活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

教養バカ

満足度★★★
付箋数:24

本書のタイトルになっている「教養バカ」とは、
知識を知っているだけで、相手にかまわず、
自分本位で知識をひけらかすような人。

一見教養があるように見えますが、
話してみると「おもしろみ」に欠けます。

  「教養のある人と、教養バカの違い、
  それはずばりストーリーテラーになれるか
  どうか。教養人とは相手が興味を持つ
  ようにストーリーとして、伝えることが
  できる人です。」

言い方を変えると、教養のある人と、
教養バカの違いは、相手に「わかりやすく」
伝えることができるかどうか。

  「本書では、教養バカから、真の教養人に
  なるために、 “わかりやすさ” について
  お伝えします。
  本書は、これまでの教養本とは、
  一線を画すものになるでしょう。
  なぜなら知識を詰め込むのではなく、
  知識の伝え方をみなさんに伝授する
  ことになるからです。」

著者は、NHK Eテレ「サイエンスZERO」で
ナビゲーターを務めるなど、テレビ出演も
精力的に行こなうサイエンスライターの
竹内薫さんです。

教養のある人になる具体的な方法を
見る前に、あなたの周りいる教養バカの
7つのタイプを見てみましょう。

まずは、自分がそうなっていないかを
確認して、悪いクセがあれば、
それに気づくことが、最初の一歩となります。

  タイプ1. いつ終わるかわからない!
      長話族
  タイプ2. 正しさにこだわりすぎる!
      専門用語・連発族
  タイプ3. 「間違っちゃいけない」が生む悲劇
      メモ朗読族
  タイプ4. 一度つかまると逃げられない!
      リピート族
  タイプ5. まとめればいいというものではない!
      要するに族
  タイプ6. 「あれ? なんだっけ?」スムーズ
      だけど心に残らない! 間なし族
  タイプ7. そのマウンティングにご注意!
      高圧族

ここではタイプ名しか紹介していませんが、
それでも「そういう人いるいる」と
思えるのがいくつもありました。

教養のある人と教養バカの違いは、
相手に「わかりやすく」伝えられるかどうか
でしたが、そもそも「わかりやすい」とは
どのような状態なのでしょうか?

竹内さんが考える「わかった」状態とは、
「頭の中に『絵』が浮かび上がった」状態。

つまり、わかりやすく伝えられない人は、
相手の脳内に、なかなかうまく「絵」を
描かせることができません。

逆に、わかりやすく伝えられる人は、
相手の脳内に、すばやく「絵」を
描かせられる人なのです。

相手の脳内に上手に絵を描かせるコツは、
相手の想像力に訴える言葉で伝えること。

そのためには、「語彙力」は多いほうがいい。

語彙力が多ければ多いほど、相手にわかる
言葉で伝えたり、きめ細やかな表現が
できるようになります。

更に、思考そのものも、語彙力が多いと、
いろいろな角度からできるようになります。

本書の「わかりやすい伝え方」は、
実際に竹内さんがテレビ番組などで使って
効果があった折り紙つきの方法です。

理系の専門的な知識を文系の人にも、
わかりやすく伝えることを試行錯誤してきた
竹内さんだからこそ伝えられる方法です。

この本から何を活かすか?

本書では、「わかりやすさの王道10の技術」
が紹介されていました。

 1. 一瞬でロジカルになる! つなぎ言葉
 2. 相手を前のめりに! 脳内にハテナをつくる
 3. 言葉のミニマリズム! 一文は短く
 4. プロのプレゼンターが多用!
  とにかく、3を使え
 5. 「結論は、最初」かどうか決める
 6. 取扱注意! 二分法は伝え方の劇薬である
 7. NHKのワザ! 話すスピードは1分間300文字
 8. 結局、「準備する人」がすべて手に入れる
 9. ド忘れしても大丈夫! 最強の切り札
 10. ワンランク上の聞き方
  「つまり、こういうことですか?」

1番目の技術、つなぎ言葉として使うのは、
「たとえば」、「だから」、「つまり」、
「しかし」などです。

これらを使う時、次の言葉を話し始める
までに、ほんの少し「間」を空けるのが、
効果的に使うポイントです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |