活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

30年分の経済ニュースが1時間で学べる


30年分の経済ニュースが1時間で学べる

満足度★★★
付箋数:23

これからの時代を生きていくためには、
過去の歴史を学ぶ必要があります。

特に、過去30年は「グローバリズム」と
「テクノロジーの進化」によって、
世界経済の潮流が大きく変わり、
過去を振り返る上で、非常に重要です。

また、私たちが、日々流れている
経済ニュースを見聞きしているだけでは、
どうしてもその事象を「点」で捉える
ことしかできません。

そこで日本経済・世界経済で起こった
事象のつながりを確認し、「面」で
捉えるために、この本は書かれました。

  「本書は1989年からの30年間、
  つまり世界経済においては東西冷戦の
  終結から米中新冷戦まで、日本経済に
  おいてはバブル崩壊から “令和” 時代
  の幕開けまでの経済ニュースの
  ポイントを厳選しています。」

著者は、エコノミストの崔真淑さん。

日経CNBCで最年少の経済解説委員会
コメンテーターとして就任し、
テレビや雑誌でも活躍してる方です。

私はこれまで、崔さんの外見から、
若い女性のエコノミストなので、
メディアでは一定の需要があるのだろう
程度にしか思っていませんでした。

しかし、本書を読んで良い意味で、
期待が裏切られ、崔さんに対する見方が
変わりました。

本書では、世界・日本の経済ニュースを、
これ以上ないぐらい、わかりやすく
解説しています。

これ以上わかりやすく書いてしまうと、
逆に誤解を与え、本質が伝わらなくなる
ギリギリのところ。

例えて言うなら、本書に関しては、
池上彰さん並のわかりやすさです。

視点の偏りのなさでは、池上さんには
及ばないものの、複雑な経済ニュースを
シンプルに伝える点においては、
いい勝負をしているように思えます。

過去30年を振り返る前に「5分でつかむ」
戦後の世界経済と日本経済につても、
10ページで簡単にまとめられています。

その上で、過去30年の経済ニュースから
88項目をピックアップして解説します。

本書の章立ては以下の通りです。

 1. 世界経済の動きをつかむ
 2. 日本経済の動きをつかむ
 3. 日本企業の盛衰を読む
 4. 令和の日本が抱える問題
 5. デジタル覇権をめぐる争い

それぞれのトピックでは疑問を投げかけ、
それに答える形で、解説を進めます。

 ・テロは経済にどんな影響がある?
 ・イスラム金融のしくみはどうなっている?
 ・日本のバブルはどうしてはじけたのか
 ・日本企業のROEはなぜ1ケタ台なのか?
 ・宇宙ビジネスって何がすごいの?
 ・格差社会に急速に突入したわけは?
 ・アマゾンとアリババはどう違うのか?
 ・暗号資産と既存の通貨はどこが違うの?

扱いっている話題は多岐に渡っています。

本書が解説するのは、経済の基礎の基礎。

経済があまり得意ではない方にとっては、
うってつけの入門書です。

解説の半分は図解で占められているので、
苦手意識を持たずに読み進められます。

これさえ読んでおけば、経済ニュースを
聞いたときの理解度は、かなり大幅に
アップすることでしょう。

経済ニュースを普通に理解している方
からすると、本書はちょっと平易過ぎる
と感じると思います。

しかし、そんな方でも苦手な分野や、
疎い分野は必ずあるはず。

そこを埋めるだけでも、本書を
読む価値は十分にあると思います。

この本から何を活かすか?

日本の労働生産性が「先進国最下位」
のわけは?

日本の労働生産性は先進7カ国(G7)
中最下位、アメリカの約3分の2しか
ありません。

この問題、実はまだ、解明されて
いないようです。

  「なぜ日本の生産性は低いのかに
  ついては多くの研究が行われている
  ものの、決定的な要因は見つかって
  いないといいます。(中略)
  日本の労働生産性の低さの原因に
  ついて、統計学や経済学の共通解は
  ありません。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |