活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる


あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

満足度★★★
付箋数:22

  「『アリとキリギリス』の世界は遠い
  過去だ。食べ物がなくなる冬など、
  もう地上には存在しない。
  いつでも腹いっぱい、安くて美味しい
  食べ物を食べられる。
  じゃあなぜ、貯めるのか?
  簡単だ。
   “貯金信仰” にとらわれているだけだ。
  古い時代からの幻想を、少しでも解いて
  もらうために、僕は本書をまとめた。
  声を大にして言いたい。
  あり金は、全部使え!
  それが、人としての信用を裏づけ、
  お金の本質を学ぶための最善策だ。」

本書は、堀江貴文さんの
「生き方」を説いた本です。

刺激的な発言が多いので、その部分
だけが記憶に残るもしれません。

しかし、堀江さんが説いているのは、
実はマインドの部分が多いです。

「あり金を全部使え」もマインドの話で、
本当に1円残らず使えと言っている
わけではありません。

「あり金をすべて使うつもりで、
やるべきことをしよう」と言っています。

本書の堀江さんの言葉は、言葉通りに
捉えずに、すべてその前提で読んだ方が
いいでしょう。

私は、堀江さんと全く逆の考えを
持っていることもあります。

しかし、私はそれを読んでも、
「それは違う」と目くじらを立てる
ことはありません。

なぜなら、それは価値観の違いなので、
どちらが正解というのはないからです。

本書では、堀江さんにしては珍しく
家庭に対する言及が多くありました。

 ・家を買うな
 ・小遣い制は絶対やめろ
 ・恋愛は死ぬまで続けろ
 ・サボれる家族サービスはサボれ
 ・掃除、洗濯はするな

これらの発言と共に、堀江さんが、
かつて結婚していた時代の苦い思い出も
語られています。

それを読むと、つくづく堀江さんは
結婚に向いていないことがわかります。

  「できることなら、男には結婚後も
  恋愛を続けてほしい。妻に対しては、
  最大限の敬意を払ったうえでだ。
  僕は、妻がいるのに別の恋人をつくる
  という、器用な恋愛は面倒くさいので、
  もう結婚はしない。」

人物としても魅力があり、お金もある
堀江さんなので、結婚する気になれば、
いつでも結婚できるはずです。

しかし、他人事ではありますが、
堀江さんが結婚しないと決めているのは
正解だと思います。

本書は、凝り固まった固定概念を払拭し、
自分にない価値観に触れる目的では、
非常に有用です。

そして、白黒はっきと、単純化して
断言していますから、扇動力があり、
いつもは本を読まいない人にも、
言葉は届きます。

しかし、堀江さんの言っている本質を
理解せず、表面的に捉えて実行する人が
出るのは、少し危険だと思います。

そのため、常識が備わった大人にこそ、
本書は読んで欲しいところです。

 第1章  安定志向はゴミ箱に捨てろ!
 第2章  欲望のままに遊び倒せ
 第3章  金で買える時間はすべて買え
 第4章  チンケな節約をやめろ
 第5章  財産を信用に変えろ
 第6章  ゴールを設定するな

この本から何を活かすか?

  「2019年5月4日早朝、僕が出資する
  宇宙ベンチャー、インターステラ
  テクノロジズ(IST)の小型観測ロケット
   “MOMO” の3号機が、北海道大樹町から
  打ち上げられた。
  ロケットは、高度100キロの宇宙空間に
  到達した。民間単独のロケットとしては、
  国内初となる快挙だった。」

やはりこの偉業を達成できたのは、
堀江さんの世間の常識には囚われない
生き方があったから。

私は、この宇宙事業を応援しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |