活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち

満足度★★★
付箋数:23

YouTubeの台頭で、ここ10年くらいの間に、
メディアを取り巻く環境は大きく変わりました。

YouTubeは世界標準のプラットフォームとなり、
毎月、15億人の人々が訪れています。

  「私たちが観るもの、読むもの、聴くものを
  決めるのは誰か。かつては国や企業だけが
  決めていたが、一世代もたたないうちに、
  私たち自身が決めるところまで来たのだ。
  YouTubeの出現で、人間は初めて、無料で即座に
  世界中の映像にアクセスできるようになった。
  Netflix、Hulu、Spotifyといった
  ストリーミング・サービスは、昔ながらの
  コンテンツを新しい方法で配信するという、
  とてつもないことを実現したが、YouTubeの
  ようなオープンプラットフォームは、メディアを
  プロデュースできる人、配信できる人、
  消費できる人を変えた。あるときから突然、
  世界中の誰もが、世界中のすべての人と映像を
  共有できるようになったのだ。」

本書は、これまでのYouTubeの経緯を振返りつつ、
YouTubeの未来を語る本です。

著者は、YouTube副社長のロバート・キンセルさん。

キンセルさんは、以前はNetflix社でネットへ
ストリーミングするコンテンツの獲得業務を
率いていた方です。

現在は、YouTubeでビジネスと広告、
そしてクリエイティブ・リレーションシップを
統括しています。

YouTubeから見出されたアーティストと言えば、
ジャスティン・ビーバーさんが有名です。

カナダの12歳の少年は、いかにして見出され、
世界的なスターになったのでしょうか?

ビーバーさんを発掘したのは、後にマネジャー
となるスクーター・ブラウンさんです。

ブラウンさんは、2007年に並外れた歌唱力を
持つ12歳の名もない少年が、YouTubeで歌っている
映像を偶然見つけます。

八方手を尽くして、その少年が誰かを探し当て、
YouTubeを使ってジャスティスさんを歌手として
売り出す仕事に取り掛かりました。

初期の頃はジャスティンさんがカバー曲を歌う
動画をひたすら投稿していきました。

この動画では、「決して名前を名乗らず、
ただ歌えばいい。カメラを見る必要もない。」
とジャスティンさんに教えました。

このとき、ブラウンさんが考えたプロモートの
戦略は「Netflix方式」だったと言います。

  「1シーズン無料、一気に観るためのカタログも
  ある。世間の人たちは、そうやって動画を見て
  いたからね。」

こうしてジャスティンさんの動画の視聴回数が
6千万回に登り、R&B歌手アッシャーさんとの
面会を経て、アイランド・レコードとの契約へ
こぎつけました。

その後のジャスティンさんの世界的なブレイクは、
世間で知られている通りです。

これでアーティストの成功の仕方が逆転し、
デビューする前にYouTubeで先行してプロモート
する方法が一般的となりました。

これはYouTubeが世界を変えた一例に過ぎません。

本書では、アメリカのユーチューバーたちの
豊富な事例も交え、YouTubeが作る未来を語ります。

YouTube副社長が語る、新しいメディアの
教科書として参考になるでしょう。

「成功するユーチューバーになる条件」や
「ストリーミングのマネタイズ方法」についても
YouTube内部からの視点で解説されているので、
ユーチューバーになりたい人も必見です。

ちなみに、巻末の解説は落合陽一さんが
担当しています。

また、小中学生が将来なりたい職業として
ユーチューバーを挙げるような時代に
なりましたから、子を持つ親としても
本書は読んでおいた方がいいかもしれません。

この本から何を活かすか?

音楽業界で懸念されているのは、
YouTubeによる無料配信や定額配信サービス
による影響です。

しかし、キンセルさんは音楽業界の未来を
楽観視しています。

なぜなら、人々は音楽を愛していて、
そのコンテンツを持っているのは音楽業界
だからです。

YouTubeと定額配信サービスの相乗効果で、
音楽業界はまだまだ成長余力があると
キンセルさんは考えています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |