活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

海外大型M&A 大失敗の内幕

海外大型M&A 大失敗の内幕海外大型M&A 大失敗の内幕
(2015/04/08)
有森 隆

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:21

さくら舎さんから献本いただきました。ありがとうございます。

なぜ、日本企業による海外の大型M&Aは大失敗することが多いのか?

M&Aには様々なケースがあり、個々に失敗の原因はあるものの
その根底には共通した理由が存在します。

  「 “売って儲ける” という成功体験が、決定的に不足している。
  このことが、中身はボロボロなのに、表面だけをつくろい、
  厚化粧した会社を買わされてホゾを噛む根本的な原因になっている」

M&Aは食うか食われるかの世界です。

そこに資金だけ持った素人同然の日本企業がノコノコやってきても、
いいようにババを引かされて損をしているのが実情です。

  「企業の売り買いでは、 “売り手にリスクはないが、
  買い手に高いリスクがともなう” 。買い手は30%程度のプレミアム
  (割増金)を支払う。売り手は高いプレミアムを受け取って撤退する。
  インドの後発薬メーカーのオーナー兄妹は、第一三共に超高値で
  会社を売って大富豪になった。いまでは “病院王” の名を
  欲しいままにしている。M&Aは、売り手がボロ儲けできるのである。」

本書は、バブル期から現代までの日本企業による海外の大型M&A
の内幕を冷静かつ詳細にレポートします。

著者は経済事件に関する取材経験豊富なジャーナリストの有森隆さん。

本書では次の名だたる日本企業によるM&A、9例を取り上げ、
そこに潜んでいた罠を明らかにし、教訓を導き出します。

  第1章 武田薬品工業 ― グローバル化を急ぐ落とし穴
  第2章 ブリジストン ― 権限移譲が招いた蹉跌
  第3章 ソニー ― 買収事業のマネジメントを丸投げ
  第4章 三菱地所 ― 日本流の投資判断は通用せず
  第5章 松下電器産業 ― 戦略なき財テク買収の末路
  第6章 日本たばこ産業 ― 海外巨額M&Aの代償
  第7章 日本板硝子 ― グローバル経営の人材・力量不足
  第8章 第一三共 ― “ババ”をつかまされた調査能力の欠如
  第9章 キリン ― M&Aで売上高達成の目論見ならず

巨大M&Aでよく見られるのが「のれん」代での失敗です。

「のれん」とは、買収された企業の時価評価純資産と
買収価額との差で計算されます。

企業の持つブランドやノウハウ、特許権など、
目に見えないけれども価値がある「営業権」と呼ばれる
無形固定資産のことです。

大型案件の場合、「のれん」代の計上と償却負担は巨額になり、
買収した企業の業績に大きな影響を与えます。

  「のれん代がふくらむ失敗は、売上を重視して買った場合に
  共通している。売り上げが伸びさえすれば、利益は後から
  ついてくると安易に考えて、買収に乗り出す。
  当然のれん代は大きなものになる。
  利益を重視して買収すると、のれん代は低く抑えることができ、
  買収後の影響を最小限に食い止めることができるのである。」

本書では、入念な取材を行い、M&A失敗の原因究明に、
経営戦略面と人物面の両面から迫ります。

成功より失敗からは学ぶことが多いものです。

日本企業による海外進出の必要性は、以前にも増して高まって
いますから、必ずと想定外のことが起こる海外のM&Aにおいては、
本書の失敗例は教訓として貴重です。

この本から何を活かすか?

バブル期に三菱地所がニューヨークの象徴でもある
ロックフェラー・センターを買収したことが、
アメリカ国民の反感も買い大きなニュースとなりました。

なぜ、ロックフェラー・センターの買収は失敗したのか?

  「転売目的でロックフェラー・センターを買収したのなら
  まだしも、一等地の値上がりを期待するという日本流の
  投資判断で買収したことが、失敗の最大の原因だった。
  老朽化したロックフェラー・センターは、そもそも投資目的に
  かなう物件ではなかったのである。」

けっこう懐かしいM&Aの物語も本書では紹介されていますが、
同じ轍を踏まないために、失敗の歴史を学ぶ必要がありますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |