活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

年収1億円の人は、なぜケータイに出ないのか?

満足度★★★
付箋数:23

サンライズパブリッシングさんから
献本いただきました。ありがとうございます。

お金を稼げる人と、稼げない人の差は何なのか?

実は、年収300万円の人と年収1000万円の人、
更には年収1億円の人の「能力」には、
それほど大きな違いはありません。

違うのは、「考え方」です。

思考を変えれば、現在年収300万円の人も
年収1000万円、1億円と稼げるようになります。

本書の著者、水野俊哉さんは、年収300万円、
年収1000万円、年収1億円を大きく2つの
グループに分けています。

それは、「年収300万/1000万グループ」と
「年収1億円グループ」です。

なぜなら、年収1億の人からすると、
年収300万と1000万は大差がないからです。

これは単純に年収額の差を言っている
のではなく、この2つのグループの間には、
高い壁が存在しています。

その壁とは、「サラリーマンであるか否か」。

サラリーマン業だけをやっていて、
年収1億を稼いでいる人はほとんどいません。

一方、個人経営者、起業家、投資家になれば、
年収1億を稼いでいる人は珍しくありません。

「サラリーマンであるか否か」の違いは、
お金を生み出すことに使う時間の違いです。

サラリーマンは、いくら高い給料をもらっていても、
会社に行かない休日には、お金を生み出しません。

一方、個人経営者、起業家、投資家は、
どの瞬間にでもお金を生み出すことが可能です。

そのため、普段の時間の使い方から、
余暇の過ごし方まで違ってくるのです。

そうして培われるのが「お金持ちならではの思考」。

本書では、その思考の違いを明確にするために、
年収300万円の人、年収1000万の人、年収1億円の人
の50の習慣を比較して紹介します。

 年収300万円の人の服は、生活するのに必要なもの
 年収1000万円の人の服は、オシャレに不可欠なもの
 年収1億円の人の服は、ビジネス上の投資

 年収300万円の人は、行列に並ぶ
 年収1000万円の人は、人気店の行列に並ぶ
 年収1億円の人は、並んでいる店には行かない

 年収300万円の人は、マンガを読む
 年収1000万円の人は、小説や教養本を読む
 年収1億円の人は、『金持ち父さん 貧乏父さん
 を読む

 年収300万円の人は、すべての電話に出る
 年収1000万円の人は、大事な電話に出る
 年収1億円の人は、電話に出ない

本書のタイトルになっているケータイの
使い方について解説すると、年収1億の人は、
ケータイを「電話」としては使いません。

メールで済むことを、わざわざ電話する
必要がないと考えるからです。

ですから、基本的にケータイの連絡手段は
メールやLINEになります。

かかってきた電話に「直接」出ることも
ありません。

ケータイは「常にサイレントモード」に
しておいて、留守電で選別を行います。

どうしても折り返しが必要な電話にのみ、
自分の都合のいい時間にかけ直すようです。

本書は、今すぐ会社を辞めて、年収1億円を
目指すことを勧める本ではありません。

「今の自分の年収に納得していない」、
「自分は今よりもっとできることがある」
と感じる人に、これまでにない考え方に
触れるチャンスを与えてくれます。

変えるのは能力ではなく、思考法なので、
お金持ちの考え方に気がつけば、
本書を読んだ瞬間から、稼げる思考に
変えていくことができます。

ただし、本当にお金持ちになれるかどうかは、
その思考を、毎日の行動習慣として、
落とし込めるかどうかにかかっています。

本書の内容は、非常に納得感の高いものでした。

古今東西の成功法則や、富裕層の思考法、
ライフスタイルに精通している
水野さんだからこそ、書ける本だと思います。

この本から何を活かすか?

 年収300万円の人は、反対されたらやめる
 年収1000万円の人は、応援されたらやる
 年収1億円の人は、反対されたらむしろやる

個人的には、この習慣が、お金持ちと、
そうでない人の違いを端的に表していると
感じました。

お金持ちは、常に大勢の意見と反対のことを
やろうとしています。

周りから反対されるほど、そこには
ビジネスチャンスがあると考えるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |