活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

HEAD STRONG シリコンバレー式頭がよくなる全技術

満足度★★★
付箋数:22

人間の「脳」は、たくさんのエネルギーを
消費することで知られています。

他のどの器官よりも使うエネルギーは多く、
その割合は全身の約20%。

では、どこでそのエネルギーを得るのか?

もちろん、私たちの体の細胞の中で、
脳が使うエネルギーを作っています。

作っているのは、わずか直径0.5 μmほどの
細胞小器官です。

その器官名は「ミトコンドリア」。

学生時代に生物で習って知っている方や、
瀬名秀明さんの有名なSFホラー小説
パラサイト・イヴ』などで聞いたことが
ある方も多いと思います。

ミトコンドリアは、細胞の中にある
小器官の1つで、細胞全体の10~20%を
占めています。

ミトコンドリアの役割をの中で、
最も重要なのが、私たちが生きるための
エネルギーを作り出すことです。

作られるのは、アデノシン三リン酸(ATP)
と呼ばれるエネルギーを放出する物質。

  「もしミトコンドリアが、ほんの数秒でも
  全細胞でエネルギーを作るのをやめたら、
  人は死ぬ。ミトコンドリアの数、効率、強度
  によって、いまの知力がどれほどあるか、
  ゆくゆくはがんや変性疾患にかかるか
  どうかが決まる。こんな小さな細胞小器官が
  知力のカギを握っているなんて誰が
  思ったろうか?」

本書は、自分の脳のパフォーマンスを
最大化するようにハックする本ですが、
言い換えると、「ミトコンドリアをハック」
する本です。

著者は、若くしてIT起業で成功し、
シリコンバレーで億万長者になった
デイヴ・アスプリーさんです。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事
でバターコーヒーによる完全無欠ダイエットを
紹介して大きな話題になった方です。

今回は食事だけでなく、私たちの生活環境
全般を見直すことで、ミトコンドリアを
コントロールする方法を紹介します。

ミトコンドリアの活性化に集中することが、
脳のパフォーマンスを上げる、最も効率の
良い方法とアスプリーさんは考えます。

  「ミトコンドリアをハックすることを
  学んでからというもの、僕はいっそう成功
  したが、同時により良い人間にもなった。
  以前より忍耐強くなった。親切になった。
  共感力が高まった。愛する人たちと一緒に
  いるとき、より大きな存在となった。
  すべては僕がミトコンドリアを
  コントロールして、自己改善に集中
  しやすくなったおかげだ。」

本書には、ミトコンドリアをコントロールする
あらゆるノウハウが詰め込まれていますが、
「ミトコンドリア不全」の原因とその解決方法
としては、以下の4つが示されています。

 1. 栄養不足―「最高の栄養」を摂取する

  適切な栄養摂取が、ミトコンドリアの機能を
  高める最も簡単で手っ取り早い方法。

 2. ホルモン不足―「ホルモン値」を最適化する

  テストステロンを増やせば、脳が「酸化」
  しにくくなる。
  テストステロンと甲状腺ホルモンに
  頼ることで、脳機能を回復することができる。

 3. 有毒物質―毒を「回避」し「解毒」する

  体には、傷ついた細胞の要素を再利用する
  オートファジー(自食作用)を備えている。
  自食作用を高めることは、脳のパフォーマンス
  改善に大きく影響する。

 4. ストレス―「適度なストレス」を維持する

  ミトコンドリアに有益なレベルのストレスを
  かけると、健康な細胞を確保し、心身を弱める
  細胞を排除することができる。

本書のハックが実用的かどうかはさておき、
個人的には非常に興味深い内容の本でした。

この本から何を活かすか?

あなたは、「いびき」をかきますか?

  「すべてはミトコンドリアに帰すことが
  できる―いびきでさえも。
  研究によれば、ミトコンドリアが最善の
  状態で機能していないとき、結果として
  睡眠時無呼吸を含めた数多くの一般的な
  睡眠障害が引き起こされる。」

いびきさえも、ミトコンドリアの調子次第。

ミトコンドリアが活性化していれば、
短い睡眠時間でも、多くのエネルギーを
得ることができるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |