活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ニコニコ哲学 川上量生の胸のうち

ニコニコ哲学 川上量生の胸のうちニコニコ哲学 川上量生の胸のうち
(2014/11/14)
川上 量生

商品詳細を見る

kindle版 ニコニコ哲学-川上量生の胸のうち

満足度★★★
付箋数:22

  「この本は、川上量生さんのインタビューをまとめたものです。
  僕が運営するウェブメディアcakes(ケイクス)での連載原稿が
  もとになっています。川上さんが普段考えている、
  いろんなテーマについて、じっくり話を聞いてみたいという
  ご提案をいただいて実現したもので、延べ10時間以上
  お話をうかがいました。」

本書は、KADOKAWA・DWANGOの会長になった川上量生さんに、
加藤貞顕さんがインタビューした内容をまとめたもの。

加藤さんは岩崎夏海さんの出世作『もしドラ』の担当編集者
だった方です。

川上さんがドワンゴのCTO(最高技術責任者)になった際に、
やった改革で「女子マネ弁当」という施策があります。

以下、その施策についてのインタビューを一部抜粋します。(敬称略)

  加藤 女子マネ弁当!(笑) ふたつのギャップがすごいんですけど。
     女子マネ弁当は、ネットでも話題になっていました。
     毎朝、女子マネージャーが弁当を配ってくれるという、
     画期的な制度ですよね。

  川上 そういう面白い施策が必要だと思ったんです。
     あの企画、ずっと前からアイディアはあったんですよ。
     1年に1回くらいは会議で “やりたいね” って浮上するけど、
     実行されずに消えていくネタだった。
     それを、今こそやるべきだ! と思って(CTOになったときの)
     公約にしたんです。

  加藤 これはエンジニアは限定でやっているんですか?
  
  川上 エンジニア限定です。だってこれ、CTOとしの企画なので(笑)。
     エンジニアの士気を上げるためにやっています。
     うちの会社、エンジニアが朝にちゃんと出社しないんですよ。
     営業職や企画職の社員はちゃんと来ているのに。

  加藤 エンジニアはそんなに朝に来ないんですか。

  川上 ほとんどが午後1時とか2時に来て、午前中に来ているのは
     300人中10人くらいだった。

  加藤 この女子マネ弁当を始めて、出勤時間はどれくらい
     改善されたんですか?

  川上 100人くらいは午前10時半に来るようになりましたよ。

この「女子マネ弁当」とは、女子マネージャーのように
体操服を着た女子が、ドワンゴのエンジニアと一緒に
ラジオ体操をして、体操した社員に弁当を手渡しするというもの。

こんなことを本気で実施してしまうのがスゴイですね。

世間で若き天才経営者と呼ばれるような川上さんから、
本音を聞き出すのは、なかなか難しい作業です。

しかい、加藤さんは、本書でそこをうまく引き出しています。

  「ぼくが語ったのは、世間ではあまりそうは思われていない
  けれどもぼくが正しいと信じていること、そして一定以上の人が
  理解が可能であろうレベルの理屈として説明可能なことである。
  世間に公表しても、面白いと思う人はある程度は存在するだろうと
  ぼくが確信できる範囲の内容をしゃべったつもりだ。」

起業家であると同時に、思想家でもあり活動家でもある川上さん。
ときに徹底的に論理的で、ときに徹底的にバカをやる。

そして1億年先を考える思考を本書では語りつくします。

この本から何を活かすか?

理系と文系という区分けは意味がないと言われることもありますが、
川上さんはこの2つに明確な違いがあると考えます。

  「文系の論客は、言葉は道具だと考え、論理を手段として扱う。
  そして、理系の研究者は、論理的に正しいことは何なのか、
  ということに興味がある。」

つまり、論理的だから理系だとか文系だとかということではなく、
論理の使い方が、理系と文系では全く違うということ。

論理を使って他人を説得したいのが文系で、
論理で一般法則や真理を探求したいのが理系のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |