活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

新・リーダーのための教養講義 インプットとアウトプットの技法


新・リーダーのための教養講義 インプットとアウトプットの技法 (朝日新書)

満足度★★★★
付箋数:27

  「日本の大学教育を抜本的に改革しないと、
  21世紀に日本が国際社会で主導的役割を
  果たせなくなるという危機感を抱いている
  大学人は多いと思う。しかし、改革に
  向けた一歩を踏み出すことが難しい。
  この点で、同志社大学が興味深い試みを
  した。琵琶湖畔の北小松にある同志社
  びわこリゾートセンターに文科系、
  理科系の両学部から選んだ24人の学生と
  3泊4日の合宿をし、日露外交、ゲノム編集、
  AI(人工知能)について教授が授業を行い、
  学生と質疑応答やディベート、レポート
  作成を行うかなり密度の濃いセミナーを
  行った。」

本書は、そのセミナーを紙面に再現したもの。

セミナーの名前は「新島塾」。

同志社大学を創設した教育家の
新島襄さんの名前を冠しています。

セミナーの講義を中心的に進めるのは、
知の怪物との呼ばれる、作家で元外交官の
佐藤優さんです。

このセミナーに実際に参加できた学生は、
本当に幸せだと思います。

なぜなら、短期集中セミナーであるものの、
間違いなく、参加した後の人生観が変わる
からです。

これだけ圧倒的な知の洗礼を受けて、
人生観が変わらないわけがありません。

本書を読むと、誰もがそのセミナーを
追体験できます。

 小テスト1【歴史1・数学】一切参照不可
 1.以下の出来事の年号を記せ。
  (1)ウェストファリア条約
  (2)第一次世界大戦勃発
  (3)第二次世界大戦勃発
  (4)真珠湾攻撃
  (5)広島・長崎への原爆投下
  (6)サンフランシスコ平和条約の発効
  (7)ソ連崩壊
  (8)ロシア社会主義革命
  (9)9.11米国同時多発テロ
  (10)明治維新
  (11)朝鮮休戦協定
 2.整数に関して、任意の偶数と任意の
    奇数を足すと必ず奇数になることを
    証明せよ。

これはセミナーの区切りで出題された
最初の小テストです。

これらの年号の中で、覚えてムダになる
ものは一切なく、覚えていれば人生で
絶対に役に立つと佐藤さんは言い切ります。

それは歴史を理解するためのカギは、
時間理解にあるからです。

歴史では、ある出来事が起こる前後
において、世界の意味が大きく変わる
ことがあります。

その変化を知るためには、タテから
歴史を切断して、前後を見ていかなければ
なりません。

そのときに年号の暗記が重要な役割を
果たすのです。

これはセミナーのほんの入口。

セミナーでは、同志社大学学長や
その他の専門家を招き、圧倒的な知識量
によって本当の教養を身につける
リーダー教育がなされます。

 第1講 専門を超えた統合知
 第2講 知識は生きるために役に立つ
 第3講 外交の実務と裏側その1
    北方領土交渉1988年‐1992年
 第4講 外交の実務と裏側その2
    北方領土交渉1993年‐2002年
 第5講 領土問題の現実・2018年から未来へ
 第6講 熱血!ディベートの極意
 第7講 ゲノム編集の現在
 第8講 AIを数学的に考える
 第9講 教育の技法

単なる知識のインプットではなく、
なぜ学ぶ必要があるのか、どうやって何を
学ぶべきなのかを知ることができます。

それは知の技法にと言ってもいいでしょう。

正直、講義を受ける側の脳みそは、
むちゃくちゃ負荷がかかります。

しかし、講師側が全身全霊で講義する
意気込みが伝わってくるので、
何とか最後までやり抜けると思います。

この本から何を活かすか?

セミナーの最後で、佐藤さんは学生に、
「マタイによる福音書」の第10章16節に
ある言葉を伝えています。

  「わたしはあなたがたを遣わす。
  それは、狼の群れに羊を送り込むような
  ものだ。だから、蛇のように賢く、
  鳩のように素直になりなさい。」

鳩のような素直さと、蛇のような狡猾さ
の両方がないと世の中を渡りきって
いけないということです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |