活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

バナナを逆からむいてみたら

満足度★★★
付箋数:21

あなたは、バナナをどちらの方からむきますか?

私は、バナナを果柄の方からむきます。

誰かに教えられた訳ではありませんが、
自然と果柄の方からむく人が多いのでは
ないでしょうか。

  「でも、 “バナナの専門家” であるサルは
  そうではありません。先端からむくのです。
  あなたも試してみてください。
  バナナの先端を両手の指でつまんで、
  左右に引っ張るのです。そうすればすぐに、
   “サル方式” のほうが、はるかにラクな
  ことがわかるでしょう。それと同じことが、
   “人生の悩み” についてもいえます。

  瞑想を実践している私たち仏教僧は、
   “悩みのもと” を取り去る専門家です。
  人生を、通常とは違った方向から見る方法、
  いわば人生の見方の “サル方式” を知って
  いるのです。その方法さえ知っていれば、
  バナナのむき方と同様に、人生をはるかに
  ラクに過ごすことができるでしょう。」

原題『GOOD? BAD? WHO KNOWS!』。

本書は、「瞑想の師」と呼ばれる
仏教僧のアーチャン・ブラームさんによる
人生の視点の変え方を説いた本です。

ブラームさんは、ロンドン生まれ。

ケンブリッジ大学で理論物理学の学位を
取得し、高校で教鞭をとりました。

その後、タイに渡り、高僧のもとで修行し、
仏教について学びます。

それから西オーストラリア州仏教会からの
招きでパースに赴任しました。

ユーモラスで温かな教えが人気を博し、
2004年にはオーストラリアで社会に貢献
した人に贈られるジョン・カーティン賞を
受賞しました。

ブラームさんは、日本ではあまり知られて
いませんが、著書も何冊か刊行していて、
その説法は、動画や音声で無料で見聞き
することができます。

ブラームさんは、本書で32のエピソード
によって、私たちの人生には違った
ものの見方があることを示してくれます。

  「私たちの生活には、 “少し前に何かが
  終わり、次の何かがまだ始まっていない” 
  という時間がけっこうあるものです。
  いわゆる “合間” の時間のことですが、
  えてして、そうした時間は、無駄に過ぎる
  ことが多いのです。(中略)

  残念なことに、私たちの人生の大半は、
  そうした “合間” の時間として過ぎて
  いくのです。
  もし “多くの時間を無駄にしている” と
  一旦気づけば、世の中にはびこっている
  哀しい “暇つぶし時間” は激減する
  ことでしょう。」

今や、ちょっとした空き時間は、
スマホで暇つぶしをしてしまうのが、
一般的になっています。

しかし、その「合間」の時間をどう過ごすか
によって、人生の充実度は違ってくるのです。

単なる暇つぶしの時間になるのか、
あるいは、新しい価値を見出す時間になるのか。

私たちが、その時間をどう使うかで、
どちらの時間にもなり得るのです。

ブラームさんの話は、仏教の説法というほど、
堅苦しいものではなく、気軽に読めます。

しかし、そのエピソードは、示唆に富んでいて、
私たちが持っている怒りや、不安、悩みなどを
軽くする手助けをしてくれます。

この本から何を活かすか?

  「もしあなたがイヌのフンを踏んでしまったら、
  不愉快に思うことなく、ほほえみを浮かべて
  帰宅しましょう。そして、自宅の庭にある
  リンゴの木の下で汚れを落としましょう。」

自宅にリンゴの木がある人は滅多にいませんが、
人生の苦難は、後の人生を豊かで実りある
ものにしてくれるという教えです。

苦難があっても、ありのまま受け入れることで、
後にその経験が、あなたをより賢く、
思いやりのある人にしてくれるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 05:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸福の「資本」論

満足度★★★★
付箋数:25

  「この本が生まれるきっかけは “幸福な人生” 
  の土台についてライターの渡辺一朗さんから
  インタビューを受けたことで、それをもとに
  過去の著作をアップデートするかたちで
  一冊にまとめました。(中略)
   “人生設計については書きつくした” 
  という気持ちがあったのですが、今回、
   “3つの資本=資産のポートフォリオ” 
  という視点から幸福の “資本” 論を
  まとめてみると、また新しい発見が
  あることに気づきました。」

本書は、私たちが持つ「3つの資本」から、
「幸福に生きるためのインフラ」の設計に
ついて考察する本です。

著者は、『マネーロンダリング』や
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
などで知られる橘玲さんです。

橘さんの著作は、独自の視点と、
そこからスキのない論理を組み立て、
身も蓋もない結論に辿り着くのが特徴です。

本書は、過去の著作の集大成的な意味合いも
ありますが、橘さんらしい特徴の出た本に
なっています。

人によっては、「理屈っぽい」と感じますし、
一方では「目から鱗」と感じる方も多いと
思います。

さて、本書は「人の幸せ」を築くための
「3つの土台(インフラ)」に焦点を当てて
いますが、3つとは、「金融資産(資本)」と
「人的資本」と「社会資本」です。

これらは、幸福の条件として「自由」、
「自己実現」、「共同体=絆」の3つを
挙げたときに、それぞれに対応するものです。

金融資産とは、そのものズバリ、
持っている(換金できる)お金のこと。

人的資本とは、その人の稼ぐ力のことで、
富の源泉になります。

社会資本とは、「つながり」、すなわち
人間関係のことです。

ちなみに、この3つの土台の中でも、
極めて重要なのは社会資本です。

なぜなら、「幸せ」は社会資本からしか
生まれないからです。

この3つの土台は、きわめてシンプルですが、
だからこそとても強力です。

本書の提案に則って正しく人生を設計すると、
誰でも「幸福の条件」が手に入ると
橘さんは述べています。

本書では、「超充」、「リア充」、「旦那」、
「金持ち」、「退職者」、「ソロ充」、
「プア充」、「貧困」の8つの人生パターンと
3つの土台の関係を見ていきます。

例えば、プア充は金融資産と人的資本を
ほとんど持っていませんが、社会資本だけを
持っています。

また、退職者は金融資産だけを持った人で、
ソロ充は人的資本のみを持った人になります。

  「資本をひとつしか持っていないと、
  ちょっとしたきっかけで貧困や孤独に陥る
  リスクが高くなることがわかります。
  それに対して2つの資本を持つことができれば、
  人生の安定感ははるかに増すでしょう。
  ただし3つの資本=資産を同時に持つ
   “超充” になることはおそらく不可能です。
  ―― その理由はお金と共同体の道徳が
  対立するからです。」

本書を読んだかたといって、幸福感が
高まる訳ではありません。

本書の幸福論を、何かしら自分の人生に
生かすのか、ただの幸せの結論として
認識するのかは、読者次第だと思います。

この本から何を活かすか?

  「マイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』は、
   “幸福” とは何かを考えるうえで必見の
  映画です。(中略)
  富も名声もなにもかも手にしたスーパスターは
   “幸福” だったのでしょうか。人生の最後まで
  理想のエンタテインメントを追求したという
  意味では、本望だったのかもしれません。
  しかし『THIS IS IT』を観て、マイケルの
  人生に憧れるひとはいないでしょう。
  その表情からは、とてつもないプレッシャーに
  押しつぶされていく苦痛しか伝わってこない
  のです。」

私も『THIS IS IT』は見ましたが、
橘さんのような視点で考えていませんでした。

確かに、「限界効用の逓減」があることが、
わかる実例になっていますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マネーはこれからどこへ向かうか

満足度★★★
付箋数:18

  「世界は不安定な時代に突入しました。
  この不安定な世界を生き抜いていくために、
  まずはこれまでのこと、現在の状況を
  正しく認識する必要があります。
  放送されるニュースが本質を捉えているとは
  限りません。自身の頭で正しく認識することで、
  今後、世界経済に起きうることや必要な対策
  について、自分で考えることができるように
  なります。トランプ大統領就任後の世界
   “アフター・トランプ” は、これまでと
  まるで違う世界になることが考えられます。」

大前研一さんは、トランプ大統領就任前を
「ビフォー・トランプ(BT)」、
就任後を「アフター・トランプ(AT)」
と呼び、世界経済は大きく変わるという
考えを示しています。

以前、大前さんは、OSのウィンドウズが
登場する前を「ビフォー・ゲイツ(BG)」
後を「アフター・ゲイツ(AG)」と呼んで、
その違いを比較していました。

今回は、同じ発想でトランプさんが
大統領に就任する前後を比較しています。

大きなポイントは、トランプさんが公約を
実行するかどうかです。

大前さんは、トランプさんは多くの公約を
実行しない(できない)と見ています。

仮に、実行したとするとハイパーインフレが
起こり、トランプさんもアメリカも
自爆することになります。

本書では、トランプ政権に起こり得る
4つのシナリオを用意しています。

 シナリオ1 政策の失敗
  反グローバル化政策で、アメリカ内で悪性の
  インフレを招き、国民の支持を得られない。

 シナリオ2 公約修正
  ギリシャのチプラス首相のように、次々と
  公約を修正し、国民の支持を失う。

 シナリオ3 有言不実行
  言い続けるだけで何もせず、国民だけでなく、
  世界からも批判を浴び、1期4年持たない。

 シナリオ4 辞任
  1期途中でニッチもサッチもいかず、
  政権を投げ出し、副大統領のマイク・ペンス
  さんが大統領になる。

いずれにせよ、トランプ政権は最長でも
1期4年で終わることが想定されます。

そのため、日本はトランプさんの言うことを
あまり聞かない方がいいと提言されています。

もし、大前さんがトランプさんから、
政策実現のためにコンサルティングを
依頼されたら、まず、トランプさん自身の
考え方を改めさせたいようです。

「すでにアメリカはファーストじゃないか」と。

世界的に強いのはアメリカ企業ばかりで、
弱っている企業は、アメリカ国内での競争に
負けただけで、外国の企業に敗れては
いないのです。

本書は、タイトルになっているマネーの
行き先よりも、主にアフター・トランプでの
世界情勢や経済について語られた本です。

大前さんが主宰する勉強会「向研会」での
講演内容を中心に加筆・修正して
まとめられた本です。

そのため、意図せず同じことを言っている
箇所があり、また話の内容も全体的に粗い
印象を受けました。

  序章 人とマネーはどこへ向かうのか
  第1章 政治が経済危機を呼ぶ
  第2章 「Gゼロ」の世界経済はこれから
     どうなるのか?
  第3章 アメリカは「衰退」したのか?
  第4章 欧州に燻る経済危機の火種
  第5章 世界最適化できない日本経済と企業経営
  終章 日本はシリコンバレーに学び、
     ハイパーインフレに備えよ

この本から何を活かすか?

私は、大前さんが示す「北方領土問題」の
見方は面白いと思いました。

  「(北方領土をロシアは)なぜ返還しないか
  といえば、日本が強く返還を求めているから
  であり、日本が返還不要といえば、
  ロシア側からなんとかもらってくださいと
  言ってくると思います。」

大前さんは、ロシアは北方領土を欲しい
わけではなく、日本が欲しいと言っているから
価値があると見ています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新・独学術――外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法

満足度★★★★
付箋数:27

  「海外のプロフェッショナルと比べて、
  日本のビジネスパーソンが明らかに劣っている
  点があります。それは “学習量” です。
  知識のインプットと論理トレーニングの量
  において、海外のプロフェッショナルと
  日本のビジネスパーソンとでは大きな差が
  あるのです。」

本書の著者、マッキンゼー出身の
侍留啓介さんは、このように指摘します。

なぜ、侍留さんが「学習量」について
言及しているかというと、「賢さ」は、
「知識量」と「論理力」によって
構成されるからです。

では、忙しいビジネスパーソンは、
どのようにして、知識量を増やし、
論理力に磨きをかければよいのでしょうか?

  「この本では、ビジネスに必要な知識や論理を、
  MBAコースやコンサルティング会社に所属
  しなくても、 “大学受験用の教材” で
  効率よく身につけられる方法を説明します。」

なぜ、大学受験用の教材なのか?

1つ目の理由は、ビジネスパーソンが必要とする
「教養」は、高度な専門知識までは必要なく、
大学受験レベルの知識があれば、十分な場合が
多いからです。

2つ目の理由は、大学受験用の教材を使うと、
その分野の全体像を、効率よく把握することが
できるからです。

大学受験用の教材は、80対20の法則が
使いやすく、使用頻度の高い部分、
重要な部分を身につけやすくなっています。

3つ目の理由は、大学受験用の教材には、
「問題と答え」があることです。

これが大学受験用の教材を使う最大の理由です。

多くのビジネスパーソンは、ビジネス書や
実用書、あるいは教養書を読んで
必要な知識を身につけようとします。

しかし、ただ読んだだけでは間違って理解
することもありますし、その知識を記憶として
定着させることはできません。

本来であれば、本を読んで、そこから自分で
問いを立てて、自分なりの答えを導き出す
ことが必要ですが、そのためには膨大な
時間がかかります。

しかし、大学受験用の教材を使うと、
問題を考えて、答えを確認することで、
自分の理解に間違いがないか確認できます。

そして、これを何度も繰り返すことで、
知識として定着させることができるのです。

インプットとアウトプットの両方が、
効率良くできることが、大学受験用の教材を
使う最大のメリットです。

本書で紹介されている、大学受験用の教材を
使うノウハウは、侍留さん自身が、実践して
きたものです。

  「ここで書かれていることのすべては、
  私自身が、マッキンゼーなどの要求水準の
  高いビジネスの現場で、 “可能な限り
  優れたパフォーマンスを実現するためには
  どうすべきか” と試行錯誤するなかで
  開発・実践してきたものです。
  また、自分だけでなく、コンサルタント仲間
  などにも試してもらい、効果を確認しています。」

個人的には、本書で説明される侍留さんの
考えや説明は、非常に納得感のあるものでした。

本書の帯には「佐藤優氏絶賛!」と書かれて
いますが、確かに佐藤優さんの考えに近い
本だと思います。

  第1章 高いレベルで働くための「独学の技法」
  第2章 最重要の「教養」を効率的に取り込む
  第3章 最強の知的武器「論理力」を鍛える
  第4章 必要な「英語力」を最速で手に入れる
  第5章 独学の効果を「最大化」する

この本から何を活かすか?

侍留さんは、「賢い」と瞬時に感じる方には、
次の3つの特徴があると指摘します。

  1. 空気を読まない
  2. 「そもそも」を語れる
  3. 一言でまとめられる

マッキンゼーの方たちは、顕著にこの特徴を
持っていて、それを表す口癖があるそうです。

  「私はそうは思いません」
  「そもそもの話」
  「一言で言うと」

彼らは、何かというと「私はそうは思いません」
と言い、続けて「そもそも何で必要なの?」、
「それって、一言で言うと」という言葉を
連発するようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

♯HOOKED 消費者心理学者が解き明かす「つい、買ってしまった。」の裏にあるマーケティングの技術

満足度★★★★
付箋数:25

オトバンクの上田さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

アメリカンファミリー生命保険会社、
ブランド名は、通称「アフラック」。

同社のCEO、ダニエル・P・エイモスさんは
2003年に新しい広告キャンペーン用の
奇抜なアイディアを思いつきました。

それは、アヒルが「アフラック!」と
ブランド名を叫ぶというもの。

エイモスさんが、これを提案した当初、
社内の誰も、このアイディアが効果が出る
とは思いませんでした。

それは奇妙で、論理的ではないので、
当然の反応だったのかもしれません。

  「 “このアイディアでやろうと思っている”
  と説明しても、誰もピンと来ていなかった。
  わたしが “それで、アヒルが出てきて、
  『アフラック!』と鳴くんだよ” と説明
  すると、みんなポカンとするだけだった。」

エイモスさんは、このように当時のことを
振り返ります。

しかし、フタを開けてみると、この広告は
大きな反響を呼び、アフラックの大きな
業績アップにつながりました。

アヒルが「アフラック!」と叫ぶキャンペーン
開始から7年間で、純売上高は44%伸びたと
いいます。

なぜ、アフラックのキャンペーンは
成功したのでしょうか?

それは、「かわいい動物」は人を惹きつける
パワーがあるからです。

アヒルよりも、もっと人の感情を
わしづかみする動物として多く使われるのは、
「猫」や「犬」です。

それが本書の表紙に子猫が写っている理由です。

日本のコマーシャル事例で思い浮かぶのは、
Y!mobileの「猫」や、ソフトバンクの「犬」
ですね。

これらの動物が、人間の注意や関心を
引きつける驚異的なパワーを持っている
ことを利用しているのでしょう。

さて、本書は心理学をマーケティングに応用し、
効果的な10の法則「HOOK(フック)」として
まとめた本です。

著者は、行動科学を専門とするイギリスの
消費者心理学者パトリック・ファーガンさん。

ファーガンさんは、人間の脳の仕組みに
もとづいて、消費者が「つい、買ってしまう」
行動を徹底的に分析しました。

これまでマーケティングの経験として
知られていたことが、心理学的な裏づけに
よって証明しています。

本書で紹介される10のHOOKは、
大きく3つのSTEPに分けて解説されます。

 STEP1 気づかせる
  #HOOK1 プリミティブにする
  #HOOK2 感情をわしづかみにする
  #HOOK3 私のこと? と思わせる
  #HOOK4 サプライズを駆使する

 STEP2 考えさせる
  #HOOK5 ミステリー要素を加える
  #HOOK6 ハードルをとことん下げる
  #HOOK7 物語の中を歩かせる

 STEP3 行動させる
  #HOOK8 記憶にこびりつかせる
  #HOOK9 思考回路をショートカットさせる
  #HOOK10 プライミング効果を駆使する

本書は、日本版の注釈も充実していて、
翻訳書にありがちな、「ピンとこな」を
起こさせない工夫が施されています。

また、本書の巻末に掲載される解説を
元電通総研の四元正弘さんが担当。

もう少し、他の書籍でも学びたい読者に対し、
消費者ヒューリスティックの観点から、
関連する書籍を何冊も紹介してくれています。

本書はマーケティング担当者が読んでも
事例集として活用できますし、
心理学に興味がある人が読んでも、
十分楽しめる本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書の「#HOOK1 プリミティブにする」で
人の注意・関心をつかむ原始的な要素として
挙げられている要素は3つ。

  「セックス」、「食べもの」、「顔」

この中でも、私たちが「セックス」という
要素に刺激を受けるのは、生存にかかわる情報
だからです。

「セックス」は男性だけでなく、女性にも
同じくらい売れることがわかっています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カイシャの3バカ

満足度★★★
付箋数:23

  「会社生活では3つの巨大な障害物が
  立ちはだかる。それは、 “会議好き”
   “規則好き”  “数字好き” の3バカである。

  (中略)そこで本書では、とくに多くの
  組織人が苦しめられている障害物を
   “カイシャの3バカ” としてクローズアップし、
  その心理構造と具体的な攻略法を示す
  ことにした。
  ぜひ参考にして、この種の理不尽な圧力を
  跳ね返したり、うまくかわしたりして
  いただきたい。

  だが、そんな組織にも、なかなか跳ね返したり
  かわしたりできない、どうにも強烈なバカが
  いるものだ。そんなときにも、その心理構造が
  わかり、じつはとても可愛そうな人なのだ
  と知れば、怒りや苛立ちも鎮まり、
  冷静な対処ができるようになるはずだ。」

本書の著者は、『「上から目線」の構造
ほめると子どもはダメになる』などの
著作がある心理学の榎本博明さんです。

では、「カイシャの3バカ」の中から、
「会議好きバカ」について見てみましょう。

  ・何かにつけて会議を開きたがる
  ・現場の忙しさを無視して会議を開く
  ・意味のない会議が多い
  ・会議をやたら長引かせる

会社ではこういった事例がよく見られます。

会議好きバカがいると、現場の業務に支障が
出たり、決定までに時間がかかったり、
責任の所在が曖昧だったり、やる気がある人の
モチベーションが下がるなどの弊害があります。

では、「会議好きバカ」の心理メカニズムは
どのようになっているのでしょうか?

少し心理学の専門用語が登場しますが、
榎本さんは次のように解説しています。

  ・どんなムダな会議でも、本人の
   「承認欲求」が満たされる。
  ・欧米は「自己中心の文化」、日本は
   「間柄の文化」。他人に配慮するから
   会議に時間がかかる。
  ・「責任の分散心理」が彼らの中に潜んでうる。
  ・「みんなで決めた」から当事者意識が
   希薄になり、気楽でいられる。
  ・「自分開示のカタルシス効果」を悪用し、
   ガス抜きをさせている。

「会議好きバカ」は、会議が仕事の妨げに
なっているという発想がありません。

不毛な会議ばかりしているクセに、
重要な仕事をしていると思っているので、
非常にたちが悪い。

では、そのような「会議好きバカ」へは、
どのように対処すべきなのでしょうか?

どうやら根本的な解決法はないようですが、
榎本さんが示す対処法は2つあります。

1つ目は、会議中に本来の仕事にかかわる
内職をすること。

ムダな会議だからといって、サボれない
場合もあるので、あらかじめ準備しておいて、
本来の仕事のための頭脳労働の時間に
使うようにします。

2つ目は、やむを得ないとみなされる
サボり方を工夫すること。

取引先との約束をあえて会議のある時間に
入れ、先方の都合でやむを得ず会議を
欠席する形にもっていきます。

また、会議が一定時間を超えたときは、
現場の部下から緊急事態で呼び出して
もらうよう仕込んでおくこともできます。

「規則好きバカ」も「数字好きバカ」も含め
「カイシャの3バカ」は、いずれも自信のない
保身的な小人物かつ、自分好きな人。

その迷惑なところを理詰めで説明して、
改めてもらおうとしても、感情的な反発を
招くだけのようです。

ですから、根本的な解決はできなくても、
3バカの気持ちのケアを心掛けながら、
その弊害を最小限に食い止める工夫を
すべきなのです。

この本から何を活かすか?

本書には3バカ以外にも、多くのバカ事例が
紹介されています。

 「おしゃべりバカ」、「イエスマンバカ」、
 「かわい子ちゃんバカ」、「前例踏襲バカ」、
 「手柄横取りバカ」、「使い分けバカ」・・・。

本書で紹介されるバカは、まさに会社あるある。

こういった指摘があるだけで、なんとなく
読んでいて気持ちが晴れる感じがします。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

記事投稿日変更のお知らせ

先日、7月末までは土日のみの記事投稿と
お知らせしたが、予定を変更して本日より、
平日の記事投稿といたします。

日曜日は記事投稿を休ませていただきます。

土曜・祝日はそのときの状況によって、
投稿する場合と、しない場合がありますので、
ご了承ください。

引き続き、当ブログをよろしくお願い致します。


このエントリーをはてなブックマークに追加

| お知らせ | 05:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

筋トレライフバランス

満足度★★★★
付箋数:24

  「 “筋トレする時間が一体どこにあるんですか?”
  僕はアジアのある都市で社長をしているが、
  社長業に加えて、外国人相手の交渉や
  取引先との会食、得意先への接待などで
  日々忙殺されている。それにもかかわらず、
  ほぼ毎日のようにジムに通っているから、
  よくこんな質問をされるのだ。
  睡眠時間を削ればできる?
  いやいや、短い睡眠は筋肉にとって敵である。
  そんな愚かなことはしない。
  では、なぜタイトなスケジュールのなかで
  筋トレができるのか。逆説的だが、その答えは
   “筋トレをしているから” にほかならない。」

以前、本田直之さんも同じことを言って
いましたが、私は、読書をする時間がないのは、
読書をしていないからだと思っています。

確かに、逆説的ですが、真実だと思います。

それが筋トレにも同じことが言えるようです。

本書の著者、Testosteroneさんは、
ツイッターのフォロワー数が20万人を超える、
筋トレと正しい栄養学を普及させることを
ライフワークにしている方です。

徹底して「筋肉」中心の生活を送っています。

Testosteroneさんが、以前、
朝4時に起きていたのは、筋肉のため。

筋トレは、食事を摂ってから90~120分後に
やるのがベストと言われています。

仕事の前に、筋トレをするには、
消化の時間、食事の時間と逆算していくと、
必然的に4時起きになったようです。

そして、この朝食の分解・吸収を待っている
90分こそが、Testosteroneさんにとって
1日で最も有意義な時間になっています。

大好きな筋トレを行うまでに、仕事を片付け
なければならないというタイムリミットが、
最大限の集中力を発揮させます。

この時間を使って、その日やる仕事の中で、
最も頭を使う重要な仕事を猛烈な集中力と
スピードで行うようです。

また、Testosteroneさんは住む場所も
「ジムに近い」ことを重視して決めます。

現在も24時営業のジムから徒歩5分の
ところに、住んでいるようです。

  「人間は不思議なもので、どうしてもやりたい
  ことがあると、時間の使い方にメリハリが
  ついてくる。例えば、課題を早く終わらせる
  ために集中力は上がるし、時間を確保する
  ために工夫を施す。身体からムダなぜい肉を
  削ぎ落とすように、時間の使い方を見直し、
  考えに考えてスリムアップしていった。
  この本には、筋トレや筋トレ時間を確保する
  なかで得た時間効率化のメソッドをちりばめた。
  筋肉の虜になっている僕のやり方をそのまま
  マネする必要はないが、自分に合いそうな
  ものがあれば実際にトライしてみてほしい。」

本書のメインテーマは、「時間管理」です。

好きなことをするために時間を作り、
仕事の効率化を図ります。

貫かれているのはシンプルな原理原則。

しかし、本書は単純な時間管理の本では
ありません。

Testosteroneさんの徹底した生き方からは、
時間管理以外にも学ぶべきことが多くあると
感じました。

本書を読み終わるころには、Testosteroneさんの
考えに感化されていることでしょう。

  「筋トレは人生の問題をすべて解決する」

私は、本書で初めてTestosteroneさんのことを
知りましたが、他の著書読んでみたいと思いました。

筋トレが最強のソリューションである
スーツに効く筋トレ
筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

この本から何を活かすか?

Testosteroneさんは、「DIET GENIUS」という
ダイエット&筋トレ専門のウェブサイトの
代表を務めています。

このサイトでは、ダイエット、肉体改造、
美尻美脚などのプログラムが無料で
提供されています。

私は週2回ジムに通っていますが、
自宅でも少しワークアウトをしたいと
思っていました。

このサイトの動画を参考に始めたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 時間術 | 07:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンプルにわかる確定拠出年金

満足度★★★
付箋数:21

あなたは、確定拠出年金を知っていますか?

確定拠出年金は、2016年の9月に
愛称が「iDeCo(イデコ)」と決まって、
かなり知名度が上がりました。

更に、2017年1月以降、法改正により、
20歳以上のほぼすべての国民が確定拠出年金に
加入できるようになりました。

ところで、あなたは、確定拠出年金を
利用していますか?

もし、あなたが、確定拠出年金を、まだ
始めていないなら、すぐにでも始めましょう。

確定拠出年金は、名前を知っているだけでは
何の得にもなりません。

  「長年、資産運用の世界に関わっていても、
  普通のお金の運用で、これほど大きな割合で、
  かつ “ほぼ確実に得をします” と言い切れる
  ものには、なかなかお目にかかれない。
  この点で、確定拠出年金は非常にまれな制度だ。」

本書の著者、資産運用が専門の経済評論家、
山崎元さんもこのように言い切っています。

それくらい確定拠出年金は、
「ほぼ確実に、かなり得」な制度です。

きっと、確定拠出年金のことを聞いたことが
あっても、何となく面倒で自分で調べようと
していない人が多いのではないでしょうか。

また、それほど自分ごとと考えることが
できず、あまり興味を持てない方も
いることでしょう。

正直、私から言わせると、確定拠出年金は、
「やらない、意味がわからない」制度です。

宝くじ売り場の前に並んでいる人を見たら、
そんなものを買わずに、確定拠出年金を
すぐに始めなさいと言いたいぐらいです。

知らない方のために、少しだけ解説すると、
確定拠出年金とは、国が導入した年金制度の
1つです。

積み立てたお金の運用方法を「自分で決める」
という特徴がありますが、極めて節税効果が
高い制度です。

あまりに優遇過ぎるため、利用できる
「上限」が設けられています。

これは、スーパーが赤字覚悟で用意した
目玉商品が「お1人様1個まで」といった
上限が設けられているのと同じです。

本書では、山崎さんが確定拠出年金利用の
3原則を示しています。

  その1. 確定拠出年金は、可能な限り「大きく」
     使おう。

  その2. 確定拠出年金年金は運用の中の
     「一部」と考えよう。

  その3. 運用商品は手数料が安くて
     「シンプル」なものを選ぼう。

本当は、山崎さんが言うように、確定拠出年金は
他の資産運用の一部と考えるのが望ましいですが、
そもそも資産運用自体を考えたことがない方も
いるはずです。

そんな方は、まずは確定拠出年金を限度額の
上限で始めましょう。

この時のポイントは2つだけです。

1つ目は、どこで始めるか。

これは手数料が安い金融機関を選びます。

キャンペーンなどではなく、無条件で、
手数料が無料なのは、2017年7月時点では、
「楽天証券」と「SBI証券」の2択でしょうか。

2つ目のポイントは、何を選ぶか。

これは各社の商品ラインナップの中から、
手数料の安い「インデックスファンド」を
選べばいいでしょう。

本書では、他の資産運用との組み合わせを
考えているので、いくつかのパターンが
示されています。

確定拠出年金は始めてから、
後で、投資配分を変えることもできます。

そこで、まず「MSCI-KOKUSAI」の指数に
連動した海外株式のインデックスファンド
のみで初めてもいいと思っています。

さすがにそれは少し乱暴すぎると感じる方は、
本書を読んで勉強してください。

本書は、非常に簡潔にまとめられた
確定拠出年金を始めるための入門書です。

この本から何を活かすか?

ちなみに、私はSBI証券で確定拠出年金を
利用しています。

また、次のサイトでは、確定拠出年金の
節税効果のシミュレーションができます。

提供しているのは、日本インベスター・
ソリューション・アンド・テクノロジーです。

  節税メリットシミュレーション

試算結果はあくまでシミュレーションであり、
概算金額を示唆・保証するものではないので
ご注意ください。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンギュラリティ・ビジネス

満足度★★★★
付箋数:24

2016年頃から「シンギュラリティ」という
言葉を聞く機会が増えてきました。

シンギュラリティとは、「技術的特異点」のこと。

日本では孫正義さんが、社長を続投する理由
としてシンギュラリティを挙げたことで
注目されました。

このシンギュラリティについて、
「AIが人類の頭脳を追い越すポイント」だと
理解している人が少なくないようです。

しかし、これは正しい定義ではありません。

もともとシンギュラリティという言葉を
定着させたのは、AIの世界的権威にして
天才未来学者のレイ・カーツワイルさんです。

カーツワイルさんが2005年に発表した著書、
The Singularity Is Near』、
(邦題『シンギュラリティは近い』)の中で
シンギュラリティについて語っています。

シンギュラリティは2045年に起こると。

このシンギュラリティを理解するために、
もう1つ重要となるキーワードがあります。

それは、「エクスポネンシャル」。
「指数関数的」を意味する言葉です。

これは倍々ゲームで増える現象を
考えるとイメージできます。

倍々ペースで物事が増加する勢いは
紙を折ったときの厚さの話が、
よく知られています。

厚さ0.1ミリの紙を二つ折り、さらに二つ折り
と繰り返していくと、通常、8回くらいが
限界になります。

この時点で、ペラペラだった紙の厚さは
辞書並みになっています。

現実的には不可能ですが、これをもっと
繰り返して51回折ると、その厚さは、
地球から太陽までの距離と同じになります。

グラフにすると、最初はしばらく寝ていて、
急に立ち上がる「ホッケースティック」型が
エクスポネンシャルの特徴です。

カーツワイルさんが語るシンギュラリティは、
ホッケースティックの先が急に曲がるように、
テクノロジーの進化のスピードが無限大に
近づくことを言います。

これまでの進歩の継続性を断ち切るように、
急にテクノロジーが無限大の加速度で
進化するようになるのです。

では、具体的にシンギュラリティでは、
何が起こるのか?

実は、カーツワイルさん自身も、これまで
人類が経験してきた時系列とは非連続の
進化であるため「予測できない」と
告白しています。

  「シンギュラリティなどありえない、
  少なくとも2045年などどいうごく近未来には
  現実不可能―そのように、シンギュラリティ
  に対して懐疑的な研究者も少なくありません。
  ですが、いまを生きる私たちにとって、
  シンギュラリティが本当に起こるか否かは、
  それほど重要ではないと私は考えます。
  シンギュラリティが到来しようがしまいが、
  テクノロジーがそこへ向かって、
  エクスポネンシャルに進化していることは、
  まぎれもない現実です。だったら自分たちが
  そこにどう対応していけばよいのかを、
  考えるべきではないでしょうか。」

本書は、シンギュラリティに向かう流れの中で、
企業は何をすべきか? 人はどうすべきか?
について考える本です。

著者は、エクスポネンシャル・ジャパン
共同代表で、米国のシンギュラリティ大学にも
参加経験のある齋藤和紀さん。

2045年を先取りして、ビジネスチャンスを
モノにするためには必読の書です。

巻末には人工知能学者の中島秀之さんと
齋藤さんとの対談も掲載されています。

この本から何を活かすか?

ソーラーパネルの技術がエクスポネンシャルに
進化すると、エネルギー価格が限りなくゼロに
近くなります。

そうすると、水不足の問題も、地球温暖化も
食料不足の問題もなくなります。

人が「働かなくてもいい社会」が到来する
可能性があるのです。

働かなくよくなった人間は、どのようにして
尊厳を保つのか?

本書では、シンギュラリティが到来した後の
人間の心理的な問題についても言及してます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 07:16 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

なぜか好かれる人の「わからせる技術」

満足度★★★
付箋数:25

あなたの「がんばり」は周りの人に、
伝わっていますか?

人は誰でも、本当にがんばっているなら、
それを他人に認めてもらいたいものです。

しかし、残念ながら、あなたの「がんばり」は
周りの人には、ほとんど伝わっていません。

どんなにわかってくれていると思う人でも、
せいぜい「40%」くらいしか、
あなたのことを理解してくれていないのです。

なぜなら、人はビックリするくらい、
他人のことには無関心だからです。

では、あなたの「がんばり」をわかってもらう
ために周りの人に、自己アピールしたら
良いのでしょうか?

実は、「がんばっている」ことを伝えるために、
自己アピールするのは逆効果。

「がんばっている」ことを自己アピール
すればするほど、周りには嫌な人・痛い人と
映ってしまいます。

認められたいという思いが強い人ほど、
かえって認められないというパラドックスに
陥ってしまうのです。

アピールは、口には出さずに、
「かもし出す」もの。

では、一体どうしたら自分の「がんばり」を
認めてもらえるのでしょうか?

  「自分のがんばりを認めてもらいたいときも、
  こちらのがんばりを推すよりも、
  まずは相手のがんばりを認めるのです。
  そうすると、相手もあなたのがんばりを
  認めようとしてくれます。
  人間というのは、自分を認めてくれる人の
  ことは認めたいと思うものなのです。」

だから、わざわざ自分のことを
アピールしてはいけません。

相手のことをしっかり認めてあげれば、
相手も自然とあなたの「がんばり」を
見つけ出そうとしてくれるのです。

本書は、周りがあなたの「がんばり」に
気づき、評価せずにはいられなくなる方法を
伝える本です。

「いざというときに、助けてもらえる
信頼関係」を築くための本でもあります。

著者は、ビジネスコーチとして、
これまで2万人以上の方のビジネスライフを
変えるサポートをしてきた馬場啓介さん。

本書では、次のような直接言葉に出さずに、
あなたの「がんばり」を自然とかもし出す
「習慣」が紹介されています。

  習慣1 「チラ見せ」で相手の好奇心を
    かき立てる
  習慣2 「相手と同じ言葉」で会話する
  習慣3 「1.5秒の間合い」と「噛む」で会話を制す
  習慣4 「評価しないほめ言葉」と「…の技術」
     でほめマスターになる
  習慣5 小さな目標をつくり、自分のこともほめる
  習慣6 失敗したら、しっかり落ち込む
  習慣7 「他人のせい」を「もののせい」にする
  習慣8 否定はせずに「1.5倍の共感」で返す
  習慣9 「敵意」には「好意」で返す
  習慣11 言葉のバリアを取りはらう
  習慣11 「天使の口ぐせ」で好意的な空気をつくる

あなたの「がんばり」を伝えるのは、
一発勝負のアピールではありません。

日頃からの「習慣」がジャブのように
ジワジワと効いてくるイメージです。

一見遠回りのように見える、コツコツと
ジャブを出し続けることが、周りから
認められる、一番の近道なのです。

本書は「自分のことがわかってもらえない」
という悩みを持つ人には非常に有効な本です。

また、そんな悩みがない方でも活用できる
コミュニケーションを改善するためのヒントが
書かれた本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書では、「わかってもらえる仕事の三原則」
が紹介されていました。

  原則1.「すぐやる!」
  原則2.「なりきる!」
  原則3.「とことん楽しむ!」

この中で私が面白いと思ったのが、
原則2の「なりきる!」です。

もし、自分が優れたリーダーでなくても、
「優れたリーダーになりきり」ます。

そうすることで、自分の実力が何倍にも
高められるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アナリストが教える リサーチの教科書

満足度★★★
付箋数:24

私たちは、日頃から何かと「調べる機会」
があります。

ビジネス上で、企画書や提案書を作る場合は、
さなざまな業界や企業について調べることが
必要になります。

ところで、あなたは「調べ方」を、
どこかで習ったことがありますか?

「調べ方」を習ったことがあるのは、
恐らく少数派でしょう。

ほとんどの方は、社会人になってから
自己流で何となく、身に付けているのでは
ないでしょうか。

実際に何かを調べることが必要な場合、
私たちは「そんなの、自分で調べろ」とも
言われてきたはずです。

また、ビジネススクールなどで、
調べ方について体系的に学ぼうと思っても、
この手の講座は用意されていません。

そこで、「自分でできる情報収集・分析の基本」
が学べるように書かれたのが本書です。

著者は年間200本のレポートを書くアナリストで
News Picksなどでも活動する高辻成彦さんです。

高辻さんが本書で教える調べ方は、
「ビジネスリサーチ」と呼ばれるものです。

これは「マーケティングリサーチ」と
区別されます。

マーケティングリサーチは、一次データを
作るもので、一般的には、市場調査会社に
委託するためコストも時間もがかかります。

一方、ビジネスリサーチは、公開されている
一次データを収集して、二次データとして
加工するため、コストも時間もそれほど
かかりません。

本書では、このビジネスリサーチについて
丁寧に解説します。

さて、ビジネスリサーチでは、次の4つの
切り口から情報を押さえるのが効率的。

本書では、これをビジネスリサーチの
「4S」と呼びます。

 1. Structure(構造)
  構造とは、業界構造のことで、具体的な
  調査項目は、製品・サービス分類、
  用途別・地域別分類、製品・サービスの
  製造・販売の流れ、規制動向、季節性など。

 2. Statistic(統計)
  市場規模を把握する上で、統計があるか
  どうかを調べます。具体的な調査項目は、
  政府統計、業界団体統計、市場会社の統計、
  市場報告書、新聞情報など。

 3. Share(シェア)
  市場シェア情報を得られるかどうかを調べます。
  具体的な調査項目は、市場調査会社、
  業界団体、事業会社のIR情報、新聞情報など。

 4. Strategy(戦略)
  これは競合他社と比較してどのような戦略的
  特徴があるかを調べます。具体的な調査項目は
  製品・サービスの違い、用途別・地域別展開の
  違い、事業構造の違い、収益性の違いなど。

ただし、これらを調べて、二次データに加工
するには、経済統計や経営戦略論、財務分析の
基礎知識が必要となります。

本書では、本論のビジネスリサーチに入る前に、
これらの基礎知識についても、必要最低限に
さらっと解説しています。

そして本論のパートでは、ケーススタディも
用意して、最後はリサーチ結果のまとめ方
についても解説します。

本書は、情報の探し方から、それをどうやって
まとめるかまで、ビジネスリサーチ全般に
ついて学べる実用的な本だと思います。

 序章 ビジネスリサーチのスキルを身に付けよう
 第1章 ビジネスリサーチの基礎知識
 第2章 業界の基本構造を調べよう
 第3章 市場環境・競争環境を調べよう
 第4章 補足情報を入手し、検証しよう
 第5章 リサーチのケーススタディ
 第6章 リサーチ結果をまとめよう
 第7章 よりレベルアップするために

この本から何を活かすか?

本書では、リサーチ力を上げるために、
継続的にニュースを読むことが勧められて
いました。

スマホでチェックできるニュースアプリで
推奨されていたのは次の2つです。

 ・日本経済新聞の電子版
 ・ユーザーベースのNews Picks

このNews Picksは多くのニュース媒体を
閲覧できるキュレーションアプリで、
私も利用しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会計・ファイナンス・企業分析 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3000年の英知に学ぶリーダーの教科書

満足度★★★
付箋数:24

著者の鈴木博毅さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

1972年の冬、南米のアンデス山脈で、
ウルグアイの学生ラグビー選手団と
その家族や知人を乗せた飛行機が墜落しました。

学生のラグビー選手団は、親善試合を行うため、
チリのサンディエゴへ向かう途中でした。

飛行機に乗っていた45名中、墜落の際に
死亡したのは12名。

残り33名は、厳冬期の雪山でサバイバルを
強いられることになります。

翼をもがれて墜落した飛行機は、かろうじて
シェルターのような役割を果たしました。

しかし、墜落した地点は海抜3700メートル。

日本の富士山の山頂ぐらいの高度の場所で、
ラグビチームの若者は恐ろしいほどの寒さに
苛まれます。

ウルグアイの学生たちのが遭難したときの
服装はワイシャツ程度。

雪山は人間の生存可能性を超える条件で、
食料は機内のチョコレート数枚と、
ワインボトル数本しかありませんでした。

事故直後はチームのキャプテンだった
マルセル・ペレスさんがリーダーシップを
取りました。

彼は、機内を住む場所に整備し、負傷者を
暖かい場所に集め、きっと捜索隊が発見して
くれると言い続け、みなを懸命に励ましました。

生存者たちは、死亡者の人肉を食べ命をつなぎ、
救助を待ちました。

しかし、遭難から11目の朝、ラジオ放送を
聞いて、生存の見込みなしとして、
捜索活動が打ち切られたことを知ります。

その現実を知って、それまでリーダとして、
生存者を率いていたペレスさんは、
希望を失って、精神のバランスを崩し、
ガラスのように壊れていきました。

彼は、ラグビーのようなルールの決まった
状況では、その堅実さから優秀なリーダー
として力を発揮していました。

しかし、ルールがない過酷な雪山では、
状況の変化に合わせて自分を変えられず、
リーダーの役目を担えなかったのです。

一方、救助が来ないことが分ってから、
リーダーとして台頭したのが、
もともとリーダーとは程遠い資質と性格の
ナンド・パラードさんでした。

パラードさんは、安易な楽観主義を持たず、
過度に期待を高めることもしませんでした。

強権的なリーダーになろうとせず、
仲間とは協調的に接し、機体の残骸から
装備を作り、自力下山を計画します。

そして、ナンドさんはもう1人の仲間と
9日間ひたすら歩き続けることに専念し、
ついに麓の村にたどり着いて、
救助を求めることに成功しました。

このときナンドさんは、どのような
リーダーシップを発揮したのか?

 ・八方塞がりの中で絶望せず、打開策として
  新たな目標を上げた

 ・相手に思いつかせるように会話して、
  相手と目標を一体化させた

 ・安易な期待を持たせず、落胆により
  絶命するのを防いだ

 ・ただ一つ、目的に向かって歩み続ける
  ことに集中した

のちにナンドさんは『アンデスの奇蹟』を
著し、ウルグアイの英雄となります。

  「歴史上、あるいは現代ビジネスでリーダーが
  輝きを発するのはどんなときか。
  それはずばり、集団が何らかの危機に
  直面したときです。集団が危機に瀕したとき、
  打開してくれるリーダーこそが輝くのです。」

本書は、古今東西の優れたリーダーが、
いかにして困難な局面を打破したかを知り、
リーダーの原理原則を探ります。

紀元前8世紀の『イリアス』から始まり、
現代までの読み継がれる名著30冊から、
リーダーシップのエッセンスを抽出。

本書に登場する名著は、本当は1冊ずつ
全て読んだ方がいいものばかりです。

本書は、そのエッセンスを僅か2時間で
学べると同時に優れたガイドブックにも
なっています。

この本から何を活かすか?

私が本書で紹介されている本の中で、
最も繰り返し読んだのが、本多静六さんの
人生計画の立て方』です。

本書では、本多さんの成功要因を次のように
分析しています。

  「偶然の好機と計画性、順境と逆境など、
  相反する要素を共に使いこなして
  最大の成果を世界と自分から引き出すこと。
  これこそが本多静六氏の一番の成功要因
  だったのです。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 07:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経済指標のウソ 世界を動かす数字のデタラメな真実

満足度★★★
付箋数:24

  「経済についての誤った前提が、国の経済政策
  や国際戦略の基盤になっているとしたら
  どうだろう。2008年~2009年の世界金融危機
  以降、先進国の混迷が長引く原因がここに
  あるとしたら?

  世界は経済指標によって定義されている。
  経済成長や所得、雇用など、個人や集団の
  経済動向を示す統計を、私たちは成功や失敗を
  測る絶対的な標識とみなす。
  だが、こういった数字は、どれも100年前には
  存在していなかった。1950年の時点でさえ、
  ほとんど誕生していなかったのだ。
  それなのに、現在ではまるで自然法則である
  かのように尊重されている。」

私たちは失業率やGDPなどの経済指標を
当たり前のように使って、それを信じています。

経済指標によって政府の支持率が変わり、
状況によっては政権交代の引き金になる
こともあります。

民間でも、経済指標を経営や投資の
判断基準としている企業もあるでしょう。

しかし、経済指標は万能ではありません。
表せるものと、表せないものがあります。

あなたは、1950年代・昭和20年代に作られた
地図を使って、目的地を探しますか?

作られた当時は、地図の役割を
十分に果たしていたはずです。

しかし、それから80年近くが経過すると、
当時なかった道路や橋が作られ、ほとんどの
建物は新しくなり、まったく別世界という
様相を呈しています。

地図が1950年代に作られものだと知らずに
そのまま使うと、間違いなく混乱を招く
ことでしょう。

実は、私たちが使っている経済指標にも
それと同じことが起こっているのです。

あくまで経済指標は、考案された当時に、
意図されたものだけが反映しているのです。

  「統計に基づいて作られた地図は、経年劣化の
  兆候を示している。複雑な世界をシンプルな
  数字で理解したいと願うあまり、私たちは
  経済指標にも歴史があり、考案された理由が
  あることや、長所もあれば限界があることを
  忘れがちだ。」

本書は、経済指標が考案された歴史を紐解き、
その当時何が見えていたかを確認すると共に、
経済指標の限界を解説する本です。

著者はアメリカの経済・投資情報会社の代表を
務め、コメンテーターとしてCNBCやCNNにも
レギュラーで出演するザカリー・カラベルさん。

 ・GDP : 市場で値がつかない技術革新を無視
 ・失業率 : そもそも「失業者」は数えられない
 ・物価指数 : すべての物価は反映されていない
 ・貿易収支 : 部品は輸入品に入っていない

世界を動かしている経済指標には、
時代の変化と共に多くの欠陥が生じ、
もはや実態を表していないものが存在します。

本書では、そんな経済指標について、
作られた経緯を丁寧に見ていきます。

タイトルほど過激な内容ではなく、真面目に
淡々と経済指標史を解説しています。

 第1章 すべての経済指標には意図がある
 第2章 「失業者を数える」という無理難題
    ―― 失業率
 第3章 家事労働に経済的価値はないのか
    ―― GDP
 第4章 「所得」で世界の序列が決まる
    ―― 国民経済計算
 第5章 景況感は数値化できるのか
    ―― 消費者信頼感指数
 第6章 「物価の測り方」が政争のタネになる
    ―― インフレ率
 第7章 経済指標が無条件に崇拝される
 第8章 アメリカの対中貿易赤字はもとから
    存在しなかった ―― 貿易収支
 第9章 「幸福」は数値化できるのか
    ―― 国民総幸福量
 第10章 我々は経済指標とどう付き合うべきか

この本から何を活かすか?

iPhoneは、言わずと知れたアップル社の
製品で、アメリカのイノベーションの象徴です。

しかし、製造は中国製。

つまりiPhoneがアメリカで売れば売れるほど、
アメリカの貿易赤字は増えることとなります。

貿易収支は、考案された当初、製品の原産国が
1つ以上あることが想定されていませんでした。

そのため、現在のように企画と製造の国が
違っていたり、複数の国で部品が作られて
いると、実態をうまく表すことができません。

現在のように付加価値の構造が複雑化すると、
もはや正確に測定することは不可能なのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか

満足度★★★
付箋数:23

  「 “1対1だと会話に困らないのに、4人ぐらいに
  なると途端に話しづらくなる” ここだけの話、
  人数が多くなると “なんだか話しにくい” と
  感じたことってないですか?(中略)

  この本は、そんな “複数いる場で会話に
  困らないためにはどうすればいいのか” を
  追求した、(おそらく)史上初の
   “複数コミュニケーション本” です。」

本書の著者は、静岡県の鉄道会社で、
脳のメカニズムを軸にしたマーケティング業務に
従事している行動分析士の岩本武範さんです。

岩本さんは、社会人博士として、
京都大学大学院工学研究科で、人が行動をとる
ときの心理要因について研究をしている方です。

私は以前から、人数が多いグループでは、
話しにくくなると感じていました。

実はこれ、コミュニケーション能力の問題
ではなく、コミュニケーションを担当している
「脳の問題」だったのです。

ですからいくら雑談力を磨いても、
4人以上の状況では、この問題は解決しません。

しかも、1度話に入るタイミングを逃して
しまうと、ますます黙ってしまうようになる。

そもそも脳は4人以上だと「たくさんいる」と
感じてしまい、人によっては処理しきれない
状態に陥ってしまうようです。

私たちの脳には、「新しい脳=前頭葉」
と「古い脳=大脳辺縁系」があります。

「新しい脳」が活性化されると、場の空気を
読んだり、相手の発言に適切な反応が
できるようになります。

一方、「古い脳」が活性化されると、
感情のまま話して場の雰囲気を壊したり、
黙り込んでしまうようになります。

そのため、複数のコミュニケーションを
成功させるには、できるだけ古い脳を刺激せず、
新しい脳を活性化させるのがポイントです。

そして、4人以上の会話になったときには、
コミュニケーションをとる上での、
「ポジショニング」が心理的には重要に
なるようです。

話をする順番に、1番手から4番手まで
並べるとすると、本書で目指すのは、
「2番手」のポジションです。

「1番手」の人は、声のボリュームが大きく、
早口でまくしたて、まわりの反応を
あまり気にせず、ひたすら話し続けます。

「3番手」は、口数は少ないけれど、
思いは強いという人が多いようです。

口数が最も少ない「4番手」は、ときには、
いたかどうかも記憶に残りません。

これらに対して「2番手」は、自分から
ガツガツ話さないのに、会話のパスが
集まってきて、それをうまくさばいて、
会話を広げるポジションです。

4人以上のグループで、この「2番手」の
ポジションになるために、本書では、
「座る位置」や「服装の色」にも工夫します。

そして、実際に会話のパスが回ってきたら、
次の3つのポイントに気をつけて話します。

  ポイント1. 何を話すのか(話の中身)
  ポイント2. 誰に話すのか(話を振る相手)
  ポイント3. どんなふうに話すのか(伝え方)

本書では、4人以上になると話せなくなる
メカニズムやその対処法が良くわかります。

ただ、理解はできるものの、実際にやるのは、
けっこう難しいという印象を持ちました。

飲み会やパーティ、4人で乗ったタクシーで
困らなくなるためには、それなりの訓練が
必要のようです。

 序章 「3」と「4」の間にある壁
 1章 「1対1は平気」でも「4人になると話せない」
   のはなぜか?
 2章 なぜあの人は「話を振ってもらえる」のか
 3章 「言葉が出てくる状態」に自分をもっていく
 4章 話すと「コミュ障」がばれる人
   「ちょっとおもしろい」と思われる人
 5章 想定外! 4人全員「コミュ障」だったら
   どうする?

この本から何を活かすか?

「話せていない・・・ピンチ」と思った場合。

周りに気づかれず、話しやすくする簡単な方法が
本書では紹介されていました。

それは、テーブルの下で、手を握ったり、
開いたりして「グーパー」の動作を
繰り返す方法です。

この動作が脳の血流を良くして、
前頭葉を刺激して会話に入っていける状態を
作るようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 07:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |