活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

10年後の仕事図鑑

満足度★★★
付箋数:21

  「あなたが落ち込んでいるならば、
  あなたは過去に生きている。
  不安でいるならば、未来に生きている。
  でも心が穏やかならば、今を生きている。」

これは中国の賢人・老子の言葉です。

本書の冒頭で、堀江貴文さんは同じような
ことを言っています。

  「僕は、未来のことを考えるのが嫌いだ。
  未来を想像したところで、その通りに実現
  することなんてありえない。
  未来を想像して怯えるなんて暇人の
  やることだし、今を懸命に生きることが
  大事だと思っている。」

なぜ、こんなことを堀江さんが言っている
のかというと、AI(人工知能)の発達で
「AIに仕事が奪われる」という不安の声が
聞こえてくるからです。

本書は、新たに始まる時代でどう生きるか
について、堀江貴文さんと落合陽一さんが
交互に語った本です。

朋友であるお二人が何度も対談を重ねて
作られた本ですが、対談形式ではありません。

堀江さんがいつものように、周りを気にせず、
ぶっちゃけているので、それに触発された
落合さんも、ずいぶん本音を言ってしまった
印象があります。

いい意味で「本音の本音」が語られてる
本だと言えます。

お二人は次のように言います。

AIに仕事を奪われると思っている時点で、
「搾取される側」になっていると。

仕事を奪われて、価値を失うことを
恐れる前に、AIを使いこなし、
「価値を生み出す側」の視点を持てと。

お二人は「搾取する側になれ」とまでは
言わないまでも、AIの時代は「古代ローマ」
に似ているとも言います。

古代ローマには奴隷制度がありました。

ローマの市民クラスは、その奴隷に労働させ、
自分たちは豊かな暮らしをしていました。

生きるために働く必要がなく、学問や芸術など、
自分が興味を持つことに、存分に自分の時間を
使うことができたのです。

AIが、古代ローマの奴隷の役割を果たします。

つまり、私たちはAIを使いこなしさえすれば、
ローマ市民のように豊かに暮らすことが
できるようになるのです。

また、堀江さんは「なくなる仕事リスト」
なんて、血液型占いくらいの精度しかない
とも言っています。

1年後だってどうなるかわからないのに、
10年後の未来を想像することは、
まったく何の意味もないことなのです。

そんなことは「暇人のやること」とまで、
言っていますが、なぜか本書では、
10年後の職業の未来をイラスト入りで、
解説しています。

10年後に「なくなる仕事」、「変わる仕事」、
「生まれる仕事」、「伸びる仕事」を
かなりのページを割いて紹介しています。

発言内容と矛盾する部分がありますが、
そこは口述筆記の「ノリと勢い」で、
本書を作ったからでしょう。

個人的には、逆に、あまり深く考えて、
言葉を選んで語られていない点が
本書の一番の魅力だと思います。

  Chapter0 激動の時代を生きるあなたへ
  Chapter1 すべてが逆転するこれからの働き方
  Chapter2 なくなる仕事・変わる仕事
  Chapter3 生まれる仕事・伸びる仕事
  Chapter4 お金の未来
  Chapter5 日本の幸福と社会について
  Chapter6 ピュアな情熱に導かれた
      “自分の人生”を生きよ

この本から何を活かすか?

私が本書で注目したのは、中国の信用評価の
システム、芝麻信用(セサミ・クレジット)が
紹介されていたことです。

これは、中国のIT企業・阿里巴巴(アリババ)が
運営する電子マネー「支付宝(アリペイ)」を
利用する上で活用する、使用者の信用度を
数値で算出するサービスです。

信用度を表すスコアが高いと、融資の審査が
すぐに通ったり、部屋を借りる時の敷金が
「なし」になったりするようです。

この評価システムで信用度が可視化され、
社会全体が最適化できると、堀江さんは言います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |