活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

THINK LIKE ZUCK マーク・ザッカーバーグの思考法

THINK LIKE ZUCK マーク・ザッカーバーグの思考法THINK LIKE ZUCK マーク・ザッカーバーグの思考法
(2014/05/13)
エカテリーナ・ウォルター

商品詳細を見る

kindle版 THINK LIKE ZUCK マーク・ザッカーバーグの思考法

満足度★★★
付箋数:21

もし、あなたがビジネスで困難な状況に直面していたり、
あるいは新しくビジネスを始めようとしているなら、
次の質問を自分にしてみてください。

こんなとき、マーク・ザッカーバーグさんならどうするか?

その答えが、本書の中にあります。

マーク・ザッカーバーグさんは、世界最大のSNSサービス
フェイスブックの創始者で、CEOです。

2013年12月現在、フェイスブックの1日あたりの
アクティブユーザー数は平均7億5700万人。

フェイスブックを国にたとえると、中国、インドに次ぐ
世界第3位の規模にもなります。

そんなサービスを生み出した、ザッカーバーグさんの
思考法をまとめたのが本書です。

ザッカーバーグさん自身にはなれなくても、
ザッカーバーグさんの思考を真似ることはことはできる。

  「ザッカーバーグはフェイスブックについて “一代で築き上げた、
  最も影響力ある情報配信の仕組み” と表現している。
  はたして、その秘密はどこにあるのか ― 
  その答えを出すのが本書の目的である。
  本書はフェイスブックの歴史を振り返りながら、
  成功の謎を解き明かしていく。FBを率いるリーダーの人物像、
  そのビジョンやリーダーシップ、有能な人材を集める才覚など、
  一大帝国を築き上げた秘密に迫りたい。」

本書の著者は、経営やマーケティングのオピニオンリーダー
として注目を集める女性論客のエカテリーナ・ウォルターさん。

ウォルターさんは、次の「5つのP」という切り口で
ザッカーバーグさんの思考法を読み解きます。

  1. 情熱(Passion)
  2. 目的(Purpose)
  3. 人材(People)
  4. 製品(Product)
  5. パートナーシップ(Partnerships)

ただし、ウォルターさんが挙げるザッカーバーグさんの思考法は、
あくまで過去のエピソードや言動から読み解いたもので、
ザッカーバーグさん自身が、「そのときこう考えた」と
実際に語ったものではありません。

ウォルターさんの想像を大いに含んでいます。

そこで、本書が抽出した思考法が本当に通用するかを
検証するために、フェイスブック以外の企業やリーダーにも
共通する成功要因になっているかを確認しています。

  「本書で取り上げるのはフェイスブックにとどまらない。
  デザイナーズ系衣料販売サイトのスレッドレス、
  コメディ専用動画サイトのカレッジヒューモア、
  靴販売のトムス(TOMS)、デザイン家電のダイソン、
  靴・衣料販売のザッポスなど、さまざまな企業の事例を挙げながら、
  本書で取り上げる鉄則の大切さを検証していく。
  こうしためざましい成功を収めている企業でも、
  本書が提案する価値観や鉄則が生かされているはずだ。」

ザッカーバーグさんというより、ウォルターさんの考えが、
色濃く反映している部分もありますが、
それはそれで、十分に参考にできる内容でした。

この本から何を活かすか?

ウォルターさんは長年のリーダーシップの研究を重ねた結果、
有能なリーダーの資質を10項目にまとめ、
それを「リーダーシップのハチドリ効果」と命名しています。

なぜ、ハチドリなのか?

ハチドリは、世界最小の鳥で、前にも後ろにも横にも上下にも
飛ぶことができ、空中に静止することもできます。

鳥の中では、脳の割合が最大で賢く、そして驚くほど勇敢。

また、必要に応じて羽の色を周囲に溶けこむ色に変えたり、
逆に目立させたりすることもできるようです。

私は、結局、なぜハチドリなのかが、
いまひとつピンときませんでしが、10の資質は次の通りです。

  柔軟性・管理能力・機動力・戦略思考・不屈の精神
  ・怖いもの知らず・結果重視・直感・性格・自己啓発

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 10:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |