活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「一緒にいたい」と思われるリーダーになる。 人を奮い立たせる50の言葉


「一緒にいたい」と思われるリーダーになる。 人を奮い立たせる50の言葉

満足度★★★
付箋数:23

ダイヤモンド社の上村さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

リーダーには、様々なタイプがあります。

EQ こころの知能指数 』の著者ダニエル・ゴールマン
さんは、リーダーシップを6つに分類していました。

ビジョン型、コーチ型、関係重視型、民主型、
ペースセッター型、強制型

それぞれにメリット・デメリットがあり、
絶対的な正解はありません。

時代によって、求められるリーダーのタイプも
変わっていくでしょう。

しかし、どんなに時代が変わろうとも、
どんなタイプのリーダーシップを発揮しようとも、
リーダーには普遍的に必要な要素があります。

それは「人を奮い立たせるリーダー」であること。

本書は、ゴールマンさんの分類とは
ちょっと違う「インスパイア型」の
リーダーシップを身につけるための本。

著者は、組織コンサルタントとして活躍する
サイモン・シネックさんです。

シネックさんと言えば、やはりTEDでの
プレゼン動画が有名です。

「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」
の動画は歴代3位の4000万回以上再生を誇ります。

これだけ再生されている有名な動画ですから、
ご覧になった方も多いと思います。

シネックさんは、「ゴールデンサークル」
という概念を使って、人は「Why」によって
動かされることを説明していました。

さて、本書は、人を奮い立たせる50の言葉が
詰め込まれた「絵本」です。

これまでも物語形式でメッセージを伝える
ビジネス書は数多く出版されてきました。

何かを追体験してもらうには物語形式の方が
伝わりやすいからです。

本書も絵本による物語形式で追体験できる
本ですが、他の本とはだいぶ印象が異なります。

それは、物語のストーリーを文字では、
まったく追っていないから。

本書は、非常に不思議な感覚がします。

文字としては、シネックさんによる、
人を奮い立たせるメッセージが並んでいます。

その文字の後ろで、絵本によるストーリーが
流れていきます。

それは、あまり快適とはいえない、
いつもの公園で遊ぶ3人の子どもが、
ちょっとした行動を起こす、心温まる物語です。

ただし、物語に対する説明は文字ではなく、
あくまで絵だけでストーリーは進行します。

興味深いのは、シネックさんのメッセージが
絵本のストーリーとシンクロしていくところ。

リーダーに関するメッセージを読みながら、
絵でストーリーを追っていくのは、
「顕在意識」と「潜在意識」の両方に同時に
働きかけている感覚があります。

それでは、私に刺さったシネックさんの
メッセージをいくつか紹介しましょう。

  「残念なリーダーの下で働いていると、
  会社のために働いている気分になる。
  よいリーダーと一緒に働いていると、
  みんながお互いのために働いていると感じる。」

  「何と戦うかがわかれば、変革を起こす
  ことはできる。でも、信念がないと、
  変革は長続きしない。」

  「本当の力は、自分の弱さを認める勇気
  から生まれる。」

  「チームに仕事を命令するだけでは、
   “労働者のトップ” にすぎない。
  チームを信頼して仕事を任せてはじめて
   “リーダー” になれる。」

本書の監訳は、日本のコーチングの第一人者、
鈴木義幸さんが担当しています。

本書は、ビジネス書としてはサイズも
変わっていて、15cm×15cmの大きさです。

後から後から、じわじわ効いてくる感じは、
メッセージとストーリーが体に染み込む
からなのだと思いました。

この本から何を活かすか?

シネックさんの伝説のTED動画はこちら。

日本語の字幕もついていますが、英語学習の
教材としても使える感じがします。



私も、この動画を何度も繰り返し見ています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |