活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方

満足度★★
付箋数:18

あなたは、大人になってから、「中1数学」の
教科書を読んだことがありますか?

子どもが中学1年生でない限りは、
普通はあまり読む機会がないと思います。

しかし、本書の著者、平井基之さんは、
大人になってから、「中1数学」を学び直す
ことを勧めています。

なぜなら、「中1数学」には論理思考の
基礎が詰まっているから。

  「ご存知のとおり、数学は実に論理的です。
  それは高校数学でも中学数学でも変わりません。
  あえて言うならば、算数から数学に
  切り替わった中1の数学こそ、論理的な数学の
  土台となる単元が目白押しです。
  だから、中1数学を学び直すと、論理思考も
  同時に学ぶことができるのです。」

本書は、個別指導や東大合格専門塾の
経営などを行う平井さんが、中1数学を使って
論理思考をマスターする方法を解説する本です。

しかも、論理思考を身につけると、
他の力も同時に上がると言います。

平井さんが言う、他の力とは、
「言語力」と「暗記力」です。

論理力と、言語力と暗記力は、互いに関連
しているため、1つが伸びると、他の2つも
同時に伸びていくようです。

その証拠として、平井さんは自身の受験体験
の例を挙げています。

もともと、平井さんは理系で、現役で東大の
理科一類に合格しました。

そして、30歳を超えてから、苦手な文系で
東大を再受験することを決意します。

さすがに、一度、東大に合格しているとはいえ、
10年以上経っていて、しかも受験科目も違うので、
現役の時に暗記した内容は、かなり忘れていた
はずです。

しかし、平井さんは、論理力を鍛えていたので、
日本史や地理などの暗記科目を、わずか1週間
勉強しただけで、見事、東大文科三類に
合格したそうです。

さて、本書では、中1数学を題材に使って、
「3つの考え」を磨いて論理思考をマスター
することを目指します。

その3つの考えとは、
「同じ」、「違う」、「順番」です。

「同じ」とは、2つのものの共通点を
探し出すことです。

同じでなく、似ている点でも構いません。

同じを探すことは、抽象化することであり、
演繹法につながります。

「違う」とは、2つのものの異なる点を
見つけることです。

どう違うか、何が違うか、どのくらい違うか
など、「What」や「How」などを付け加えて
考えることがポイント。

「順番」とは、どちらが先か(後か)を
考えるだけでなく、時系列でどちらが過去か
(未来か)や、因果関係も含みます。

特に、論理の世界では、原因があって、
結果が生まれますから、因果関係は重要です。

本書では、この3つの考え方を使って、
シンプルに論理思考を学びます。

ここまでが、本書の概要ですが、個人的には
「中1数学」の実例を使った中身が、
あまり興味を引く内容ではありませんでした。

わかりやすい内容ではありますが、
モロに中1数学過ぎて、ページが進まない方も
いるかもしれません。

塾や受験での例は、一般のビジネスパーソンには、
それほど響かないようにも感じました。

  第1章 論理思考で3つの力が伸びる
  第2章 中1数学で論理力を鍛えよう
  第3章 中1数学で言語力を鍛えよう
  第4章 中1数学で暗記力を鍛えよう
  第5章 3つの力を統合してみよう
  第6章 論理思考で結果を出せる人になる

この本から何を活かすか?

あなたは、「セクシー素数」をご存知ですか?

差が6であるような素数のペアのことを
セクシー素数といいます。

ちなみに、素数とは、1と自分自身以外では、
割り切れない数のことでした。

なぜ、その素数にセクシーという冠が付く
かというと、ラテン語で6のことを「sex」と
書くからです。

例えば、(5,11)のペアはセクシー素数です。

このセクシー素数が、無数に存在するかどうかは、
未解決問題となっています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |