活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ぼくは「技術」で人を動かす

ぼくは「技術」で人を動かす――今いるメンバーで結果を出す{チームリーダー}のレシピぼくは「技術」で人を動かす――今いるメンバーで結果を出す{チームリーダー}のレシピ
(2015/02/06)
高島 宏平

商品詳細を見る

kindle版 ぼくは「技術」で人を動かす

満足度★★★
付箋数:24

  「 “ここに書いてあること全部できるようになったら、
  すごいリーダーになるなあ” 
  今、改めて原稿を読んでみて思いました。
  けっこう、いいことたくさん書いてある。
  そうです、この本は “私が身につけたリーダーシップ” だけでなく
   “私が身につけたいリーダーシップ” も多く含んでいます。」

本書はオイシックス社長、高島宏平さんによる
リーダーシップの教科書。

対象となるリーダーは、数名のグループのリーダーから、
企業のトップまで、あらゆる規模のリーダーの取るべき行動が
まとめられています。

オイシックスは、生鮮食品をネット通販で扱う世界初の会社として、
2000年6月に高島さんが創業しました。

現在では東証マザーズに上場し、従業員数700人を超える企業に
成長しています。

本書には、苦難を乗り越え、オイシックスを軌道に乗せた、
これまでの高島さんの経験が詰め込まれています。

高島さんは、リーダーに資質は必要ないと言います。

リーダーシップは、練習さえすれば、誰にでも身につけられる
「技術」として本書では語られます。

  「リーダーシップは、 “わかる” と “できる” に
  ちょっと距離があるスキル。
  本書ではこれから、私が悪戦苦闘の中から学んだチームで
  勝つためのスキルを、手順通りにやれば誰でも再現できる
   “レシピ” としてまとめました。」

  PART1 {観察}のレシピ
    今いるメンバーの本当の「強み」を知る
  PART2 {伝達}のレシピ
    今いるメンバーの心にあなたの言葉を届ける
  PART3 {配置}のレシピ
    今いるメンバーの「適材適所」を究める
  PART4 {巻き込み}のレシピ
    今いるメンバーにチームを「自分ごと」にしてもらう
  PART5 {育成}のレシピ
    今いるメンバーを勝利のために成長させる
  PART6 {立て直し}のレシピ
    今いるメンバーが抱える「負け癖」を取り払う
  PART7 {成長}のレシピ
    今いるメンバーとともにリーダーも成長して「勝利」する

リーダーシップは発揮するものですが、
その前に本書では、「メンバーを知る」ことから始めます。

メンバーをよく知らなければ、適切な量の仕事を振ることも
できませんし、どんな仕事に合っているのかもわかりません。

チームとして成果を上げるには、
今いるメンバーをどう配置するかが重要なのです。

ですから、リーダーとして振る舞う前に、
メンバーの得手不得手を知り、持っている本質を
見抜いておく必要があるのです。

高島さんが実際にやって、失敗したことも成功したことも
書かれていますから、机上の理論ではなく、
リアルなリーダーシップ論として伝わってきます。

巻末に付録として掲載されているチェックリストは、
リーダーとして今抱えている問題やつまずきから、
レシピを逆引きすることもできて便利です。

この本から何を活かすか?

  勝ち続けるための2つの「思考実験」

高島さんはリーダーとして成長するために、
次の2つの「思考実験」をよくするそうです。

  思考実験1
   「自分がたった今、雇われ社長としてオイシックスに
   入ったら何をするか?」

  思考実験2
   「オイシックスは他人が経営する会社で、自分がコンサルタント
   だったら、何を社長に提言し、どこを注意するだろうか?」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |