活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

満足度★★★付箋数:18  「人は賢くなっているのか?  “現代の私たちは祖先に比べて  考える能力が高いのか” という意味なら、そうではない。   “私たちは、経済発展にともなって増加する諸問題をはじめ、  今日の複雑な世界に対処する知的能力を進化させてきたか”  という意味なら、そうだ。(中略)  まちがいなく、 “知能指数(IQ)” は時代とともに  上がりつづけている。この事実はとても重要だ。  時代ご...

論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法 (ブルーバックス)posted with ヨメレバ倉島 保美 講談社 2015-05-21AmazonKindle楽天ブックス満足度★★★★付箋数:26A氏とB氏、2人が議論をしています。 A氏:「当社は国内ソフトウェア開発部門を大幅に縮小し、    ソフトウェア開発の拠点を中国に移すべきです。    人件費が日本の4分の1なので、大幅なコスト削減が    実現できます。    事実、Q...

シンプルに考えるposted with ヨメレバ森川亮 ダイヤモンド社 2015-05-29AmazonKindle楽天ブックス満足度★★★付箋数:25  「社長退任を機に、これまでの人生で経験したこと、  学んだこと、考えたことを、ひとりでも多くのビジネスパーソンと  シェアしたいと考えて本書を書きました。」本書の著者は、2015年3月にLINE株式会社の社長を退任し、現在はC Channel株式会社の社長を務める森川亮さんです。本書で明かされるのは、利...

マシュマロ・テスト:成功する子・しない子posted with ヨメレバウォルター・ ミシェル 早川書房 2015-05-22AmazonKindle楽天ブックス満足度★★★付箋数:221960年代に、スタンフォード大学のビング保育園である実験が行われるようになりました。それは園児たちに厳しいジレンマを突きつけるものでした。大好きなマシュマロが、1個だけ皿の上に置いてあって、それと向い合って、園児は1人でテーブルに着きます。マシュマロの脇には卓...

2015年改訂版 100%得をするふるさと納税生活完全ガイドposted with ヨメレバ金森 重樹 扶桑社 2015-05-31AmazonKindle楽天ブックス満足度★★★付箋数:23今の時代、何のリスクもなく得をすることは難しい。例えば、そんなおいしい状態が市場に存在すると、多くの人がその利益を得ようと殺到します。すると、あっという間に市場の歪みが解消され、利益が得られない状態になります。しかし、何のリスクもなく100%得することができるの...

ケンブリッジ式 経済学ユーザーズガイド: 経済学の95%はただの常識にすぎないposted with ヨメレバハジュン チャン 東洋経済新報社 2015-05-22AmazonKindle楽天ブックス満足度★★★付箋数:22  「大半のエコノミストの喧伝とは裏腹に、経済学には唯一の   “正しい” 理論も学派もない。この数十年間ほど新古典主義派が  経済学の主流派だが、少なくとも9つの学派があり、  それぞれ一長一短である。(中略)  諺に曰く “ハン...

我が逃走posted with ヨメレバ家入一真 平凡社 2015-05-27AmazonKindle楽天ブックス満足度★★★★付箋数:8  「この本は、僕、家入一真の、およそ十年余りのデコボコした日々を  まとめたものだ。前作『こんな僕でも社長になれた』を読み返すと、  そこには会社にも家族にも友人にも恵まれた、幸せいっぱいの  ひとりの社長がいて、なんだか遠い世界の物語のように思える。   “思えば遠くへ来たもんだ” とはよく言ったものだ...

アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術posted with ヨメレバ谷本 有香 ダイヤモンド社 2015-05-22AmazonKindle楽天ブックス満足度★★★付箋数:23  「私が、テレビキャスターやコメンテーターの仕事をする中で  見つけ出した方法です。話が苦手だと思っている人ほど、  実はうまくいくコミュニケーション術、   “アクティブ リスニング” です。」現在は、経済キャスターとして活躍する谷本有香さんも、もと...

満足度★★★付箋数:22自分としては、ちょっと意外な結果になりました。  「マエストロってどんな人?  マエストロは、生まれながらのリーダーです。   “権力” のアドバンテージから来る “自信” の言語と、   “威信” のアドバンテージから来る “卓越” の言語を話します。  決断力があり、結論に達するのが早く、行動力もあります。  ミーティングでは、自分の考えや目的を自信たっぷりに伝えます。  会話では、自分の思...

満足度★★★付箋数:26あなたが、会社でやるべきことは何でしょうか?会社勤めをしている人なら、この質問に答えられない人はいないでしょう。ほとんどのビジネスパーソンは、やらなければならない「MUST」の仕事を山のように抱えています。しかし、このMUSTの仕事しかやっていないと、仕事をこなすのが精一杯で、やらされ感が生じてしまいます。次に、あなたが、自分の役割を超えて、もし時間があったらやった方がいいと思うことは何...

満足度★★★★付箋数:28   「夕方のファミリーレストラン。  その日は、子ども連れのお母さんたちと、サラリーマンの  お客さまが多数いました。  店員の斉藤のり子さん(仮名)は困っていました。  子どもたちが騒ぐのはまだしも、座席から離れて、  フロアーを走りはじめたのです。  斉藤さんは、子どもたちのお母さんのところへ行き、  楽しそうに会話するママ友集団にお願いしました。   “他のお客さまの...

満足度★★★付箋数:26あなたが、4人家族だったとします。スーパーで売られているアジの開きを買う場合、次のどちらの買いますか?  A) 1枚120円で売られているのを4人分、480円で買う  B) 5枚で500円で売られているセットを買う家族は4人ですから、本当は4枚あれば足りますが、1枚あたりの単価がBの方が安いので、セットで買う人が多いのではないでしょうか。ここで大切なのは、AとBのどちらの買い方が合理的か?という話では...

満足度★★★★★付箋数:31とてつもなく実用性の高い本と出会いました。ダイヤモンド社の藤田さんから献本いただいた本ですが、この内容なら100%自腹で買っていたと思います。本書は、マイクロソフト社のエバンジェリスト、西脇資哲さんが独自の「プレゼン」メソッドを明かす本です。私は読み終わった本は、置き場所に困るので、大概は売ってしまうことが多いのですが、本書は間違いなく手元に置いておきます。と言うより、お世話にな...

満足度★★★付箋数:22  「人は誰もが、心の中に “いくつもの人格” を持った   “多重人格” です。しかし、通常は、仕事や生活の状況や  場面に合わせて、その “多重人格” の中から、ある人格を選び、  働き、生活しています。しかし、自分の中に隠れている   “幾つもの人格” に気がづき、それらに光を当て、意識的に育て、  状況や場面に応じて適切な人格で処することを覚えるならば、  自然に “幾つもの才能” が開花し...

満足度★★★付箋数:18本書は堀江貴文さんが書いた本ではありません。そう言うと、ゴーストライターが書いたのかと思われる方が、いるかもしれませんが、そういう意味ではなく、純粋に本書の主役は堀江さんではないということです。本書は堀江さんと親交のある8人のイノベーターが、それぞれに仕事論を語る本です。8人のイノベーターとは、書道家の武田双雲さん、元週刊モーニングの編集者だった佐渡島航平さん、kawaiiカルチャーの第...

満足度★★★付箋数:24ファシリテーションやファシリテーターという言葉が、以前より一般的に使われるようになりました。グループによる活動が円滑に行われるように支援するのが、ファシリテーションで、その場の進行役がファシリテーターです。では、普通のファシリテーターと、本書のタイトルになっている「イノベーション・ファシリテーター」とは何か違うのでしょうか?  「ファシリテーターとイノベーション・ファシリテーター...

満足度★★★★付箋数:17日経ビジネス編集部から献本いただきました。ありがとうございます。あなたは、重要な取引先の接待をセッティングするよう、命じられました。接待の成功の鍵を握るのは、店選びです。先方の好みの料理やアルコールが揃っていて、望んでいそうな環境の店を選ばなければなりません。失敗できない接待なら、事前にその店に行って、本当に大丈夫かチェックしてみる必要もあります。手土産も用意して、2次会もセッテ...

満足度★★★付箋数:21あなたは、友人や親戚にお金を借りれますか?親ならともかく、友人や親戚となると、お金を借りづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。  「日本人は人からお金借りるのに抵抗あるけど、  中国の若い人は自分を試したいからどんどんお金を借ります。  人から借りられることも能力なんです。」これは本書の著者、大城太さんが師匠から教わった知恵。実際に大城さんも起業する時には、親戚に頼んでお金...

満足度★★★付箋数:21あなたは、「ゼダバイト」という単位を聞いたことがありますか?キロバイトから始まって、メガバイト、ギガバイト、テラバイト、ペタバイト、エクサバイトと続き、その次がゼダバイトです。ゼダバイト(ZB)=2の70乗バイト2010年、世界に流れる情報量はついにゼダバイトの時代に突入したようです。更に、2016年には「ひと月」あたりのインターネットのモバイルトラフィック量が1.3ゼダバイトになると予想されて...

満足度★★★★付箋数:24私たちは、この社会で生きていく上で、様々な「理不尽」なことを経験します。その「理不尽」をもたらす原因は、一体何なのでしょうか?特定の個人が、理不尽の起因となることは、それほど多くありません。実は私たちが毎日暮らす上で感じる理不尽の9割は、「組織」がもたらすものなのです。組織は作られてから時間が経つと大きくなり、複雑怪奇化します。既得権益が発生し、次第にコントロールできなくなり、目...

満足度:評価せず付箋数:16タイトルの「わたしが神さまから教わった」というのは、「神さまのような人」から教わったという比喩表現かと思いましたが、どうやら本当に神さまから教わっているようです。  「わたしが神さまとお話できるようになったのは、  いまから26年前のことです。最初は、単語だけの会話でしたが、  子どもがことばを覚えるように、わたしと神さまの会話も、  時には、冗談も入り、そうかと思えば、哲...

満足度★★★付箋数:22  「知識労働者たるものは、仕事の中に、継続学習のプロセスを  組み込んでおかなければならない」これは経営学の巨人とも呼ばれたP.F.ドラッカーさんの言葉です。本書ではこの言葉を現代風に言い換えています。  「21世紀を生きる全てのビジネスパーソンは、自分の人生の中に、  継続学習のプロセスを組み込んでおかなければならない」本書は、「学び方を学ぶ」ための本。著者は、グロービス経営大学院...

満足度★★★付箋数:23あなたは、「群管理」という手法をご存じでしょうか?初めて聞く言葉という方も多いかもしれません。群管理とは、主に製造業で使われる手法の1つで、製品を製造ロットごとに管理し、工程のボトルネックの発見などに有効な手法です。ある連続した一連の業務を週や月などの時間の単位で区切り、その一単位ごとを「群」として管理まします。ところで資料作成の本で、なぜ製造業で使う管理手法の用語が出てくるので...

満足度★★★付箋数:202010年4月に設立されたばかりで、急成長を遂げている中国のスマートフォンメーカー「シャオミ(小米科技)」。年間で1機種のみ発売する手法で大量生産し、ハイスペックで低価格のスマホを販売し中国市場では、大きな支持を得ています。その勢いはとどまるところを知らず、中国国内だけでみるとアップルやサムスンを抜き、創業わずか4年でNo.1に、世界のシェアでも第3位に躍進しています。そのシャオミの快進撃を...

満足度★★★付箋数:22人間の知的活動は、すべて論理という約束事から成り立っています。論理力を身につけると、人の話をしっかりと理解でき、自分でも論理的に話ができるようになります。コミュニケーション能力全般をアップさせるだけでなく、発想力、想像力、表現力まで高めることができます。まさに論理力は、あらゆる場面で役立つ生涯の強力な武器なのです。ところで、これほど重要な論理力を、人はどうしてもっと必死に身につけ...

満足度★★★★付箋数:24本書の著者、長沼毅さんは、「科学界のインディ・ジョーンズ」と呼ばれる極限環境生物学者です。これまで、研究のために、北極、南極、活火山、深海など命の危険があるような場所に何度も足を運んできました。しかし、本当のところ長沼さんは楽に生きたいと思っていて、インディージョーンズというニックネームとは裏腹に、毎回毎回「もうこんなのは嫌だ」と思いながら、僻地への調査に赴いているそうです。な...