活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

新版 すべては「前向き質問」でうまくいく

新版 すべては「前向き質問」でうまくいく 質問思考の技術/クエスチョン・シンキング新版 すべては「前向き質問」でうまくいく 質問思考の技術/クエスチョン・シンキング
(2014/12/26)
マリリー・G・アダムス

商品詳細を見る

kindle版 新版 すべては「前向き質問」でうまくいく

満足度★★★
付箋数:21

  「われわれは人生のどの瞬間にも、地図に描かれた二つの道、
   “批判する人の道” と “学ぶ人の道” の間で選択を迫られている。」

「批判する人」は、何か問題が起こると「誰のせい?」と考え、
最後には泥沼にはまり身動きがとれなくなります。

「学ぶ人」は、同じ問題に対し「何をしたらうまくいく?」と考え、
新しい道や可能性を見つけます。

「質問」には力があります。

しかし、「批判する人」がする質問は他人や自分を傷つけ、
「学ぶ人」がする質問は、前向きになり問題解決に導く、
180度違った効果を発揮します。

本書は、自分自身や他者への質問を変えることで、
前向きな思考や建設的な結果を手に入れる思考法
(クエスチョン・シンキング)をストーリーで身につける本です。

著者のマリリー・G・アダムスさんは、エグゼクティブ・コーチ、
および企業コンサルタント。

本書で紹介されるクエスチョン・シンキングは、
NASA、国防大学、ロッキード・マーティンなどで採用され
目覚ましい効果を上げた実績があるそうです。

クエスチョン・シンキングができるようになると、
職場での人間関係はもちろん、プライベートでも恋人や家族、
友人関係など、あらゆることが好転します。

物語の主人公は、プロジェクト・リーダーを務める、
ベン・ナイトという男性です。

ベンは前職の上司に誘われ、Qテック社に転職しました。

そこで責任の重い管理職ポストに就きますが、
自分の能力を超えた難題に直面します。

メンバーのマネジメントに苦戦し、業績が上がらずに
追い詰められ、自分にはそれを克服する
能力はないと考え、辞表を書きました。

しかし、上司はもう一度彼にチャンスを与えようと、
ジョゼフ・エドワーズという人物を紹介します。

エドワーズは、質問を前向きにすることで思考を変え、
よりよい仕事、人間関係、恋愛、ひいいては人生を
送れることを提唱する、エグゼクティブ・コーチでした。

ベンは、物語の中でエドワーズとの対話から、
クエスチョン・シンキングを学び、
少しずつ事態を好転させていきます。

本書はストーリー部分と解説をサンドイッチする形式でなく、
第1章から第8章まで、完全な物語になっています。

物語は非常に読みやすく、クエスチョン・シンキングを
使う前と、使った後ではどのような変化があったか、
明確にイメージできるように書かれています。

物語の中で登場する「スペシャル・ワークブック」が
ありますが、そこに入っている「8つのツール」は、
付録として巻末に掲載されています。

  ツール1 自分への質問
  ツール2 他人への質問
  ツール3 選択の地図
  ツール4 学ぶ人と批判する人の質問リスト
  ツール5 自分自身の観察タイム
  ツール6 スイッチング・クエスチョン
  ツール7 思い込み撲滅トレーニング
  ツール8 変化のための12の質問

これらのツールを使うと、揺るぎない自信が持てるようになり、
リーダーシップも身につくようです。

この本から何を活かすか?

本書は2010年にディスカヴァー・トゥエンティワンから
刊行された『すべては「前向き質問」でうまくいく』の新版です。

また、2010年の版も、実は同社から2005年に刊行された
QT 質問思考の技術』の改訂版です。

つまり、本書は2005年に出された本の2度目の復刻版。

2015年1月31日時点で、新版にはアマゾンのレビューが
入っていませんが、購入を検討される方は、
旧版・旧々版のレビューを参考にするといいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |