活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2017年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと

満足度★★★
付箋数:22

内外出版社の関根さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

埼玉県の川越市に消化器科専門病院の
「川越胃腸病院」があります。

この病院は「小規模病院の優良モデル」と評され、
2011年に医療界で初めて「日本経営品質賞」を
受賞しました。

同院の院長、望月智行さんのモットーは、
「第一顧客は職員、第二顧客が患者さま、
第三顧客が社会や関連企業」というものです。

患者と職員の優先順が逆ではないかと、
思うかもしれませんが、突き抜けたいい会社は、
人として、身近な人を大切にすることを
当然と考えます。

川越胃腸病院では、職員の幸福感や心のあり方が
そのままサービスの質に直結するとして、
「職員を第一顧客」として位置づけています。

そのため、医療現場の職員はもとより、
同院で働く外注の清掃員や売店の職員さえも
一人ひとりが大切に扱われています。

こうして大切にされた外部スタッフからも、
笑顔で患者に優しい言葉をかける光景が
院内では日常的に見られるようです。

職員を第一顧客とする病院は、
利潤を遠ざけているかのように思われますが、
実際は安定的な黒字経営を続けています。

全国の自治体病院の9割超、民間病院の5割超が
経営赤字の中、川越胃腸病院は長年健全な
利潤を生んでいるようです。

このような「いい病院(会社)」は、
働く人のやりがいが高く、顧客に信頼され、
地域に必要とされ、その結果として、
良い業績をあげています。

そして、このようないい会社には、
必ず、「よきリーダー」がいます。

本書の著者、瀬戸川礼子さんは、ジャーナリスト
として、これまで2600人を超える経営者と
それ以上の社員に出会ってきました。

また中小企業診断士としても1000社を超える
会社の経営支援をしてきました。

そこでわかったのは、「よきリーダー」には、
次の7つの共通点があることでした。

  ・数字より心を大切にすること
  ・スピードより順番を大切にすること
  ・満足より感動を大切にすること
  ・威厳より笑顔を大切にすること
  ・仕事に感情を持ち込むこと
  ・率先垂範せず主体性を大切にすること
  ・効率より無駄を大切にすること

本書では、「よきリーダー」の7つの共通点を
川越胃腸病院をはじめとする13社の
具体的な事例を挙げ、図解入りで解説します。

また、いい会社の取り組みを真似しやすい
ように、具体例も多く紹介されています。

  川越胃腸病院(埼玉県川越市)
  道頓堀ホテル(大阪府大阪市)
  兵吉屋・はちまんかまど(三重県鳥羽市)
  南三陸ホテル観洋(宮城県南三陸町)
  オオクシ(千葉県千葉市)
  西精工(徳島県徳島市)
  都田建設(静岡県浜松市)
  ネッツトヨタ南国(高知県高知市)
  海上自衛隊
  サンクゼール(長野県飯綱町)
  アップライジング(栃木県宇都宮市)
  生活の木(東京都渋谷区)
  日本電鍍工業(埼玉県さいたま市)
  石坂産業(埼玉県三芳町)

いずれも、顧客以上に社員の働きがいを
重視していて、それが顧客満足と業績にも
好影響をもたらす理想の循環ができている
会社(組織)です。

私が読んでいても、こんな会社で働きたい
と思えますので、実際に働いている方々は、
さぞ誇りをもって働いていることでしょう。

本書の最終目的は、「よきリーダー」の
働き方を知り、自らが「よきリーダー」に
なることです。

  「誰だって、よきリーダーの存在は大切だと
  言います。ならば、誰かの出現を待つのでは
  なく、自分がよきリーダーへの道を歩こうでは
  ありませんか。」

この本から何を活かすか?

本書では、周りのやる気をそぐ悪しきリーダーの
ワースト3が紹介されていました。

  第1位 ずるいリーダー
  第2位 感情のコントロールできないリーダー
  第3位 無関心なリーダー

3つ並べているものの、1位の「ずるいリーダー」
がダントツに悪いようです。

リーダーの特権を使って利己的な行動をとることが、
最も部下から軽蔑され、組織をあっという間に
ダメにしてしまうようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 05:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |