリプトファン。

トリプトファンだけでなく炭水化物、
ビタミンB6まで含まれていて、
簡単に摂取しやすい食材がバナナです。

また、疲れやストレスを溜め込まない
ための、NG行動は2つ挙げられています。

1つ目は、激しい恋に落ちること。

恋に落ちると、幸せになりそうに
思えますが、セロトニンの分泌量は
ガクンと落ちるようです。

2つ目は、寝る直前までスマホを
チェックすること。

液晶画面が発するLEDの光によって、
睡眠の質に深く関係するメラトニンの
分泌が強力に抑えられてしまいます。

本書では、14のビジネスシーン別に
具体的にするべき行動と控えた方が
いい行動を紹介しています。

現実的にやるのが難しい推奨行動も
中にはありますが、できるものだけ
参考にすればいいでしょう。

この本から何を活かすか?

本書では、普段からホルモン力を
高める20の習慣もまとめられていました。

そのなかからいくつかピックアップ
して紹介します。

 ・早めに出社する
 ・各作業に制限時間を設ける
 ・二度寝、うたた寝、昼寝をする
 ・週に1度は定時であがる
 ・電気を消して寝る

こちらには、あまり奇をてらった
習慣はありません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?


ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?

満足度★★★
付箋数:25

あなたは、「失敗学」をご存知ですか?

失敗学は、工学の1つの専門分野です。

  「失敗学は、地球上のどこかで起こった
  事故や不祥事の情報を収集し、なぜその
  事故が起こったのか、大きな事故の裏に
  隠された真の要因は何か、繰り返さない
  ためにはどうしたらいいのかを検証し、
  情報として蓄積する学問です。
  蓄積された事故や不祥事の情報は、
  同様の事故や不祥事が二度と繰り返され
  ないように、国内有数の大企業などへの
  指導、消費者庁の消費者安全調査委員会
  への列席などを通して、世の中に発信
  しています。」

失敗学の提唱者は、東京大学名誉教授で
失敗学のすすめ』の著者としても
知られる畑村洋太郎さんです。

畑村さんは2002年に「失敗学会」を
立ち上げ、会長を務めています。

その学会の副会長が、本書の著者、
東京大学特任研究員の飯野謙次さんです。

本書は、失敗学におけるミスや失敗
への対応を、一般的な仕事で使える
ように応用した本です。

ミスや失敗は、どんなに対策をしても
起きてしまいます。

しかし、起きてしまったミスや失敗は、
その扱い次第で身を滅ぼす場合も
ありますし、反対に飛躍のきっかけに
することもできます。

それがたくさんミスや失敗をしても、
評価が高い人と、そうでない人の差です。

ミスや失敗を通して成功をつかみ取れる
人は、次のことができています。

 ・ミスや失敗に対する最初の行動が的確
 ・ミスや失敗から立ち直るのがうまい
 ・ミアや失敗を、経験として蓄積できる
 ・ミスや失敗から、成功する仕組みを
  つくれる

本書では、これらの行動を3ステップで
身につけていきます。

 ステップ1 気持ちの整理

ミスが発覚した時点のとっさの反応を
コントロールするは難しいもの。

そこで冷静になるために、一旦止まって
「深呼吸」をします。

そして「自分が」とか「私が」という
反省の気持ちは抑え込み、グループや
組織で対処することを考えます。

 ステップ2 実際のアクション

被害を最小限に食い止めるために、
情報発信と謝罪を行います。

2020年の年明けから中国を中心に
猛威を振っている新型コロナウィルスは、
この対応ができていなかったため、
被害が拡大したと考えられます。

そして、対応策の検討と実行は、
あくまでチームや組織で行います。

 ステップ3 将来に向けて

なぜそのミスが起こり、広がったのか、
客観的な視点で正しく反省します。

その上で、精神論は排除して、
次に同じミスをしようと思っても、
できない仕組みをつくります。

これを機に手順を変え、工程を変え、
組織を変え、再発防止策を施します。

また、ミスや失敗を正しく観察して、
分析するツールとして、本書では
「まんだら図」が紹介されていました。

これはミスや失敗の原因を中心から
放射状に枝を伸ばし、1つ1つ要因を
検討し、根本の原因を特定するツール。

仮に自分が招いたミスや失敗でも、
システマチックに客観的に原因を
探っていけます。

もう1つ、本書では計画不良を
解消するツールとして「思考展開図」
も紹介されていました。

こちらは、いい計画を立てるために
工学の分野ではよく使われている図です。

具体的な内容に着手する前に、
業務の全体像をつかんで視覚化する
ことができます。

本書は、「失敗は成功のもと」を実現
するための手法が詰まった本です。

この本から何を活かすか?

人間、誰しも「うっかり」することが
あります。

しかし、飯野さんはミスや失敗の原因
を「うっかり」に求めてはいけないと
指摘しています。

ここで必要なのは、注意力にはムラが
あり、ときにはうっかりしても、
それでもミスや失敗が起きない
「仕組み」をつくることです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

文藝春秋オピニオン 2020年の論点100


文藝春秋オピニオン 2020年の論点100 (文春ムック)

満足度★★★
付箋数:22

文藝春秋が1992年から毎年刊行している
ムック『日本の論点』。

存在は知っていましたが、
今回、初めて読みました。

毎年、この本を楽しみにしている人が
多いと聞いていましたが、それも納得。

視野の広がる、お得感のある本でした。

対論のコーナーでは、異なる意見の2人の
コラム(論文)が掲載されています。

比較しながら読むと、そのテーマに
ついて多角的に見ることができるので、
自分の考えも深めることができます。

2020年版で扱われている対論をいくつか
ピックアップすると以下の通りです。

 ・愛子天皇を認めるべきか
 ・FB「リブラ」がもたらすもの
 ・キャッスレス社会の未来
 ・夫婦別姓で社会はよくなるのか
 ・受験改革で英語力はアップするのか

普段から自分の興味があるテーマは、
もちろん楽しむことができます。

しかし、こういった詰合せの本では、
単書では手を伸ばさないテーマでも
読めるのが有り難いところです。

対論以外でも、政治・国際・経済・社会・
文化・メディア・生活・医療・芸能・
スポーツ・教育・科学の分野のコラムが
掲載されています。

各コラムは2~4ページの分量でコンパクト
に要点がまとまっています。

以下、私が気になったコラムを2つほど
紹介します。

・人はなぜ「あおり運転」をやめられ
 ないのか(中野信子さん)

  「(加害者は)マイルールを守らない
  奴を懲らしめるのは、彼らにとって
   “正しい” ことなのです。
  この正義感に基づく制裁行動は、
  脳内でドーパミンという神経伝達物質
  を分泌させます。
  ドーパミンは “自分は正しいことを
  している” との充足感を与え、
  脳に快感をもたらします。
  すると、ますます相手を攻撃する
  気持ちが強まって、怒りの感情が
  持続してしまうのです。」

この解説を読む限り、あおり運転を
なくすことは、無理そうですね。

彼らの自分が正しいという快感が、
攻撃を加速しているので、
手のつけようがありません。

では、なくならないことを前提にして、
どのように対処すべきなのか?

  「まずは、話が通じる相手だと
  考えてはいけません。たとえるなら、
  猛獣のライオンかヒグマです。
  彼らは攻撃を完遂するまで満足
  しません。すぐにドアをロックして、
  警察に通報してください。
  怒りに支配されている相手に対しては、
  逃げるしかありません。」

災害に対する避難訓練を行うように、
あおり運転からも迅速に避難するように
訓練しておいた方がよさそうです。

・iPS細胞に立ちはだかる三つの壁
 (森健さん)

2012年にノーベル生理学・医学賞を
受賞した山中伸弥さんのiPS細胞への
期待は非常に大きいものがあります。

しかし、このコラムではiPS細胞の
医療の実現には3つの課題があることを
指摘しています。

  「第一に、現状の見込みではiPS細胞を
  適用できる人は日本人の3~5割程度
  に止まるとされる点。(中略)
  第二に、実際の医療への適用は
  はるか先という点だ。(中略)
  第三に、薬価がいくらになるかと
  いう問題だ。(中略)」

実際には、医療への実現性はあまり
高くない状況で、政府からは巨額の
研究費が支給され続けていまです。

医療の改善のことを優先で考えると、
iPS細胞よりもっと実現性の高い
他の先端医療に目を向けるべきと
指摘されています。

この本から何を活かすか?

日本がキャッシュレス社会の実現に
向けて、本格始動したのは2018年から。

本書のコラムによると、日本に先駆け
キャッシュレス化が進んだ中国から、
学ぶべきことがあるようです。

キャッシュレス決済による新たな詐欺
や犯罪が生まれています。

中国の先行事例を参考にして、
デメリットの発生を抑えつつ、
メリットが最大限享受できるように
普及を進める必要があります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その聴き方では、部下は動きません。


その聴き方では、部下は動きません。

満足度★★★★★
付箋数:30

あなたは、部下とコミュニケーション
をとったときに、次のような反応が
返ってきたことはありませんか?

「いっていることはわかるんですけど…」
「できたら…やってみます」
「だいたい…わかりました…」

どうもスッキリしない反応ですよね。

こんな反応が返ってくると、ほとんどの
人は「伝え方がまずかった」と反省します。

しかし、それは大きな間違え。

実は、そのときに間違っていたのは、
「伝え方」ではなく「聴き方」です。

何ができていなかったかと言うと、
部下の「気持ち」の聞き取りです。

部下のモヤモヤの気持ちが残ったまま、
アドバイスや指示をしても、仕事だから
やむを得ずやるという感覚になって
しまいます。

それでは、本質的な問題解決になりません。

問題は、「事柄」と「気持ち」が
ワンセットできています。

この2つの優先順位は、気持ちの方が上。

人は気持ちが解決されたときに、
はじめて問題解決したと感じるからです。

事柄は、気持ちを解決するために
使える1つの手段に過ぎません。

その相手の気持を理解する唯一無二の
コミュニケーション方法が「傾聴」です。

本書は、ビジネスで「傾聴」のスキルを
使うための本です。

著者は、心理カウンセラーとして活躍し、
傾聴をビジネスの展開手法とする会社も
経営している岩松正史さんです。

傾聴で、最も大切なのは「共感」です。

では、次のような発言は共感したことに
なるのでしょうか?

「私も昔、同じ経験をしたことがある
から、あなたの気持ちはよくわかる」

「同じケースの相談をよく受けるから、
あなたの言っているこは理解できる」

このように返すのは「共感」ではなく、
「同感」です。

同感とは、過去に自分が経験したことや
得た知識を、相手が話す会話の内容と
照らし合わせ共通点を見つけること。

そのため、同感の主語は「私」です。

しかし、傾聴に必要な共感の主語は
常に「あなた」でなくてはいけません。

共感とは、「あなたがそう思っている」
「あなたがそう感じている」感覚的な
事実を100%認めることです。

本書では、傾聴のテクニックを使って
相手の気持ちを聴き、3つのステップで
ビジネスの問題を解決します。

STEP1:傾聴期
「モヤモヤ」する問題の理解

深い共感をしながら問題の本質である
モヤモヤを傾聴し、どんな願望が
かなっていないために困っているのかを
理解します。

STEP2:主訴の転換
「かなっていない願望」を
「かなえたい願望」に変える

主訴とは、問題の根っこのことです。

この段階では、「かなっていない問題」
を「どの状態を目指したいのか?」の
「かなえたいテーマ」に転換します。

STEP3:問題解決期
「スッキリ見えて具体的に行動できる
イメージ」づくり

ここでは、主訴の転換で明らかになった
願望の抽象度を下げ、具体度を上げます。

そのために「テーマ・課題・宿題」
の3つの設定を行います。

そして最後に、「汎用化」で想定外の
リスクに備え、次回確認したいことを
伝えて「クロージング」します。

本書では、傾聴のスキルを丁寧に
解説しています。

私にとっては、目からウロコの
テクニックが満載されていました。

傾聴のスキルがあるかどうかで、
ビジネスの結果が大きく違ってきます。

本書は、あらゆるビジネスパーソンに
必読書として推薦したい本です。

この本から何を活かすか?

フィーリングチェックで、相手が
「スッキリ」か「モヤモヤ」かを
確かめるのが非常に重要です。

 「はい!大丈夫です!」
  →スッキリしたYES

 「いいえ!わかりません!」
  →ハッキリしたNO

 「たぶん…大丈夫…だと思います」
  →モヤモヤしたYES

問題は最後の「モヤモヤしたYES」。

この段階では、まだ気持ちの理解が
できていません。

「モヤモヤしたYES」の反応のときは、
気持ちをたずね、問題の本質を探ります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英語でガイド! 外国人がいちばん不思議に思う日本のくらし


英語でガイド! 外国人がいちばん不思議に思う日本のくらし

満足度★★★
付箋数:24

日本の文化や観光名所について
英語で紹介する本はたくさんあります。

私も『英語で日本紹介ハンドブック
を持っていて、利用しています。

本書は、そういった本と比べると、
より生活に密接した日本文化を英語で
説明するための本です。

  「和食や日本のカルチャーは、
  いまや世界規模で大流行しています。
  ガイドブックを開けば、世界遺産を
  はじめとする日本の有名な観光名所や、
  おすすめレストランについての記述
  がずらり。世界中の人が “日本通” 
  だといってもいいかもしれません。
  でも、実は海外からの観光客が本当に
  知りたいのは、日本の “今” がわかる
  リアルなカルチャーや暮らし、
  食だったりします。つまりそれは、
  日本のみなさんが当たり前のように
  暮らしている “日常そのもの ”。
  そこで、今回はあえて、ガイドブック
  ではあまり取り上げられていない、
  日本に根差した生活習慣や食事スタイル、
  文化などについて紹介しています。」

著者は、多くの英語学習本を執筆し
定評のあるデイビッド・セインさん。

非常にシンプルな言い回しの英語で、
日本のくらしについて会話形式で
紹介しています。

選ばれたテーマは全部で100個。

駄菓子屋、JK文化、メイドカフェ、
温水洗浄便座、忘年会・新年会、
長い列、ワークマン、せんべろ、
パチンコ、民泊、などなど。

私はオンライン英会話をやっていて、
日本独自の文化の説明で困ることが
あるので、本当に本書は使えます。

あまり高尚な文化ではなく、
普段の雑談で出てくる日本の生活が
英語で説明されているのが有り難い。

例えば、駄菓子屋の説明です。

 What sort of place is a dagashiya?

  It's a comparatively small store
  that sell snacks called dagashi.

  Elementary and junior high school
  students in the area buy snacks
  there on the way home.

  Some of them sell toys and provide
  light meals.

 What are dagashi?

  They're cheap snacks for kids.

  You can usually buy them for ten
  to one hundred yen.

  Snacks that come with prizes or
  toys are also popular.

難しい単語や高度な文法は、ほとんど
使われていません。

「あ~、こう言えばいいんだ」と
何度も膝を打ちながら読みました。

英語学習者にとっては、大きな助け
となる本一冊です。

また、英語学習ではなく、普段の
生活の中でも本書は使えます。

それは、最近、外国人観光客に会う
機会が増えているから。

特に私の住む北海道には、雪を楽しむ
ために、冬に外国人が殺到しています。

正月にスキー場でロープウェイに
乗ったときは、半数が外国人でした。

4人乗りリフトで外国の方と
乗り合わせる機会が何度もありました。

そんなときに、外国人と話す雑談の
ネタとして、本書は使えます。

日本の土産として、100円ショップで
扇子を買うといいよ、なんて会話も
本書を使うとできます。

英訳に困ったときに1文1文は、
ネットでも調べられます。

私もDMMの「英語でなんてuKnow?
をよく使っています。

しかし、本書を使うと会話の流れ
で説明しているので、より雑談が
はずむようになるでしょう。

この本から何を活かすか?

扇子の説明は以下の通りです。

 How long have there been "sensu"?

  They first appeared in Kyoto, around
  the biginning of the Heian period.

  Sensu, or folding fan, began with the
  combination of many thin sheets used
  as memo paper of about 30 centimeters
  in length.

  Some say they assumed their present
  form from the Kamakura period.

意外と日本文化の勉強にもなります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米中AI戦争の真実


米中AI戦争の真実

満足度★★★
付箋数:17

  「ジョージ・オーウェルの『1984年
  を読むと、今の世界が描かれている。
  多くの描写が、今、私たちが現実に
  経験していることだ。(中略)

  ファーウェイのスパイ事件に巻き込
  まれてから、自分は「この世界
  (ディストピア)」に突入した
  ことに気づいた。」

本書は、タイトルにある通り、
「米中AI戦争」について詳細に
レポートしている本です。

ただし、書かれていることが真実か
どうか、よくわからないというのが、
私の正直な感想です。

それは著者の深田萌絵さんの経験が
どこまで本当か判断がつかないから。

書かれていることが本当なら、
非常に恐ろしい『1984年』の世界が、
私たちの知らないうちに進行して
いることになります。

もし、単なる深田さんの被害妄想なら、
本書に書かれていることすべてが
信じられないことになります。

そのため、深田さん経験したことを
信じるかどうかで、本書の評価は
大きく2つに分かれます。

以下、深田さんが経験したことです。

  「大学の同級生が実は亡くなった
  日本人の戸籍を乗っ取った人物で、
  弊社の技術を盗み、ねつ造された
  証拠でこちらを訴えてきた。
  誰に相談しても、 “スパイなんて
  いない、気のせいだよ。
  君は精神的に病んでいるんだ” と
  病人扱いされる。」

まずは、深田さんの会社は中国人の
スパイによって訴えられている
ということです。

  「外事課が調査に乗り出した瞬間に
  担当調査官が担当を外され、
  あちら側の接待を受けた刑事が
  交代要員として表れる。
  FBIに通報しても捜査すら始まらず、
  最後には信頼していた副社長が
  何もかもを持って突如失踪した。

  別れたはずの恋人から連絡があり、
   “助けてやるよ” と弊社の買収を
  提案し、彼のスマホには失踪した
  はずの副社長からの着信履歴が
  表示された。

  CIAに通報して、星条旗がたなびく
  部屋に現れたのはCIAの担当官と
  報告を握りつぶしたFBIの担当捜査官
  だった。担当捜査官が筆者をスパイ
  に仕立て上げようとしているのを
  目の当たりにして愕然としたのだ。」

この深田さんの経験は、スパイ映画の
1シーンを想像してしまいます。

さて、本書の内容としては、中国の
グレート・ファイアウォール(GFW)
の話や、米中の技術合戦など興味深い
テーマが扱われています。

そして、中国が「監視」と「言論統制」
を行い、『1984年』のディストピアが
近づいている兆候はあります。

信じるかどうかは、あなた次第。

私は、深田さんが書いていることを
すべて鵜呑みにできないという
印象を持ちました。

 序章 米中AI戦争の幕開け
 第1章 AI戦争の真実
 第2章 AIの進化で実現する『1984年』
    の世界
 第3章 牙をむいた中国のグレート・
    ファイアウォール
 第4章 繰り広げられる技術合戦
 第5章 デジタル冷静のカギは「暗号技術」
 第6章 中国の情報覇権に立ち向かう
    日本とアメリカ

この本から何を活かすか?

AIに負けない「ウソを見抜く」論理力を
身につける方法が紹介されていました。

 ・ジャンルにとらわれず古典や名作を
  読み、リテラシーを身につける。
 ・文章の意味を理解して事実関係を
  検証する。
 ・文章内の情報を、物事の基本的な
  仕組みと照らし合わせる。
 ・事象を時系列で追いかけ、変化に
  隠されたストーリーを読み解く。
 ・因果関係を明確にする。
 ・ニュースを読むときは語られて
  いない最大受益者をまず探す。

ここに書かれいることは身につけたい
と思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベストセラーの値段 お金を払って出版する経営者たち


ベストセラーの値段 お金を払って出版する経営者たち

満足度★★★
付箋数:23

著者の水野俊哉さんから献本頂きました。
ありがとうございます。

あなたは、「ベストセラー本」は、
お金をかけて作ることができることを
ご存知でしょうか?

お金をかければ、ベストセラーを
作れるのは、きっと多くの方にとって
想像の範囲内だと思います。

では、いくらお金をかければ、
ベストセラーを作れるのか?

  「ズバリ3000万円ほどあれば大成功、
  すなわち3万部以上の売上が見込める、
  というのが2019年現在の出版業界に
  おける相場感ではないかと思います。」

では、3000万円かけると「印税生活」が
できるようになるのでしょうか?

否、現在の出版業界は、そんなことが
できる環境ではありません。

印税生活は、夢のまた夢。

実は、一般的なビジネス書の著者なら
年に4冊出版しても、新卒程度の収入
しかないそうです。

収入にして、1冊出版して75万円、
4冊で300万円程度の印税です。

1冊ベストセラーを作るのに3000万円
かかり、得られる印税は75万円。

これだと小学生が計算したって、
赤字になることがわかります。

しかし、実際にお金をかけて、
ベストセラーを作っている人たちが
いるそうです。

なぜ、そんな赤字になることを
するのでしょうか?

それは、印税以外の部分で、
ベストセラーを使って儲けることが
できるから。

  「なぜ有名作家の人たちは、お金を
  かけてベストセラーを作るのか。
  ひとことで言ってしまえばこれは
  マーケティングに関する問題です。
  この問題を解説することで、
  ビジネスにおけるマーケティングの
  重要性、そして出版をうまく使う
  ことで、出版とは関係ないビジネス
  を伸ばすことができるというのが
  本書でもっとも伝えたいことで、
  そのために私が知る限りの具体的な
  知識やノウハウを詰め込んでいます。」

どういう人たちが、ベストセラーを
お金で買っているかというと、
主に本業のビジネスがある経営者です。

つまり、ベストセラーは本業での
広告効果を狙った「投資」なのです。

自社の製品のマーケティングのために、
テレビCMや商品広告を出すつもりで
ベストセラーを作っているのです。

この手法を「出版マーケティング」
と呼びます。

水野さんは、この出版マーケティング
の第一人者です。

自身もビジネス書作家として27冊の
著書を執筆し、累計部数は40万部超。

その経験を生かして、出版したい人
向けの塾や、出版コンサルティング、
プロデュースなどを行っています。

本書は、「出版マーケティング」に
ついて詳しく解説した本です。

ぶっちゃけてしまうと、この本自体も
水野さんの出版コンサルティング業の
マーケティングの一環です。

ところで、本業がある経営者は、
忙しくて本を執筆する時間なんて
ないのではないでしょうか?

その通りです。

しかも、世の中に流通する本として
出版するなら、当然文章力や構成力
などの能力が必要になります。

  「経営者がマーケティングのために
  出版を使うのであればライターを
  起用するのがオススメです。」

執筆そのものをライターに依頼する
ことは、昔からごく一般的なこと。

自分で文章を書くことに、
全くこだわる必要はありません。

逆に効率的に分業でやるからこそ、
ベストセラーを生み出せるのです。

本書は、規模の大小を問わず、
経営者にとって必読書だと思います。

この本から何を活かすか?

本書では、禁断の裏技「書店買取」
についても詳しく解説しています。

これは著者が自分の本を買い取る手法。

買取目安は1000部、150万円です。

書店買取は、ベストセラーの「初速」
を作る上で、非常に効果的な手法に
なっているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |