活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「だから女は」と言わせない最強の仕事術

満足度★★★
付箋数:23

オトバンクの上田さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

  「結論から先に申し上げます。
  仕事で何より必要な力。それは、間違いなく
  コミュニケーション力です。
  コミュニケーション力を極めることが、
  必ず仕事の成果につながります。
  これは営業職や接客業など日ごろから
  お客様と接する仕事をしている人に限りません。
  専門職で一日中パソコンの前に座っている人
  にとっても、やはりコミュニケーション力は
  欠かせないスキルです。」

コミュニケーション力というと、その人が
持って生まれた「性格」と思いがちです。

 ・あの人は社交的で、人に好かれる性格
 ・誰とでも話せる性格って得だよね
 ・私は人と話すのが苦手だから・・・

あなたは、コミュニケーション力を
このように「性格」のせいにしていませんか?

しかし、本書の著者、朝倉千恵子さんは、
コミュニケーション力を左右するのは、
「性格ではない」と断言します。

では、一体、何がコミュニケーション力を
決める要素なのか?

それは、「礼儀・礼節」。

カタチを変えるだけでコミュニケーションは
うまくいくようになり、それは何歳からでも
身につけられるスキルなのです。

実際に朝倉さん自身も30歳を過ぎてから、
表情や立ち振舞い、言葉遣いなどの
礼儀・礼節を徹底的に身につけることで、
飛躍的にコミュニケーション力を
伸ばしたといいます。

なぜ、礼儀・礼節を身につけると
コミュニケーション力が伸びるかというと、
それは相手に対する思いやりや優しさを
形にしたものだからです。

本書は「前を向く女性の努力を
結果に変える本」というサブタイトルが
ついていますが、女性だけに役立つ本では
ありません。

男女の違いを踏まえてコミュニケーション力を
伸ばすためのヒントが書かれているので、
男性が読んでも十分役に立つ本です。

  「そもそも男性と女性では身体的特徴が
  違うように、価値観や考え方、脳の構造まで
  全く違います。そのことを理解せずに、
  型にはめようとしたところで、女性たちが
  イキイキと仕事ができるようにはならず、
  結局女性の能力を活かすことができません。
  まず男性と女性の違いをしっかり認識した
  上で、それぞれの長所は活かし、
  短所は補いあっていくような関係性に
  シフトしていくべきではないでしょうか。」

本書では、女性が中心ではあるものの、
男性の上司・部下・同僚との付き合い方、
女性の上司・部下・同僚との付き合い方の
シチュエーション別に対処方法を解説します。

男性の私から見ても、朝倉さんは
「男性心理がよくわかっているなー」
と感心しました。

また、「女性って、こういう考えなのか」
という発見がいくつもありました。

特に「男性に媚びない女性の言動や仕草」や
「女性の涙」などは、多くの男性上司にとって
有益なアドバイスになると思います。

そして、職場で悩みのタネである人間関係も、
男女で使い分けたコミュニケーション力を
身につけると、かなり円滑にいくようになる
ことでしょう。

 Chapter1 仕事で何より必要な
     コミュニケーション力

 Chapter2 社内の人間と向き合う(男性編)
  ~「だから女は」と言わせない最強の仕事術~

 Chapter3 社内の人間と向き合う(女性編)
  ~女の敵は女!? 仕事で結果を出すには
  女性を味方につけろ!~

 Chapter4 お客様と向き合う
  ~押しは強いのに、しつこくない!
  最強の営業術~

 Chapter5 パートナーと向き合う
  ~「仕事と私どっちが大事?」から
  「仕事とオレどっちが大事?」の時代に~

 Chapter6 自分自身と向き合う
  ~夢は叶う! なりたい自分を鮮明に描こう~

この本から何を活かすか?

本書の最終章は自分のやりたいことを見つけ、
理想の姿を明確にするワークが掲載されています。

目の前の仕事をこなすことも大事ですが、
人生の目標を持っているかどうかが、
日々の仕事への取り組み方に影響します。

ぼやっとした夢があっても、それをどう
実現したらいいかわからない方にも、
本書の書込み式ワークは有効だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |