活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか? 非効率の極め方と正しいムダのなくし方

満足度★★★★
付箋数:25

本書は、3択クイズから始まります。

 第1問
  丸亀製麺で国内最大の売上を誇る店舗は、
  羽田空港内にあります。
  そのお店でさまざまな工夫を積み重ねたら、
  売上が2倍になりました。
  その工夫のひとつとは?

   1. メニューを増やした。
   2. 面積を広くした。
   3. テーブルにお冷ピッチャーを置いた。

 第2問
  丸亀製麺においてうどんの味や品質を
  チェックしている「麺匠」。
  全国に何人いるでしょう?
  ちなみに、国内はいま、約800店舗です。

   1.ひとり
   2.47人
   3.800人

本当は全部で4問掲載されていますが、
長くなるので、2問だけ紹介しました。

実は、これらの3択クイズには、
うどん業界でダントツで1位の丸亀製麺の
強さの秘密が隠されています。

正式名称は、「讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺」。

国内外でさまざまな外食業態を運営する会社、
トリドールホールディングスの1ブランドです。

香川の麺職人が立ち上げた会社のような
イメージですが、実は社長の粟田貴也さんは、
元々麺職人ではなく、兵庫県で焼き鳥店を
創業した方です。

2018年時点での丸亀製麺は、売上約904億円、
店舗数は国内約800店、海外約200店を誇る、
うどん業界では、ダントツのNO.1ブランドです。

年間の来客者数は、1億5千万人以上を超える
ほどの人気ぶり。

なぜ、丸亀製麺はダントツのNO.1になれたのか?

本書は、その強さの秘密を解き明かす本です。

著者は、トリドールホールディングスで
社長秘書兼IRを担当する小野正誉さん。

IR(Investor Relations)は、投資家向けの
広報活動をするのが仕事なので、
本書もその一環なのだと思います。

しかし、本書は一般の人向けに
非常にわかりやすく、丸亀製麺が躍進した
秘密が解説されています。

丸亀製麺の店舗を訪れると目につくのが、
小麦粉の入った袋が山積みされているのと、
大きな製麺機です。

そして多くのスタッフが、いつも忙しそうに
働いています。

  「丸亀製麺は他のうどんチェーン店に
  比べるとキッチンのスペースが広く、
  スタッフの人数も多いのです。
  チェーン店なら、客席数を増やして
  スタッフは少なめに抑えるのが、
  効率よく利益を上げる鉄則です。
  丸亀製麺は、この鉄則とは真逆の方法を
  選びました。」

各店舗に製麺機を置いて、麺をつくるなど、
チェーン店からすると非効率の極みです。

しかし、その非効率を極め、本物にトコトン
こだわったことが、丸亀製麺の勝因です。

冒頭で紹介した3択クイズの第2問は、
「麺匠(めんしょう)」に関する問題です。

正解は、「1番」の一人だけになります。

たった一人の麺匠が、全国の店舗を回り、
うどんの作り方、うどん以外のメニューの指導、
接客のマナー指導まで行います。

味やサービスにバラツキがないように、
一人の麺匠しか置かないのも、
丸亀製麺の非効率の最たる例です。

チェーン店であっても、味を守るために、
徹底的にこだわっていることが、
顧客に支持されているのです。

私は、あまり、うどん好きではありません。
うどんより、そばやラーメンの方が好きです。

それでも、たまに丸亀製麺には行きたくなる。

自分でもその理由がわかりませんでしたが、
本書を読んで「なるほど、そういうことか」
と納得しました。

本書では、丸亀製麺という1ブランドの
強さの秘密だけでなく、トリドール全体の
経営方法も紹介されています。

飲食業界以外の方が読んでも参考になる本
だと思います。

この本から何を活かすか?

トリドールジャパンの求人情報には、
「パスポートが必要です」と書かれています。

なぜなら、入社式が海外で行われるから。

これは、トリドールが世界トップ10の
外食企業になる目標を掲げていて、
それを身をもって知ってもらうためです。

実際に、トリドールは2018年時点で、
海外でも550店以上を展開しているので、
今後の躍進が楽しみです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |