活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

シンプルに生きる。シンプルに考える。

シンプルに生きる。シンプルに考える。シンプルに生きる。シンプルに考える。
(2015/02/25)
ジュード・カリヴァン

商品詳細を見る

満足度:評価できず
付箋数:13

アスペクトの清水さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

本書は献本いただかなければ、私は読まなかったであろう、
スピリチュアル系の本です。

スピリチュアルということで、最初はちょっと身構えましたが、
意外と普通に読めたというのが正直な感想です。

著者はその世界では有名なジュード・カリヴァンさん。

何でも世界的なヒーラーで、科学者だとか。

ちなみにヒーラーとは、どういう人なのかよくわからなかったので、
Google検索してみました。

あるサイトでは、次のように説明されていました。

  セラピスト:比較的積極的なアプローチで治療を行う人
  カウンセラー:受動的な立場で相談を聞く人
  ヒーラー:何らかのエネルギーで治療を行う人

カリヴァンさんのロフィールを見ると、
オックスフォード大学で宇宙物理学と量子物理学を学び、
その後、古代人の宇宙観を学ぶために考古学を学び
博士号をとったと紹介されています。

ビジネスウーマンとして成功をおさめた後、世界各地の人々の
意識をトランスパーソナルな宇宙意識と一体化させ、
1人ひとりが癒やされることを目指して、
世界各地で講演やカウンセリングを行っているそうです。

また、知らない用語が出てきたので調べてみると、
トランスパーソナル(心理学)とは、ウィキペディアには、
人間性心理学における自己超越の概念をさらに発展させたと
される心理学と書かれていました。

宇宙意識については、本書にも書かれていますが、
私には今ひとつ理解できない概念です。

さて、本書は翻訳本ではなく、カリヴァンさんが
日本の読者へ向けて書き下ろした本です。

本書では人間が4つの要素から成り立っていると考えます。

  感情 : あなたの受け止め方によって現れる心理システム
  身体 : あなたが生まれた時からもっている生命システム
  精神 : あなたの現実をつくっていく精神システム
  魂 : あなたの成長を促す宇宙システム

これらの4つの要素が、それぞれ1つの章として語られていますが、
すべての要素が統合されてこそ力が発揮されるようです。

  「大切なのは、この4つのうち、どれかに著しく偏ることなく、
  それぞれの要素を磨いていくこと。この4つをバラバラにせず、
   “統合的な成長” を目指すことです。
  これができれば、あなたを停滞させるような悩みや迷いの
  ほとんどは消え去ります。あなたがこうなりたいと思う、
  理想の姿に近づけます。」

本書ではこの4つの要素を磨いて生きるための、
シンプルな50のヒントを紹介しています。

個人的には「感情」、「身体」、「精神」までの章は、
納得感はありましたが、さすがに「魂」の章になると、
ついていけない部分が結構出てきましたね。

ただし、スピリチュアル一辺倒の本ではないので、
私のようにこれまでスピリチュアルを敬遠していた人でも
参考にできる本でした。

この本から何を活かすか?

  目覚めの背骨ストレッチ

  1. ベッドに仰向けの状態で、両脚・両足をまっすぐに伸ばす。
   両腕は頭の上にまっすぐに伸ばす。

  2. ゆっくりと息を吸い、手の指と足先を伸ばしながら、
   からだ全体を伸ばす。エネルギーが手の指先から両腕に伝わり、
   背骨を通って、両足の指先まで伝わることを感じる。

  3. このままの体勢を維持して、5秒間ゆっくり呼吸する。

  4. そのあとゆっくりと息を吐き出し、からだをリラックスさせる。

今朝、本書に紹介されていたこのストレッチをやってみたところ、
起きた瞬間の体への力の入り方が違ったように感じました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 06:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |