活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2019年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

介護に学ぶ シニアのおもてなしマーケティング


介護に学ぶ シニアのおもてなしマーケティング (DO BOOKS)

満足度★★★
付箋数:22

著者の砂亮介さんより献本いだきました。
ありがとうございます。

全人口のうち、65歳以上の人が占める割合
を表す高齢化率。

日本の高齢化率が、どんどん上がっていく
ことは誰もが知っています。

2017年時点の高齢化率は27.7%、これが
2025年には30.0%、2040年には35.3%に
まで上昇します。

最近の高齢者は、現役世代とあまり変わらず、
元気な方もたくさんいます。

しかし、加齢と共に身体も精神も徐々に
変わっていくのもまた事実です。

3人に1人がシニアの時代において、
従来のモノやサービスを売るための
マーケティングは有効なのでしょうか?

  「商品が売れるためには、買う人が
  その商品やサービスのある実店舗、
  または通販サイトを訪れ、自分で商品や
  サービスを確認し、欲しいと思い、
  購入を決断する必要があります。
  この何気なく当たり前のことが、
  年をとると徐々に難しくなります。
  年を取り、足腰や視力が弱くなると、
  今までは車で郊外の大規模量販店に
  出かけていたのが、徒歩やバスで行ける
  近隣のスーパーやコンビニエンスストア
  を利用するようになります。
  さらに足腰が弱くなれば、それすらも
  難しくなります。」

シニアの加齢現象を踏まえたマーケティング
を考えていかなければ、従来のように
モノやサービスは売れなくなっていきます。

また、シニアには他人には若く見て欲しい
と思う欲求がある一方で、年相応に扱って
欲しいという複雑な心理があります。

年寄り扱いされたくないと言いつつも、
映画や市営バスなど高齢者割引は歓迎する
現実的なところがあるのです。

本書は、本格的なシニアマーケティングの
参考書です。

学術的な切り口ではなく、介護の現場から
学んだ、シニアのリアルな実態を踏まえた、
マーケティングです。

  「様々なシニアマーケティングに関する
  書籍を見ますが、多くは人口統計、
  経済統計などの市場調査からシニア市場を
  分析したもので、シニアの実態を捉えて
  いるとはいい難いものばかりです。
  本書はそのような類書とは一線を画し、
  実際にシニアとの交流を通した
  フィールドワーク的な視点からシニアの
  行動を分析しているのが特徴です。」

著者の砂さんは、シニアビジネスの
コンサルタントとして活躍している方です。

その前には、介護事業所を創業して、
自らもソーシャルワーカーとして10年以上
勤務した経験があるそうです。

そういった実務経験が本書の分析には、
十分に生かされています。

シニアビジネスには、2つの「やすさ」が
必要だと砂さんは言います。

1つは、便利である「使いやすさ」。

しかし、それよりも重視すべきなのは、
「買いやすさ」です。

いくらシニアに使いやすい商品やサービス
を開発しても、それを買ってくれる
「買いやすい環境」までを考えないと、
売れないようです。

本書が示すのは、これからの4000万人の
シニア市場で売れる仕組みをつくる
未来のシニアマーケティング。

  「未来のシニアマーケティングは、
  飲食店や小売店がシニアのありのままを
  受け入れ、自分たちが能動的に動く
  ことで、シニアをもてなすことです。
  そして、シニアの顧客を増やすことが
  できるものでなければなりません。」

本書は、地元に密着したお店や飲食店での
シニア集客術が詳しく書かれています。

大企業のシニアビジネス向けではなく、
中小企業や小売店、飲食店が参考にすべき
シニアビジネスの極意がまとめられています。

この本から何を活かすか?

ある喫茶店では、麺がフニャフニャの
「まずい」スパゲッティがシニアに人気
だと言います。

最近のスパゲッティ専門店では、
固茹での「アルデンテ」が一般的。

しかし、シニアが若い頃に食べた
スパゲッティは、フニャフニャの
ケチャップ味が普通でした。

当時を懐かしむというよりも、
若い頃に作られた味覚は変わらないため、
そのスパゲッティは好評のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生は攻略できる


人生は攻略できる

満足度★★★
付箋数:20

  「この本では、人生をロールプレイング
  ゲームだと考えて、 “君たちはこれから
  どう生きるか” を考える。
  ――というと、 “人生はゲームだなんて
  冗談じゃない” と怒られそうだ。
  これはもちろんそのとおりで、人生に
  必勝法があれば誰も苦労しないわけ
  だから、そんなのはウソだとすぐに
  わかる。でも、人生とゲームが
  まったく似ていないわけじゃない。」

本書は、「幸福」になるための「人生」
というゲームの攻略本。

必勝法ではないものの、幸福になる確率を
上げるために、「やった方がいいこと」と
「やってはいけないこと」が書かれて
います。

本書は、ライターの大隅光彦さんが
ベストセラー作家、橘玲さんへ行った
インタビューをもとにまとめられた本です。

本書での、「幸福」の定義は、
次の2つにまとめられています。

 1. 好きなことを夢中でやって、
  いまが楽しい

 2. あとから振り返って、「幸福だった」
  と思える

そして、幸福な人生をおくるために必要な
土台として、「お金(金融資本)」と
「仕事(人的資本)」、「愛情・友情
(社会資本)」の3つを挙げています。

つまり、人生とは幸福というゴールを
目指すために、いかにして金融資本、
人的資本、社会資本の3つのアイテムを
効率よく集めるかのゲーム。

これが、橘さんの基本的な考えです。

結論としては、人的資本は「好きなこと・
得意なこと」に一極集中する。

金融資本は、グローバルマーケットに
分散投資する。

社会資本は小さな愛情空間・友情空間と、
広大な貨幣空間のネットワークに
分割する。

人生というゲームは、これで攻略できる
確率が上がります。

  「これまで何冊か人生設計について
  書いてきたが、ここではそれを若い読者
  に向けてシンプルにまとめてみた。
  ここで述べたことはすべて証拠
  (エビデンス)があるが、煩わしく
  なるのでいちいち出典は示していない。
  詳しいことを知りたければ、
  以下の本を読んでみて欲しい。」

詳しく学ぶための推薦本として
挙げられているのは、いずれも橘さんの
過去の著書です。

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
臆病者のための株入門
臆病者のための億万長者入門
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
言ってはいけない
もっと言ってはいけない
幸福の「資本」論
専業主婦は2億円損をする
「読まなくてもいい本」の読書案内
80's エイティーズ

要するに、本書は橘さんの過去の本の
いいとこ取りをした、総集編のようなもの。

橘さんの人生論を、本書を読むだけで、
短時間で知ることができます。

新しい論点は出てきませんが、橘さんの本
を初めて読む若い読者には、ちょうどいい
橘ワールドの入門編です。

私は、これまで橘さんの本を読んだこ
とのない人に、その考え(結論)を
伝えるのに、結構、苦慮してきました。

本書は、「まず、これ読んで」と
一冊だけ渡せば、すべて伝わるので、
その意味では、非常に有り難い本でした。

最近知り合った20代の知人に、
本書を渡そうと思います。

この本から何を活かすか?

  「宝くじは税金とよく似ているが、
  消費税や所得税などどちがって
  国民全員に課税されるわけではない。
  宝くじを通じて、 “税金” を納めて
  いるのは、確率を正しく計算できない
  ひとだけだ。そのため経済学では、
  宝くじは “愚か者に課せられた税金” 
  と呼ばれている。」

宝くじを買うのはもちろんですが、
「よく当たる売り場」などと言っている
人は、確率が計算できない最たる例です。

期待値がマイナスのゲームに
参加する回数が増えれば増えるほど、
負ける確率が高くなる。

この事実を意識していない人が、
あまりに多いことに、いつも驚かされます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 04:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか? 限界を突破するTOCイノベーションプロセス


優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか? 限界を突破するTOCイノベーションプロセス

満足度★★★★
付箋数:25

ダイヤモンド社の小川さんより、
献本頂きました。ありがとうございます。

優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?

  「多くの優れた発想はゴミ箱に
  捨てられている。しかも、発想が優れて
  いればいるほど、その可能性は高い。
  なぜならば、今まで世の中にない
  新しい発想を、従来の考え方しか
  知らない人たちが正しく評価するのは
  難しいからである。」

優れた発想=イノベーションは、
経営者にとって企業を存続させるために、
是が非でも欲しいものです。

しかし、イノベーションを実現する
までには、社内で何段階もの承認の
プロセスを経なければなりません。

特に、最終段階では経営幹部の方々から
「ありがたいご指導」をいただくことも
少なくありません。

判断するのは、過去の成功体験を
ベースに考える方々です。

結果、従来の考えの延長線上にない、
新しい発想は却下され、従来の路線の
改善策だけが採用されてしまうのです。

しかし、発想をちょっと変えてみると、
各プロセスの関門さえ突破できれば、
実はイノベーションを起こしやすく
なるのです。

ものすごい天才でなくても、
誰でも起こせるイノベーション。

本書の著者、岸良裕司さんが
紹介するのが、プロセスを変えて、
イノベーションを起こす方法です。

それが、TOCイノベーションプロセス
「E4V(Eyes for Value)」。

これはエリヤフ・ゴールドラット博士が
考案した「TOC(制約条件の理論)」を
ベースにしたものです。

TOCは、1984年に発表された小説
ザ・ゴール』で披露され、世界中で
有名になりました。

これは各プロセスをつながりと考え、
全体最適でマネジメントする手法です。

TOCは、もともと主にサプライチェーン・
マネジメントで用いられました。

それをイノベーションを起こすまでの
プロセスの全体最適へと応用したのが、
「E4V」です。

この手法では、各プロセスの障害を
乗り越え、その都度、支援者を増やして
イノベーションを実現するように、
次の3つのSTEPで設計されています。

 STEP1 価値を創る

「顧客の目」「市場の目」「商品の目」
の3つの目で価値を見つけます。

そして商品のイメージを視覚化する
「WOW!カタログ」や、中期経営計画の
「WOW!ロードマップ」を創ります。

 STEP2 価値を伝える

お客様の立場になって、商品コンセプトを
「変化の4象限」で見つめ直します。

更に、「市場の教育」するための6つの
質問で伝える方法を具体化します。

 STEP3 実現への道のりを創る

商品がビジネスで成功するための仮説を
創り、検証します。

ここでは「ミステリー分析」「ODSC」
「バックキャスト工程表」「断れない提案」
などのツールも活用します。

本書の「E4V」は、理論上の話だけではなく、
マツダ、パナソニック、トヨタ自動車、
LIXIL、京都きものルネッサンスなどの
事例を交えて紹介されています。

ベースとなっているTOCは、巻末に
参考論文として、20ページ程にまとめて
紹介されているのも有り難いですね。

また、本書には「WOW!トリ」など、
独自のイラストが挿入されています。

これは岸良さんの奥様、絵本作家の
きしらまゆこさんが描いたもの。

本書に難しいイメージを持たずに、
和ませてくれるのに貢献しています。

この本から何を活かすか?

LIXILが開発したのは、開けても閉めても
心地よい窓でした。

商品名は「TOSTEM LW」。

桟がまったく見えないサッシを採用し、
リビングに外とつながっている開放感を
もたらす商品です。

E4Vのプロセスで考え抜かれて、
商品化されたため、高額にもかかわらず、
ヒット商品になりました。

あまりにカッコいいので、岸良さんも
家をリフォームして導入したそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アラフォー・クライシス: 「不遇の世代」に迫る危機


アラフォー・クライシス: 「不遇の世代」に迫る危機

満足度★★★
付箋数:22

  「毎月の給与で比較したときに、
  平均すると(40~44歳では)
  約2万3000円、氷河期世代では給料が低い
  という結果が出ました。
  最初は、これ計算間違いじゃないかと
  思って、何度か確かめてみたんです。
  でも、やっぱりそのぐらいの大きな違い
  があったんですね。ここまで世代に
  よって毎月の給与に差が出るとは
  思っていませんでしたから、
  本当にそれは衝撃的な数字でした。」

このように語るのは、東京大学社会科学
研究所の玄田有史教授です。

就職氷河期とは、バブル経済崩壊後、
就職難が社会問題となった時期です。

1990年代半ばから、2000年代前半ぐらい
までを指します。

就職氷河期に就活した人たちは、
今、40歳前後、いわゆるアラフォー
世代になっています。

就職難だった時期から、20年が経過した
今でも、この世代は苦しんでいると
いいます。

その1つが、世代別の平均月給のデータ。

2010年と2015年の大卒・大学院卒者の
月給を比較したのが以下の一覧です。

 20-24歳  +5200円
 25-29歳  +8700円
 30-34歳  +6400円
 35-39歳  -4300円
 40-44歳  -23300円
 45-49歳  +2200円
 50-54歳  +21100円
 55-59歳  +8000円

見事に、就職氷河期に就職した、
アラフォー世代の給与だけがマイナス
になっています。

NHKでは、「クローズアップ現代+」
の中で、2017年12月と2018年6月の
2度に渡って「アラフォー・クライシス」
をテーマにした番組を放送しました。

本書は、2度の番組内容と、放送で
紹介しきれなかった取材内容を
まとめて書籍化したものです。

ところで、なぜ、20年経った今でも、
就職氷河期に遭遇した世代の待遇は、
悪いままなのでしょうか?

それは、日本の「新卒一括採用」という
仕組みに原因があります。

新卒時に正社員になるチャンスを
一度逃してしまうと、その後で、
挽回して正社員になるのは難しい。

非正規のループから抜け出せず、
また、正社員になっていても給与は
伸び悩んでいました。

特に、最初の一歩で躓いた人たちは、
大卒時22歳で「就職氷河期」に直面し、
28歳頃に「ワーキング・プア」を体験。

30歳頃にはリーマンショックが起こり、
「派遣切り」で職を失い、40歳前後に
なった現在、「アラフォー・クライシス」
を迎えています。

社会問題になったことをフルコースで
体験している、「不遇の世代」なのです。

更に、今後、アラフォー世代を襲うのが、
「7040(ナナマル・ヨンマル)」と
呼ばれる問題です。

これは、「70代」の親と「40代」の子が
同居生活を送っていて、親子共倒れの
リスクが高いと指摘されている問題です。

20代の頃、「パラサイト・シングル」
を選択して、当時、50代だった親の収入を
当てに生活していました。

しかし、親は定年後の年金生活に入り、
子は非正規のままで、思ったように
収入は伸びませんでした。

そうこうしている内に、親の介護が
始まってしまうケースもあるようです。

さすがにNHKだけあって、入念に取材を重ね、
当事者たちのリアルな実態に迫っています。

かなり多くのインタビューが掲載されて
いるので、生々しく、痛々しいとさえ
感じる部分もあります。

本書では、アラフォー・クライシスを
社会問題と捉え、始まったばかりの
救済策についても詳細にレポートします。

この本から何を活かすか?

非正規だと、結婚する確率も下がるようです。

日本労働組合総連合会の2017年の調査に
よると、次の結果が出ています。

女性の初職が「正社員」だった場合、
配偶者がいる割合は、70.9%でした。

これに対し、初職が「非正規」だった
女性に配偶者がいる割合は、
わずか26.9%に留まったそうです。

非正規に多く流れたアラフォー世代は、
結婚でも不利な状況だったようですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生


2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生

満足度★★★★
付箋数:26

オトバンクの上田さんから献本頂きました。
ありがとうございます。

なんか、とてつもない本に出会ってしまった。
それが本書を読み始めて思ったことです。

  「本書は、1989年から2018年の30年間を
  描いた『分断した世界』の後編である。
  世界の未来予測を仕事とする者を訪ね、
  彼らとの対話を重ね、2020年から2049年
  までの30年の未来を予測した。
  第1章では、迫り来る “宇宙変動” について。
  第2章では、今後30年のメインプレイヤー
  となる国家について。そして第3章では、
  日本の未来に加えて、ポスト国家としての
   “個人” と “人類の未来” に焦点を
  定めている。
  分断した世界は、再び統合するのだろうか?
  そして、人類の未来は、どこに向かう
  のだろうか?
  これから “未来への旅路” を、皆さんと
  ご一緒したい。」

本書は、高城剛さんが、足掛け5年の歳月
をかけて書いた、未来予測の本です。

かつてハイパーメディアクリエイター
という肩書を、高城さんは名乗っていま
したが、それも過去のものとなりました。

最近では、未来予測が仕事なの?
と思えるような活躍ぶりです。

高城さんの強みは、机上の空論ではなく、
実際に世界中を飛び回って、現場を見て
まわっていることです。

本書では、世界中のフューチャリストに
直接会って話を聞き、データが指し示す
現地に赴き、肌感覚を加えています。

だからこそ、常識では考えられない
未来予測でも、リアルで説得力のある
言葉として、伝わってきます。

本書の最初で、予測するのは地球の
気候変動について。

世間では、「地球温暖化」の危機が、
叫ばれています。

  「ここ数年、日本では夏に耐えがたい
  ほどの猛暑が続き、ゲリラ豪雨が多発
  する。まるで熱帯雨林気候のようで、
   “地球は温暖化しているのだな” と
  感じている人は決して少なくない
  だろう。
  だが、事実は違う。いま、地球は
  短期ではあるが、寒冷化に向かって
  いるという説が急浮上している。」

高城さんが会って話を聞いたのは、
英イーサンブリア大の天文物理学者の
ヴァレンチナ・ザルコヴァ教授です。

ザルコヴァ教授によると、温室効果ガス
の影響もなくはないですが、それは
「太陽」がもたらす地球への影響に
比べると、非常に小さなもののようです。

地球は太陽が放出するエネルギーを受け、
特に、「黒点」の数によって気候が
変わります。

その黒点が数十年単位で見ると、
減少して、太陽の活動が低下します。

その影響で、2020年頃から地球は
寒くなり、その寒冷のピークは
2030年代に訪れるというのが、
ザルコヴァ教授の予測です。

ところで、北極圏の氷が解け出している
というニュースはどうなのでしょうか?

これ2012年にグリーランド北部で起きた
ニュースですが、その続報があります。

実は、2013年には氷は元に戻った
そうですが、そのことは全く報道され
ませんでした。

高城さんは、この地球環境の変化を
念頭に置きながら、アメリカ、中国、
インド、EU、そして日本について分析し、
その未来の姿を描き出します。

その結果、導かれた答えが、
本書のタイトルにもなっている
「2049年に日本がEUに加盟する」
という、衝撃的な結論です。

ただし、個人的には、今でもEUへの
加入基準を満たしていない日本が、
30年先にそれを満たしていることは、
ちょっと考えにくかったですね。

それはさておき、日本が生き残るには、
EUに加入するしか道がないと、
高城さんは述べています。

実現性はともかく、唯一無二の未来予測
をする高城さんの本は、読んでいて、
非常に面白い。

読むの価値のある本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書では、アリババ・グループが提供する
決済サービス「アリペイ」が世界を支配する
可能性についても言及しています。

利用者がアリペイを使うと「芝麻信用」
という評価システムのスコアが上がり、
数々の恩恵を受けられるようになります。

「信用度」をスコア化している芝麻信用は、
私も注目しているシステムです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法


最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

満足度★★★★
付箋数:25

  「現在の教育界は、昔ながらの非効率な
  勉強法であふれています。
  どれだけ時間をかけても “やったつもり” 
  になるだけで、真の成果は得られません。
  本当に必要なのは、科学に裏付けされた
   “正しいテクニック” だけを使うこと。
  そして1日でも早く、貴重な時間を限界
  まで有効に使う “超効率勉強法” に
  転換することなのです。」

本書は、科学的に効果が証明された
勉強法を紹介する本です。

著者は、メンタリストとして活動しながら、
多くの本を執筆するDaiGoさん。

DaiGoさんは、学校や塾で教わった勉強法の
「9割は間違っている」と指摘します。

特に科学的に「効率が悪い」勉強法として、
本書で挙げているのは、次の7つです。

  1. ハイライトまたはアンダーライン
  2. 語呂合わせ
  3. テキストの要約
  4. テキストの再読
  5. 集中学習
  6. 自分の学習スタイルに合わせる
  7. 忘れる前に復習する

この中で、7番の「忘れる前に復習する」
について補足すると、復習すること自体が
ダメと言っているわけではありません。

むしろ復習は、学習の王道です。

何がダメなのかと言うと、復習する
「タイミング」です。

「今日やったことを忘れないうちに復習」
するのは、実は逆効果です。

忘れる前に復習すると、脳はすでに
知っている情報だから記憶しなくてもいい
と判断するようです。

正しいタイミングは、「忘れたころに」
復習すること。

忘れかけた時点で復習すると、思い出す
作業が脳に刺激を与え、記憶の定着に
結びつきやすいようです。

では、DaiGoさんが推奨する「超効率勉強法」
とはどのような勉強法なのか?

  「結論から言えば、答えは “アクティブ
  ラーニング” です。これは、名前が示す
  通り、積極的(アクティブ)に学習
  (ラーニング)に取り組んでいく手法
  のこと。授業を聞きながらノートを取る
  ような受け身の姿勢ではなく、進んで
  頭を使いながら学ぶ、これがアクティブ
  ラーニングの定義です。」

DaiGoさんが、若干オーバーなのは、
このアクティブラーニングが、現在の
教育界でも全く取り入れられていない
ように言っていること。

昔ながらの非効率な指導法しかしない
教師がいることも事実です。

しかし、実際の教育の現場では、
アクティブラーニングを取り入れる動きが
大きなテーマになっています。

ちょっと扇動的な部分はあるものの、
DaiGoさんは、アクティブラーニングを
個人が実践できる学習テクニックとして
落とし込んでいます。

アクティブラーニング化のポイントは2つ。

1つ目は、「想起」すること。

簡単に言うと思い出すことで、本書では、
「クイズ化」「分散学習」「チャンク化」
の3つのテクニックが紹介されています。

2つ目のポイントは、「再言語化」。

こちらは、自分の言葉に置き換えることで、
「自己解説」「ティーチング・テクニック」
「イメージング」の3つのテクニックが
紹介されていました。

また、本書では勉強前のモチベーションを
高める方法や、勉強後に脳に定着させる
方法、更には地頭を良くする方法にまで
言及しています。

大小さまざまな、35のテクニックが
盛り込まれているため、どれが大事なのか、
少し見えにくくなる部分はあります。

しかし、いずれも効果があると科学的に
裏付けされた手法のみが厳選されています。

わかりやすく書かれていることもあり、
個人的には、期待以上の内容でした。

この本から何を活かすか?

私が試してみたいと思ったのは、
「インターリービング」という方法です。

分散学習の1つで、1回の練習時間の間に、
複数のスキルを交互に練習する手法です。

インターリービングのポイントは3つ。

  1. ジャンルの数は3つまで
  2. 時間は等分に
  3. ワンセッションことに休憩を入れる

実際に英語を学習する際に、
この手法を使ってみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 04:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

データ・ドリブン・エコノミー デジタルがすべての企業・産業・社会を変革する


データ・ドリブン・エコノミー デジタルがすべての企業・産業・社会を変革する

満足度★★★
付箋数:24

ダイヤモンド社の小川さんより、
献本いただきました。ありがとうございます。

インターネットやスマートフォンの普及に
よって、私たちの生活は大きく変わりました。

一般的には、それを「デジタル革命」と
呼びます。

しかし、東京大学大学院工学系研究科教授の
森川博之さんは、本当のデジタル革命は、
私たちはまだ体験していないと言います。

  「私は、過去20年間はデジタル革命の
   “助走期” にすぎず、本当の意味での
  デジタル革命はこれから幕を開けると
  とらえている。まもなくICTが真価を発揮
  する “飛翔期” に入り、デジタルが社会の
  隅々まで浸透していくだろう。」

これまでのデジタル革命においては、
データの活用といっても、そのほとんどは
「ウェブデータ」に限定されていました。

ウェブ閲覧履歴、ウェブ購入履歴、
画像・動画データ、SNSの個人関連データなど。

しかし、飛翔期の「真のデジタル革命」では、
ウェブ限定ではなくなり、リアルな世界での
データの活用が本格化していきます。

製造業や農業・漁業、医療から地方再生まで、
あらゆる分野で、リアルなデータが収集され、
活用されていくことが見込まれています。

それを可能にしたのが、情報通信技術です。

Information and Communication Technology
は「ICT」と略され、通信技術を活用した
コミュニケーション全般を指す言葉です。

本書が解説するのは、あらゆるモノが
データ化される時代に起こる未来について。

それが、本書のタイトルになっている、
「データ・ドリブン・エコノミー
(データ駆動型経済)」です。

データ・ドリブン・エコノミーとは、
リアルな世界から集めたデータが新たな
価値を生み出し、あらゆる企業・産業・社会
を変革していく一連の経済活動を指します。

データ・ドリブン・エコノミーでは、
モノのデジタル化によって、リアルな世界と
サイバー空間が相互に関連します。

あらゆる分野で適用され、これまでなかった
社会的価値が生み出されていきます。

例えば、医療の分野では、バイタルセンサ
によってデータが集められます。

そのデータは、データベースに蓄積され、
解析されます。

そして現実世界への応用として、個人特性を
考慮したテーラーメイド医療が施されます。

あるいはモデル化によって予測することで、
医療の重点が「治療」から「予防」へと
移行していきます。

集められるデータは、ビッグデータに
限られるわけではありません。

ビッグまでの規模のない、スモールデータも
活用されていきます。

ゴミ回収ボックスにセンサを取り付けて、
集めたゴミ収集データなどがその一例です。

こうしたリアルデータは、あらゆる産業から
集められる泥臭いものです。

森川さんは、こういった泥臭いデータには
GAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、
マイクロソフト)はあまり手を出さないと
見込んでいます。

だからこそ、データ・ドリブン・エコノミー
は日本にとって大きなチャンスなのです。

むしろ、地味で泥臭いリアルデータの活用は
日本企業や日本人の得意分野だと森川さんは
指摘しています。

確かに、GAFAMが農業や建築・土木などの
スモールデータを集めとは考えにくいですね。

  「本書では、データ・ドリブン・エコノミー
  が足下で、企業・産業・社会をどう変えて
  いるのかを事例を交えながら詳しく紹介
  していく。また、真のデジタル革命時代に
  企業や個人がどう対処すればよいのか、
  私なりの視点を整理してお伝えしたい。」

本書は、データ・ドリブン・エコノミーが
もたらす未来像を見通す良書です。

現在進行中の具体事例も豊富に紹介されて
いるので、本書を読むと、こらからの時代が
どう変わっていくのかがわかります。

この本から何を活かすか?

本書で紹介されていた事例で、私が面白と
思ったのが、「ペイ・パー・ラフ」です。

これは、スペインのお笑い劇場が導入した
1回笑うごとに課金するシステム。

各座席の前に設置されたカメラで、
観客の顔を認証して、笑顔になった回数を
リアルタイムで計測して課金するようです。

アナログだと思っていた、お笑いの世界に
このような仕組みが導入されているのは、
非常に驚きでした。

このシステムでは、観客の満足度も上がり、
劇場の売り上げも30%増加したそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GREAT BOSS(グレートボス): シリコンバレー式ずけずけ言う力


GREAT BOSS(グレートボス): シリコンバレー式ずけずけ言う力

満足度★★★★
付箋数:25

どうしたら、最高の上司になれるのか?

世の中には、数多くのリーダーシップ本が
出回っているように、この問題は一筋縄
ではいきません。

なぜなら、上司も部下もそれぞれ
個性があり、価値観も違うので、
通り一遍の方法では通用しないからです。

しかし、いくら上司と部下の個性が違っても
仕事にはシンプルな原則もあります。

それは、「仕事の根幹は上司と部下の
信頼関係」にあるということ。

では、どうしたら上司と部下の
信頼が築け、最高の人間関係を作れるか?

  「人間関係はわたしたちの人生を支配
  するし、普通の人間関係については
  さまざまな研究があるのに、上司と部下の
  関係の本質については、これまでほとんど
  語られていない。わたしはそこをなんとか
  したかった。アップルでも、グーグルでも
  この世界のどこでも、いい上司になる
  ことの中心にあるのは、部下とのいい
  人間関係なのだから。
  上司と部下とのいい関係を一番的確に
  表す言葉を、わたしは見つけた。
  それが “徹底的なホンネ(Radical Candor)” 
  だ。」

本書は、部下のパフォーマンスと成長を
最大限に引き出す、最高の上司になる
ためのマニュアル本。

著者は、シリコンバレーのカリスマ女性
起業家のキム・スコットさん。

スコットさんは、グーグルやアップルを
経て、キャンダー・インクを創業した方。

上司の部下への接し方として、
優しいだけでは、きちんと部下を指導する
ことはできません。

一方、いくら正しいことを言っていても、
厳しいだけでは、部下は潰れてしまいます。

スコットさんは、上司が優れた指導を
するために、2軸で2×2のマトリックスに
したフレームワークを紹介します。

2つの軸とは、「心から相手を気にかける」
ことと「言いにくいことをズバリと言う」
ことです。

この2つが同時にできると「徹底的なホンネ」
で部下に接することができます。

しかし、気にかけているだけで、ズバリと
言えないと「過剰な配慮」になります。

また、ズバリとは言うものの、相手を気に
かけていなければ「イヤミな攻撃」に
なってしまいます。

この2軸の両方を満たしていないと、単に
「摩擦を回避」しているだけになります。

このフレームワークをシンプルな例で
見てみましょう。

例えば、トイレから戻ってきた人の
ズボンのチャックが開いていた場合。

「徹底的なホンネ」では、気まずいけれど、
「チャックが開いているよ」とそっと
伝えてあげます。

これを「見ろよ! あいつのチャックが
開いているぜ」と叫ぶと「イヤミな攻撃」
になってしまいます。

相手が恥ずかしがっていると思って、
何も言わないのが「過剰な配慮」。

同じ何も言わないのでも、自分のことだけ
を考えて、面倒なことに近づきたくない
から言わないのは、「摩擦を回避」です。

本書が目指すのは、「徹底的なホンネ」で
部下に接することです。

本書は、洋書特有の事例の多い語りで
書かれていますが、非常に実用的な
アドバイスが書かれている本だと思います。

概念的な話だけでなく、フィードバック
方法など、かなり具体的なヒントが
盛り込まれています。

スコットさんが、過去にやらかした
失敗談も交えて語られていますから、
そこからも学ぶことができます。

400ページ超の厚めの本ですが、
読む価値が十分あると思います。

この本から何を活かすか?

本書では、命令を出さずに結果を
生み出すフレームワーク「GSDサイクル」
も紹介されていました。

こちらは、7つのサイクルで回します。

  第1段階 聞く
  第2段階 はっきりさせる
  第3段階 議論する
  第4段階 決める
  第5段階 説得する
  第6段階 実行する
  第7段階 失敗から学ぶ

スティーブ・ジョブズさんも意識せず、
実はこのサイクルを回して、仕事をして
いたようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 05:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続 ムダな医療


続 ムダな医療

満足度★★★
付箋数:23

日経BP社の日野さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

あなたの受けている治療は、本当に必要な
治療でしょうか?

医療経済の分野では「誘発需要」という
言葉があります。

これは金銭的なインセンティブによって、
必要以上の医療行為が行われることです。

誘発需要は、医療ドラマで見にする
ことがありますが、実際の医療の現場でも
本当にあるようです。

また、金銭的な目的でなくても、
日本の医学の常識が世界とズレている
可能性は考えられないでしょうか?

本書は、室井一辰さん著で2014年6月に
刊行されて、大きな話題となった
絶対に受けたくない無駄な医療
の続編です。

そもそも「ムダな医療」とは何なのか?

これは3つのケースが考えられます。

1つ目は、デメリットがメリットを
上回るケース。

例えば、CT検査は得られる情報の価値より、
放射線被ばくによる発がんリスクの上昇
の方が問題視されています。

2つ目は、メリットがほぼゼロのケース。

例えば、細菌にしか効かない抗菌薬を、
ウィルス感染の治療に使うような場合です。

3つ目は、デメリットが大きすぎるケース。

例えば、延命治療などの良かれと思って
行った医療行為が、患者に無視できない
負担を強いる場合です。

厳密に言えば、2つ目と3つ目は、1つ目の
理由に含まれますが、わかりやすくする
ためにあえて3つに分けています。

では、その医療行為がムダとされる
根拠はどこにあるのでしょうか?

それは、「チュージング・ワイズリー
(Choosing Wisely)」という活動です。

直訳すると、「賢く選ぼう」という意味です。

チュージング・ワイズリーは、世界的に権威
のある米医学界が、「受けない方がいい」
と示している医療行為のリストです。

このリストに掲載されるのは、さまざまな
研究を経た結果、受けるメリットよりも
受けるデメリットが上回ると判断された
医療行為です。

室井さんが、このリストに初めて出会った
ときのことを次のように述懐しています。

  「その内容はまさしく “衝撃のリスト” 
  と表現するほかないものだった。
  日本の医療現場をくまなく取材し、
  全米の医学界の情報をチェックしている
  私でも、知らないものがたくさんあった。
  そして、その活動は日本では全く
  知られていない。」

室井さんは、このチュージング・ワイズリー
を元に、『絶対に受けたくない無駄な医療
を日本・韓国・中国・台湾で刊行しました。

実は、チュージング・ワイズリーは
現在進行中の活で、室井さんが前著を書いた
後にも、「ムダな医療」が追加されました。

本書は、前作以降に新たに米チュージング・
ワイズリーに追加された、約300項目を
整理して、わかりやすく解説を加えたもの。

いくつか取り上げると、次のような
「受けたくない医療」が掲載されています。

 ・前立腺ガンの医療行為には不必要な
  ものが多い

 ・子供にCT検査やMRI検査を安易に
  実施しない

 ・古くなったというだけで、歯の詰め物
  を取り替えない

 ・手術する場所の毛髪は剃らない

 ・ヘリコバクター・ピロリ菌を調べる
  ために血液検査を実施しない

辞書的な本なので、自宅に置いておいて、
病院で診察を受けて、治療する前に
チェックするのがオススメの使い方です。

前著『絶対に受けたくない無駄な医療
とあわせて、一家に一冊置いておくと
安心できると思います。

この本から何を活かすか?

  「チュージング・ワイズリーは、日本の
  医療従事者にとっては、まだまだ
   “広がると困る” 動きなのかもしれない。
  本書で何度もお伝えしたように、
  チュージング・ワイズリーは、
  医療従事者が自分たちの首を絞める
  ような活動でもある。 “ムダな医療” に
  よって得をしている病院や医師も多い。
  ムダな医療がなくなれば、損をする。」

米国では、医療行為の費用対効果に対する
監視の目が厳しく、逆に費用対効果の高い
医療を行ったときのインセンティブも
用意されているようです。

医療環境が異なる日本では、米国と同じ
動きにはなりにくいため、今のところ
「自衛」するしかないように思えます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シェアライフ 新しい社会の新しい生き方


シェアライフ 新しい社会の新しい生き方

満足度★★★
付箋数:23

日本でレイチェル・ボッツマンさんと
ルー・ロジャースさんの本、
シェア ―<共有>からビジネスを
生みだす新戦略
』が刊行されたのは、
2010年12月のことでした。

以来、「シェアリングエコノミー」
の到来について、多くの方が語るように
なりました。

しかし、ただ理論で語るだけでなく、
本書の著者、石山アンジュさんほど、
本当に「シェア」を実践している人は、
それほど多くないと思います。

  「 “シェア” こそ、これからの時代を
  幸せに生きていくために、誰にとっても
  欠かせないキーワードになっていくはず
  です。
  本書は、この “シェア” (共有)という
  概念によって、社会がどう変わっていく
  のかを考え、シェアすることで生まれる
  新しい生き方を提案していきます。」

石山さんは、内閣官房シェアリング
エコノミー伝道師です。

シェアリングエコノミー伝道師とは、
地方におけるシェアリングエコノミーの
導入推進について、豊富な知見を備えた
人物に与えられる役割。

石山さんは、内閣官房IT総合戦略室長より、
2017年3月に第1弾の5名の中の1人として
任命されました。

それだけでなく、石山さんは渋谷にある
「Cift」(シフト)というシェアハウスで
暮らしています。

ここは住むだけのシェアハウスではなく、
メンバーのスキルをシェアしながら、
「ともに働く」法人組織です。

ミュージシャン、作家、料理人、お坊さん、
政治家、美容師、弁護士など、
様々な肩書を持つ方がともに暮らし、
ともに働いているようです。

また、石山さんの実家もシェアハウスを
経営しているという筋金入りです。

さて、肝心の「シェア」についてですが、
本書では以下のように定義しています。

  「シェアにはさまざまな意味が
  ありますが、この本では “シェア”
  = “分かち合うこと” と定義します。
  それは、私的所有や経済的な利益を
  追求する社会(資本主義社会)が
  限界を迎え、お金の価値や社会的
  ステータスなど、これまでの豊かさの
  物差しが揺らぐ時代になってきた中で、
   “個人と個人が共感や信頼を物差しと
  して、あらゆるものをシェアしながら
  『つながり』を前提にいきていく” 
  という新しい生き方です。」

今の社会は、組織中心から個人中心へ
移りつつあります。

その個人と個人が「信頼」を媒介として
「つながり」を持つて活動していくのが、
石山さんが提案する新しい生き方。

しかし、この「シェア」という概念は、
昔からあったといいます。

それは、日本の「長屋文化」です。

特に江戸時代の日本では、生活のほとんど
すべてがシェアによって成り立っていた
といっても過言ではありません。

長屋のお隣さんとは、スペースを共用し、
お醤油なのどの生活必需品が、足りない
ときには、貸し借りし合っていました。

これは「お互いさま」の文化です。

この文化が最新のテクノロジーによって、
個人と個人の新しい「つながり」が
可能になりました。

そうすると、これまで見えなかった
ものが新しい価値になり、さまざまな
制限から開放されていきます。

そんな価値観の世の中で、どのように
暮らしていくとハッピーになれるのか?

本書では、個人面、社会面、マインド面
から、シェアライフ実践入門書として、
新しい生き方を提案します。

  第1章 新しい時代
  第2章 新しい価値観
  第3章 新しい生き方
  第4章 つながりが社会を救う
  第5章 シェアするマインド

この本から何を活かすか?

 北海道の天塩町での取り組み

この町では、ここ60年で少子高齢化が進み、
人口はかつての3分の1になりました。

そのため、公共交通、バスなどの本数も
減り、自分で車を運転できない方が
病院に行こうと思うと、片道3時間以上
かかるようになっていました。

そのため導入されたのが「相乗り交通」
というライドシェアサービス。

マイカーで移動する人と、車を持たない
人をつなぎ、相乗りする取り組みです。

過疎化の進む地方の自治体では、
今後広がっていきそうな仕組みですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トップ企業の人材育成力 ―ヒトは「育てる」のか「育つ」のか


トップ企業の人材育成力 ―ヒトは「育てる」のか「育つ」のか

満足度★★★★
付箋数:27

さくら舎さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

過去に当ブログでは北野唯我さんの本を
2冊紹介しましたが、いずれも素晴らしい
本でした。

このまま今の会社にいていいのか?
と一度でも思ったら読む 転職の思考法


天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、
すべての人へ


そして、本書を読んで確信しました。
北野さんの本には、ハズレがないと。

本書は、採用と人材育成の専門書です。

北野さんの単独著書ではありませんが、
北野さんの目にかなった8人の実務家、
専門家が集められているだけあって、
どのパートもクオリティが高いです。

各章は専門書として独立しているので、
必要なパートだけ読むこともできます。

また、各章の前には「15秒サマリー」が
掲載さてれていて、「何が書いてあるか」、
「どういう人にオススメなのか」が、
瞬時に判断できるようになっています。

章末には「さらに詳しく」のコラムが
寄稿されていて、これは独立した
読み物として楽しむことができます。

さて、本書のサブタイトルには、
人は「育てる」のか、「育つ」のか
とあります。

あなたは、どちらの考えでしょうか?

  「先に結論を言うとこの本のスタンスは
  『人は “自然と育つ” ものだが、
   “狙って育てる” とそのスピードは
  加速する』です。言い換えれば、経営や
  人事責任者が事業をドライブさせる上で
  重要なのは『 “狙って” 、人が育つ
  仕組みや文化をつくること』だという
  ことです。」

北野さんは、これまで多くの企業の
採用を支援してきた経験から、
「採用と人事が強い会社は、事業が強い」
と100%の確信を持って断言しています。

つまり、採用と人事は経営に直結して
いるということです。

いくら秀でた事業戦略があっても、
どんなに素晴らしいシステムを導入しても、
それを担う「人」が優れていなければ、
継続的な成功は期待できません。

本書の目的は、経営の中核に組織や人事を
近づけていくこと。

具体的には、以下の点が考察されています。

 ・人事施策を本当に実現させるためには、
  施策の内容うんぬんより前に「社内広報
  (信頼)」の視点が不可欠である

 ・採用でうまくいっている会社は「XXXX」と
  「XXXX」をうまく活用している。

 ・組織開発で必要なのは、これまでの
  「フォーキャスト型人事(積み上げ施策)」
  ではなく、「バックキャスト型人事
  (あるべき姿から逆算できること)」である

ちなみに、「社内広報」とは、いかにして、
経営陣と現場が深い「信頼関係」を築けるか
ということ。

全てのビジネスの施策は、「企画」と
「運用」に分かれていますが、北野さんは、
人事のボトルネックは「運用」にあると
指摘しています。

実際にどう動かすかの「運用」を考えた
ときに、重要となってくるのが、
経営と現場の信頼(エンゲージメント)
の構築になります。

本書は、人事の総論から始まり、
採用、育成、組織開発、HRテクノロジー、
HRツール・ベンダーの活用までを
カバーしています。

会社の規模や採用の環境が違うと、
すべての経営者、人事担当者が、
本書の全部のパートを直ちにを活用
できるわけではありません。

しかし、いずれ本書の各章に書かれている
ことを検討すべき時期は来ると思います。

私としては、経営者、人事担当者は
必読の本だと考えます。

私は読後に、知り合いの人事担当者に、
本書を進呈することにしました。

この本から何を活かすか?

  「採用の成功を定義する前提として、
  採用ポリシーについて考えたい。
  採用ポリシーとは、 “どのような人物を
  採用したいのか” を明文化したものである。
  もし、あなたの会社が採用ポリシーを
  掲げていないのであれば、すぐに明確な
  ものにならないとしても、作ることを
  お勧めしたい。」

採用ポリシーを掲げることは、
既存社員の意識改革にも効果がある
ように感じました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 04:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN


直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN満足度★★★★
付箋数:28

とんでもない本に出会ってしまった。
これは、いい意味のとんでもなさです。

これが私が本書を読み出して思った、
ファーストインプレッションです。

  「圧倒的な結果を出し続けている会社や
  チームの陰には、 “これがやりたい!” 
  という強い想いを持った人たちがいる。
  彼らを動かしているのは、 “論理的に
  導き出された戦略” や “データ分析に
  基づいたマーケティング” などではない。
  むしろ、その原動力になっているのは、
  根拠があるとは言えない “直感” 、
  得体の知れない “妄想” ・・・要するに、
  いわゆる “ビジョン” の素になっている
  ものなのだ。」

これまで、ビジネスの常識では、
「論理に裏打ちされた戦略があってこそ、
成功にたどりつける」というものでした。

こうした左脳的な発想があるからこそ、
大失敗する可能性は低くなります。

しかし、これではヒットは打てても、
ホームランは打てません。

成功するための確率を考えるのではなく、
「これがやりたい」という内発的な
妄想から始めないと、圧倒的なインパクト
を生むことができないのです。

例えば、イーロン・マスクさん。

彼は「2035年までに人類を火星に
移住可能にする」という、強烈な妄想に
衝き動かされています。

それは妄想の域を超え、現実世界でも、
驚くべき結果を出し続けています。

なぜ、マスクさんのような人たちは、
単なる「空想家」で終わらず、
現実世界でもインパクトを与えることが
可能なのでしょうか?

その答えが、本書が示す、直感と論理を
つなぐ思考法です。

それを本書では「ビジョン思考」と
呼びます。

著者は、株式会社BIOTOPE代表で、
京都造形芸術大学創造学習センターで
客員教授を務める、佐宗邦威さん。

P&Gマーケティング部に在籍時には、
「ファブリーズ」「レノア」などの
ヒット商品を担当した方です。

  「自分の妄想を解き放ったあとには、
  それを具体的な “かたち” へ落とし込み、
  周囲の人を納得させていくステップが
  不可欠だ。
   “直感から思考をはじめる” とは、
   “ただの妄想で終わる” ということ
  ではない。ビジョナリーな人たちは、
  途方もないビジョンを駆動力に
  しながらも、同時に “直感” を
   “論理” につなぎ、 “妄想” を
   “戦略” に落とし込むことを忘れて
  いないのである。」

普通にビジネスを回していこうとすると、
顕在化している課題(イシュー)があって、
それをどのように解決すべきかという
発想になります。

これを本書では、イシュー・ドリブン
なアプローチと呼びます。

一方、本書が提案する「ビジョン思考」は、
内発的な妄想からスタートして、
それを現実に落とし込んでいくので、
ビジョン・ドリブンなアプローチです。

それでは、どのようにしたら習慣的に
「ビジョン思考」ができるようになるのか?

佐宗さんは、次の2つが必須だと説明します。

1つは、ビジョン思考の「スペース」、
もう1つは、ビジョン思考の「メソッド」。

最初に思考するための「余白」を作る
方法を、次にそこに「手を使って」
どう描くかを解説します。

右脳思考をしっかりと具現化する
ノウハウが示されています。

正直、実際にやるのはなかなか難しいと
思います。

しかし、これをやらないと「0」から
「1」を作るイノベーションも生まれない
ようにも感じました。

本書は、思考の技法としても、それを実現
するためノウハウとしても、斬新でした。

米デザインスクールの技法をビジネスに
落とし込んだ、類稀な本だと思います。

既定路線の延長線上から、抜け出したい人
には、是非、読んで欲しい一冊。

この本から何を活かすか?

佐宗さんは、「はじめに」の中で、
ビジョン思考をするための「余白」を
作る方法を紹介しています。

 1. いますぐ1冊のノートを買うこと
 (A6、無地モレスキンノートがおすすめ)

 2. いますぐカレンダーに、毎日15分、
  ノートを書くためだけの予定をいれること

これは感情をアウトプットする、
「モーニング・ジャーナリング」
という手法のようです。

このノートに書くのは、主観的な感覚や
感情などの「いま感じていること」。

また、このノートを書くための時間を
スケジュールとしてしっかり確保
することも重要のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンガでわかる 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人はここが違う!


マンガでわかる 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人はここが違う!

満足度★★★
付箋数:21

オトバンクの上田さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

ビジネスで、圧倒的な実績を残す人は、
「ビジネスを楽しむルール」を知っています。

このルールを新人の20代の頃から知って、
習慣として実践し続けると、将来、
「突き抜けた存在」になれます。

では、「ビジネスを楽しむルール」とは
どんなものなのか?

例えば、「ランチミーティングを
するから弁当を10個買ってきて」と
頼まれたら、あなたはどうしますか?

これを「雑用」と考えるか、「チャンス」
と考えるかでも、大きく違います。

デキる人は、弁当の買い方1つでも違う。

デキる人は、ランチミーティングへ
参加する人の好みや希望を調べて、
弁当の種類がバラバラになっても、
満足してもらえるものを用意します。

  「相手の嗜好や希望を考えて、期待を
  超えるパフォーマンスで応えていくと、
  依頼者は高い満足度や感動を覚え、
  今度は別の仕事をお願いしてみようと
  思うようになるのです。」

相手に喜んでもらうことを積み重ねるのが、
その相手がお客様でも、上司でも共通の
ビジネスの基本です。

「ビジネスを楽しむルール」で、
最も重要なのは、「101%の法則」です。

あなたは、「101%の法則」を継続して
実践していますか?

これは知っているだけでなく、
実践し続けていないと、意味がありません。

「101%の法則」とは、相手の期待を
1%でもいいから上回り続けること。

  「期待値を上回るのは1%で構いません。
  たった1%でも依頼者の潜在的な期待を
  超えることができれば、相手に強い
  印象を残せます。逆に1%でも下回れば、
  その1%のマイナスが目立ってしまい、
  依頼者はもう一度仕事を頼もうとは
  思わなくなります。」

101%と99%は、たった2%の違いです。

しかし、2%の違いでも相手に与える
印象は、天と地ほどの差を生みます。

さて、本書は紫垣樹郎さん著で、
2012年7月に刊行したロングセラー、
伝説の新人 20代でチャンスをつかみ
突き抜ける人の10の違い
』をマンガ化
した本です。

一番読んで欲しい対象は、これから社会人
になる学生と、入社3年以内の新人です。

また、新人を指導する立場の人にも
参考になるでしょう。

正直、私は読む前は、「所詮、マンガ
だからな・・・」と思っていました。

しかし、実際に読んでみるとそれが、
単なる思い込みだったと気づきました。

社会人になりたての頃は、ビジネス書を
読んだ方がいいと言われても、どの本から
読めばいいかわからないものです。

名著と呼ばれる本に手を出しても、
難しくて挫折する方も少なくありません。

そんな新人時代に、最初の一冊として
読むには、本書はベストな選択です。

ビジネス書や自己啓発書を数冊分の
内容が詰め込まれています。

新人の頃から、本書の主人公のような
働き方をしていれば、30代、40代になって
「突き抜けた存在」になっていることは、
間違いないと思います。

本書に関して1つだけ欲を言えば、
もっと深く学習したい人向けの参考書籍を
巻末に載せてくれれば、更に良い本に
なったと思います。

この本から何を活かすか?

人は何歳になっても成長できます。

ある程度の年齢になって「もう、年だから」
というのは単なる言い訳に過ぎません。

しかし、人生全体の「成長角度」は、
20代の頃に決まってしまうのも事実です。

  「時間をかけて自分が身に付けた
  成長角度を変える事はなかなか難しい
  のが現実です。30歳や40歳になって、
  あわてて成長角度を変えようと思っても、
  一度身に付けてしまった習慣は簡単に
  変えられません。」

新人時代にこそ、仕事に対する質の高い
思考習慣と行動習慣を身に付けるべき
なのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「かわいげ」は人生を切りひらく最強の武器になる


「かわいげ」は人生を切りひらく最強の武器になる

満足度★★★
付箋数:22

世の中には、仕事でミスをしても、
許される人と、許されない人がいます。

また、ピンチに陥ったときに、
周りに助けられる人と、助けられない人
がいます。

あなたは、どちらのタイプでしょうか?

許されるか、許されないか、あるいは、
助けられるか、助けられないかの差は、
その人のキャラクターによります。

  「決して必要不可欠ではないけれど、
  あればあなたの窮地を救ってくれる
  かもしれない謎の能力―
  それが “かわいげ” である。」

同じミスをしても、「かわいげ」がある
人は、「アイツのことだから、まあ、
しょうがないな」と許してもらえます。

本書は、ちょっとバカバカしくて、
笑えるけれど、意外に役に立つ、
「かわいげ」を徹底的に研究した本です。

「かわいげ」とは、見た目の「かわいさ」
とは異なります。

人間的な魅力の1つですが、人から尊敬
される種類のものでもありません。

「かわいげ」は、特に見た目が秀でて
いない、オジサンやオバサンが持つ方が、
より力を発揮します。

どうしても憎めない、不思議な魅力。

本書では、最初に「かわいげ」に対する
共通のイメージをつくるために、
著名人をイラスト付きで紹介しています。

「かわいげのある」著名人として、
挙げられたのは、ビートたけしさん、
浜田雅功さん、北の富士勝昭さん、
長州力さん、辰吉丈一郎さんなどです。

一方、「かわいげのない」著名人は、
宮根誠司さん、堀江貴文さん、蓮舫さんなど。

次に、一般人で「かわいげがある人」の
32の仕草や行動を紹介します。

 ・首がもげそうなほど、うなずく
 ・誰よりも声高らかに笑う
 ・ときに、わかりやすく怒ってみせる
 ・失敗してもバカ正直である
 ・面と向かって持ち上げてくれる

本来、人は子どもの頃には、無邪気な
笑顔などの「かわいさ」を持っています。

しかし、大人になり、理不尽な社会の
波に揉まれると、次第に無邪気な笑顔は
忘れさられてしまいます。

幼い頃に持っていた「かわいい」が、
ずっと保ち続けることができると、
やがて大人になったときにそれが、
「かわいげ」に変化していくようです。

では、どうしたら「かわいげ」は
身につくのか?

「かわいげ」が歳とともに育っていく
ものなら、今、身についていなくても
大丈夫です。

本書の「かわいげの七か条」を読んで、
ちょっとずつ、「かわいげ」のある大人に、
変わっていくことができるのです。

 その1.「かわいげ」とは、
    自意識を捨てることである

 その2.「かわいげ」とは、
    守りの姿勢を捨てることである

 その3.「かわいげ」とは、
   「恥ずかしげ」である

 その4.「かわいげ」とは、
    謝罪力である

 その5.「かわいげ」とは、
    甘えないことである

 その6.「かわいげ」とは、
    礼儀正しさである

 その7.「かわいげ」とは、
    意外性である

今は、人生100年時代と言われますから、
どうせなら周りから愛される「かわいげ」
をちょっとでも、身につけたいものです。

本書はイラストも秀逸で、気軽に楽しく
「かわいげ」の本質を学べます。

この本から何を活かすか?

  「気づいたら(パンツのなかに)
  入ってた。もうパンツを穿かない
  ようにする。」

これは、俳優の勝新太郎さんが、
マリファナとコカインを所持していて、
ホノルル空港で現行犯逮捕されたときに
放った名言です。

勝さんは、持ち前の「かわいげ」で、
世間から寛容に受け止められました。

最近、芸能人の薬物汚染がニュースに
なることが多いですが、勝さんほどの
憎めないキャラはあまり見ませんね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「数字で考える」は武器になる


「数字で考える」は武器になる

満足度★★★★
付箋数:26

求人広告、人材派遣、販売促進などの
サービスを手掛けるリクルートグループ。

世間では、「リクルート出身」と聞くと、
それだけで「スゴイ!」というイメージを
持つ方も多いでしょう。

そんなリクルートグループでは、どの部署も
「数字で判断」することが求められます。

もちろん、「数字で判断」するためには、
その前に「数字を理解」していることが
前提です。

  「私が29年間在籍していたリクルート
  グループは、その “数字を理解” し、
  その “数字で判断” する企業でした。
  つまり、数字で判断し、実際に行動を
  起こすのです。また “数字の理解” と
   “数字の判断” の間隔も短い。
  これが “数字で判断” するということです。」

本書は、リクルートグループの能力開発の
ための企業内大学、「メディアの学校」で、
11年間続いた人気講座の内容をまとめた
本です。

この講座を担当したのは、本書の著者の
中尾隆一郎さんです。

中尾さんが担当したのは「数字の読み方・
考え方」と「KPI(重要業績指標)」という
2つをテーマにした講座でした。

この内、KPIに関しては2018年6月に
最高の結果を出すKPIマネジメント』を
フォレスト出版より刊行しています。

本書は、もう1つの「数字の読み方・考え方」
にオリジナルの内容を加えて書籍化したもの。

ところで、「数字で考える」とどのように
仕事で役立つのでしょうか?

中尾さんは、大きく3つ挙げています。

まず1つ目は、経営者やマネジメント職と
「数字」という共通言語で会話ができる
ようになること。

具体的には、数字を使った資料を作ると、
「説得力」や「伝える力」が向上して、
リーダーシップが発揮できるように
なります。

2つ目は、数字の「意味」が読み取れる
ようになること。

これは計数感覚が高まることを意味し、
結果、「儲けのセンス」のある人材に
なります。

3つ目は、常にインプットに対する
アウトプットを意識するようになります。

これはROI(投資対効果)を意識するという
ことで、「仕事のスピード」や「生産性」
が向上します。

これらの3つを併せ持った人は、企業で
利益を出すことのできる「黒字社員」です。

会社が手放したくない存在だけでなく、
他の業界からも欲しがられる人材になります。

そうは言っても、「数字は苦手」という
方も多いかもしれません。

しかし、安心してください。

統計などの高度な知識はなくても大丈夫です。

  「本書で扱う “数字” とは、統計の話では
  ありません。もっとシンプルな数字活用法
  です。具体的には、四則演算(+・-・
  ×・÷)でできる “数字で考える力” 
  なのです。こう説明すると、大半の方が、
   “本当?” と疑いながらも “それなら
  できるかも” という顔に変わります。
  実際、四則演算を上手に使うだけで、
  驚くほど様々な仕事の場面で役立つのです。
  これは、誇大広告でもなく、事実です。」

本書では、「数字」の本質的な扱い方を
身につけるので、高度な数学の知識は
一切不要です。

本質的であらからこそ、どんな業種でも
活用することが可能なのです。

本書は、かなり数字が苦手な方でも、
「数字で考える力」が身につく、
非常に優れた本です。

また、数字が得意な方が読んでも、
目から鱗が落ちることが何度もあるはず。

ビジネスの現場で、間違いなく役に立つ、
私も自信を持ってお薦めできる一冊です。

  第1章 Speed is Power
  第2章 数字の裏を読む
  第3章 儲けるセンスを高める数字力
  第4章 人を動かすリーダーの数字力
  第5章 数字力を自在に操る7つのフレーム
この本から何を活かすか?

ビジネスの現場では、対立する2つのテーマを
同時に実現することを迫られることがあります。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」では、
許されないときには、どうすべきなのか?

  「一見対立する概念は、それぞれの視点や
  視野が固定されていることが原因である
  ことが少なくありません。
  それらの視点・視野を変化させることで、
  アウフヘーベンできるのです。」

1つ高い次元で統合する弁証法の手法、
「アウフヘーベン」で対立する2つのテーマを
同時に実現します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

部下に9割任せる!


部下に9割任せる!

満足度★★★
付箋数:22

著者の吉田幸弘さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、部下に仕事を任せられる方ですか?

部下になるべく仕事を任せた方がいいと、
頭ではわかっていても、どうしても
任せられないリーダーがいます。

責任感が強く、真面目なリーダーほど、
あまり部下には任せられず、つい自分で
やってしまう傾向があります。

部下に任せて失敗したら、お客様の信頼を
失うかもしれない。

部下に任せると、かえって時間がかかり、
締切に間に合わなくなる。

任せて失敗されると、それをリカバリー
するのに、かえって手間がかかってしまう。

部下に任せられない理由は様々です。

しかし、本書で人財育成コンサルタントの
吉田幸弘さんは、そんな心配があっても
「9割部下に任せる」べきだと助言します。

なぜなら、もう少し長い視点で見ると、
部下に仕事を任せた方が、部下は成長し、
チームのパフォーマンスも向上するからです。

ここで、「任せない場合のデメリット」と
「任せた場合のメリット」を見てみましょう。

<任せない場合のデメリット>
 ・部下が成長しない
 ・長時間労働になる
 ・リーダー不在時に仕事が回らない
 ・部下に主体性が生まれない

<任せた場合のメリット>
 ・リーダーとしての仕事に集中できる
 ・リーダー自身のコミュニケーション能力
  がアップする
 ・チームの働き方改革につながる

あらためて見てみると、やはり部下に任せて
個々を成長させた方が、時間の経過と共に、
その効果が違いとして現れてきます。

リーダーはカリスマである必要もないし、
万能である必要もありません。

今の時代に必要なのは、部下を補佐して、
チーム全体の業績を上げるリーダーです。

いわゆる「サーバント・リーダーシップ」
と言われる、奉仕型、支援型のリーダーです。

本書では、部下1人1人の自主性を重んじつつ、
成長を促すサーバント・リーダーシップの
具体的な実践方法を解説します。

  「本書では部下に仕事を任せ、リーダーが
  元気になるための考え方と技術をお伝え
  します。すべて私の実体験や実際に私の
  講演・研修先の会社で起きた事実に
  基づいたものです。また、読者の皆さんが
  読んですぐに実践できることをたくさん
  盛り込みました。」

No.2の決め方から、部下への仕事の任せ方、
そして指導方法まで、部下を育てるための
あらゆるノウハウが詰め込まれています。

例えば、部下の「ホメ方」と「叱り方」。

一般的には「ホメるときは人前で、
叱るときは2人きりで」と言われます。

しかし、吉田さんはこの考えは間違って
いると指摘します。

叱るときは、2人きりの方がいいのは
もちろんですが、ホメるときも2人きり
の方がいい。

なぜなら、部下の性格によって人前で
ホメることがいいとは限らないからです。

部下が周囲を気にしすぎる性格の場合は、
人前でホメられることがかえって負担に
感じてしまうことがあります。

実は、「ホメる」ことは「叱る」以上に、
注意や配慮が必要なのです。

本書には、たくさんの部下育成のヒントが
紹介されていますが、最後に吉田さんは、
一度に全部やろうとしないようにと、
注意を付け加えています。

「大きく変わる可能性のあること」や
「自分が実現できそうなこと」から
取り組むことが推奨されています。

 第1章 これからは「9割任せる!」リーダー
    の時代
 第2章 リーダーの「型」を身につける
 第3章 「尊敬」よりも「信頼」ファースト
 第4章 任せ上手なリーダーは部下を育てる
 第5章 リーダーのための“自分を育てる”
    仕事術

この本から何を活かすか?

あなたは、部下に対して「なぜ」を
使っていませんか?

「なぜ」は原因を掘り下げていくために
必要な問いかけです。

しかし、立場の弱い部下に「なぜ」を
使うと、強い圧迫感を与えてしまいます。

「なせ」と問われると、自分が責められて
いると感じ、メンタル不全に陥ってしまう
部下が出てしまう可能性があります。

「なぜ」は自分に問いかけるときだけに
使う言葉と限定すべきようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 04:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怒る上司のトリセツ


怒る上司のトリセツ

満足度★★★
付箋数:23

怒りの感情と上手に付き合う手法として、
「アンガーマネジメント」があります。

1970年代にアメリカで生まれたとされる
心理トレーニングで、日本では安藤俊介さん
が普及に努めています。

ただし、このアンガーマネジメントは、
「自分の怒り」をコントロールする手法。

他人の怒りをコントロールするわけでは
ありません。

あなたは、職場や組織で、理不尽に怒られた
経験はありませんか?

それが、1度だけなら「あんなことがあった」
で済まされるかもしれません。

しかし、それが日常的に何度も怒られる
ことがあると、トラウマやうつなどの
メンタルヘルス上の問題になりかねません。

  「他人が原因で生まれる “怒り” に
  あなたが悩み、苦しむ必要はありません。
  それが、私が本書で伝えたいことです。
  そしてあなたと一緒に目指すのは現状から
  抜け出す方法を身に付けることです。
  人間関係が原因の悩みの出口は2つです。
  無関係としてしまうか、関係改善を
  目指すか。
  本書では “アンガーマネジメント” の
  方法論に加え、心理療法やコーチングなど、
  私が日々、カウンセラーとして、
  アドバイスしている他人の “怒り” への
  対処法を紹介します。」

本書は、他人の「怒り」に振り回されない
ようになるための本です。

著者は、シニア産業カウンセラーの
宮本剛志さんです。

まず、最初に知っておきたいことは、
他人の「怒り」は、自分とは無関係で
あるということです。

一方的に怒られると、どうしても自分に
非があるように思ってしまいがちですが、
そうではありません。

「強い信念がある」、「ストレスがある」、
「好き嫌いで決める」など他人の怒りの
原因はさまざまです。

大切なのは、自分とは無関係な相手の
怒りに巻き込まれないようにすること。

そのためには、相手の火種に気づいて、
「初期消火」することが必要です。

例えば、「こうするべき」という考えが
強く、それが怒りの発火点になりがちな
人がいます。

このようなタイプの人と接する場合、
相手の「べき」を否定してはいけません。

相手の怒りの発火点を見極め(起)、
もし怒り出しても受け流しながら(承)、
途中で怒りの矛先を変えて(転)、
最後は鎮火を目指します(結)。

この対処方法を本書では、怒りを初期消火
するための「起承転結」と呼んでいます。

また、本書では怒りに巻き込まれない
ようにするだけでなく、「怒りに負けない」
9つのスキルが紹介されています。

 <自分を変えるスキル>
  1. 回想法
  2. 自分を知る
  3. アイ(I)・メッセージ

 <相手を変えるスキル>
  1. 傾聴・伝え返し
  2. 好意の返報性
  3. 正直に伝える

 <自分を守るスキル>
  1. 話題を変える
  2. 無関心
  3. 逃げる

誰かが「怒り」を顕にしていると、
職場全体に「怒り」が充満することも
あります。

そういった職場では、これらの9つの
スキルは身に付けておきたいところです。

もし、あなたが他人の「怒り」に不安を
抱えているとしたら、本書は非常に
有用な本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書には、「怒られやすいタイプ診断」が
掲載されていました。

あなたは、いくつ当てはまりますか?

 1. 先のことを考えたくないのについ
  考えてしまう

 2. 心配なことが浮かぶと、全てのの対策を
  考えないと気が済まない

 3. 自分から挨拶したのに、相手から返事が
  ないと、嫌われていると思ってしまう

 4. 一度叱られると、数日間は気持ちが
  落ち着かない

 5. 良いことだと思って言ったはずなのに、
  怒られることがある

 6. 気が付くと1人の時が多い
  (自分の意思ではなく)

 7. 何でも自分のせいだと思いがちである

 8. 「そんなに謝る必要ないのに」と
  言われることがある

本書では自分の該当する番号によって、
「4つの怒られやすいタイプ」に分類します。

私は1つも当てはまらず、ひと安心でした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MENSA、ISI、HELLIQに所属する 天才のパターン思考 2時間で知能が高まる「思考の技術」


MENSA、ISI、HELLIQに所属する 天才のパターン思考 2時間で知能が高まる「思考の技術」

満足度★★★
付箋数:21

一般的には、IQ(知能指数)が高い人を
「頭がいい人」と考えます。

IQは、平均が100で、130を超えると「天才」
と表現されることが多いです。

IQの高い人は、普通の人とモノの考え方が
どのように違うのか?

本書は、IQの高い人がどのように考えるを
「43の思考法」としてまとめた本です。

著者の青木聡さんは、具体的な数値は
書かれていませんが、3つの高IQ団体に
会員として登録している方です。

・MENSA
 IQ130以上、人口の上位2%の知能を持つ
 国際交流グループ

・ISI-Society
 IQ148以上、かつクリエイティブは人の
 ためのグループ

・HELLIQ Society
 IQ160以上、3万人に1人の知能を持つ人が
 集うグループ

私はMENSAは聞いたことがありましたが、
他にも更に高IQの人の団体があったとは
知りませんでした。

IQが高いと群れたがるのか? と考えて
しまうのは、妬みなのかもしれません。

さて、知能テストでIQが高い人と、
そうでない人の違いは、「共通点を見つける」
能力の違いだと青木さんは説明します。

「共通点を見つける=パターン認識」
であるため、本書は「天才のパターン思考」
というタイトルになっています。

ところで、このパターン思考ができると、
知能テスト以外では、実際にどのような
場面で役立つのか?

例えば、何かの問題が発生したとき。

パターン思考ができると、いろいろな情報に
振り回されずに、問題の「本質」を素早く
見抜くことができるようです。

  「今までに経験した問題と新たな問題を、
  何かしらの共通点で束にしてグループ化
  することで、パターン認識が可能になる。
  (中略)同じ性質を持つものはグループ化
  して、同じ方法で根本原因を見つけるのが、
   “できる人” です。」

実際に発生している事象がいくつか
あったとすると、それらをまとめ
「で、結局、どういくこと?」と考え、
共通となる本質原因を探ります。

これは具体的な事象から抽象度を上げる
作業に他なりません。

そして実際に対処するときには、もう一度
具体的な手段に落とし込みます。

この「具体」と「抽象」を自在に行き来
できるのが、頭のいい人特徴です。

青木さんは、自分自身を「天才」だとは
思っていません。

あくまで、1つの指標としてIQが高いだけ
と認識しています。

それをわかった上で、本書ではあえて、
「天才」と「凡人」というキャッチーな
表現を使っています。

 ・凡人が試行錯誤しているなか、
  天才は時間をかけずに成功法を導き出す。

 ・凡人がようやくたどり着いた答えに、
  天才はあっという間に到達してしまう。

 ・凡人が一生懸命説得している横で、
  天才はサクッと希望を叶える。

パターン思考ができるかできないかで、
「天才」と「凡人」の違いと思えるほどの
違いが生じてくるようです。

このパターン思考は、生まれ持った才能
ではなく、鍛えて伸ばすことができる
能力だと青木さんは説明しています。

本書では、「問題解決法」、「目標達成法」、
「時間術」、「仕事術」、「思考の基本」
の5つのカテゴリーに分け、パターン思考を
どのように使うかを解説しています。

何かにつけ判断に時間がかかる人には、
参考になる本だと思います。

この本から何を活かすか?

何かを「やる」か「やらない」かを素早く
判断するには「判断基準」が必要です。

青木さんは、汎用性が高くどこでも使える、
次の5つの判断基準を持っています。

  1. 損か得か
  2. 続けられるか続けられないか
  3. 好きか嫌いか
  4. 合うか合わないか
  5. 既知か未知か

5つのうち、「○」が3つ以上なら「Go」、
2つ以下なら「No-Go」と判断すると
決めているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 04:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日産 独裁経営と権力抗争の末路 ―ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜


日産 独裁経営と権力抗争の末路 ―ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜

満足度★★★
付箋数:23

さくら舎さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

かつて日産自動車の救世主として登場し、
その窮地を救い、世間からも名経営者と
評されたカルロス・ゴーンさん。

2018年11月、金融商品取引法違反で、
東京地検特捜部に逮捕され、日産、三菱の
会長職を解任されました。

メディアはこれを、「ゴーン・ショック」
と呼んでいます。

日産社長の西川廣人さんは、この事件に
ついて「1人権力が集中しすぎた」、
「長年にわたる統治の負の側面と
言わざるを得ない」とコメントしました。

  「ゴーン事件で最も驚いたことは、
  カルロス・ゴーンが日産のCEOでも
  ないのに、 “西川社長以下執行役員
  53人全員の人事権と報酬権を握って
  いた” ということだ。
  日産ほどのグローバル企業に、
  社外取締役が役員報酬を決める
   “報酬委員会” がなく、ゴーンが事実上、
  1人で報酬額を決めていたことは驚きだ。
  人事とカネ。これを握ったことが
  ゴーンの独裁権力の源泉だった。」

なぜ、ここまでゴーンさんに権力が集中し、
暴走するようになってしまったのか?

本書は、企業の実態を解き明かす
手腕には定評のある、経済ジャーナリスト、
有森隆さんによる渾身のレポート。

これまでの日産の歴史を紐解いていくと、
どうやらゴーン・ショックだけが、
特別な出来事ではなかったようです。

もともと、日産はそういったことが
起こる体質の会社だった・・・。

本書は、正史から消されてしまった日産の
「裏面史」を明らかにしていきます。

  「圧倒的なパワーを持つ権力者があらわ
  れると、ひれ伏してしまうのが日産の社風
  である。長いものには巻かれろ。
  権力、権限を持つ者、強い者に逆らっても
  得にはならない。言うなりになるしかない。
  権力に従順になる社員のDNA(遺伝子)が
  独裁者を生みやすい土壌となっている。」

有森さんは、「はじめに」の数十行で、
ゴーンさんが登場する前の日産の歴史を
簡単に振り返っています。

これを読んだだけでも、日産の特殊性が
伝わってきます。

「日産中興の祖」と評され、16年に渡って
権力を集中させ、社長の椅子に座り続けた
川又克二さんにも、公私混同がありました。

川又さん時代に労働組合の組合長を務めた
塩路一郎さんは、「塩路天皇」の異名を
取りました。

塩路さんは、日産の生産現場を牛耳り、
人事権までも手中に収め、経営陣でも
逆らえないほどの絶大な権力を握って
いました。

謀略の応酬の果に、塩持さんを追い出す
ことに成功した11代目社長の石原俊さんも
また新たな日産の独裁者になりました。

権力闘争に明け暮れた石原さん時代には、
経営は混迷を極め、国際戦略にも失敗し、
その後、日産がルノーの軍門に下る
遠因を作りました。

そして、ゴーンさんの登場です。

「日産リバイバルプラン」を発表。

3つのコミットメントで1つでも
達成できないものがあれば、自分も含め
取締役全員が退任すると宣言。

非常に、鮮烈でしたね。

しかし、途中から「ゴーン・マジック」は、
だんだんと怪しくなって行きます。

そして、ゴーンさんもこれまでの独裁者と
同じ道を辿っていきます。

しかも、日産がグローバル化した結果、
その権力は海外にまで及びました。

本書は、日産のいびつな企業統治の
歴史をつまびらかにします。

非常に読み応えのあるレポートです。

この本から何を活かすか?

今後の日産はどうなっていくのか?

有森さんは、次のように、
歴史は繰り返されると予言します。

  「日産は独裁者でなければ統治できない。
  川又、塩路、石原、カルロス・ゴーンが
  それを証明している。そして、独裁者を
  倒すにはクーデターしかないことも。
  日産の企業風土はまったく変わっていない。
  過去に学べば、ゴーン追放は、次なる
  クーデターのはじまりである。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なかなか自分で決められない人のための「決める」技術


なかなか自分で決められない人のための「決める」技術

満足度★★★
付箋数:24

世の中には、決断が早い人と、決断が
遅い人がいます。

あなたは、物事を「すぐ決められる」
方ですか?

それとも、「なかなか決められない」
方ですか?

  「本書の目的は、あなたが “すぐに” 
   “正しい” 決断ができるようになることで、
  あなたに人生の目的を達成してもらう
  ことです。」

本書の著者は、実践経営コンサルタント
として活躍する柳生雄寛さんです。

柳生さんは、自分で「すぐ決めている」
と思っている人の中にも、本当は
「決めていない」人がいると指摘して
います。

例えば、次のケースを見てみましょう。

あなたは、明日の午前中に絶対に提出
しなければいけない企画書がありました。

徹夜してやろうと思いましたが、
眠くなってきたので、明日の朝4時に
起きてやろうと「決め」ました。

ところが、目覚ましを合わせて寝たにも
かかわらず、目が覚めたら、いつもと
同じ7時で超焦った・・・・。

このような場合、本当に朝4時に起きると
「決めた」といえるのでしょうか?

  「私に言わせれば、これは決めたとは
  言えません。なぜなら、それは単に
  朝4時に起きて企画書を作成したいと
  思っただけだからです。
  つまり “決めた” のではなく、
  ただ “思った” だけなのです。」

あなたが、これまで自分で「決めた」と
思い込んでいたことは、実は単に
「思った」だけだったのかもしれません。

では、「決める」と「思う」の違いは、
どこにあるのでしょうか?

それは、その後の「行動」で決まります。

本当の「決める」には、必ず「行動」が
伴います。

「決める」と「行動」はセットなので、
行動の伴わないものは、「決めた」とは
言えません。

それでは、どのようにしたら「行動の
伴った決断」ができるようになるのか?

柳生さんは、「マーケティングの11項目」
が鍵だと説明しています。

マーケティングの11項目とは、柳生さんが
名付けたもので、次の項目を言います。

 1.誰が/ 2.なぜ/ 3.何を/ 4.誰に/
 5.誰のために/ 6.誰と/ 7.いつからいつまで/
 8.どのように/ 9.いくらで/ 10.いくつ/
 11.どこで

いわゆる5W1Hから派生したフレームワーク
ですね。

「決めた」つもりが、実は「思った」だけに
終わるのは、このマーケティングの11項目が
決まっていないことが原因のようです。

  「これら11項目のどれか1つが欠けるだけで、
  人は動けなくなるものなのです。
  さらに、自分が決めるだけでなく、
  相手に決めさせるときにも、この11項目は
  とても重要です。」

本書では、このマーケティングの11項目も
含め、自分で、正しく、早く決めるコツが
全部で41個紹介されています。

すべて「決められない人」と「決断できる人」
の思考や行動を対比して、わかりやすく
説明されています。

そして、その決断を習慣として身につけ、
続けるコツまでフォローされているのが
本書の非常に良い点です。

決められない人だけではなく、決めても
長続きしない人にも有用な本だと思います。

  第1章 「決められない」にはワケがある
  第2章 そもそも「決める」とは、
     どういうことなのか?
  第3章 物事を速く正しく決めるコツ
  第4章 「決める力」がアップする習慣
  第5章 決めたことを続けるコツ

この本から何を活かすか?

「決める」ことでもう1つ重要な考えは、
「決める=捨てる」ということです。

何かを決めるということは、
同時に何かを捨てるということ。

  「 “捨てる” を意識しない決め方は、
  良い決め方とはいえない」

あれもこれもと欲張ったり、捨てたものに、
思いを残してはいけないのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |