活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

巨大な夢をかなえる方法

巨大な夢をかなえる方法 世界を変えた12人の卒業式スピーチ巨大な夢をかなえる方法 世界を変えた12人の卒業式スピーチ
(2015/03/11)
ジェフ・ベゾス、ディック・コストロ 他

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:23

アメリカで大学の卒業式は一大イベントです。

貧しい家庭の出身ながら奨学金で大学に通った人も大勢いて、
卒業生は、その一族にとっては大きな誇りです。

ですから大学の卒業式には、一族の英雄を讃えようと、
入りきれないくらいの家族が押し寄せます。

1万人の学生に対し、2万人以上の家族がキャンパスを埋め尽くし、
ロックスターのコンサートに参加しているような熱気さえ
感じることもあると言います。

大学側も、そんな何万人もの聴衆を前に、
誰に卒業生向けのコメンスメント・スピーチ(祝賀スピーチ)を
依頼するのか、力を入れて人選を行います。

大統領、政治家、経営者、ノーベル賞受賞者、作家、俳優など、
卒業生や大学と縁が深く、模範となるような人選びますから、
選ばれる側にとっても、卒業式の講演を依頼されることは、
非常に名誉なことなのです。

本読は、世界を変えた12人が、これから社会人になる
卒業生に向けて行った、一世一代のコメンスメント・スピーチを
まとめたものです。

ちなみに、コメンスメント・スピーチと言えば、2005年に
スティーブ・ジョブズさんが、スタンフォード大学で行った
講演が有名ですが、本書には掲載されていません。

本書の12名は、次の3つの基準で選定し、本人または大学に
許可をもらってスピーチを掲載しています。

  1. 世界中の人々に大きなインパクトを与えた人物であること
  2. 日本との関わりが深いこと
  3. 講演内容の評価が高いこと

これらの基準で選ばれたのは、ジェフ・ベゾスさん、
ラリー・ペイジさん、ジェリー・ヤンさん、ディック・コストロさん、
シェリル・サンドバーグさん、ジャック・マーさん、イーロン・マスクさん、
サルマン・カーンさん、トム・ハンクスさん、メリル・ストリープさん、
マーティン・スコセッシさん、チャールズ・マンガーさんの12名。

  「まずはこの状況をツイートしなくては! ちょっと待ってくださいね。
  すぐ終わりますから・・・・。私はツイートのプロですからね。」

こう言って母校ミシガン大学でスピーチをツイートすることから
始めたのは、ツイッターCEOのディック・コストロさん。

  「本日の卒業式には男性も参列されていますね。
  いつも私たち女性を応援してくださっている男性の方々。
  今日は周りに男性が少なくて、ちょっと居心地が悪いのでは
  ないでしょうか。皆さん、どうぞ深呼吸してください。
  それから幸いなことに、男性トイレは空いていますから、
  ご心配なく。」

これは名門「女子大」のバーナード大学で行われた、
世界で最も影響力のある女性リーダーの1人と言われる、
フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグさんのスピーチです。

いずれのスピーチも、気が利いて機知に富んだ冒頭から、
一気に聴衆の心をつかみ、そこから人生の成功の秘訣を語ります。

時間にすると、およそ10分から20分程度の講演ですが、
その短い時間の中に、講演者の叡智が凝縮されています。

名講演を文字で見ると、改めてその内容の深さが伝わってきます。

この本から何を活かすか?

グーグルのラリー・ペイジさんは、かつて次のように言いました。

  「もし自分が財産を何かのために遺すとしたら、
  慈善事業に寄付するよりも、イーロン・マスク氏に譲ると思う。
  彼なら未来を変えてくれると信じているからだ。」

ウォーレン・バフェットさんと二人三脚でバークシャー・ハサウェイ
を成長させてきた、チャールズ・マンガーさんも、
イーロン・マスクさんにつては、「本物の天才だ」と
手放しで絶賛しているそうです。

そのマスクさんのカリフォルニア工科大学でのスピーチは、
次のように始まります。

  「 “クレイジーな人” と紹介されなくてよかったです。
  ご配慮いただき、ありがとうございます。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |