活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あなたの味方が増える 魔法のToDoリスト


あなたの味方が増える 魔法のToDoリスト

満足度★★★
付箋数:17

あなたは、自分の人生が、
「今よりもっとよくなりたい」という
気持ちがありますか?

そんな気持ちを持っているのは、
当たり前と思うかもしれませんね。

では、あなたは、自分の人生を
よりよくする方法を知っていますか?

このように聞くと、方法は知っていても、
実際はそれができていないという人が、
多いのではないでしょうか。

  「自分をもっとよくするための目標を
  1年に1回考えて “ToDoリスト” を作り、
  それができたか定期的にチェックする
  という “目標習慣” を編み出し、
  20年以上続けています。」

この習慣を20年以上続けると、
他人から見ると「すべてを持っている」
憧れの存在になれるようです。

それが本書の著者、柴田陽子さん。

特に、女性から見ると幸せのすべてを、
持っているように見えるようです。

柴田さんは、結婚して2児をもうけ、
ご主人とともに、幸せな家庭を築く一方、
仕事でもレストランやブランドの
プロデュースを手掛け、活躍している方。

2013年にはアパレルブランドを、
自ら立ち上げ経営し、取り扱い店舗も
50店舗となるほど成功していおます。

本書は、なりたい自分になるために、
「目標とToDoリスト」を作って
管理する方法を解説した本です。

目標とToDOリストの作り方は、
次の4ステップ。

 Step0 どんな自分になりたいのか?
    を考える

 Step1 今後1年をよくするために、
    どんな「目標カテゴリー」
    (大目標)が必要かを考える

 Step2 その「目標カテゴリー」(大目標)
    のために「何をするか(ToDo)」
    (小目標)を考える

 Step3 完璧に作らなくても大丈夫、
    と思いながら作る

この中で、Step2のToDoリストは、
次のルールで作ります。

 ルール1 とりあえずたくさん挙げて、
     あとからまとめる

 ルール2 ○か×かつけられる具体的な
     ものにする

このようなStepとルールで、
仕事や生活、趣味などカテゴリー別に
目標とToDoリストを作ります。

問題は、これをどうやって管理するか。

リストを作ると、最初は張り切って
取り組むはずです。

しかし、いつのまにか毎日の忙しさに
かまけて、なし崩しになっていった。

こんな経験を繰り返している方も、
多いのではないでしょうか。

本書では、次の8つの方法で管理します。

 1.最初は目標リストを暗記する勢い
  で毎日見る
 2.スマホのメモ帳でシンプルに管理
 3.「定期的に見直す」というToDo
  (小目標)を入れる
 4.必要があればToDo(小目標)を
  変える
 5.目標リストとは別にストックメモ
  を作る
 6.具体的な候補もメモしておく
 7.しっかり管理したくなったら
  別管理メモを作ってもいい
 8.考えが変わったらその目標は
  放置してもいいし変えてもいい

簡単なことの積み重ねが、大きな結果
をもたらすことのお手本です。

本書のターゲットは働く女性ですが、
目標管理が苦手な男性が読んでも
問題はありません。

この本から何を活かすか?

  「1ミリでもいいから変わっていく
  感覚、少しずつでいいから進化して
  いく手応えをできるだけたくさん
  味わっておくことが絶対に必要
  なのです。」

難しいのは、モチベーションを
長期で保つことです。

そのためには、自分の成長を、
少しでも実感して、それを生きる力に
変えていくことが大切です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |