活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123

満足度★★★
付箋数:23

私たちは、最低限、中学・高校の
合計6年間、英語の勉強をします。

その後も、仕事で英語を使うことを考え、
努力している方も多いでしょう。

しかし、「私は英語で仕事ができます」と
自信を持って言える方は、あまり多くいません。

なぜ、私たちは、努力しているにもかかわらず、
英語で仕事ができるようにならないのか?

仕事の英語パーソナルトレーナーの
河野 木綿子(こうの ゆうこ)さんは、
私たちが、「英語で話せない」10の理由を
挙げています。

  1. 圧倒的に「話す」練習が足りないから
  2. なんでもかんでも丸暗記しようとするから
  3. 日本語でも伝えたいことがはっきり
   していないから
  4. 「言い間違えてはいけない」と思って
   いるから
  5. 正解がたった1つだと思っているから
  6. 英語ができる人に頼ってしまうから
  7. 「わかり合うのに言葉はいらない」という
   ロマンに浸っているから
  8. 「なんとなくわかる」で流してしまうから
  9. 「できる方法」より「できない言い訳」
   が先に立ってしまうから
  10. 「どうして英語ではそういうの?」と
   考え込んでしまうから

私も自分の事を考えてみると、
6番や8番が思い当たります。

さて、できない理由はさておき、
覚悟を決めて本気でやらないことには、
いつまで経っても、英語で仕事が
できるようにはなりません。

では、何から始めたらいいのでしょうか?

その答えが本書の中にあります。

  「練習の成果が現れるのは、はじめてから
  だいたい3ヶ月。それまでは、1日10分でも
  いいので、話す練習を継続する行動習慣を
  作っていくことが何より大切です。
  そのために役立つ練習法、習慣術、ツールや
  使い方、そしてとっさのとき使える便利な
  フレーズや、仕事を上手に回すためのコツ
  などを、 “仕事の英語” が話せるようになる
  ためのアクションとして、123項目にわたって
  紹介します。」

本書は、仕事で英語を使うことに特化した本。

市販の英語テキストで自分の日常と
関係のない言い回しや単語よりも、
実際に日々仕事をしていることと関連がある
ことを中心に勉強を進めます。

そのために必要なのは「自分単語帳」。

ノートを1冊用意して、左ページには、
日付・単語・発音・品詞・意味を書きます。

右ページには類義語/反義語・例文を書きます。

既に英語を使う職場にいるかどうかで
違ってきますが、職場で毎日出会う単語や
言い回しをメモしておいて、帰宅してから
「自分単語帳」に書いて調べて復習します。

さらに明日使いたいフレーズなども、
調べて少しずつ足していきます。

「自分単語帳」に書いた例文は、
初め2回は例文を見ながら発話し、
その後3回は例文を見ないで、合計5回の
アウトプットで練習します。

「5回くらいで覚えられるの?」と思うかも
しれませんが、実際に職場にいる人を
当てはめてリアルにイメージして練習すると、
これくらいの回数でも忘れないそうです。

本書では英会話スクールやオンライン
英会話の活用方法や、会議やプレゼンを
英語で乗り切るヒントなども紹介しています。

河野さんが、25年間の日々の業務の中で
実践して培ってきたノウハウが
本書には詰め込まれています。

本当に仕事で英語を使わなければならない
立場に追い込まれている人には、
大きな助けになる本だと思います。

この本から何を活かすか?

 結論ファーストでもクッション言葉は必要

とかく英語では、結論を先にストレートに
言うイメージがありますが、例外もあります。

それは相手にとって精神的にショックなことを
伝えるときです。

そういう場合は、日本語で「とても残念だけど」
や「なかなか言いにくいんだけど」に当たる
クッション言葉を入れるといいようです。

  ・I'm afraid I have some rather bad news
   for you.

  ・I know this is going to be hard for you
   to take in, but...

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |