活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

仕事はもっと楽しくできる 大企業若手 50社1200人 会社変革ドキュメンタリー

満足度★★★
付箋数:24

  「今いる会社がつまらないと考えた人が
  とる道は3つあります。
   “辞める” か “染まる” か “変える” かです。
  (中略)
  しかし、会社に残ると決めたのであれば、
   “染まる” か “変える” か、どちらかになります。
  今いる会社に染まりたくなかったら、
  自分で少しでも働きやすく楽しい会社に
  変えていくしか、方法はありません。
  この本でお伝えするのは、 “変える” を
  選んだONE JAPANのメンバー、
  50社1200人の話です。」

この部分は、本書の「はじめに」より
引用しました。

このパートを書いているのは、ONE JAPAN
共同発起人及び代表の濱松誠さんです。

濱松さんは、現在35歳。

新卒でパナソニックに入社し、
29歳の時に社内の若手社員をつなげる活動、
「One Panasonic」を立ち上げ、
リーダーを務めました。

2016年にはその活動を社外に広げ、
若手同士がつながる場として作ったのが、
「ONE JAPAN(ワンジャパン)」という
コミュニティです。

ONE JAPANは、活動開始から2年で、
メンバーは50社、1200人を超えるまでに
成長しました。

ここに参加するには、濱松さんが最初に
立ち上げたOne Panasonicのように、
団体として加わる必要があるようです。

ONE JAPANに加わる要件は次の3つ。

  1. 大企業の有志団体であること
  2. 若手中心に活動していること
  3. 個人ではなく団体として活動していること

なぜ個人ではなく、団体で参加することが
要件になっているかというと、若い世代が
会社を変えようとすると、必ず仲間が
必要になってくるからです。

ONE JAPANでは、挑戦する空気をつくり、
組織を活性化し、社会をより良くするために
活動を行っているようです。

本書は、ONE JAPANに参加する方々の
活動の記録です。

今の会社がつまらないと思っても、
「辞める」や「染まる」を選ばずに、
「変える」を選んだ方々のドキュメンタリー。

会社を今より楽しく、働きがいのある
場所に変えていくために行った事例が
集められています。

  「私を含め、ONE JAPANのメンバーは、
  特別な人間ではありません。
  スーパーエースと言われるような
  人材でもありません。ただ、私たちが
  他人とちょっと違ったのは、
  最初の一歩を踏み出したことです。」

本書は、ミレニアル世代の働き方改革のお手本。

本書を読むと、変わることが想像できなかった
大企業においても、実際に変化を起こすことが
できることがわかります。

しかし、やはりそれは個人ではなく企業の中に
団体を作ったからこそなし得たのでしょう。

あなたが本書を読んで共感したなら、
既に社内に若手の有志団体がある会社の場合は、
そこに加わればいいでしょう。

しかし、そのような団体が社内になければ、
同じように共感する仲間を作ることから
始める必要があります。

そのためには、本書を同士にしたいと
思える同僚に読んでもらい、あるべき姿を
語り合うのが最初の一歩となります。

ONE JAPANのメンバーのリアルな記録は、
熱いエネルギーを伝えてくれるはずです。

本書は大きな求心力を持っている本です。

この本から何を活かすか?

本書の組織づくりの中で、米マサチューセッツ
工科大学のダニエル・キム教授が提唱した
「組織の成功循環モデル」が紹介されていました。

これは組織が成果をあげるためには、
所属するメンバーのコミュニケーションが
大きく影響するという理論です。

このモデルでは以下の順番で進めることを
「グッドサイクル」と呼んでいます。

 1. 関係の質を高める
   お互いに尊重し、一緒に考える
 2. 思考の質を高める
   気づきがある、面白い
 3. 行動の質を高める
   自分で考え、自発的に行動する
 4. 結果の質を高める
   成果が得られる
 5. (最初に戻り)関係の質を高める
   信頼関係が高まる

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |