活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大人の対応力


大人の対応力

満足度★★★★
付箋数:24

あなたは、もっともっと若かった時に、
想像していた「大人」になれていますか?

残念ながら、私はこの年になっても、
むかし思い描いていたような「大人」には、
全然なれていません。

私自身もそうですが、周りを見ていても、
結構、大人の対応ができない人を見かけます。

  「大変な苦労をしている人ほど、
  自分が大きな歯車の中で、いろいろな
  人や物の助けがあってこそ生きていける
  のだと感謝しているものです。
  そして、どんなことがあっても
   “たいしたことないよ” と涼しい顔で言う
  強さを持ち合わせています。
  とても格好いいですね。
  こういう人は経験が豊富なので、
  たいていのことには動じないのです。
  これぞ、 “大人” の本来の姿では
  ないでしょうか。」

本書は、齋藤孝さんが、「大人の対応力」
とはどうあるべきかをまとめた本です。

もちろん、本書に書かれていることが、
絶対的な正解ではありません。

なぜなら、状況に応じて柔軟に対応するのが、
大人だからです。

そしてもし、齋藤さんが書いていることに、
「その考えは間違っている」と目くじらを
立ててしまったら、それはまだ大人に
なっていない証拠です。

大人は、いろいろな考えがあることを
受け入れられますし、たとえそれが
間違っていても、頭から否定しないのです。

恐らく多くの人は、「大人はこうあるべき」
という、なんとなくのイメージは持っている
と思います。

それを言葉にし、「大人の対応力」として、
定義しているのが本書です。

 ・大人は無意味に人を傷つけない
 ・大人は必要以上に正しさを追求しない
 ・大人は他人に干渉しない
 ・大人は相手のプライドを傷つけない
 ・大人はスマートに水に流す
 ・大人は相手に恥をかかせない
 ・大人は何にでも親しむことができる
 ・大人は他人を変えようとしない
 ・大人はストレートに伝えない

私もできていないことが多いので、
大人の「あるべき姿」をたくさん
書き並べてしまいました。

本書はシチュエーション別に具体的な
対処法が説明されています。

例えば、嫌味を言ってくる同僚がいた場合。

こちら側が、見切りをつけ、相手の嫌味を
面白がるぐらいの余裕を持って対応します。

 ・見切りをつける
  →(心の中で)「さて、今日はどんな
   嫌味が飛び出すかな?」
  →(心の中で)「ほうほう、今日はこう
   来たか。新手の嫌味だね。」

 ・嫌味にならない返答をする
  →「いや、自分でも思いもよらぬ、
   まさに望外のことでありまして・・・」

大人は、そう簡単にはイラッとしませんし、
いらぬ波風も立てないのです。

突き詰めると、コミュニケーション上手が
大人のたしなみなのでしょう。

私自身も含め、軽やかでユーモアのある大人が
もっと増えて欲しいと感じました。

しかし、大人としては、価値観の押しつけは
禁物なので、多くの人が本書を読んで、
品のある対応に、気づいて欲しいものです。

この本から何を活かすか?

接待の席で、話が盛り上がらなかったら?

相手に適切な話を振ることができなくて、
沈黙してしまうのは、大人としてはNGです。

そんなときは、『マツコの知らない世界』の
マツコ・デラックスさんの対応を
真似てみるといいようです。

まずは、相手の興味があることを探って、
相手の詳しいことに話を振ります。

そして、「へえ!」、「なるほど」と
驚いたり相槌を打って、相手にたくさん
話してもらうように流れを持っていきます。

それが大人の「雑談力」です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |