活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

第4次産業革命! 日本経済をこう変える

満足度★★★
付箋数:23

いくつかの定義はありますが、これまで
何度かの「産業革命」が起きました。

第1次産業革命では、蒸気機関などにより
機械化が進みました。

第2次産業革命では、電力により大量生産が
可能となりました。

第3次産業革命では、コンピュータによる
生産自動化が進みました。

そして、今、第4次産業革命が起ころうと
しています。

産業革命ですから、新しい産業が生まれ、
その代わりに淘汰される産業も生じます。

それによって、私たちのライフスタイル
そのものも大きく変わります。

この第4次産業革命は、受け入れるか、
受け入れないかを選択できるようなもの
ではなく、今後、必ず起きる避けられない
現実なのです。

  「第4次産業革命というチャンスを活かして
  経済活性化に結びつけるためにも、
  21世紀型の社会にふさわしい新しい仕組みを
  つくっていく必要がある。

  AIやロボットが人間の仕事をどんどん
  肩代わりするなかで、いままでとは違う
  働き方が必要になる。自動車の自動走行
  などを実現するためには、もっと自由に
  実験できるような場をつくらねばならない。
  個人情報を保護しながらビッグデータを
  有効に活用できるよう、新しい仕組みや
  ルールをつくる必要がある・・・・。

  これらもまた、構造改革である。」

構造改革といえば、小泉政権のもとで、
大きな仕事を成し遂げた竹中平蔵さん。

竹中さんは、今こそ第4次産業革命に向け、
経済社会の構造改革が必要だと感じ、
本書を執筆しました。

本書では、第4次産業革命とは、
どんな世界かという解説にとどまらず、
何をすべきかの提言まで行っています。

さて、第4次産業革命は、ドイツでは、
「インダストリー4.0」と呼ばれていて、
次の5つの要素が相互に作用し合って、
新しい産業を生み出すと考えられています。

  1. AI
  2. ロボット
  3. IoT
  4. ビッグデータ
  5. シェアリング・エコノミー

日本では、一部の産業や企業で、キラリと
光る部分もあるものの、全体としては
世界の主要国に遅れをとっています。

それも変化を嫌う様々な規制があるため、
すでに周回遅れの感があるようです。

それは規制だけでなく、私たちの頭の中に
「古い人生地図」が残っていることも
一因であると竹中さんは指摘します。

古い人生地図とは、偏差値の高い大学に入り、
大学時代はあまり勉強せずに遊び、
大企業に入社して地道に長年働く。

そうすることで退職金も年金も受け取って、
安泰した老後も過ごせるというもの。

このような古い人生地図は、既に使えなく
なっているので、考え方を切り替えなくては
なりません。

本書では、ウーバー、エアビーアンドビー、
グーグル、アマゾン、テスラモーターズなど
最先端ビジネスの具体例を挙げ、
第4次産業革命の実態を解説します。

非常にわかりやすく書かれていますから、
はじめて第4次産業革命という言葉を
聞いた人でも容易に理解できると思います。

この本から何を活かすか?

竹中さんが、第4次産業革命と日本経済強化の
ために、本書に寄せた提言は次の4つです。

  提言1. ビッグデータ整備の司令塔をつくる
  提言2. リカレント教育バウチャー制度をつくる
  提言3. フィンテックと自動走行の
     レギュラトリー・サンドボックスをつくる
  提言4. コンセッションの活用を拡大する

レギュラトリー・サンドボックスとは、
一切の規制を取り払った、ゼロベース特区の
ことです。

世界のトップを取れる可能性がある
自動車の自動運転技術に関しても、
日本企業は、規制があるために、
データの蓄積で遅れをとっています。

この分野は第4次産業革命の目玉の1つでも
あるので、何とか挽回して欲しいところです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知性の磨き方

満足度★★★
付箋数:21

齋藤孝さんは、「知性は、現代社会を
生き抜いて行く上で必要不可欠なものである」
と言っています。

なぜ、知性は必要なのか?

それは、知性がない状況を考えてみると
わかります。

  「未知の現象や未体験の事態に遭遇したとき、
  知性の乏しい人ほど慌てふためいてしまう
  ものです。その姿を客観的に眺めれば、
  天変地異や悪魔や悪霊の仕業であると思い込み、
  必要以上に恐れてきた、文明以前の人類に
  似ているかもしれません。
  ものごとに対して過度の恐怖を抱いてしまうと、
  人は、それを妄想の中で処理してしまう
  ばかりで、いつまでたっても適切な対処が
  できません。」

知性があると、このような状況になりません。

なぜなら、知性とは、困難な問題や
厳しい現実に直面したときに、その原因が
何であるかを見極める力だからです。

そして、取りうる現実的な選択肢を探り、
実際に行動を起こして、対処する力も
知性なのです。

だから、知性は「生き抜く力」なのです。

では、現代に必要な知性は、
どのようにして磨くことができるのか?

知性を磨くための唯一絶対的な方法が
あるわけではありません。

実際に、様々な知性を磨く方法があります。

しかし、本書で齋藤さんが勧めるのは、
「ロールモデル」を持つ方法です。

実在した人物が、知性を武器に困難な時代を
乗り越えたことを追体験することで、
彼らの思考や行動をケースワーク的に
学ぶことが、最も吸収効率がいいようです。

本書では、5種類の知性をその手本となる
人物と共に紹介します。

そこから自分の気質やスタイルに合った
ロールモデルを選び、知性を磨きます。

5種類の知性と、そのロールモデルは、
以下の通りです。

 1.悩みぬくことで鍛えられる知性
  夏目漱石さん

 2.激変する時代を切り裂く知性
  福澤諭吉さん

 3.肚、身体に宿る知性
  西郷隆盛さん

 4.自我を解き放つ知性
  西田幾多郎さん、

 5.探求する者がつかみとる知性
  柳田国男さん、折口信夫さん

私が、本書で注目したのは、
身体論と結びつく知性の代表として、
誰が挙げられるかという点です。

齋藤さんは、これまで多くの著作で
身体論を説いていましたから、
その実践者として誰をイメージして
いたのかを知りたかったのです。

人間の知性を司る器官はどこか?

こう訊かれれば、ほとんどの人は「脳」と
答えることでしょう。

齋藤さんはそれを否定するわけでは
ありませんが、脳とは別の部位から
発せられる知性もあると考えます。

その部位とは「ヘソの下」。

昔から行動力がある人や、危機に際して
怯まない人のことを「胆力がある」とか、
「肝の太い人」と表現することがあります。

肝とは、ヘソの下にある「臍下丹田」の
ことを指します。

その肚ができている代表として、
齋藤さんが本書で紹介しているのが、
明治維新の英雄、西郷隆盛さんでした。

自分の利害にこだわらない、
誰よりも大きな肚を持った西郷さん。

その胆力は、儒学者・佐藤一斎さんが
著した『言志四録』を繰り返し読み、
血肉化することで培われたようです。

本書では、西郷さんのように、
臍下丹田に気を集中させて、
身体性を持って考え、行動することが
勧められていました。

この本から何を活かすか?

  知性は「理解」することで駆動する。

この理解には、分析的理解と直感的理解の
2種類あります。

分析的理解は、頭で考えてわかる理解です。

一方、直感的理解とは、相手になりきり、
自分の感性をフル稼働させる「憑依型」の
理解です。

どちらの理解のタイプに合うかは、
その人の生得的な気質に左右されるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか

満足度★★★
付箋数:22

左右社の樋口さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

本書は次のような「妻」にオススメです。

  □ 夫と一緒にいるとイライラする
  □ 夫がしとほしいことをしてくれない
  □ 夫がなかなか話しを聞いてくれない
  □ 夫にも家事・育児をしてもらいたい
  □ 夫の借金グセや無駄遣いが気になる
  □ 嫁姑問題で夫が助けてくれない
  □ 夫の親の介護のことで悩んでいる
  □ 夫と一緒に生きていく自信がない

また、次のような「夫」にもオススメです。

  □ 妻がなぜ不機嫌なのかわからない
  □ 妻からの小言が苦痛でしょうがない
  □ 妻が恐ろしいので帰宅したくない
  □ 妻と子どもの教育のことでぶつかる
  □ 妻が実家に帰ってしまった
  □ 妻から「離婚して欲しい」と言われた
  □ 「うちは問題ない」と思っている
  □ 老後も妻と一緒に生活したい

相手と過ごす時間が長くなればなるほど、
相手のことがよくわかるようになりそうな
ものですが、夫婦に関しては不思議と
その逆の現象が起こります。

夫婦では、関係が長くなるにつれ、
相容れないことが浮き彫りになり、
相手のことがどんどんわからなくなります。

もっと状況が進むと、相手のことを理解
したいとも思えず、一緒にいること自体が
苦痛になってきます。

そなれば、子どもの問題を除くと、
気持ちは離婚へ向けて一直線。

本書は、そうならないために夫婦が
あらかじめお互いの違いについて、
よく知っておくための本です。

  「本書を読むことで、 “夫婦という絆” に
  ハメられた夫や妻が陥りやすい “罠” を
  理解することができるでしょう。
  現在、罠にハマっている人は、そこから
   “抜け出すヒント” を得ることができます。
  また、まだ罠にハマっていない人は、
  事前にその仕掛けを知ることによって、
  罠を回避することができ、
  よけいな衝突をせずにすみます。
  夫婦関係は “相手を知り、ちょっとしたコツ
  さえつかめば、うまく機能していく” ことを
  多くの人に知っていただきたいのです。」

本書の著者は、これまで7000件以上の夫婦に
アドバイスしてきた「夫婦問題カウンセラー」
の高草木陽光さん。

これまで「ホンマでっか!?TV」「教訓のススメ」
「モーニングショー」などのテレビ番組をはじめ、
多くのメディアに夫婦問題の専門家として
登場して活躍している方です。

本書では、夫と妻の考えはこんなにも
違うのかと思える、38項目を挙げ、
その対処方法をアドバイスします。

  夫は、信頼してほしい
  妻は、心配してほしい

  夫は、目的があるから買いに行く
  妻は、目的がなくても買いに行く

  夫は、時速10キロで父親になる
  妻は、時速100キロで母親になる

  夫は、ハッキリ言ってほしい
  妻は、本心を読み取ってほしい

  夫は、安心で浮気する
  妻は、不満で浮気する

  夫は、鈍感すぎる
  妻は、敏感すぎる

結婚した当初は恋愛感情があるので、
あまり表面化していませんが、
これだけの違いがあれば、夫婦間の溝が
深くなるのも無理はありません。

「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」

すでに結婚している人も、これからの人も
手遅れになる前に、考え方の違いを
知っておいて損はありません。

個人的には、相手のことを理解して、
この違いを乗り越えるのに必要なものは、
「愛情」よりも「尊敬」だと思います。

この本から何を活かすか?

なぜ、妻は「着ていく服がない」と
つぶやくのか?

よく耳にするこのセリフ。

私は長いあいだ不思議に思っていましたが、
本書を読んで、はじめて理解できました。

  「女性代表として “着ていく洋服がない”
  という言葉を正しく翻訳させていただくと、
   “いま着たい洋服がない”  “何を着ていったら
  いいか悩む” という意味だと理解して
  いただければと思います。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経済は地理から学べ!

満足度★★★
付箋数:21

  「地理は、学ぶ分野が多岐にわたりすぎ
  ていて、一体何を学ぶかが見えにくい科目
  といえます。
  そのため、 “地理って、平野とか、都市の
  名前を暗記する科目でしょ?” という偏見を
  持たれやすいのです。
  しかし、1つひとつ学んでいくことで
  知識がつながり、世の中が、
  そして現代世界が見えてきます。
  これが、私が “地理は地球上の理である” 
  と思うゆえんです。」

地理は英語で「Geography」と言いますが、
これはラテン語の「Geo(地域)」と
「Graphia(描く)」からなる合成語と
言われているようです。

理(ことわり)とは、物事の道理。

地理は、なぜ、地球上の理を表しているか
というと、そこには人間の欲望が反映して
いるからです。

地球上には、限られたモノがあります。

その代表は、「土地」と「資源」。

この限られた土地と資源を奪い合うことが
経済を作ります。

土地の構造や資源の分布を学ぶ学問が
地理であり、その奪い合いを知ることで、
経済についても知ることができるのです。

  「地理を学ぶことで、土地と資源の
  奪い合いで示されている人間の行動に、
  より深い解釈を加えることが可能です。
  本書は、 “立地”  “資源”  “貿易”
   “人口”  “文化” という5つの切り口から、
  今と、そして未来をつかむための視点を
  提供します。」

本書の著者は、代々木ゼミナール講師で
「東大地理」の授業を担当する宮路秀作さん。

資源の奪い合いで考えると、
「水」はかなり貴重な資源です。

日本のように国土全体で水道水が安全に
飲める国は、世界中でわずか15ヶ国しか
ありません。

地球上にある約14億立方キロメートルの
水もその97.5%が海水です。

残り2.5%の陸水の中にも、氷雪や氷河が
大半を占めますから、生活用水として
利用できる河川水は、そのうち0.006%
しかありません。

この僅かな量の水を70億の人々が
奪い合っているのです。

この意味で、水道水が飲める日本は、
水資源が豊富な「資源大国」と言える
ようです。

本書では、「教養としての大人の地理」
といた内容の講義が行われています。

  序章 経済をつかむ「地理の視点」
  第1章 立地 地の利で読み解く経済戦略
  第2章 資源 資源大国は声が大きい
  第3章 貿易 世界中で行われている
    「駆け引き」とは?
  第4章 人口 未来予測の最強ファクター
  第5章 文化 衣食住の地域性はなぜ
    成り立つのか?
  特別付録 「背景がわかれば、統計は面白い」

本書が、『経済は地理から学べ!』という
タイトルになったのは理由があります。

それは、2013年11月に刊行された、
駿台予備世界史講師、茂木誠さんの
経済は世界史から学べ!』があったから。

シリーズと呼べるかどうかは微妙ですが、
同じダイヤモンド社からの刊行なので、
このタイトルになったのでしょう。

今後も、予備校講師を著者とする本が
シリーズとして刊行されるかもしれません。

この本から何を活かすか?

先進国の輸出統計には特徴があり、
多くの国が「1位機械類、2位自動車」と
なっています。

日本やアメリカ、ドイツなどはその典型。

では、先進国の中で、「1位機械類、2位自動車」
になっていない国はどこか?

実は輸出統計1位・2位を見てみると、
その国がとっている独自の戦略がわかります。

中国は輸出2位が「衣類」になっています。

衣類は労働集約型の産業で、
多くの労働力を必要とします。

更に、中国は綿花の生産が世界最大。

  「人がいる! 原材料(綿花)がある!」

というのが、中国が綿糸や綿織物の生産量が
世界最大となっている背景のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10年後、君に仕事はあるのか?

満足度★★★
付箋数:23

今の中高生が、これから歩む人生は、
親世代がこれまで歩んできた人生とは
以下の3つの理由により大きく違います。

1つ目は、親が体験した「標準的な人生モデル」
は追求できないこと。

2つ目は、親が過ごしてきた時代と違って、
ネットにつながった世界が広がっていること。

3つ目は、人生の長さ(ライフスパン)が、
かなり長くなること。

こうした今までの常識が通用しない
不確かな時代に、今の中高生はどんなチカラを
身につけていったらいいのか?

  「この本には、僕が現在務める奈良市立
  一条高校で、機会あるごとに生徒や先生、
  そして主に40代、50代の保護者の方たちに
  語りかけている10年後(2020年代)の
  近未来の姿とその対処方法をキッチリ
  盛り込んでおきました。」

本書の著者は、元リクルート社フェローで、
教育改革実践家の藤原和博さん。

本書で藤原さんは、「10年後の世界は
どうなっているのか?」、「不確かな未来を
生き抜くために、どんな力を身につける
べきなのか?」などの問いに答えます。

こらからの時代に必要なのは「雇われる力」
(エンプロイアビリティ)です。

これは組織に雇われるだけでなく、
店を開業したり、独立や起業したり、
あるいはボランティアを行う場合でも、
どんな仕事をする時にも必要となる力です。

このエンプロイアビリティは次の3つの力で
構成されます。

 1. 基礎的人間力

  体力、忍耐力、精神力、集中力、持久力・・・

  最も土台となる力で、家庭教育、学校での
  人間関係、旅やバイトなどさまざまな体験を
  通じて培われます。

 2. 情報処理力

  国数社理英、体育、芸術、家庭、情報

  これは従来の狭い意味での基礎学力のことで、
  多くのことを覚えて、必要に応じて思い出し、
  1人で早く正確に処理できるかを示す力です。

 3. 情報編集力

  コミュニケーション、ロジカルシンキング、
  シミュレーション、ロールプレイ、
  プレゼンテーションの5つのリテラシーから
  構成されます。

  この力こそが、これからの時代、
  最も必要とされる、正解がないか、
  正解が1つではない問題を解決する力です。

ちなみに、従来の暗記による勉強が
一切いらなくなったり、学力を測る偏差値が
必要なくなるというのは、幻想に過ぎません。

これ一辺倒ではダメですが、まったく必要
なくなるわけではありません。

あくまで、基礎的人間力、情報処理力、
情報編集力の3つのバランスが大切なのです。

また藤原さんは、情報処理力と情報編集力を
次のように例えて説明しています。

  「情報処理力は “ジグソーパズル” を
  やるときの力に例えることができ、
  情報編集力は “レゴ” をやるときの力に
  例えるのがピッタリなんです。」

ジグソーパズルは正解主義でレゴは修正主義
のゲームであるとも説明されています。

また、基礎的人間力のベースとなる「人柄」
を高めるためには、「挨拶ができること」、
「約束を守ること」、「人の話が聴けること」
の3つが大切であるとも述べられていました。

ですから、2020年代以降を生き抜くためにも、
従来の学校教育で大切にされていたことを
完全に否定してはいけないのです。

本書は、中高生もわかる言葉で書かれて
いますから、親子で一緒に読みたい本です。

この本から何を活かすか?

本書の最後には、親から見た場合の
「子育て三原則」が紹介されていました。

  1. 10歳までは思い切り遊ばせる
  2. 海外を経験させる
  3. 「面倒なほう、厳しい道、よりタフな状況」
   を選ばせる

この「子育て三原則」は情報編集力を鍛えます。

「可愛い子には旅をさせよ」が、未来社会にも
通用する名言であるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

満足度★★★
付箋数:22

  「睡眠は人生の隠し味だ。
  人間の身体は非常によくできていて、
  睡眠を利用してありとあらゆる機能を
  向上させる。コンセントから充電しなくても
  身体をいたわって身体が必要とする
  睡眠をとれば、再び元気になる。
  眠りの世界を迂回しては、成功へと通じる
  道には決してたどり着かない。
  最高の自分になるためには睡眠が必要だ。
  どんな薬を飲んでも、どんな策を使っても、
  この事実は絶対に変わらない。」

原題『Sleep Smarter』。

本書は、睡眠の質を改善する21の方法を
紹介する本です。

著者は、アメリカ国内の健康部門の
ポッドキャストで、人気No.1の番組を配信する
ショーン・スティーブンソンさん。

肩書は個人・企業向けの健康アドバイザーです。

スティーブンソンさんのバックボーンは、
医師や科学者ではないので、1つの1つの
睡眠改善策について、深く掘り下げて
科学的な説明をしているわけではありません。

どちらかと言うと、ノウハウを広く浅く
集めた本という印象があります。

しかし、一般の人が納得するには十分な
説明があり、何より具体的なTIPSとして、
改善行動がまとめられていますから、
非常に実践しやすい本だと言えます。

これだけ色々な角度から睡眠の改善策に
ついて語った本は少ないでしょう。

  第1章 睡眠は人生のすべてを左右する
  第2章 睡眠ホルモンを自らつくりだす
  第3章 電子機器の使い方を見直す
  第4章 カフェインの門限は午後2時
  第5章 体深部の温度を下げる
  第6章 午後10時?午前2時のあいだに眠る
  第7章 腸内環境を整える
  第8章 最良の寝室をつくる
  第9章 夜の生活を充実させる
  第10章 あらゆる光を遮断する
  第11章 熟睡したいなら運動するしかない
  第12章 寝室にスマホを持ち込まない
  第13章 余分な脂肪を落とす
  第14章 快眠をもたらす最高の飲酒法
  第15章 最高の睡眠は寝るときの姿勢で決まる
  第16章 睡眠のためのマインドフルネス入門
  第17章 サプリは本当に必要か
  第18章 早起きで脳の働きを最大化する
  第19章 マッサージは睡眠に効く
  第20章 最高のパジャマはこれだ
  第21章 身体を自然に触れさせる

私自身は、早寝早起きが実践できていて、
かなり快適な睡眠ができている方だと思います。

睡眠時間は毎日6時間程度ですから、
決して長い方ではありません。

しかし、朝はスッキリと目覚め、
前日の疲れが残っていることはありません。

夜の寝つきは異常なほど良く、横になってから、
長くても3分以内には眠りに落ちます。

本書を読むと、なぜ、自分が快適な睡眠を
取れているのかがよくわかりました。

知らず知らずのうちに、本書の改善方法を
取り入れていたようです。

  「日中に太陽光を浴びることがよりよい
  睡眠を促すことについて説明したが、
  もっと言えば、早起きすることで、
  夜ぐっする眠れる身体になる。」

快適な睡眠の第一歩は、朝起きることから
始まります。

「早起き」を起点に生活していることが、
私自身、快適に睡眠できている一番大きな
理由だと思います。

この本から何を活かすか?

  「ただ寝るだけのためにわざわざ着替える人が
  大半を占めるのだから、人間は特異な生き物だ。
  ベッドに入るときの衣装であるパジャマは、
   “快適” の代名詞の一つだとも言える。
   “パジャマ” と口にして、心地よい気分に
  ならない人はたぶんいないだろう。」

男性にとってベストなパジャマは、
トランクス、ゆったりしたパジャマズボン、
ジャージなど。

上も着たい人はごく一般的なTシャツ。

裸でもいいようです。

男性が避けたいのは、睾丸を締め付ける
下着で寝ること。

締め付けが強いと、正常な温度で拡張や
収縮ができず、快適な睡眠の妨げに
なるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インビジブル・インフルエンス 決断させる力

満足度★★★★
付箋数:24

あなたは、昨日のランチに何を食べましたか?
そして、それを選んだのは誰でしょうか?

何を食べるか、あるいは食べないかは、
当然、「自分」で決断したと思っている人が
多いことでしょう。

しかし、私たちの日々の選択や決断は、
実は自分で気がついていないだけで、
あらゆる場面において「他人」からの影響を
受けています。

この他人から受ける影響のことを
「社会的影響力」と言います。

しかも、他の人が社会的影響力を
受けていることは見えても、
自分のこととなるとそれが見えません。

そのため本書では、見えない影響力、
「インビジブル・インフルエンス」と
呼んでいます。

  「私たちの決断は、99.9%までが他人に
  よって方向づけられており、むしろ他人の
  影響を受けない意思決定や行動を見つける
  ほうがむずかしい。」

本書の著者は、ペンシルベニア大学
ウォートン・スクールのマーケティング
准教授、ジョーナ・バーガーさん。

バーガーさんは、本書で、私たちの行動が
知らず知らずに他人から影響を受けている
決断のメカニズムを明らかにします。

では、私たちは、一体、他人からどのような
影響を受けているのでしょうか?

実は影響する方向は、いくつかあります。

1つ目は、他人に同調する「模倣」の傾向。

私たちは、自分では気づいていなくても、
周囲にいる人の行動を、絶えず、自動的に
写しとって同じことをしています。

それは他人を情報源として利用すれば、
自分の時間と労力が節約できることが
本能的にわかっているからです。

2つ目は、あえて他人と違うものを選ぶ
「差別化」の傾向。

これは、自分は違う、特別なのだと
思いたいことの現れです。

その選択が人のアイデンティティを示す
シグナルになるときに、他人とは違うものを
選びたくなるのです。

3つ目は、反対方向の「模倣」と「差別化」が
組み合わさって、「ほどよく違っている」ことが
好まれる傾向。

人には、親しみの感覚に心地よさを覚える
一方で、同時に目新しさを求める矛盾した
気持ちもあります。

この「ほどよい違い」がヒット商品を生む
ときの秘訣になっています。

4つ目は、他人が与える「モチベーション」
への影響。

まわりに誰かがいることがパフォーマンスを
上げる場合と下げる場合があります。

他者の存在が助けになるか邪魔になるかは、
取り組む課題の複雑さに左右されます。

簡単な課題の場合は、パフォーマンスが
上がり、むずかしい課題の場合は、
パフォーマンスが下がってしまうのです。

また、競争や勝負事では、
自分が遅れをとっている、あるいは負けている
と思うことで、モチベーションは上がります。

ただし、この場合「どの程度」負けているかが
極めて重要です。

頑張れば逆転できる程度の遅れは、
モチベーションを上げ、逆転不可能だと
思える程度の遅れは、モチベーションを
下げてしまいます。

これはサッカーの試合で、前半終了時点で
1点差で負けていたチームの方が、
最後には勝ちやすい(勝確率つ8%上昇)
傾向にも表れています。

本書で示される社会的影響力は、いずれも
何となくそんな傾向はあるのかなと思っていた
ことですが、それが科学的に証明されていて、
非常に興味深く読むことができます。

この本から何を活かすか?

なぜ、トップアスリートはきょうだいの
二番目以降であることが多いのか?

一般的には、年上のきょうだいが
練習相手やライバルになっているからだと、
よく言われます。

もちろん、それは大きな理由の1つです。

本書でバーガーさんが挙げる理由は、
社会的影響力によって「模倣」と「差別化」の
両方が促進されるから。

模倣によって、上のきょうだいと同じ道に
進むことがある一方、あえて別の道を選ぶ
差別化も起こりやすい。

どちらに進むにせよ、きょうだいは常に
比較されるので、社会的影響力を大きく
受けやすい環境にあります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勝負論

満足度★★★
付箋数:21

  「先に断っておきますが、この本で語る
  勝負論は “勝利至上主義” に立脚したもの
  ではありません。何事も勝たないと
  気がすまないという姿勢は、悪いとは
  言いませんが、戦わなくてもいい勝負で
  時間や労力を消耗したり、無駄に敵を
  つくったりすることは必ずしも褒められた
  ことではないからです。
  私が勝負論で最も重視し、実際にいままでの
  人生で実践してきたのは “それが勝負するに
  値するかどうか” という基本に立ち返った
  目線を忘れないことです。」

勝負で大切なことは、「なぜ戦うのか」
という戦う目的を忘れないこと。

この基本に立ち返ることを竹中平蔵さんは、
「Back to Basic」と表現しています。

本書は、小泉政権の郵政民営化において
反対勢力と壮絶な戦いを繰り返した
元大臣の竹中平蔵さんが語る勝負論です。

2016年8月18日に行われた外為どっとコムの
セミナー『勝負論』を書籍化したもの。

竹中さんは、外為どっとコム総合研究所の
首席研究理事として、このセミナーの
講師を務めています。

世間から激しい批判を受けながらも
竹中さんが一貫して取り組んできテーマが、
「健全な競争社会の実現」ですから、
勝負論を語る講師として適任だと思います。

さて、勝負において大切なのは、
時機の見極めと、勝つための準備です。

  「チャンスを待て。だが決して時を待つな」

これは18世紀のドイツの詩人、
ヴィルヘルム・ミュラーさんの言葉。

勝負においてタイミングは極めて重要で、
小沢一郎さんの「日本改造計画」は、
時期尚早だったために、実現できなかった
と竹中さんは指摘しています。

また、勝つための準備として必要なことは、
ゴールから逆算した戦略を練ること。

本書では、政治の世界でよく見かける
7つの戦略が紹介されていました。

 1. 「戦わずして勝つ」
   孫子の兵法の基本中の基本

 2. 「自分の土俵で戦う」
   勝負の舞台を自分の得意なフィールドに
   持ち込むのが常勝の秘訣

 3. 「先手必勝か後出しジャンケンか」
   first mover's advantageは世界共通の戦略
   勝負が長引く場合は後出しジャンケン

 4. 「勝ち馬に乗るか、勝ち馬になるか」
   早い段階で自分を勝ち馬に見せる

 5. 「流れを作るための
  アーリー・スモール・サクセス」
   初期段階の小さな成功実績で期待を集める

 6. 「長期政権のためのロング・サクセス」
   抜本的な改革や創造的な改革

 7. 「ストラテジック・アンビギュイティ」
   意図的に自体を曖昧にする戦略的曖昧性

この中で、いかにも政治的だなと思ったのが、
最後のストラテジック・アンビギュイティです。

この戦略の目的は2つあります。

1つ目は、曖昧さを残すことで、
勝負のタイミングをコントロールすること。

2つ目は、立場を曖昧にすることで、
相手の戦略を立てづらくすること。

実際にこの戦略を意図的に使えるのは、
かなり熟練の勝負師だと思います。

本書は、もともとセミナーがベースになって
いるので非常に読みやすい本でした。

竹中さんの自分のこれまでの経験を
若い世代に伝え、世界で勝負できる人材を
育てたいという情熱が伝わってきました。

この本から何を活かすか?

自分の思考の枠を取り払って俯瞰力を
鍛える方法が、本書で紹介されていました。

それは、「積極的な自分への問いかけ」。

私たちの行動は、自分への問いかけが
起点になっていることが多いようです。

つまり、どのような問いかけを自分にするか
によって、自分の行動も変わるのです。

自分の中で「なぜ?」を繰り返すことが、
物事を多面的に見ることになり、
勝負で大切な「Back to Basic」にも
つながるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業”するな

満足度★★★
付箋数:23

本書はタイトルにある通り、「20代」の
働き方について書かれた本です。

著者は、電通、ボスコン、A.T.カーニーを
経て、組織開発を専門とするヘイグループで
シニア・クライアント・パートナーを務める
山口周さんです。

なぜ、20代でない私が本書を手にしたか
というと、過去に読んだ山口さんの本が
いずれもハズレがなかったからです。

 『外資系コンサルのスライド作成術
 『外資系コンサルの知的生産術
 『読書を仕事につなげる技術

さて、本書の「20代は “残業” するな」という
タイトルには、山口さんのどのような真意が
込められているのでしょうか?

  「 “残業する” というのは実にラクな逃げ道
  ですよね。なぜかというと結果的に成果が
  出なくても “でも、一生懸命やっているんです” 
  と言えますから。おそらく周囲も同情して
  くれるでしょうし、上司の評価も甘くなる
  でしょう。しかし、そういう “努力はしている
  けど成果は出せない” という人が多くなると、
  人件費が増えるばかりで価値は生まれない
  という最悪の状況に、会社も社会も陥ることに
  なります。」

山口さんが言っているのは、
「残業に逃げずに、結果にこだわれ」
ということです。

ところで、世の中には本当に残業せずに、
しっかりと結果を出しいる人たちがいます。

そういう人は、一体、何がちがうのでしょうか?

  「人生を変えたければ、何よりもまず、
  時間配分を変えなければなりません。
  (中略)
  彼らは重要な仕事だけに絞り込んで
  労力を集中し、他をスパッと切り落として
  いるからこそ、あれだけの豊かさを手に
  入れているのです。」

山口さんは仕事には、「スジの良い仕事」と
「スジの悪い仕事」の2種類があると言います。

いくら時間をかけて仕事をしても、
それが「スジの悪い仕事」なら、
結果も出ず、徒労感だけが残ります。

それに対して、「スジの良い仕事」は、
一生懸命取り組むことによって、
自分の人生の豊かさが増していきます。

仕事の時間配分を考えるときに、如何にして
スジの良し悪しを見極めるかがポイント。

その仕事が「スジの良い仕事」かどうかを
見極める着眼点は2つあります。

それは「成長につながるか」と
「評価につながるか」です。

理想は、組織内での評価につながる仕事で、
かつ、自分の成長にもつながる仕事です。

しかし、両方は無理でも、どちらか一方に
該当すれば、それは「スジの良い仕事」です。

反対にこの2つのどちらにも該当しない場合は、
それは「スジの悪い仕事」です。

もし「スジの悪い仕事」を依頼されたら、
できるだけ引き受けない、もしくは
引き受けても60%くらいの力でやり過ごす
ことが必要なのです。

「スジの悪い仕事」を何も考えずに
引き受けることも、漫然と残業することと
同じく、成長を妨げる「逃げ道」に
なってしまいます。

本書で山口さんがアドバイスするのは、
単純な仕事術ではなく、もっと大きな視点の
人生戦略です。

20代は「種をまく時期」で、この時期に、
焦って「刈り取り」に執着しすぎると、
将来的な収穫力に悪影響を及ぼすという
考えには、激しく同意します。

最後に本書に興味がある20代の方には、
ロバート・ルイス・スティーヴンソンさんの
名言を贈りたいと思います。

  Don’t judge each day by the harvest
  you reap but by the seeds that you plant.
  (毎日をその日の収穫高で判断せずに、
  まいた種で判断しなさい)

この本から何を活かすか?

山口さんは、世の中を変えるには、
2つのアプローチがあると言います。

1つは「外側からでかいハンマーでぶっ壊す」
方法で、毛沢東さんやレーニンさんが
採用したアプローチ。

もう1つは、「システムの中央制御室に入り、
強制終了ボタンを押す」方法で、
ゴルバチョフさんが採ったアプローチ。

これは企業を変えるアプローチも同じで、
山口さんが勧めるのは「後者」です。

なぜなら、前者は多くの人がトライして、
討ち死にしているからです。

本書は、確実に変革を成し遂げる
「企業内革命家」を育てる目的で
書かれています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一流のMC力

満足度★★★
付箋数:21

最近テレビを見ていると、以前は「司会者」と
呼ばれていた人が、「MC」と呼ばれている
ことが多くなっています。

MCとは、マスター・オブ・セレモニーの略称。

なぜ、司会者と呼ばずに、MCと呼ぶように
なったのでしょうか?

そもそも、司会者とMCでは役割が違います。

司会者とは、台本通りに番組を進める人。

これに対してMCとは、出演者たちの個性を
尊重して、その能力を引き出しながらも
番組の進行をコントロールする人。

最近のテレビ番組では、台本通り進める
司会者よりも、その場の空気を読み、
ハプニングや暴走を受け止めながらも、
番組を進めるMCが求められているのです。

  「最近は、明日何が起こるかわからない
  世のなかですから、飛び抜けた能力を持つ
  ひとりの天才型リーダーが率いるチーム
  よりも、個々の能力を最大限に引き出す
  MC型リーダーが率いるチームのほうが
  すごい結果をもたらすと思います。」

本書は、日本テレビで「ZIP!」、
「スッキリ!!」、「シューイチ」などの
看板番組を育てた敏腕プロデューサー
三枝孝臣さんが、「一流のMC力」について
語った本です。

テレビ番組でMC力が重宝されるのは
わかりますが、ビジネスでMC力があると、
一体、どんなメリットがあるのでしょうか?

  「ひとことでいうなら、あなたの夢を
  かなえるためのチャンスが手に入る!」

MC力は、テレビの世界だけのスキル
ではなく、ビジネスにも、プライベートでも
役に立つスキルなのです。

例えば、MC力があると、次の段階を経て、
大きなチャンスを掴むことができるようです。

  ステップ1 上司に「こいつがいると仕事が
       ラクだな」と思われる。
  ステップ2 会議やプロジェクトの進行役
       として重宝される。
  ステップ3 顔も売れて、いい意味で社内で
       目立つようになる。
  ステップ4 別の部署からも声をかけられる
       ようになる。
  ステップ5 大きなプロジェクトのメンバーに
       抜擢される。

このような順番で、あなたが夢をかなえる
チャンスが巡ってくるのです。

では、MC力と一言でいっていますが、
それはどのような能力から構成されるのか?

三枝さんは、テレビで活躍する
一流のMCたちのスキルを分析して、
次の4つの共通点があることを発見しました。

  1. チャンスをつかむための「ギャップ力」
  2. 誰からも好かれる「間抜け力」
  3. どんな状況でも前に進める「現場対応力」
  4. メンバーの能力を引き出す「聴く力」

本書では、この4つの力を磨きMC力を高め、
誰からも必要とされる不動のポジションを
手に入れる方法を解説します。

事例として紹介されるのは、
やはりテレビで実際に活躍するMCの方々。

なぜ、加藤浩次さんや中山秀征さんは
MCに選ばれているのか?

テレビに引っ張りだこの、有吉弘行さん、
マツコ・デラックスさん、林修さんの
共通点は何か?

こうした話題で読者を惹きつけながらも、
MC力をビジネスで活かす方法を解説します。

途中で考えながら読むための練習問題も
掲載されていますから、最後まで飽きずに
読むことができます。

この本から何を活かすか?

 問題 あなたはバラエティ番組のADです。
    もしお弁当の予算が1000円から800円
    になったらどうする?

テレビ業界には、「伸びるADは弁当の発注が
すごい!」という都市伝説があるそうです。

残念なADは、前回評判がよかったからと、
毎回同じ弁当を頼みます。

これに対して伸びるADは、状況によって
異なる弁当を発注します。

ロケとスタジオ、寒い暑いなどの環境の
違いを感じながら、バランス感覚をもって
弁当を発注するそうです。

さて、問題の答えですが、実際に三枝さんが
駆け出し時代にやっていたことが例として
2つ紹介されていました。

  「お弁当屋さんと仲良くなって、予算内で
  お茶をつける交渉をする。」

  「日テレがお願いしたことのなかった
  お弁当屋さんを新規開拓する。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会議術・ファシリテーション | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA

満足度★★★
付箋数:22

  「孫社長が言ってくることは無茶ぶりばかりで、
  常人の思考ではとてもついていけない。
  でも、孫社長は、実は誰もが無理だと思う
  ことをやっている。
  それなら、孫社長の仕事のやり方を徹底的に
  分析して、それを自分の仕事術にすればいい。」

三木雄信さんは、25歳の時に三菱地所から
ソフトバンクに転職して、孫正義さんと一緒に
働く機会を得ました。

その当時、三木さんは、孫さんの仕事ぶりを
観察して、次のような特徴があることを
発見しました。

  ・「目標へのこだわり」が異常に強い
  ・目標を達成するために「ありとあらゆる方法」
   を試している
  ・「数字で厳密に」試した方法を検証している
  ・「常にいい方法」がないかと探っている

これは、まさにPDCAを回していることに
他なりません。

しかし、通常のPDCAと少しだけ違います。

孫さんのPDCAは、通常のPDCAと
一体、どこが違うのでしょうか?

違うポイントは4つあります。

1つ目は、大きな目標と小さな目標を
持っていること。

2つ目は、複数の施策を同時に行うこと。

3つ目は、結果を毎日検証すること。

4つ目は、複数試した中から、一番効果の
あった方法に絞り、集中させること。

つまり、孫さんのPDCAは最初から
一つの正解を見つけようとするのではなく、
可能性のある施策に同時に取り組むことで、
最適解を見つけているのです。

ある意味、失敗を前提とした仕組みづくりに
なっています。

この方法を、本書では「高速PDCA」と呼びます。

改めて、高速PDCAの手順をまとめると、
次の8つのステップとなります。

  1. 大きな目標を立てる(週、月単位など)
  2. 小さな目標を立てる(1日が原則)
  3. 目標達成に有効な方法をリストアップする
  4. 期間を決めて、すべての方法を同時に試す
  5. 毎日、目標と結果の違いを検証する
  6. 検証をもとに、毎日改善する
  7. 一番すぐれた方法を明らかにする
  8. 一番すぐれた方法を磨き上げる

私は、このステップの中で、一番ポイントに
なるのは4番目のステップだと思いました。

なぜなら、すべての方法を同時に試すので、
当然、失敗することの方が多くなるからです。

8番目のステップに来るまで際立った成果が
出ないので、単に「失敗が多い」と見られて
しまう可能性があります。

組織の中でこの「高速PDCA」を回す場合は、
一定期間マイナスになることも想定して、
予め合意をとっておく必要があると思います。

そうしないと、結果が出る前に更迭される
ことも十分考えられるでしょう。

ソフトバンクの歴史を振り返ってみると、
最初は先行投資による赤字が膨らみますが、
数を押さえた後に、爆発的に利益を伸ばす
パターンが多いことがわかります。

「Yahoo!BB」でADSL事業へ参入した頃の
ソフトバンクは、2001年から2004年まで
4期連続で1000億円程の損失を出していました。

これが、あらゆる方法を同時に試していた
時期に当たります。

そして5年目で、確実に利益を出せる
「いちばんいい方法」だけに切り替えて、
黒字転換します。

その後は、その「いちばんいい方法」に
磨きをかけて急成長を遂げました。

本書では、そんなソフトバンクでの経験を
振り返りながら「高速PDCA」について、
具体的な使い方を解説します。

ソフトバンク流の「高速PDCA」は、
なかなか興味深い方法です。

ただ、個人的には少し前に紹介した
冨田和成さんの『鬼速PDCA』の方が、
実践しやすいように思えました。

この本から何を活かすか?

本書では「上手に人の力を借りるコツ」が
紹介されていました。

  ・話を聞く前に、本を読んでおく
  ・良い質問を用意しておく
  ・ビジョンを語る

特に孫さんの周りに、手を貸してくれる人が
集まってくるのは、孫さんが常にビジョンを
大々的に語っているからだと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 08:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第二印象で取り戻せ 「挽回」の心理学

満足度★★★
付箋数:20

  「好ましい第一印象を与えることは、
  非常に重要である。出会った瞬間に
   “こいついいヤツだな” とか
   “とても気持ちのいい人だな” と相手に
  感じさせることができるなら、
  それに越したことはない。
  しかし、現実的な観点からいえば、
  そんなにすぐに自分の魅力を相手に
  わかってもらうことは、到底不可能である。
  外見も性格も、すべてがパーフェクトな
  人間など、この世にいるはずがない。
  探せばいるのかもしれないが、
  ごく少数であろう。
  そのため、大半の人にとっては、
  第一印象で勝負するというよりは、
  どうしても第二印象で勝負せざるを
  得ないということになる。」

第一印象が、良くないのはデメリットだけ
ではありません。

第一印象のいい人は、期待値が高いので、
ちょっとでもイマイチなことがあると、
残念な人だったと評価されることも
あります。

それに対して、第一印象が良くない人は、
ちょっとでも親切なことをすると、
「見かけによらず意外といい人だった」
とプラスの評価を受けることもあります。

これを心理学では「ゲイン・ロス効果」
と呼びます。

本書は、第一印象ではなく「第二印象」を
良くする心理テクニックをまとめた本です。

著者は、心理学者で一般向けの著書も
数多く執筆している内藤誼人さん。

人は「見た目が9割」とも言われますが、
内藤さんは、第一印象だけで、
すべてが決まることなど決してないと
主張します。

それは、私たちの脳には、とても柔軟な
「可塑性」と呼ばれる特徴があるから。

いったん脳に印象が刻まれたからと
いって、それが固定化されることは
ないということです。

一度、好きだと思ったものが、嫌いに
なることもあるし、嫌いだと思ったものが、
好きになることもあります。

私たちの脳は、そんな柔軟性を
備えているのです。

第一印象は「見た目」が重視されますが、
第二印象では「性格」が勝負になります。

オーストラリアの心理学者の調査によると、
長期的な付き合いでは、「マジメさ」、
「快活さ」、「優しさ」などの性格が
重視されていることがわかっています。

 「マジメなだけの人って・・・」
 「優しいだけの男って・・・」
 「ただ明るいだけじゃ・・・」

などど、あまり魅力がないように
言われることもありますが、現実的には、
マジメで、明るく、優しい人が好まれて
いるのです。

  第1章 第一印象の悪さなど、
     怖くもなんともない!!
  第2章 悪すぎる第一印象を逆手にとる
     心理テクニック
  第3章 上手な謝罪で、悪くなった第一印象を
     良くするテクニック
  第4章 どうすれば相手の記憶に残る
     人間になれるのか?
  第5章 あえて「2度目のチャンス」にかける
     心理戦術
  第6章 どんな人とも長く付き合うために

第一印象の悪さにコンプレックスを
持っている人には、大きな助けとなる本
だと思います。

しかし、個人的には心理学の本によくある
一般的なテクニックが多く、目新しさは
それほど感じませんでした。

この本から何を活かすか?

  土下座をするなら、本気でやる

土下座はひとつのビジネススキルなので、
練習しておかないと、うまくできません。

逆に練習すればするほど、うまい土下座が
できるようになるようです。

本書には土下座をするときのポイントが
まとめられていました。

  1. 膝を地面に付ける前に、2、3歩後ずさり、
   相手と少し距離をとる。
  2. 頭を下げる前に、相手の目をしっかり見て、
   反省の意を伝える。
  3. 躊躇せずに、思い切って頭を下げる。
  4. 相手から「もう、いいよ」と言われるまで、
   決して頭を上げない。

土下座は、見よう見まねでしたところで、
うまくできないので、このポイントを踏まえ、
入念な練習をしておく必要があるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

目に見える世界は幻想か? 物理学の思考法

満足度★★★
付箋数:23

  「この世を可能な限り理解したい、
  その心が物理学の研究を進めてきた。
  本書で最も伝えたかったことは、
  この世界が人間の常識的な感覚で
  思うようなものにはなっていない、
  という事実だ。
  これまでの思考法が通用しないとなると、
  苛立ちを覚えたり悲しい気持ちになったり
  するが、それは次へ進むために必要な
  スプリングボードだ。逆境から立ち上がると、
  それまでに見えていなかった地平が
  見えてくる。物理学の紆余曲折には、
  そうした要素が満ち溢れていて、
  読者が生きていく上においても、
  なんらかのヒントになってくれるのでは
  なかろうか。」

本書は、主に文系の方向けに書かれた
物理学の入門書です。

物理学とはどのようなものなのか、
数式だけでなく難しい図表も一切使わず、
ひたすら言葉だけで説明しています。

著者は、名古屋大学大学院理学研究科
准教授の松原隆彦さん。

松原さんは、これまで『宇宙に外側はあるか』、
宇宙はどうして始まったのか』など
宇宙関係の本を多く執筆してきました。

しかし、今回、物理学の入門書を書こうと
思ったのは、理学部以外の一般の学生には、
物理学があまりに強い拒否感を
持たれているからです。

学生時代にわけのわからない計算をさせられ、
物理学の本当の面白さを知る前に、
物理学を嫌いになっていく人が多い。

そんな状況を憂えて、本書は執筆されました。

ところで、なぜ、物理学では、非現実的な
状況を設定して、よくわからない計算を
するのでしょうか?

例えば、「空気抵抗を無視して、
ものを投げたら、どこに落ちるか」
などの計算です。

そんな現実的にありもしない場合だけ考えて、
何の役に立つのかと、考えた方も多いはず。

  「物理学の本質は、複雑で予測不可能にも
  思える現実の現象について、そこに秩序を
  見出すことにある。複雑なものを複雑なまま
  理解しようとしても、途方に暮れてしまう。
  そこで、まずは複雑な現象を単純な要素に
  分解することが有効なのだ。(中略)
  空気抵抗を無視するという理想化を行うと、
  放り投げた物体の運動が単純な法則で
  理解できるのである。」

本書では、近代物理学の誕生の経緯、
そして物理学に大きな革命をもたらした
量子論と相対論の成り立ちを見ていきます。

人間の目に見える世界は、本当の世界なのか?
見えない部分には、一体、何があるのか?
人間は、この世界でどのような存在なのか?

現代の物理学の成り立ちを学びながら、
こうした根源的な問にも答えていきます。

  第1章 物理学の目的とは何か
  第2章 天上世界と地上世界は同じもの
  第3章 すべては原子で作られている
  第4章 微小な世界へ分け入る
  第5章 奇妙な量子の世界
  第6章 時間と空間の物理学
  第7章 時空間が生み出す重力
  第8章 物理学の向かう先

目に見えない部分、常識に反する部分の
最たる分野は量子力学です。

本書では、量子力学についても、
平易な言葉で丁寧に説明されていますから、
これまであきらめていた方でも、
概要を理解できると思います。

わかりやす表現で書かれていますが、
内容は深いので、理系の方が読んでも、
十分楽しめる本です。

そして、理系の方が読むと、よく言葉だけで
説明し切ったなと、感心することでしょう。

この本から何を活かすか?

「量子力学」が理解しにくいのは、
実は物理学の素人に限ったことではなく、
専門家の間でも大差はないようです。

  「現代の科学者の多くは、量子力学の
  意味について深く考えることを避けている。
  その努力が有用な結果を生まないことを、
  先人たちは学んでいるからだ。
  こうした問題にはまりそうになると
  科学者によく言われるフレーズがある。
  それは、 “黙って計算しろ!” 
  というものだ。」

このスローガンのもと、量子力学に基づいて
物理学は大きく発展してきたようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Google流 資料作成術

満足度★★★★
付箋数:24

世の中で見かける「グラフ」は2種類あります。

何を言いたいかが、すぐにわかるグラフと、
ごちゃごちゃしていて、何を言いたいかが
さっぱりわからない「ひどいグラフ」です。

しかも、この「ひどいグラフ」を
目にすることが、業界を問わず意外と多い。

なぜ、仕事ができる人でも、ひどいグラフを
作ってしまうのか?

その1つの理由は、エクセルにデータを入力
するだけで簡単にグラフ化ができてしまう
からです。

ボタンを3つか、4つ順番に押しただけで、
グラフ化の作業は終了。

それでは、言いたいことを端的に表した
グラフにはなりません。

データにはストーリーがありますが、
エクセルのボタンをいくつか押しただけでは、
決してそのストーリーを語ることは
できないのです。

さらにデータ分析の専門家であっても、
分析することは得意でも、それを相手に
わかりやすく伝えるデザインの
トレーニングを受けていません。

それらが、世の中に「ひどいグラフ」が
氾濫している理由です。

本書の著者の、コール・ヌッスバウマー
・ナフリックさんは、「ひどいパワーポイント
スライドをこの世からなくす」ことを
ミッションとしている方です。

本書は、データビジュアライゼーションの
教科書。

ストーリーを語れるグラフ化の技術を
6つのステップで学びます。

  1. コンテキストを理解する
  2. 相手に伝わりやすい表現を学ぶ
  3. 不必要な要素を取りのぞく
  4. 相手の注意をひきつける
  5. デザイナーのように考える
  6. ストーリーを伝える

これにケーススタディを加え、
複雑なデータでも、シンプルにわかりやすく
伝えるノウハウを伝えます。

まず、ナフリックさんが教える
データをうまくビジュアル化する秘訣は、
いきなりデータにふれないことです。

それは、データ作業を始める前に、
コミュニケーションをとることになった
文脈や背景(コンテキスト)を
理解する必要があるからです。

「誰に、何を、どのように」伝えるかを
確認することから始めます。

ビジュアル化のメインとなるグラフは、
主に4つの種類だけを使います。

 点グラフ:散布図
 線グラフ:折れ線、スロープ
 棒グラフ:縦棒、積み上げ縦棒、
      横棒、積み上げ横棒、
      ウォーターフォール
 面積グラフ(限定的に使用)

そして、次のグラフはナフリックさんは、
使うことにNGを出しています。

 円グラフ、ドーナツグラフ、3D、第2縦軸

特に、「円グラフ」と「3D」については、
ナフリックさんの「撲滅したい」という
熱意さえ伝わってきます。

グラフ化については、ビフォー・アフターを
示していますから、どこをどう変えると、
伝わりやすいグラフになるかが一目瞭然。

勘のいい人なら、一度、本書に目を通すだけで、
すぐに真似して、今まで作っていたグラフから
レベルアップすることができるでしょう。

ただし、本書のメインとなるのは
「グラフでストーリーを語る」部分です。

このパートについては、じっくり取り組み、
ストーリーテリングの技術を身に着けたい
ところです。

ビジュアル化に特化した本だったので、
個人的には非常に参考になりました。

この本から何を活かすか?

ナフリックさんのサイトでは、
本書で紹介されているグラフのサンプルも
見ることができます。

http://www.storytellingwithdata.com/


また、ナフリックさんが、グーグルで行った
講演の様子はこちらです。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

教養バカ

満足度★★★
付箋数:24

本書のタイトルになっている「教養バカ」とは、
知識を知っているだけで、相手にかまわず、
自分本位で知識をひけらかすような人。

一見教養があるように見えますが、
話してみると「おもしろみ」に欠けます。

  「教養のある人と、教養バカの違い、
  それはずばりストーリーテラーになれるか
  どうか。教養人とは相手が興味を持つ
  ようにストーリーとして、伝えることが
  できる人です。」

言い方を変えると、教養のある人と、
教養バカの違いは、相手に「わかりやすく」
伝えることができるかどうか。

  「本書では、教養バカから、真の教養人に
  なるために、 “わかりやすさ” について
  お伝えします。
  本書は、これまでの教養本とは、
  一線を画すものになるでしょう。
  なぜなら知識を詰め込むのではなく、
  知識の伝え方をみなさんに伝授する
  ことになるからです。」

著者は、NHK Eテレ「サイエンスZERO」で
ナビゲーターを務めるなど、テレビ出演も
精力的に行こなうサイエンスライターの
竹内薫さんです。

教養のある人になる具体的な方法を
見る前に、あなたの周りいる教養バカの
7つのタイプを見てみましょう。

まずは、自分がそうなっていないかを
確認して、悪いクセがあれば、
それに気づくことが、最初の一歩となります。

  タイプ1. いつ終わるかわからない!
      長話族
  タイプ2. 正しさにこだわりすぎる!
      専門用語・連発族
  タイプ3. 「間違っちゃいけない」が生む悲劇
      メモ朗読族
  タイプ4. 一度つかまると逃げられない!
      リピート族
  タイプ5. まとめればいいというものではない!
      要するに族
  タイプ6. 「あれ? なんだっけ?」スムーズ
      だけど心に残らない! 間なし族
  タイプ7. そのマウンティングにご注意!
      高圧族

ここではタイプ名しか紹介していませんが、
それでも「そういう人いるいる」と
思えるのがいくつもありました。

教養のある人と教養バカの違いは、
相手に「わかりやすく」伝えられるかどうか
でしたが、そもそも「わかりやすい」とは
どのような状態なのでしょうか?

竹内さんが考える「わかった」状態とは、
「頭の中に『絵』が浮かび上がった」状態。

つまり、わかりやすく伝えられない人は、
相手の脳内に、なかなかうまく「絵」を
描かせることができません。

逆に、わかりやすく伝えられる人は、
相手の脳内に、すばやく「絵」を
描かせられる人なのです。

相手の脳内に上手に絵を描かせるコツは、
相手の想像力に訴える言葉で伝えること。

そのためには、「語彙力」は多いほうがいい。

語彙力が多ければ多いほど、相手にわかる
言葉で伝えたり、きめ細やかな表現が
できるようになります。

更に、思考そのものも、語彙力が多いと、
いろいろな角度からできるようになります。

本書の「わかりやすい伝え方」は、
実際に竹内さんがテレビ番組などで使って
効果があった折り紙つきの方法です。

理系の専門的な知識を文系の人にも、
わかりやすく伝えることを試行錯誤してきた
竹内さんだからこそ伝えられる方法です。

この本から何を活かすか?

本書では、「わかりやすさの王道10の技術」
が紹介されていました。

 1. 一瞬でロジカルになる! つなぎ言葉
 2. 相手を前のめりに! 脳内にハテナをつくる
 3. 言葉のミニマリズム! 一文は短く
 4. プロのプレゼンターが多用!
  とにかく、3を使え
 5. 「結論は、最初」かどうか決める
 6. 取扱注意! 二分法は伝え方の劇薬である
 7. NHKのワザ! 話すスピードは1分間300文字
 8. 結局、「準備する人」がすべて手に入れる
 9. ド忘れしても大丈夫! 最強の切り札
 10. ワンランク上の聞き方
  「つまり、こういうことですか?」

1番目の技術、つなぎ言葉として使うのは、
「たとえば」、「だから」、「つまり」、
「しかし」などです。

これらを使う時、次の言葉を話し始める
までに、ほんの少し「間」を空けるのが、
効果的に使うポイントです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜあなたの予測は外れるのか

満足度★★★★
付箋数:27

販売店が商売をしていく上で、「在庫」は
どうしても持つ必要があります。

ただし、在庫は持ちすぎると、経営が非効率に
なりますし、少なすぎると、せっかくの売上の
機会を逃すことになります。

では、どうすれば適切な在庫を持つことが、
できるのでしょうか?

鍵となるのは、販売予測の精度です。

正確な販売予測を、出すことができれば、
それに基づいて在庫を持てばいいわけです。

しかし、どんなに経験豊富な担当者であっても、
販売予測は正確に当たりません。

なぜなら、人間は変化に直面した際に、
次に挙げるような7つのヒューマンエラーを
起こすからです。

  1. ホワイトノイズ(不規則変動)を知らず、
   軌道修正もない。
  2. 常識に安住したがる。
  3. 「動き」を知りたいのに、 “静止画的発想”
   をする。
  4. 安易な相関や答えありきの理由づけ。
  5. ショック時の過剰反応に気付かない。
  6. 異常を正常にしてしまう。
  7. 間違いに気付かない。

これらのヒューマンエラーを起こさずに、
高い精度で販売予測をする事が可能な技術に
T・AI(Timeseries Artificial Intelligence
=時間の人工知能)があります。

T・AIとは、時間とともに変化する量を扱う
最先端のコンピュータシステムです。

逐次に投入される時系列データ(販売数量、
出荷量)から、瞬時に膨大な計算実行・
指標判定がなされ、最適な生産量・発注量・
在庫量が出力される自動システムです。

このT・AIを用いると、理論値として
70%程度の在庫削減が可能となるため、
最近、大手企業も続々導入し始めています。

本書は、利益を倍増させる最強の統計学、
「T・AI」について解説した本です。

著者は、T・AIの分野の草分け的存在で、
NPO法人ビュー・コミュニケーションズ
副理事長を務める小松秀樹さんです。

ところで、T・AIがどれだけ、時間とともに
変動する諸量を織り込んで計算しても、
やはりピタリと正確な予測はできません。

場合によっては、予測が大きく外れる
ことさえあります。

なぜ、ヒューマンエラーを起こさない
最先端のT・AIを持ってしても、
予想が外れることがあるのか?

それは、あらゆる予測にはホワイトノイズ
(不規則変動)があるからです。

そもそも変化量は、規則変動と不規則変動
から構成されます。

どんなに優秀なT・AIをもってしても
計算できるのは、規則変動のみ。

不規則変動の部分は予測できないので、
どんなに厳密に計算しても、
必ず予測誤差が発生するのです。

ちなみに、変化量におけるホワイトノイズの
割合のことをボラティリティと言います。

しかし、T・AIを用いて在庫数を制御すると、
在庫変動はホワイトノイズ分だけとなり、
無駄な在庫を抱えずに最適化できるのです。

本書では、AI・データサイエンスの新分野、
T・AIについて、実際の実験データを用いて
非常にわかりやすく解説しています。

これからのビジネスにはT・AIは必須であると
思わせる非常に良くできた本です。

個人的には多くのビジネスパーソンに
是非、読んで欲しい本だと思いました。

  第1章 統計的な予測はどれくらい当たるのか
  第2章 常識が正しいとはかぎらない
  第3章 在庫は「時点」ではなく「流れ」で見よ
  第4章 もっともらしい「後付け」理由に
     だまされるな
  第5章 ショック発生! その時どうする?
  第6章 会社の動脈硬化現象
  第7章 間違いに気付かない

この本から何を活かすか?

  「例えば来店客数や気温から販売数量を
  予測するなど回帰分析や相関を用いて
  予測を行うケースをよく見かけます。
  しかし、このような予測は、各変数ごとに
  誤差を持ち、そうした誤差が重なり
  予測誤差を大きくしてしまうので、
  予想結果は現実と大きく異ることが
  頻発します。相関や回帰は分析結果を
  戦略的意思決定に用いるべきで、
  予測には使わないほうがいいのです。」

少し統計をかじると、未来を見通せる
魔法を手に入れたかのような錯覚を
持つ場合があります。

回帰分析などで予測を立てたくなって
しまう人も多いで、注意が必要ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 数学 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123

満足度★★★
付箋数:23

私たちは、最低限、中学・高校の
合計6年間、英語の勉強をします。

その後も、仕事で英語を使うことを考え、
努力している方も多いでしょう。

しかし、「私は英語で仕事ができます」と
自信を持って言える方は、あまり多くいません。

なぜ、私たちは、努力しているにもかかわらず、
英語で仕事ができるようにならないのか?

仕事の英語パーソナルトレーナーの
河野 木綿子(こうの ゆうこ)さんは、
私たちが、「英語で話せない」10の理由を
挙げています。

  1. 圧倒的に「話す」練習が足りないから
  2. なんでもかんでも丸暗記しようとするから
  3. 日本語でも伝えたいことがはっきり
   していないから
  4. 「言い間違えてはいけない」と思って
   いるから
  5. 正解がたった1つだと思っているから
  6. 英語ができる人に頼ってしまうから
  7. 「わかり合うのに言葉はいらない」という
   ロマンに浸っているから
  8. 「なんとなくわかる」で流してしまうから
  9. 「できる方法」より「できない言い訳」
   が先に立ってしまうから
  10. 「どうして英語ではそういうの?」と
   考え込んでしまうから

私も自分の事を考えてみると、
6番や8番が思い当たります。

さて、できない理由はさておき、
覚悟を決めて本気でやらないことには、
いつまで経っても、英語で仕事が
できるようにはなりません。

では、何から始めたらいいのでしょうか?

その答えが本書の中にあります。

  「練習の成果が現れるのは、はじめてから
  だいたい3ヶ月。それまでは、1日10分でも
  いいので、話す練習を継続する行動習慣を
  作っていくことが何より大切です。
  そのために役立つ練習法、習慣術、ツールや
  使い方、そしてとっさのとき使える便利な
  フレーズや、仕事を上手に回すためのコツ
  などを、 “仕事の英語” が話せるようになる
  ためのアクションとして、123項目にわたって
  紹介します。」

本書は、仕事で英語を使うことに特化した本。

市販の英語テキストで自分の日常と
関係のない言い回しや単語よりも、
実際に日々仕事をしていることと関連がある
ことを中心に勉強を進めます。

そのために必要なのは「自分単語帳」。

ノートを1冊用意して、左ページには、
日付・単語・発音・品詞・意味を書きます。

右ページには類義語/反義語・例文を書きます。

既に英語を使う職場にいるかどうかで
違ってきますが、職場で毎日出会う単語や
言い回しをメモしておいて、帰宅してから
「自分単語帳」に書いて調べて復習します。

さらに明日使いたいフレーズなども、
調べて少しずつ足していきます。

「自分単語帳」に書いた例文は、
初め2回は例文を見ながら発話し、
その後3回は例文を見ないで、合計5回の
アウトプットで練習します。

「5回くらいで覚えられるの?」と思うかも
しれませんが、実際に職場にいる人を
当てはめてリアルにイメージして練習すると、
これくらいの回数でも忘れないそうです。

本書では英会話スクールやオンライン
英会話の活用方法や、会議やプレゼンを
英語で乗り切るヒントなども紹介しています。

河野さんが、25年間の日々の業務の中で
実践して培ってきたノウハウが
本書には詰め込まれています。

本当に仕事で英語を使わなければならない
立場に追い込まれている人には、
大きな助けになる本だと思います。

この本から何を活かすか?

 結論ファーストでもクッション言葉は必要

とかく英語では、結論を先にストレートに
言うイメージがありますが、例外もあります。

それは相手にとって精神的にショックなことを
伝えるときです。

そういう場合は、日本語で「とても残念だけど」
や「なかなか言いにくいんだけど」に当たる
クッション言葉を入れるといいようです。

  ・I'm afraid I have some rather bad news
   for you.

  ・I know this is going to be hard for you
   to take in, but...

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

満足度:★★★
付箋数:24

日本企業は、欧米の企業と比べて
ホワイトカラーの生産性が低いと言われます。

なぜ、日本企業の生産性は低いのか?

本書の著者、グーグルで人材育成等を行った
ピョートル・フェリクス・グジバチさんは、
その理由を3つ挙げています。

1点目は、「持ち帰って検討しすぎる」こと。

2点目は、「分析や検討をしすぎる」こと。

3点目は、「打ち合わせや会議などが多く
コミュニケーションがコストやムダにしか
ならない」こと。

特にグーグルでは、1点目の「持ち帰り」とは
真逆の仕事の仕方が標準で、「1回で終わらせる」、
「今やる」ことが強く意識されているようです。

例えば、顧客との打ち合わせで社内の誰かの
意見を聞かなければならない場面があったと
します。

こんな場合日本の企業では、「では、弊社の
担当者に確認してから、あらためてご連絡
させていただきます」と持ち帰ることが
多いでしょう。

しかし、グーグルでは、客先から直接
メッセンジャーで担当者に質問して、
その場で回答をもらって交渉を進めます。

また、グーグルでは、その場の1回で話を
決めるために、意外と「メール」を使わない
文化があるようです。

例えば、ミーティングを行った後に、
内容をまとめて議事録や企画書、報告書を
つくる場合。

誰かが自席に戻ってから、まとめの作業をして、
できたらメールで連絡し、確認してもらい、
完成したら、再度関係者にメールするという
流れが一般的です。

しかし、グーグルではミーティングの時に、
参加者がクラウド上のグーグルドキュメントに
同時に書き込んで作業をします。

参加者それぞれが書き込んでいる文書を
部屋のスクリーンに映し出し、みんなでそれを
見ながら議論を進めます。

するとミーティングが終わると同時に、
資料の骨格くらいは、その場でできてしまう
ようです。

また、日程調整の際にもメールは使わず、
共有されている相手のグーグルカレンダーに
直接書き込んで、すぐに決めてしまいます。

グーグルの仕事に対する考え方が
日本企業と最も違う点は、常に、
「10%アップではなく、10倍」の成果が
出るように考えて行動すること。

これは、キーボードのショートカットを
たくさん覚えて、1分1秒を短縮することとは
レベルが違います。

10%アップを目指すと、従来の延長線上の
発想から抜け出せず、しかも仕事量が
増えてしまうことさえあります。

しかし、10倍の成果を目指すなら、
今までのルールや前提、固定観念を破り、
飛び抜けた発想で考えなければなりません。

この10倍の成果を上げるように考えることが、
グーグルが世界をリードする原動力に
なっているのです。

本書では、これまでのグジバチさんの経験から、
圧倒的に成果を高める仕事の方法や考え方を
紹介しています。

一生懸命やっているのに、仕事が終わらない。
頑張っているのに、なかなか成果が出ない。

本書は、そんな状態が続いている方の悩みを
根本的に解決するための本です。

 第1章 世界より速く動くための仕事術
 第2章 ロジカルシンキングなんてしている
    暇はない!
 第3章 忙しくても、10倍の結果をだすために
 第4章 仕事の加速度を上げる人間関係の
    つくり方
 第5章 必要なことを高速で学ぶ方法
 第6章 グーグルの疲れない働き方
 終章 自分の仕事を壊せる人が、
    次の時代をつくる

この本から何を活かすか?

AI(人工知能)が発達することで、将来仕事が
なくなることを心配する人がいます。

しかし、グジバチさんは、そんな時代には、
むしろ「どうしたら自分の仕事をITに置き換え
られるか」を考えた方がいいと言います。

AIに仕事を奪われないために、今できることは、
自ら自分の仕事をなくしてしまうこと。

つまりイノベーションを起こす側になって、
AIを使う側として生き残るのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本人失格

満足度:★★★
付箋数:20

吉本興業に所属するお笑いタレント、
ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんは、
芸能界でも異色の存在です。

テレビとネット、そしてリアルな世界で、
思ったことを発言し、やりたいと思っや事を
自由にやり続けています。

ツイッターで呟いたことに、反論されると、
電話番号を教えて直接、話し合うことさえ
あるようです。

普通の芸能人なら、そんなことをしたら
芸能界から抹殺されると思うようなことも、
涼しい顔をしてやっているように見えます。

なぜ、田村さんはそんな生き方ができるのか?

  「本書では僕のことを、これでもかって
  くらいに明らかにしている。常日頃から僕は、
  この国や社会のあり方、仕事、人間関係
  とかに関して、こんなふうなことを考え、
  思っているんだけどなあ、ということを
  素直に呟いている。」

本書は、田村さんが、これまでどのように
生きてきたか、そして今何を考えているかを
語った本です。

田村さんの自分史を読むとわかるのが、
小さい頃から、周りの様子を俯瞰的に見る
目を持っていたということ。

小学校時代から自分をセルフプロデュースし、
どう振る舞えば大人が喜ぶか分っていました。

メタの視点で物事を見ていたのです。

芸人になってからも、新人時代から
売れる方法を冷静に研究・実践しました。

  「売れている先輩たちをよく見て、
  なぜ売れたのかを考えたのだ。
  その研究成果はすぐに出た。
  売れている理由は、吉本の社員が
  彼らを売ろうと努力して、
  あっちゃこっちゃ率先してテレビ局を
  回ってくれたからだ。
  そりゃそうだよね、ネタは面白いけど、
  楽屋ではツンケンしていて、
  人間的には最低じゃんと思う人には、
  社員は近づかないし、誰も味方になって
  くれないよ。新人の頃は、ああいう
  先輩にはなりたくねえって思ったもんだ。」

そして、田村さんが同じ芸能人からも
一目置かれているのは、人気商売ながらも、
不特定多数の人に認められたいと思って
行動していないからなのだと思います。

自分の大切な人に認められれば十分と
考えて行動しているようです。

  「自分も “承認欲求” があることは認める。
  人間誰しも持っているものだし。
  でも、その認めてくれる人って、
  不特定多数じゃないとダメなのかな?
  僕の場合、さっきも言ったように、
  亮さんと奥さんが笑ってくれているうちは
  大丈夫だと思っている・・・というか、
  彼らさえ認めてくれたら、別にあとは
  世界の誰も、理解も承認もしてくれなくて
  OK。」

こんな考えを持っているので、芸能界で
干されることを気にせずに、好きな行動が
できるのです。

あと田村さんが他人とは違う視点を
持っているのは、普段から当たり前と
思っていることを疑う姿勢を持っているから。

今の常識を疑い、周りの同調圧力に屈せず、
自分の価値観を貫いていく。

それが本書を通じて一番、田村さんが、
言いたかったことなのだと思います。

芸能人の田村さんに関しては、
かなり好き嫌いが別れると思います。

本書では、そんな彼の言動に裏にある
考え方がよくわかりました。

ただし、田村さんの考えの「深さ」は、
あまり伝わってきませんでした。

この本から何を活かすか?

  「人と同じように動いていると、ある意味
  ラクだから、自分でものを考えなくなる。
  人についていけばいいとなる。
  今、日本を覆う一番の大問題は、この
  【思考停止】と【依存体質】にあると思う。」

この思考停止と依存体質から抜け出すには、
自分はこういう生き方をしますという
オリジナルのルールを作ることが必要だと
田村さんは言います。

そうするためには、自分の頭で考えて悩み、
決めたら腹を括って実行するしかありません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マネジャーの最も大切な仕事

満足度:★★★★
付箋数:24

どうすれば、ビジネスの成功と社員の幸せの
2つを同時に達成することができるのか?

  「私たちの研究は、その方法を提示している。
  そしてその実現の秘訣は無料の食事でも
  運動施設でもない。その秘訣は豊かな
  インナーワークライフ(個人的職務体験)
  を生み出す環境を作り上げること
  ――ポジティブな感情、強い内発的な
  モチベーション、仕事仲間や仕事そのもの
  への好意的な認識を育める状況を
  作り出すことだ。」

インナーワークライフとは、社員の「認識」、
「感情」、「モチベーション」の3つの要素の
相互作用によって生まれるものです。

社員の生産性と創造性を高めるには、
特典としてのインセンティブを与えるよりも、
仕事そのものに「やりがい」を感じさせる
方が効果的ということです。

本書は、3つの業界の7つの企業から、
26のプロジェクトチーム、238名の協力を得て、
実際に「日誌」を書いてもらった結果を
分析した調査がベースになっています。

そこから社員のインナーワークライフに
影響を与える出来事を追跡調査しました。

著書は、ハーバード・ビジネススクール教授の
テレサ・アマビールさんと、その夫で
心理学者のスティーブン・クレイマーさん。

お2人がハーバード・ビジネス・レビュー誌に
掲載した記事を基に、そこからさらに
深く掘り下げて本書は執筆されています。

もう少しインナーワークライフについて
詳しく説明すると、次のようになります。

  「インナーワークライフとは認識のことだ
  ―マネジャー、組織、チーム、仕事、
  ひいては自分自身に対する好意的あるいは
  敵対的な印象のことである。」

  「インナーワークライフとは感情のことだ
  ―ポジティブであれネガティブであれ、
  職場でのあらゆる出来事から生じる
  気分のことである。」

  「インナーワークライフとはモチベーション
  のことだ―何かをする際の、あるいは
  しない際の原動力のことである。」

このインナーワークライフこそが、
個人のパフォーマンスを向上させる
最大の要因なのです。

それでは、インナーワークライフに
最も影響を与えるものは何か?

  「インナーワークライフに影響を与える
  すべてのポジティブな出来事のなかで、
  最も強力なのがやりがいのある仕事が
  進捗することである。
  インナーワークライフに影響を与える
  すべてのネガティブな出来事のなかで、
  最も強力なのが進捗とは反対のもの
  ―仕事における障害だ。
  私たちはこれが根源的なマネジメントの
  法則であると考えている。」

これを本書では、「進捗の法則」と呼びます。

つまりマネジャーの最も大切な仕事は、
やりがいのある仕事が前に進むように、
「進捗を支援すること」です。

これが1万2000もの日誌調査から
判明したことです。

しかし、669人のマネジャーへの調査では、
「進捗の支援」が大切だと答えた人は、
わずかに5%しかいませんでした。

本書では、この「進捗の法則」以外にも
インナーワークライフにプラスの影響を
与える要素を2つ挙げています。

それが「触媒ファクター」と「栄養ファクター」。

お2人は、この3つの要素に注目して、
マネジメントする方法を解説しています。

マネジャー職の方にとっては、これまでの
マネジメント方法を見直すきっかけになる
本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「日誌の調査によって判明したのは、
  ポジティブな感情と創造性には決定的な
  関連性があるということだ。」

このポジティブな感情は、当日だけへの
影響ではなく、翌日、さらにはその翌日の
創造性にもプラスの効果を与えています。

これは、認知心理学で言う「孵化効果」。

一旦アイディアを寝かせておいて、
しばらくしてから新たな閃きが現れる効果
にも通じているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チーム・ブライアン 300点伝説

満足度:★★★
付箋数:23

アマゾンの「ビジネス・経済」のカテゴリに
あったので思わずクリックしてしまいましたが、
特にビジネス書というわけではありません。

本書はフィギャースケートコーチ、振付師の
ブライアン・オーサーさんの回顧録です。

オーサーさん自身も、フィギャースケートの
元スター選手です。

1984年のサラエボと1988年のカルガリーの
フィギャースケート男子シングルで、
2大会連続、銀メダリストになった方。

当時はまだトリプルアクセルを決められる
選手が少なかったので、オーサーさんは
「ミスター・トリプルアクセル」と呼ばれて
いました。

さて、オーサーさんがフィギャースケートの
指導をするのは、日本の羽生結弦さんと
スペインのハビエル・フェルナンデスさんです。

本書はライバルでもあるこの2人の選手の
物語でもあります。

  「私たち “チーム・ブライアン” を乗せた
  飛行機はいま、遥かなる大空へと向かって
  上昇しています。操縦席には、誰も到達した
  ことのない未知の世界へ案内してくれる、
  優秀なパイロットが2人。彼らはどこへでも
  望む場所へ飛行機を飛ばすことができます。
  操縦席にいるのは皆さんお察しの通り、
  2014年ソチオリンピック王者の羽生結弦。
  もうひとりは2015年にスペイン史上初の
  世界王者になったハビエル・フェルナンデス
  です。2人は2015-2016年シーズンに、
  史上初の300点超えをマークし、
  フィギャースケート男子シングルの
  新たな領域へと踏み出しました。」

フィギャースケート競技の総合得点が
300点を超えることは、物凄いことで、
フィギャースケート界にとっては、
まさに歴史的な出来事でした。

それまでは、カナダのパトリック・チャン
選手が、2013年に出した295.27点が
世界最高得点でした。

その後は300点に近いスコアさえ生まれず、
300点は永遠の壁のように思われていました。

その壁を最初に超えたのは羽生選手で、
2015年のNHK杯で322.40点をマークして
世界記録を塗り替えました。

更にその2週間後のグランプリファイナル
でも330.43点を叩き出し、再び世界記録を
更新しました。

また、フェルナンデス選手も2016年の
欧州選手権と世界選手権で300点を
超えています。

この2人のコーチを務めるオーサーさんへは、
「どのようにして、300点を取らせることが
できたのか?」、「どうやって世界選手権や
オリンピックのチャンピオンを育てたのか?」
という質問が殺到しています。

本書は、その質問に対する回答でもあります。

 第1章 平昌への始動 2014-2015年シーズン
 第2章 私たちの強さの秘密
 第3章 2人の世界王者、2人の戦友
    2015-2016年シーズン
 第4章 300点の「マイルストーン」
 第5章 プレオリンピック
 第6章 オリンピックとチーム・ブライアン
 終章 ブライアン・オーサー&ハビエル・
   フェルナンデス 師弟対談

ちなみに本書は、2014年11月に刊行された
チーム・ブライアン』の続編です。

2015年5月と10月にカナダの「トロント・
クリケット・スケーティング&カーリング
クラブ」にて行われたオーサーさんへの
インタビューなどを基に構成されたものです。

フィギャースケートのファンでなくても
2018年の平昌オリンピックへの期待を
高めてくれる一冊だと思います。

この本から何を活かすか?

  ショートの後半で4回転を入れる価値

素人が見ると、トップ選手はいかにも
簡単そうにジャンプを飛んでいるように
見えます。

しかし、それを完成させるには技術的にも
メンタル的にも大きな壁があるようです。

特にショートはジャンプが3本で、
ある程度課題が決められているので、
3本ともミスが許されません。

1本ミスすると他で取り返すことが
できないので、トップ選手であれば、
4回転1本、トリプルアクセル1本、
3回転ジャンプと同じ構成になるようです。

そのような状況で羽生選手は、自らの考えで
ショートで4回転を2回入れる布石として、
「ショートの後半で4回転を入れる」ことへ
チャレンジしたようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2050年 衝撃の未来予想

満足度:★★★
付箋数:22

TAC株式会社の藤明さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、2050年に何歳になっていますか?

この記事を書いている2017年から33年後です。

現在、30代の人は60代、70代になっているので、
仕事も定年になっている頃でしょう。

すると2050年の未来予想をして、
社会が大きく変わっていても、あまり切実でないと
感じるかもしれません。

しかし、苫米地英人さんは次のように言います。

  「それでも私が2050年の未来予測に十分意味が
  あると考えるのには、確固たる理由があります。
  それは、2050年には “60代、70代は働き盛り” 
   “90代でも若造” の時代になっているからです。」

苫米地さんは、2050年に平均寿命が120歳に
なっていてもおかしくないと考えます。

それは、今後も医学が進歩していく限り、
私たちの寿命も延び続ける可能性が高いからです。

実現の可能性はさておき、もし、平均寿命が
120歳になるならば、「60代、70代は働き盛り」
と考えるのはそれほど違和感はありません。

平均寿命が80歳代の今でも、経済界では
60歳は若造と言われますから、「90代でも若造」
と言われる可能性もあるでしょう。

苫米地さんが、本書で描くのは、
平均寿命が120歳になっているかもしれない
「2050年の未来図」です。

ところで、なぜ、苫米地さんは、
5年後、10年後ではなく、そんな先の未来を
本書で予想したのでしょうか?

  「未来を知って、よりよい未来に変えたいと
  思うならば、すでに一部の人たちが描いた
  現実である5年後10年後の予想など意味が
  ありません。そうではなく、少なくとも
  今まさに開発中の技術の特許が切れる
  20年先、さらに、その技術が一般化し、
  社会に本質的な変化をもたらす30年先、
  40年先を予想しなければ意味がないのです。」

未来予測をする場合、最も大切なのは、
ベースにある「社会構造」の変化です。

5年後、10年後では、現在の社会構造が、
大きく変わっている可能性は高くありません。

しかし、今から30年以上先の世界は、
社会構造が激変している可能性があるため、
未来予測する意味があるのです。

では、30年以上先の未来を、一体どのように
予測すればいいのでしょうか?

ここで思い出すのが、「歴史は繰り返す」
という言葉です。

しかし、苫米地さんは、この考えは誤りで、
未来を見誤る誤謬だと指摘します。

  「正確にいえば、歴史を生み出してきた
  社会や人間の行動理念が変わらないため、
  歴史が繰り返したように見えるのです。」

ですから、30年先の未来を予測をする場合も、
もっとも重要になるのは人間です。

人間から発せられるニーズやエゴ、
それが原動力になって動く政治や経済をもとに
社会構造の変化を読み解く必要があるのです。

 ・職場すら “電子化” される
 ・巨大資本による仮想通貨の流通
 ・国家という概念の消失
 ・サイバー独立国家の誕生
 ・ポストサイバー戦争はマインドハッキング
 ・「優先国民」という新種の奴隷の誕生

苫米地さんの予測は極端かもしれませんが、
実際にそうなったときにどうするかを
予めシミュレーションしておくことは
大切だと思います。

また「巻末提言」として、直近の未来では、
トランプ政権誕生後の国際情勢も予想。

苫米地さんは、未来学者、社会学者
ではありません。

この分野の専門家ではないからこそ、
逆に、ここまで大胆な予想ができた
ように思えます。

この本から何を活かすか?

「公務員はすべて人工知能になる」

苫米地さんが予測する究極は、
国家の運営では、内閣総理大臣と
検察庁長官と最高裁長官の3人以外は
すべて人工知能に置き換えられた状態。

しかし、その3人すら人工知能になり、
巨大な人工知能が国家を運営する時代が
やがてやってくる。

さすがに、そうなるのは2150年ぐらい
と予想しています。

2050年は、その過渡期にあたり、
公務員の仕事のうちルーティン色の
強いものから、人工知能に置き換わる。

あり得ないような未来の話を先に聞くと、
30年先の大胆予想は、普通に起こり得る
ように思えるのが不思議です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

人材を逃さない見抜く面接質問50

満足度:★★★★
付箋数:25

  「 “面接を受けるよりも難しいことが
  一つだけある。それは面接を行うことだ。” 
  こんなセリフを、よく耳にすることがある。
  採用担当者の多くは、面接を脅威にすら
  感じているようだ。
  その理由の一つとして考えられるのは、
  採用担当者が面接を効果的に進める
  トレーニングをきちんと受けていない
  ということ。なかにはまったく受けていない
  という人もいるだろう。」

会社によって、あるいは採用するポジション
によって欲しい人材は異なります。

そのため簡単なマニュアルはあっても、
実際は担当者の経験頼みで採用している
企業も多いでしょう。

まして、採用担当者に適切なトレーニングを
行っている企業はかなり少ないはず。

本書は、トレーニングを受けていない
採用面接担当者のための教科書。

もちろん、採用する側だけでなく、
応募する側の人が読んでも、面接官の
手の内を知ることができるので、
非常に参考になる本だと思います。

本書は、50問のクイズ形式の
問題のあとに、解答と解説があります。

それを読むと、応募者からできるだけ
多くの情報を引き出し、応募者がその
ポジションに適任かどうかがわかります。

また、最近では面接を受ける前に
十分なトレーニングを受け、答えを準備して
応募してくる人も多くなっています。

しかし、本書では「練習してきた答え」を
聞いても、そこから「真の答え」を探り出す
方法についても紹介しています。

採用ミスによるコストの無駄を減らし、
募集職種に最適な人材を見つけることが
本書の目的です。

では、本書から1問紹介します。

  最も多くの情報が得られる効果的な
  質問は次のうちどれか?

あなたも、一緒に考えてみてください。

  A 履歴書にそって経歴を説明してください
  B 自己紹介をしてください
  C 自分自身をひとことで表現してください

同じような質問でも、質問の仕方によって
引き出せる情報がまるで違います。

この3つの質問で、最も効果が低いのは「A」。

この質問では、履歴書を見ればわかる
情報しか得られません。

もし、応募者が履歴書にそって説明する
だけなら、情報らしい情報は得られない
ことでしょう。

この3択で、良くも悪くも真ん中が「C」。

ひとことで表現してもらった後、
自分を表現するのに使った言葉について
具体的な説明を求める必要があります。

最も効果的な質問、つまり正解は「B」。

応募者は自分がアピールしたいことを
中心に話すことができます。

面接担当者は、そのときの行動について、
具体的に聞きます。

以前の会社で経費削減を行っていた
と言うなら、「そのときのことを詳しく
話していただけますか」と質問します。

この問題ではBが5点、Cが3点、Aが0点。

50問全部やると、面接官のスキルが
採点できるようになっています。

実際に50問全部やらなくても、本書から
そのまま面接の時の質問が使えるので、
非常に使い勝手がいいと思います。

面接担当者は、本書を会社に置いて
おくだけで、ずいぶん心理的にも
違うでしょう。

ちなみに本書は、 2008年4月に刊行された
同タイトルの本の新装版です。

翻訳者の岡村桂さんも変わらず、
日本語訳の文末が少し変わっている
程度の修正があります。

この本から何を活かすか?

  行動に関する質問をする

面接の時に、応募者の過去の「行動」を
聞き出し、そこから将来の業績を
判断します。

なぜなら、プラスとマイナスどちらの
行動でも、応募者は繰り返す可能性が
あるからです。

そのためには、過去の「成功例」の話を
してもらいます。

  「問題を解決したときのことを
  話してください」

特定の出来事の特定の例について
詳細に答えを求めます。

応募者が実際にその行動をとった
ときの具体例を挙げてもらうと
いいようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生の悩みが消える自問力

満足度:★★★
付箋数:23

  「人は誰でも、1日に3万回以上も自分に
  質問していると言われます。それによって
  心の中で“ もう一人 ”の自分が起動し、
  心の中で対話が起こり、その対話により、
  私たちが選びとる行動が決まっていきます。

  うまくいく人と、そうでない人は、
  この自問自答の質が異なっているのです。」

本書は、適切に自問自答して、行動を変え、
人生を変えるための本です。

本書では、効果的に自問自答することを
「自問力」と呼びます。

著者は、一般社団法人コーチングカレッジ
代表理事の堀江信宏さん。

堀江さんは、2015年にガンを宣告されましたが、
自問力を生かして、見事に乗り越えました。

半年間抗ガン治療に専念し、2016年春に寛解。

その後、ガンを「ギフトだった」と言い、
自問力とコーチングの技術を使って、
逆境にある人たちが前を向いて進めるように
力を与えています。

堀江さんは、「5つの質問」を使って、
正しい自問自答を繰り返すと、
どんな悩みや問題でも解決できると言います。

その5つの質問とは、次の通りです。

 質問1.「自分が得たい結果は何だろう?」
    問題を「自分事」としてとらえる質問

 質問2.「どうして、自分はそれを得たい
    のだろう?」
    自分の目的を明確にする質問

 質問3.「どうしたら、それを実現できる
    だろう?」
    可能性に目を向ける質問

 質問4.「これは、自分の将来にとって
    どんな意味があるだろう?」
    いい意味づけをする質問

 質問5.「今、自分がすべきことは何だろう?」
    自分を動かす質問

コーチングの世界では、私たちが無意識の中で
自分自身に対して最初に投げかける質問を
「プライマリー・クエスチョン」と呼びます。

5つの質問では、プライマリー・クエスチョン
を「一体どうすればいいんだろう?」と
していません。

「自分が得たい結果は何だろう?」と問い、
自分にとって大切なことは何かを見極めます。

なぜ、この質問が必要なのでしょうか?

それは、人が抱いている夢や目標は、
満たされない感情が作り出した「ニセの願望」
であることが多いからです。

「ニセの願望」を叶えても、根本にある、
「本当の願望」が満たされないので、
いつまでも、悩みや問題は解決しません。

ですから、私たちが問題解決に当たるときに、
一番大切なのは、自分の「本当の願望」に
気づくことなのです。

  「この5つの質問による自問自答を繰り返す
  ことは、自分に対して前向きな行動や
  アクションをとらせるスイッチになりますし、
  原動力にもなります。」

本書では、身近に起こりがちな10の事例で、
「5つの質問」の使い方を解説します。

 ・自分の将来に明るい展望が見えないとき
 ・今の会社や職場に行きたくなくなったとき
 ・無理難題を言う上司にキレそうになったとき
 ・仕事で思うような成果が出ないとき
 ・自分の意見がなかなか受け入れられないとき

仕事でもプライベートでも、自問自答の質を
上げることで、自分の行動を変えられることが
よくわかります。

本書を読むと、すぐに「5つの質問」を
自分でも使ってみたくなるでしょう。

この本から何を活かすか?

「すべての答えは自分の中にある」は間違い

問題が、自分にとって未知のことであれば、
いくら自分の中に問いかけても、
答えは出てきません。

そんな場合は、自分に対する問いの内容を
次のように変えなければ、前に進むことは
できないようです。

  「答えがあるとしたら、どこか?」
  「誰なら、答えを知っているだろうか?」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンガでわかる 私って、ADHD脳!?

満足度:★★★
付箋数:18

オトバンクの上田さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

  「片づけられない、間に合わない、ミスが多い
  ・・・・こうした悩みをもたれている方は、
  もしかしたら “ADHD脳” かもしれません。
   “ADHD脳” とはいわばニックネーム。
  発達障害のひとつであるADHD傾向にある方を
  本書ではこう呼んでいます。
  本書はこの “ADHD脳” をもつ方々のために
  書きました。なるべくわかりやすくお伝えする
  ために、漫画を交えて説明していきます。」

ADHDとは、Attention-Deficit/Hiperactivity
Disorder(注意欠如・多動性障害)の略。

自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群
など)やLD(学習障害)のような発達障害の
ひとつです。

 ・忘れ物やなくし物が多い(不注意)
 ・じっとしていられず、いつももぞもぞ動く
  (多動性)
 ・順番を待てない、人の邪魔をする(衝動性)

こういった症状があり、仕事や日常生活に
大きな支障がある場合、ADHDと診断されます。

ADHDは子どもだけに見られる発達障害ではなく、
大人にもあります。

人口の5%がADHDであるというデータも
あるようですから、20人に一人と考えると、
結構な割合ですね。

本書は、完全にADHDと診断されていなくても、
ADHDと同じ傾向の「脳のクセ」をもつ人
向けに書かれた本です。

  「なぜ、こんなにも集中できないのか?
  なぜ、こんなにもミスしちゃうのか?
  なぜ、こんなにも片づかないのか?
  なぜ、こんなにもしょっちゅう遅刻して
  しまうのか?

  その “なぜ” への答えと対処法が書かれて
  います。」

著者は、1997年に『のび太・ジャイアン症候群
を刊行して、ADHDをはじめて日本に本格的に
紹介した精神科医の司馬理英子さん。

漫画のパートは、しおざき忍さんが担当します。

各章は前半が漫画のストーリーで
「ADHD脳」とその対処法を簡単に知り、
後半が文章での詳しい解説になっています。

漫画のパートを読むだけでも、
「ADHD脳」の概略がわかるのがイイところ。

漫画パートの主人公は、月刊「ルビー」
編集者の丸山里子、28歳。

頑張っているつもりなのに、締め切りに
間に合わなかったり、ミスを連発します。

ある日、企画書の作成を先延ばしし、
大事な取材のアポを取り忘れて、
編集長から大目玉を食らいます。

そこに追い打ちをかけるように、
自分が一から仕事を教えた後輩が
編集チーフに抜擢されます。

後輩がチーフになることに納得でない
里子は、編集長に詰め寄りますが、
逆に社会人失格の烙印を押されて
しまいます。

意気消沈して歩いていた里子は、
メンタルクリニックの看板が見に止まり、
精神科医の木場えり子と出会います。

里子は、そこで自分が発達障害の
ADHDと同じ傾向の脳のクセを持つ
「ADHD脳」だと知り、改善を図ります。

里子が木場から渡されたのは、
ADHD脳がラクになるコツが書かれた
一冊の「コツノート」。

そこに書かれたコツメモを使いながら、
自分の「ADHD脳」との付き合い方を知り、
仕事やプライベートが好転していく
ストーリーです。

本書は、ADHDの3つの特徴すべてを
備えていない人でも、部分的に活用できます。

特に「片づけ」ができない人には、
本書の対処法は効果があるように思えます。

半分漫画なので、ちょっとしたスキマ時間に
気軽に読めるのがいいところです。

この本から何を活かすか?

「ADHD脳」は脳のクセで病気ではありませんが、
気をつけたいのは二次障害です。

  「 “脳のクセ” がもたらす “生きづらさ” や
  周囲の無理解などが長年続くことが
  うつ、不安障害、強迫性障害などの
  精神疾患につながってしまうことがあります。」

二次障害を防ぐためには、脳のクセを知る
だけではなく、次のように心の不調にも
気を配ることが大切のようです。

  ・ネガティブ妄想に気づく
  ・傷つきやすい自分を知る
  ・友達をはげます言葉で自分をはげます
  ・脳内信号機をを赤にする
  ・心の中にフォロ友をもつ

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼速PDCA

満足度:★★★★
付箋数:26

  「断言するが、PDCAを簡単だと真顔で言う人は、
  本気でPDCAを回したことがない。
  それは簡単なPDCAしか回したことがない証拠だ。
  本気でPDCAを回したことがある人なら、
  その奥深さと難しさを肌身で知っているはずだ。
  PDCAは、そのPDCA自体も成長していくもので
  あって終わりなどない。」

PDCAは、誰もが知る古典的なフレームワーク。

社会人になって「PDCAを回せ!」と
言われたことがある人も多いでしょう。

しかし、本書の著者、冨田和成さんは、
PDCAほどわかっているつもりでわかっていない、
基本だと言われているのに実践している人が
少ないフレームワークも珍しいと指摘します。

本書は、実際に回すことが難しいPDCAを
超高速で回すノウハウをまとめた本です。

  「PDCAが “前進を続けるためのフレームワーク”
  である限り、それを、高速を超える “鬼速” で
  回し続けることで、会社、部署、そして個人が
  圧倒的なスピードで成果を出し続けることが
  できる。さらに、前進していることを実感
  することで自信が湧き、モチベーションに
  ドライブがかかり、さらにPDCAが速く回る。
  これが鬼速PCDAの真髄である。」

ちなみに本書では、PDCAのPは計画(PLAN)、
Dは実行(DO)、Cは検証(CHECK)ですが、
Aは改善(ACTION)ではなく、調整(ADJUST)
としています。

日本語にするとDOとACTIONは、
どちらも「する・やる」という意味で、
混乱する人も多いので、検証結果を踏まえ、
次のサイクルに渡す調整(ADJUST)を
最後の「A」としています。

さて、一般的にPDCAがうまく回らない原因は
どこにあるのでしょうか?

  「私の感覚ではPDCAで失敗する人の50%は
  この計画フェーズで失敗している。
  失敗する原因は大きく分けて2つある。
  慎重になりすぎるか、雑になりすぎるかだ。」

そこで本書では8つのステップで、
PDCAの最大の肝となる「計画」を立てます。

  ステップ1  ゴールを定量化する(KGIの設定)
  ステップ2  現状とのギャップを洗い出す
  ステップ3  ギャップを埋める課題を考える
  ステップ4  課題を優先度づけして3つに絞る
  ステップ5  各課題をKPI化する
  ステップ6  KPIを達成する解決案を考える
  ステップ7  解決案を優先度づけする
  ステップ8  計画を見える化する

本書では、期日を決めて定量化した
ゴールのことをKGI(Key Goal Indicator)
と呼んでいます。

あと、もう1つ「計画」の段階で重要視して
いるのが「因数分解」して考えること。

ロジックツリーを使って課題を因数分解すると、
見落としを防ぎ、ボトルネックが発見でき、
KPI化しやすいなどのメリットがあります。

最初に課題をしっかり因数分解して、
仮説の精度を高めておくと、最終的に、
PDCAは速く深く回ります。

この課題の因数分解の方法についても、
本書では細かく具体例を挙げて解説します。

本書全体を通して、鬼速PDCAで回す
事例としては、わかりやすさを重視して、
「営業」と「英語の勉強」を取り上げています。

PDCAは対象を選ばないので、ビジネスでも
プライベートでも使えます。

正直、本書を読んでも、PDCA自体が
簡単になるわけではありません。

しかし、ステップ・バイ・ステップで
解説されているので、つまずく場所がわかり、
実行度は確実に上がると思います。

また、冨田さんのPDCAへの思いが強く、
読めば「動かされる」ものを感じます。

鬼速PDCAをすぐに実践したくなる、
なかなか刺激的な本でした。

この本から何を活かすか?

PDCAを鬼速で回す10のポイント

  1. 因数分解で精度の高い仮説を立てる
  2. 仮説思考、リーン思考で動く
  3. 常にインパクトの大きい課題、
   行動から着手する
  4. 行動のアイディアが湧いたらすぐに
   タスク化する
  5. 行動目標も必ず数値化
  6. ToDoの進捗管理は毎日行う
  7. こまめに検証を行う
  8. 要因分析は「思い込み」を外す
  9. 次のサイクルを迅速につなげる
  10. 小さいPDCAを同時に多く回す

また、PDCAのサイクルは、週1回ではなく、
「半週ミーティング」で回すことが、
鬼速で成長するための大きなポイントです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本列島100万年史

満足度:★★★
付箋数:23

NHK総合テレビで2008年から
放送されている人気番組「ブラタモリ」。

町歩きの達人・タモリさんが、ブラブラ
歩きながら、知られざる町の歴史や
人々の暮らしに迫る、探索バラエティです。

タモリさん独自の視点で街歩きを行い、
町に残された痕跡に出会いながら、
新たな魅力や歴史を再発見しています。

一見、地味そうに見える番組ですが、
タモリさんの目のつけ所と博識ぶりに、
「私もタモさんと一緒に散歩してみたい」
とファンを唸らせています。

本書は、そんなタモリさんに近づくための一冊。

  「幸いなことに、最近ではタモリさんが
  出演するテレビ番組 “ブラタモリ” などの
  おかげで、地形を見てそのでき方や発達史
  などに興味を持つ方が増えてきました。
  本書では、そのような方々のお役に立とうと、
  日本各地のさまざまな地形がどのように
  作られてきたかを分かりやすく説明して
  いきます。日本列島の成り立ちを単なる
  紙の上の知識ではなく、それぞれの経験に
  照らしながら理解していただこうとする
  ものです。」

ブラタモリに便乗と言えばその通りですが、
そこはブルーバックスですから、
専門家による研究をわかりやすく紹介し、
しっかりとした地形発達史の本に
仕上がっています。

本書では、おもに100万年前以降を中心に、
複雑な地形に富んだ日本列島の成り立ちを
解き明かします。

私たちが見慣れた景色の足元に隠された、
壮大な物語の世界へ導いてくれます。

著者は、首都大学東京の名誉教授である
山崎晴雄さんと、早稲田大学教授の
久保純子さんのお二人。

 第1章 日本列島はどのようにして形作られたか
 第2章 北海道
  2・1 大雪山と氷河期
  2・2 石狩平野と泥炭地
 第3章 東北
  3・1 三内丸山遺跡と縄文海進
  3・2 奥羽山脈と三陸リアス海岸
 第4章 関東
  4・1 関東平野はなぜ広いのか
  4・2 武蔵野台地と東京低地
  4・3 天下の険、箱根火山
  4・4 御殿場泥流と足柄平野
 第5章 中部
  5・1 富士山はどうして美しいのか
  5・2 日本アルプスと氷河
 第6章 近畿
  6・1 近畿三角帯-京阪神と中京の地形
  6・2 神戸と兵庫県南部地震
 第7章 中国・四国
  7・1 西南日本と南海トラフ
  7・2 瀬戸内海と中国地方
 第8章 九州
  8・1 九州シラス台地

全国を7つの地区に分けて2テーマで
掘り下げます。

関東のみ4テーマなのはわかりますが、
九州だけなぜか1テーマでした。

それぞれの地区で、現在の複雑な地形は
どのようにしてできたのか、
自然史を遡り見ていきます。

全体的にはプレートや地震についての
解説が多くなっています。

タモリさんの軽妙なトークと比較するのは
酷かもしれませんが、個人的にはもう少し
現在の日常から入って、地形発達史の
解説をして欲しかったところです。

この本から何を活かすか?

  「(大雪山の)高山帯の中の岩がごろごろ
  した場所で、 “ピチッ” という鳥のような
  鳴き声が聞こえたら、それはナキウサギ
  (エゾナキウサギ)です。
  体長20センチメートル弱の耳の丸い茶色い
  ウサギで、見た目は大きなハムスターの
  ようですが、前足で物を持たないので、
  れっきとしたウサギです。」

私は3年に1度くらいのペースで大雪山系の
山に登りますが、以前はよく見かけた
エゾナキウサギを、ここ10年くらい
見た記憶がありません。

あらためて調べてみると、エゾナキウサギは
準絶滅危惧種に指定されていました。

個体数が減っているようなので、
今後も出会える機会はそれほど多くない
のかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |