活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

まるわかり 働き方改革

満足度★★★
付箋数:22

日経BPの日野さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

本日紹介するのは、当ブログでは珍しいムック。

日経ビジネスが編集した、雑誌と書籍の中間に
あるような本です。

特集されているのは、「働き方改革」。

  「我が国は、 “少子高齢化に伴う生産年齢人口
  の減少”  “育児や介護との両立など、働く方の
  ニーズの多様化” などの状況に直面しています。
  こうした中、投資やイノベーションによる
  生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・
  能力を存分に発揮できる環境を作ることが
  重要な課題になっています。」

この課題を解決するために、政府によって
推進されているのが働き方改革です。

2016年9月に、安倍晋三首相が、内閣官房に
「働き方改革実現推進室」を設置し、
働き方改革の取り組みを提唱しました。

この号令を受けて多くの企業が、
「長時間労働」、「非正規と正社員の格差」、
「労働人口不足」の問題を解消すべく、
働き方改革に乗り出しています。

具体的には、「残業禁止」、「副業OK」、
「自宅勤務の拡大」などを導入している
企業が増えているようですね。

果たして、働き方改革は、国や企業の思惑通り、
進んでいるのでしょうか?

それは、本当にビジネスパーソンにとって、
良い方向の改革になっているのでしょうか?

本書では、そんな働き方改革の「実態」を
総力を上げて特集しています。

 第1章 日本電産 真の働き方改革

日本電産会長の永守重信さんは、一代で同社を
世界を代表するモーターメーカーに育てた、
自他ともに認めるハードワーカーでした。

これまで、「元日以外は、仕事は休まない」
ことを公言していましたが、ここにきて、
「残業ゼロ」を目標に掲げるなど、
目指す働き方を大きく方向転換しました。

きっかけは、何だったのか?

この章では、永守さんのインタビューも交え、
単に残業手当を減らすだけではない、
「真の働き方改革」とは何かに迫ります。

 第2章 やってはいけない働き方改革 便乗時短

便乗時短とは、本来の働き方改革とは、
似て非なるものです。

 ・噂のイクメン社員「裏の顔」事件
 ・毎日夕方は「避難訓練」事件
 ・「トラックボール回し」が仕事事件
 ・新工場建設はいつになるやら事件
 ・「ここは居酒屋かよ!」事件

この章では、実際にあった、トンデモ働き方改革
の実例を挙げ、新たな便乗時短が増えないように
警鐘を鳴らします。

 第3章 会社と個人の新たな関係 成功する副業

第3章は、働き方の新たな選択肢として
脚光を浴びている「副業」について特集。

ソフトバンクグループ、ロート製薬、
ディー・エヌ・エーなど、副業を推進する
企業が期待する効果などを紹介しています。

また、徹底調査したリアルな副業の実態も
公開していますね。

 第4章 500社調査 賃上げ余力ランキング
    給料はもっと上がる

最後の章では、企業の賃上げ余力を徹底調査。

安倍晋三首相は、毎年経済界に賃上げを
要請してきました。

企業に「給料を上げてほしい」と頼む
総理大臣は世界でも珍しい例ですが、
実態として企業の賃上げは進んでいません。

なぜ、日本企業の賃金は上がらないのか?

給料後進国となっている日本の賃金低迷の
カラクリを解き明かします。

全体的に丁寧に取材されているので、
働き方改革の実態、理想と現実のギャップが
よくわかるムックに仕上がっています。

オールカラーで写真や図も豊富なので、
視覚的にポイントがわかるのも良い点です。

この本から何を活かすか?

企業にとっては、「会議」の効率的な実施が、
生産性アップのための1つのカギとなります。

本書では、日本電産のグループ会社の
「会議効率化7か条」が紹介されていました。

 1. 会議時間は45分を基本に。
  短時間会議は25分で
 2. 会議参加者には事前に「会議の目的」
  「時間配分」「必要な成果」を示す
 3. 会議出席者は必須の者のみに厳選
 4. 会議の主催者は冒頭に「2」を再確認
 5. 資料は1議題1枚。事前に配布
 6. 会議終了時には結論、宿題を確認。
  決定事項の担当も明確に
 7. 議事録は会議中に作成。遅くても翌日までに

この7か条が徹底されて入れば、かなりの部分で
会議のムダはなくなりそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |