活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

逆境のリーダー ビジネスで勝つ36の実践と心得

満足度★★★★
付箋数:26

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「ひたすら昇進したい。そういう方には
  本書はお役に立ちません。そうではなく、
  おもしろい仕事をしたい。やりがいを感じたい。
  自分にしかできない、大きな事を成し遂げたい。
  そのために仕事への取り組み姿勢は
  どうあるべきか。ひとりではできない、
  より大きな事を成し遂げるために、
  どう人を巻き込み、いかに組織を率いるか。
  苦しい状況を打ち破り、結果を出すには
  どうしたらいいか。そんな志と問題意識を
  持ちながら苦難や孤独と戦っているリーダー、
  あるいはリーダーを目指す人のための
  一助になればと思い、この本を著しました。」

本書は、三井住友信託銀行顧問の
大塚明生さんが、逆境で事をなすために
必要なリーダーの心得を語った本です。

大塚さんが、三井住友信託銀行について、
よく誤解されると書いていましたが、
私もその名前から完全に誤解していました。

てっきり三井住友フィナンシャルグループの
傘下に入った、いわゆるメガバンク系の
信託銀行だと思っていました。

しかし、実際の三井住友信託銀行は、
メガバンクの傘下に入っていない、
国内唯一の独立系信託銀行です。

つまり、メガバンクと比べると資本力や
従業員数では、圧倒的小さい金融機関。

大塚さんは、その三井住友信託銀行の
企業年金事業を率いて、過去15年間で
180戦160勝の実績を上げてきました。

まさに、小さな組織が大きな組織に
打ち勝ってきた、小よく大を制すの実例です。

それができたのは、リーダーが勝てる組織を
つくり、勝てる戦略で戦ってきたからです。

本書には、そんな逆境で勝ち抜くための
リーダーの極意が語られています。

  「現状を打ち破りたいのなら、
  まず自分ひとりでも戦いを始める」

  「会社は民主主義ではない。
  リーダーが決めて責任を負う場所だ」

  「付加価値を生み出す組織のリーダーは、
  猫を集めて犬にする」

  「勝ちたいのなら、トレンドは
  追うのではなく、自分でつくる」

  「人材は育てるものではない。
  見いだし、磨くものである」

個人的は、本書には刺さる言葉が満載でした。

それは、大塚さんが実際にリーダーとして
組織を率い、もがき苦しむ中から、
考え抜いてきた言葉だからでしょう。

1つ1つの言葉に、幾多の経験から来る、
重みを感じました。

大塚さんが、苦難の中でも、自分の道を
貫くことができた「支え」は何だったのか?

  「順風満帆な人生はありません。
  どんな人にとっても山あり、谷ありです。
  谷のときにどう、自分を支えるか。
  志もあるでしょう。
  周囲の人の支えもあるでしょう。
  自分のプライドもあるでしょう。
  それらすべてを総動員してもどうにも
  挫けそうなとき、私がなんとか乗り越え
  られたのは、やせ我慢のおかげとしか
  言いようがありません。
  心が強い人はいない。
  やせ我慢が人を強くするのだと思います。
  少なくとも私はそうでした。」

スマートなやり方ではないかもしれません。

今の時代には合わないスポーツ根性的な
昭和の匂いを感じるかもしれません。

しかし、最後はこういった魂の部分が
自分の道を貫けるかどうかを
決めるのだと思います。

本書は、真のリーダーになるための
道しるべを示した、本物だと思います。

この本から何を活かすか?

山本五十六さんの有名な言葉に、
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ」があります。

大塚さんは、この言葉をリーダーとして
実践してきましたが、これにもうひとつ
付け加えて、やってきたことがあるようです。

それは、「叱る」です。

  「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
  ほめて、叱って、人を育てる」

叱ることでも人を育て、それがあるから
褒めることが一層際立つ効果があるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |