活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?

スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?
(2014/04/17)
ジョン・ムーア

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

  「本書では46の “ルール” を紹介していく。
  スターバックスの “ルール” とは、一つひとつがスターバックスの
  本質を表す言葉で、これまで一度も文章にされたことはない。
  口伝の知恵として、スターバックスの内部にとどまっていたのだ。」

このように語るのは、スターバックスで8年間、
マーケティングプログラムの作成と実行に携わり、
現在はコンサルタント会社を主宰するジョン・ムーアさん。

本書は、経営者の言葉、プロジェクトチームがスローガン、
プロジェクトで得たアハ体験など、スターバックス社内に伝わる
暗黙の非公式な知見に基づいて書かれています。

では、タイトルにもなっている「スターバックスはなぜ
値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか? 」
に関するルールを見てみましょう。

スターバックスが値下げしないことに関しては、
7番目のルールで語られています。

  「低価格戦略は、結局高くつくと心得よ。」

実はスターバックスは、1990年代に「お客様感謝デー」と銘打って、
割引セールを実施したことがあります。

セールで売上は伸びたものの、供給網に負担がかかると同時に、
完璧な一杯のコーヒーをつくり、お客様に心から満足して
もらうことに気が配れなくなったことから、数年間でセールを中止。

役員はこの失敗を教訓とし、従業員は価格に見合った素晴らしい
コーヒーを提供することこそが重要であることを、
改めて肝に銘じたそうです。

次に、なぜCMをしないのかという点については、
いくつかのルールの中で語られています。

ここでは、その中から代表して2つのルールを紹介します。

  「マーケティングはすべての社員の仕事の一部である」

このルールからスターバックスでは、
CMよりもお客様の「店舗でのエクスペリエンス(体験)」を
重要なマーケティングとして位置づけています。

お客様とのかかわり、地域とのかかわりこそが、
面白いテレビCMをつくることより、
効果的なマーケティング手法だと認識しています。

そしてあえてブランドづくりをせず、美味しいコーヒーに
対する理解を得ようと、熱意をもって取り組むことで、
強固なブランドがつくられると考えているようです。

  「出店が最大の広告である」

スターバックスのロケーショニング戦略は、
「中心の中心に」と呼ばれるもので、人目につく往来の多い
角地の中から最適な場所に出店します。

最近では店舗数が増えて、その戦略が若干薄らいできた
印象もありますが、CMを流す代わりに、
ロケーションにこだわっていたことは確かです。

本書はあくまで、スターバックスのマーケティングの教訓を
まとめたものですが、その手法は業種を問わず
参考にできるところがあります。

ちなみに、本書はディスカヴァー・トゥエンティワンから
2007年に刊行された『スターバックスに学べ』を
改題・再編集したものです。

そのため、巻末の「スターバックス役員たちの本棚」で
紹介されている本は、それ以前に刊行された
少し古めの本が多くなっています。

この本から何を活かすか?

「自己満足に陥るな、現状維持に抵抗せよ、うぬぼれを打ち砕け
(Abhor Complacency. Resist Conservatism. Fight Conceit.)」

これは本書の人材育成の章に書かれていたルールです。

Complacency(自己満足)、Conservatism(現状維持)、
Conceit(うぬぼれ)の3つの「C」に屈しないというもの。

リズムもいいし、個人でも使えそうなフレーズでイイですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 09:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

僕がグーグルで成長できた理由

僕がグーグルで成長できた理由(わけ) 挑戦し続ける現場で学んだ大切なルール僕がグーグルで成長できた理由(わけ) 挑戦し続ける現場で学んだ大切なルール
(2014/02/26)
上阪 徹

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:21

「人類が使うすべての情報を集め整理するという」
壮大な目的を持って、検索以外にも様々なサービスを提供し、
ITの世界をを牽引するグーグル。

「働きがいのあるグローバル企業」ランキングでも1位に輝き、
世界中から優秀な人材が集まっています。

そんなグーグルの中で、「最も活躍する日本人」と呼ばれる
人物がいます。

その人物とは、現在、グーグルの東京オフィスで
製品開発本部長を務めている徳生健太郎さん。

グ―グルで最も活躍する日本人とは、どのような人物なのか?

いかにして彼は、創業者ラリー・ペイジさんも認めるような、
目覚ましい実績を上げるようになったのか?

本書はインタビュー本に定評のある上阪徹さんが、
徳生さんに直接、長時間の取材を行い、
世界トップレベルの現場で結果を出す秘密に迫った本です。

元々は、日経ビジネスオンラインにおいて2012年8月から
2013年7月まで、20回に渡り連載して好評を得ていた、
「グーグルで最も活躍する日本人の軌跡」の記事がベース。

本書はその記事に加筆修正を行い、書籍化したものです。

徳生さんは、進学校として有名な筑波大学附属高校に
通っていましたが、日本の受験勉強に違和感を覚え、
高校3年の6月に突然、中退。

そして単身、アメリカに渡ります。

現地の高校に編入した後、コーネル大学へ進学。

コンピュータサイエンスを学び、スタンフォード大学大学院へ
進み、卒業後はシリコンバレーのベンチャー企業に就職します。

順風満帆だった徳生さんの技術者としてのキャリアは、
ITバブルがはじけたことで一転、35歳でレイオフを経験します。

その後、2003年に米グーグルで2人目の
インターナショナル・プロダクトマネジャーとして入社します。

徳生さんがグーグルに入社して初めて挑んだミッションが
検索連動型広告の多国展開でした。

徳生さんが入社当時のグーグルは、現在ほど国際展開が
進んでおらず、検索連動型広告のインターフェイスが
対応していたのは、わずか7言語に過ぎませんでした。

新しい言語に対応するためには、各通貨への対応や支払い方法の
仕組みづくりが必要で、当時、2年かけてやっと7言語に
対応するペースで展開されていた状況でした。

そんな中、ラリー・ペイジさんから、徳生さんに出された要求は、
1四半期で20ヶ国に展開せよという無謀なものでした。

グーグル内で誰もが、「20ヶ国同時なんて無茶だ」、
「あり得ない」と考える中で、徳生さんは20ヶ国もの翻訳を
一気に進め、各国で検索連動型広告ができるプロダクトを
本当に作り上げてしまいました。

この困難極まりないプロジェクトを成功させたことで、
徳生さんは、優秀な人材の宝庫であるグーグル社内を驚かせ、
その名が広く知られるようになりました。

本書では、有名進学校をドロップアウトしてから、渡米し、
現在のようにグーグルの「顔」として活躍するようになるまでの
徳生さん半生をレポートします。

上阪さんは、取材をする中で、徳生さんが渡米して身につけた力は、
何より「強さ」だったのではないかと感じています。

また、本書は徳生さんの仕事ぶりを通じて、
グーグルの社風や価値基準なども描いていますから、
グーグル自体に興味がある方も満足できる内容になっています。

この本から何を活かすか?

  「アメリカこそ正しい」という思い込み

徳生さんは、アメリカに渡った直後、普通、トイレのドアは、
誰も入っていないときは「開けておく」と教わりました。

中に誰も入っていないことがわかり、ノックの必要もないので、
さすがアメリカ式は能率的だなと関心したそうです。

この時は、日本はなんて能率が悪いんだとも感じたとか。

しかしその後、フランスでも、トイレのドアは普通、
閉めておくことを知り、トイレのドアに関して特異なのは、
日本ではなくアメリカだったことに気づいたそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッキンゼー流 入社1年目ロジカルシンキングの教科書

マッキンゼー流 入社1年目ロジカルシンキングの教科書マッキンゼー流 入社1年目ロジカルシンキングの教科書
(2014/04/22)
大嶋 祥誉

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:24

「論理的思考(ロジカルシンキング)」はビジネスで必要ですが、
それだけではダメだとも言われます。

なぜでしょうか?

少し考えると、思い当たることがあるでしょう。

「言っていることは正しいはずなのに、うまくいかない」など、
いくら論理的には正しくても、状況によっては、
その判断がベストではないことがあるからです。

それでは、その状況に合った最適な判断をするためには、
論理的思考以外に、何が必要なのでしょうか?

それが、「クリティカル思考」。

本書はタイトルが「ロジカルシンキングの教科書」と
なっていますが、大嶋祥誉(おおしま ちさよ)さんが伝えるのは、
「クリティカルに考え(深い洞察による自分の考えを持ち)、
ロジカルに展開する(わかりやすく伝える)」方法です。

それこそが、本物の論理思考です。

本物の論理思考は、その人にしかできない深い洞察が
前段階にあるので、独創的で人を動かすことができるのです。

大嶋さんが伝える「マッキンゼー流ロジカルシンキング」とは、
常にゼロ発想、仮説思考で、その場に最適で的を射た
「新しい答え」をクリエイティブにつくっていくものです。

ですから、論理的に正しいだけで、「そんなこと言われなくても
わかっている」といった、当たり前のことは言わないのです。

具体的に本書では、次の3つのSTEP考えます。

  STEP1 前提を自分でちゃんと確認する(それは本当?)
  STEP2 深く根拠を調べて伝える(~だからそうだよ)
  STEP3 自分だけの深い意見を持つ(それ、いいね)

一般的なロジカルシンキングの本では、思考を整理するために
フレームワークをたくさん紹介していますが、
本書では、それほど多くのフレームワークは紹介されていません。

せいぜい、ピラミッドストラクチャーぐらいです。

それよりも、本書が多くのページを割いて説明しているのは、
「クリティカルに考える」というパートです。

大嶋さんは、世の中には2種類の人がいると言います。

それは「考えが浅い人」と「考えが深い人」です。

考えが浅い人とは、あまり何も考えない、
あるいは、わかっているつもりになって深く考えない、
考えているつもりでも、浅いところで思考停止になっている人のこと。

一方、考えが深い人は、目的を常に意識し、
思考パターンの枠を抜け出すことを考え、So What? Why So?
と問い続けることのできる、クリティカルな思考ができる人のこと。

このクリティカルな思考は、頭の良さによるものではなく、
その人の思考の習慣によるものです。

鍛えると、誰でもクリティカルに思考できるようになるようです。

本書は『マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書
に続くシリーズ第2弾。

前著では、広く一般的なテーマを扱っていたので、
正直、スキルが身につくという印象の本ではありませんでした。

それに比べると、本書はテーマも絞られ、
他のロジカルシンキング本と比べてもしっかり差別化されていて、
かなり良かったですね。

この本から何を活かすか?

本書では、クリティカルな思考を鍛える7つの習慣を紹介しています。

  習慣その1 身近な人にあえて「具体的」に話す
  習慣その2 「乗っかる」のをやめる
  習慣その3 ニュースの見出しから「別のこと」を考える
  習慣その4 衝動買いの前に考える
  習慣その5 事実と意見を区別する
  習慣その6 ソクラテスになってみる
  習慣その7 言葉の曖昧さに甘えない

私も、考えるのが面倒になると「乗っかる」ことがあるので、
安易に乗っかるのは改めたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

体感する宇宙

体感する宇宙体感する宇宙
(2014/04/10)
竹内薫

商品詳細を見る

kindle版 体感する宇宙

満足度★★★
付箋数:20

あなたは、無重力を体験したことがありますか?

無重力でパッとイメージするのが、宇宙船や宇宙ステーションで、
宇宙飛行士がふわふわと漂っているシーンです。

まだ一般の人が簡単に宇宙に行ける時代にはなっていませんから、
無重力を体験したことがある人は少ないでしょう。

遊園地にあるアトラクション、「フリーフォール」に
乗ったことがある人は、わずか数秒間ですが、
無重力を味わったことがあるはずです。

しかし、宇宙船やフリーフォールに乗らなくても、
もっと簡単に無重力に近い状態を「体感」することができます。

  「1分間、逆立ちをしてみよう。」

すると、いったいどうなるか?

多くの人は、頭に血が上って頭が重いと感じるでしょう。

  「その、頭が重くてくらくらする感覚が無重力だ!」

私たちの体は、普段、地球の重力の影響を受けて
生活していますから、血液などの体液は足に向かって
引っ張られる状態になっています。

しかし、重力がなくなると血液などが足の方に
引っ張られなくなり、頭の方に溜まってしまうそうです。

無重力でむくんだ顔が「ムーンフェイス」と呼ばれるのは
このためです。

ですから、1分間逆立ちをした後の、頭に血が上って
くらくらする感覚は、無重力になった状態と似ているのです。

無重力というと、ふわふわと浮いた楽しそうなイメージですが、
実際には体調が悪くなることが多いようです。

顔がむくむ以外にも、足で体重を支える必要がないので、
下半身の筋肉が落ちて骨が細くなり、
宇宙飛行士の中には、宇宙飛行の後に心臓や脳に
重大な疾患が見つかったケースもあるとか。

さて、本書はサイエンスライターの竹内薫さんが贈る、
「体感する」シリーズ第2弾。

前作は「数学」を体感しましたが、今回は「宇宙」を体感します。

本書で体感するのは、宇宙、相対論、磁場、超新星爆発、
ヒッグス粒子など、全部で30項目。

後半は「体感してみよう!」という切り口ではなく、
「もしも○○だったら・・・」と少し視点を変えていますが、
基本的にはイメージしにくい宇宙に関する現象を、
私たちが日常で体験できることに比喩して感じとるのが、
本書のコンセプトです。

「ちょっと、それは無理矢理じゃないの?」と感じるものも
ありますが、その大胆さが魅力。

理科の先生が、喩えて説明するための
授業のネタ本にもなりそうです。

例えば宇宙定数の説明をするときも、
「アインシュタインの重力場方程式の中に現れる宇宙項の係数」
と説明するよりも、本書の体感例で説明した方が
よりリアルに伝わります。

  「半沢直樹になったつもりで理不尽な上司に接してみよう。
  するとどうなる?
  理不尽さに屈せず “倍返ししてやる” と思った瞬間、
  その圧力に負けずに跳ね返す力が宇宙定数なんだ!」

宇宙定数は相手の圧力以上に跳ね返す力で、それがなければ
私たちの世界はぺちゃんこに潰れてしまうかもしれないそうです。

この本から何を活かすか?

本書第2部の「もしも」シリーズからも1つ紹介します。

  「もしも、キャリアOLと専業主婦が “幸せ勝負” をしたら?
  それが、 “ローレンツ収縮” だ!!」

バリバリ働くことにやりがいを感じるキャリアOLと、
家族の世話や趣味の時間を持つことに喜びを感じる専業主婦。

互いに相手が損していると主張しても、
幸せの尺度が違うので、客観的にどちらが幸せかは
判断できません。

ローレンツ収縮も、お互いに損しているように見えるけれど、
客観的には判断できないもののようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界でいちばん自由な働き方

グーグル、アップル、フェイスブックなどが実践する── 世界でいちばん自由な働き方グーグル、アップル、フェイスブックなどが実践する── 世界でいちばん自由な働き方
(2014/05/24)
天野 雅晴

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

日本経済新聞出版社の堀内さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、今の職場で次のようなストレスを感じませんか?

  ・組織のしがらみのストレス
  ・人間関係のストレス
  ・残業のストレス
  ・就職や転職できないストレス

これらのストレスがない、自由な働き方ができる場所があります。

それは、私たち日本人から見ると「未来の働き方」のように
見えるかもしれません。

そんな最先端の働き方ができる場所とは、シリコンバレー。

  「この本は、1980年代の初めからこれまで、アメリカでビジネスを
  続けている私が、日本、アメリカ、さらには世界各国の人たちとの
  ビジネスでの交流のなかで感じた、 “未来型の働き方” を
  紹介するものです。」

このように語るのは、当ブログでも過去にグローバルな
働き方を提案する本を紹介したことがある天野雅晴さん。

  ・「自分をグローバル化する仕事術
  ・「180日でグローバル人材になる方法

シリコンバレーでの働き方は、日本の働き方とは真逆です。

  「組織」ではなく「個人」。
  「大手」ではなく「ベンチャー」。
  「タテ社会」ではなく「ヨコ社会」。
  「継続」ではなく「変化」。

本書では、天野さんの経験だけではなく、実際にシリコンバレーで
働く18人の日本人の実例も紹介しています。

それらの事例は多種多様なパターンがあって、
こうしなければいけないという固定されたものではありません。

それが、シリコンバレーの柔軟性。

「シリコンバレーでハッピーな働き方ができるのはわかった。
でも、渡米して働くなんて、全然現実的じゃない。」

そう考える方も多いかもしれません。

本当にそうでしょうか?

本書では、「シリコンバレー就職計画」を具体的に紹介。

  その1 渡米のパターンを決める

学生で渡米して、そのまま現地で就職するのか。
企業からの派遣や異動で渡米して、現地で転職するのか。
あるいは起業するために渡米するのか、パターンを決めます。

資金を貯める必要もあるので、半年以上の準備期間を要します。

  その2 就労ビザの取得

学生ビザからの切り替え、Jビザ(インターンシップビザ)、
Lビザ、Eビザから、形態に合ったビザを実際に取得する。

それぞれのビザ取得には要件があり、取得のために必要な期間が
1年以上かかるものもあるようです。

  その3 英語対策

天野さんは、日本人の英語のレベルは実際には
それほど低くないと感じています。

「知識」としては身についている方がほとんど。
足りないのは「知識のスキル化」。

このスキル化の訓練を行っていないと、中学1年生レベルの
簡単な知識の英語でさえも、しゃべると通じないということが
実際に起こるようです。

このトレーニングにかける期間は半年くらい。

トータル2年ぐらいのシリコンバレー就職計画ですが、
最も必要なのは「強い気持ち」のようです。

本書は、強い気持ちさえ持って行動を起こせば、
誰もがシリコンバレーで働くことが可能であることを
教えてくれ、その気持を後押しいてくれます。

この本から何を活かすか?

天野さんは、必ずしも「シリコンバレーに来てください」
と言っているわけではありません。

大切なのは「カンフォートゾーンの外」へ出て、
可能性や選択肢を広げることです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これだけ! プレゼンの本質

これだけ!  プレゼンの本質これだけ! プレゼンの本質
(2014/02/21)
野村 尚義

商品詳細を見る

kindle版これだけ! プレゼンの本質

満足度★★★★
付箋数:26

  「あなたの手元にひとつのキッチンタイマーがあります。
  これをビジネスパーソンの方に売り込むための
  セールストークを考えてください。」

これは本書に掲載されていたプレゼンの練習問題です。

まず、自分なりの答えを考えてみてください。

プレゼンで受け手に価値をアピールするときは、
実は3つのレベルでアピールすることができます。

まず、機能レベル。

「機能」に目を向けその良さをアピールするパターンです。
8割のプレゼンターは機能レベルに捉われます。

  「このキッチンタイマーは、とても小さく持ち運びに便利。
  操作も簡単で、ボタンは3つしかないので、直感的に使えます。」

あまり考えずに話すとこのレベルになるようです。

機能を説明することは、決して悪いわけではありませんが、
これだけで受け手を動かすことは難しい。

次に、効用レベル。

その提案を通じて、受けては何を手にするのか、
受けてはどのようになれるのかに目を向けるもの。

上位2割のプレゼンターは、この効用を強調します。

  「このキッチンタイマーを手元に置いて仕事をすると、
  あなたは時間を強く意識するようになります。
  それによって仕事のスピードアップを手にすることができます。」

この提案では、受け手が得られるものを中心に据えているので、
受け手に興味を持ってもらいやすいプレゼンになります。

そして最後は、未来レベル。

その製品・その提案の先には何があるかという未来を描きます。

  「このキッチンタイマーを手元に置いて仕事を続けていると、
  短い時間で密度濃く仕事をするのは当然の感覚になります。
  それは言い換えると、仕事に高いプロ意識を持つということ。
  高いプロ意識で仕事をしていると、周りからも高く評価されます。
  仕事の質とスピードがアップすれば、収入もあがるでしょう。
  たったひとつのキッチンタイマーを持つことで、
  未来を大きく変える着実な一歩を踏み出すことができます。」

機能レベルと効用レベルの違いは、自分目線か相手目線かの
見ている「目線」の違いでした。

しかし、この未来レベルは「時間軸」が違います。

現在がどのように変わるかではなく、先々まで見通すことで
より大きな価値を描き、手に入れられる未来の姿に目を向けます。

トップ1%の天才プレゼンターだけが、未来を語るようです。

  「機能だけでなく、効用を語る。
  効用に留まらず、未来までを描く」

これが本書が伝える秘伝のプレゼン技術。

さて、本書はプレゼン教育の専門家、野村尚義さんが贈る
ビジネスで成果を出すためのプレゼン実務書。

プレゼンを話し方のテクニックではなく、
「戦略」として捉えて解説します。

  序章 選ばれるプレゼンターへの道
  第1章 ダイヤモンド・プレゼンテーション戦略とは
  第2章 選ばれないプレゼン 4つの間違い
  第3章 ステップ1 コンセプト設計
  第4章 ステップ2 シナリオ設計
  第5章 ステップ3 スタイル設計

正直、表紙はちょっとダサい印象を受けましたが、
中身は充実したプレゼンの本質が語られていました。

この本から何を活かすか?

  「スタイルの違いでプレゼンのテイストも変わる」

本書ではプレゼンターのタイプを2軸マトリックス
(ライトかヘビーか、カームかインテンスか)で4つに分類。

  1. ライト&インテンス=楽しい人
  2. ライト&カーム=やさしい人
  3. ヘビー&インテンス=熱い人
  4. ヘビー&カーム=クールな人

野村さんは、ひとつのプレゼンの中で、2つのタイプを織り交ぜ、
プレゼンに厚みを出すことをススメています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 07:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大前研一の今日から使える英語

大前研一の今日から使える英語: 「自信がない」ビジネスマンにすぐに効く英語のコツ大前研一の今日から使える英語: 「自信がない」ビジネスマンにすぐに効く英語のコツ
(2014/04/21)
大前 研一

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:14

タイトルには「大前研一の」と入っているし、
表紙には大前研一さんの写真が掲載されています。

しかし、実際のところ大前さんは本書の「監修」で、
書いているのは、「はじめに」の10ページ、
「おわりに」の5ページ、Chapter3の11ページのみです。

大前さんの言葉を聞きたくて本書を買った人は、
「大前ブランドに騙された」と思うかもしれませんが、
内容を見てみると、よくできたビジネス英語の本です。

  「本書は『実践ビジネス英語講座』の “初級コース”
  “中級コース” から “今すぐ使える” エッセンスを抜き出し、
  3つのChapter(章)に分けて収録した。」

「実践ビジネス英語講座」とは、大前さんが学長を務める
ビジネス・ブレイクスルー(BBT)大学のオープンカレッジの講座。

初級コースはTOEIC450点以下が目安、
中級コースはTOEIC450~700点レベル、
上級コースはTOEIC700点以上が目安の
3コースで「実践ビジネス英語講座」は開設されています。

本書はメインとなるのは、中級コースで、
それに少しだけ初級コースの内容を加えたレベル構成。

Chapter1「ビジネスですぐに効く!40ワード&使えるフレレーズ」
の講師を務めるのは、NHKのラジオ講座「入門ビジネス英語」
でもお馴染みの関谷英里子さん。

例えば、ミーティングで使えるワードとして「reservation」
を紹介しています。

reservationは「予約」という意味で覚えている人も
多いと思いますが、ここでは違う意味での使い方を解説。

  I have reservations about this plan.

このように使えば「懸念」という意味となり、
他にも会議などのシーンで使える例文も示されています。

Chapter2「失敗シーンから学ぶ『英語でビジネス』のコツ」
の講師を務めるのは、かつてNHK教育テレビで
「実践・ビジネス英会話」の講師を務めた船川淳志さん。

この章では、ビジネスシーンでの失敗会話例を
先に紹介し、「どこで失敗してしまったのか?」、
「こう発言すればよかった!」、「成功会話例」の順で解説。

いかにも使ってしまいそうな言い回しで、
どこがダメなのか、自分で考えさせられるのが良い所。

失敗の擬似体験をした後に、正しい言い回しの
解説があるので、スッと頭に入ってきます。

Chapter3は3つのパートに分かれていて、
「文法を使って丁寧に言う!」のパートは狩野みきさん、
「丁寧に言うコツを学ぼう!」のパートは大前さん、
「丁寧に伝わるメールの書き方」のパートは松崎久住さんが担当。

この章が唯一、初級コースからの収録ですが、
和文英訳の受験英語が染み付いているとやってしまいがちな
間違った英語の使い方が紹介されています。

pleaseさえ付ければ丁寧なニュアンスになるわけではありません。

元が命令形なら、いくらpleaseをつけても、
上から目線や乱暴な感じを相手に与えてしまいます。

相手がいるコミュニケーションですから、
丁寧な表現や婉曲的なニュアンスで気分を害さずに
必要なことを伝える方法を知っておく必要があるようです。

本書はビジネス英語を身につける上で、
その一助となる内容の本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「PREP方式」でメリハリをつける

本書ではプレゼンやミーティングの際に、メリハリを
効かせる文章の組み立てが紹介されていました。

  (P)Point : My point is that...
  (R)Reason : The reason why I mentioned it is that...
  (E)Example : For example...
  (P)Point : That's why...

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 08:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒットの正体 1億人を動かす「潜在ニーズ」の見つけ方

ヒットの正体  1億人を動かす「潜在ニーズ」の見つけ方  ヒットの正体 1億人を動かす「潜在ニーズ」の見つけ方
(2014/05/10)
山本 康博

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:25

日本実業出版社の細野さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

伊藤園の「ぎゅっと搾ったレモン水」、「充実野菜」。
日本コカ・コーラの「リアルゴールド缶」。
JTの缶コーヒー「ルーツ」。

これらは異なる飲料メーカーから出たヒット商品ですが、
いずれも同じ人物が企画したヒット商品でした。

その人物とは、本書の著者の山本康博さん。

山本さんは、今までに122の商品を企画して、
世に送り出したそうですが、その内、ヒットしたのが42商品。

プロ野球なら首位打者を獲れるぐらいの高いヒット率です。

ちなみに、リアルゴールドは、山本さんがコカ・コーラに
移籍する前から商品としてはありましたが、
山本さんが瓶から缶へリニューアルを行いました。

オロナミンCの影響を受け、それまで健康飲料は、
「褐色の瓶詰め」が業界の常識でしたが、
缶詰にすることで、自動販売機での販売が可能になり、
一気に売上が伸びたのです。

それでは、なぜ、山本さんは、所属するメーカーが変わっても
次々とヒット商品を生み出すことができたのでしょうか?

それは、「潜在ニーズ」を掴む方法を知っていたから。

潜在ニーズとは、「そうそう、これが欲しかったんだ!」
と誰もが思うもの。

しかも、お客もその商品が出るまで、
自分のニーズには気づいておらず、
競合他社のどこもやっていないという条件が必要です。

そんな、潜在ニーズを、一体どうやって探るのか?

パソコンの前に座ってデータを分析したり、
ブレインストーミングすることで、潜在ニーズは探れません。

  「それはずばり、文句を聞くことです。(中略)
  文句というのは “満足” 状態になるために不足しているものを
  示唆してくれる心の声であり、ニーズそのものなのです。」

人は文句の方が本音を言いやすい。

ですから潜在ニーズを探るには、小さな文句をどれだけ
引き出せるかがカギとなります。

そして引き出した小さな文句を組み合わせて、
より大きな潜在ニーズを満たす商品をつくるのです。

本書では、山本さんが商品を企画する時に使用する
独自のフレームワーク、「お助けシート」、「ブランド憲法」、
「マーケティングサークル」などが紹介されています。

更には、商品のネーミング、パッケージデザイン、
小説によるペルソナ化、企画書の書き方、メモの取り方、
アイディアの見える化まで、わかりやすく解説されています。

一冊の中に、かなりのノウハウがてんこ盛り。

山本さんが28年間のマーケター経験の中で培ってきた
ヒット商品を生み出すための秘訣が、
これでもかというぐらい惜しみなく公開されています。

この本から何を活かすか?

  「火星に森をつくるには?」

この質問を聞いて、「そんなこと不可能」とか「ありえない」
と考えるのは素直な反応です。

しかし、それは素直な思考停止状態に陥っているということ。

「できない」という思考停止状態では、潜在ニーズを
発見することはできないと、山本さんは言います。

一見、「できない」ように思えることでも、
「どうやったらできるのか?」、「どんな技術が必要なのか?」
と思考を前進させた先に、潜在ニーズがあるのです。

必要なのは、意識して「できない」という思考を除外すること。

「火星に森をつくるには?」と聞かれて、無意識かつ反射的に
「できない」と思ってしまうことを防ぐには、
意識的に「できない思考はオフ」にしておく必要があるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

成功のための未来予報

成功のための未来予報成功のための未来予報
(2014/03/24)
神田昌典

商品詳細を見る

kindle版 成功のための未来予報 10年後の君は何をしているか

満足度★★★★
付箋数:24

  「本日は、未来に関する予報を7つ、お話します。
  予言じゃなくて、予報ですよ。
  予言というのは、その通りになるって端から信じてしまうこと。
  そうすると自分で考えることがないから、それが現実に
  ならなかったときには、何も残ることがありません。
  予報というのは、あくまで参考。
  それをきっかけに、自分で考えることが大切です。
  自分がどうしたいのか、より深く見えてくることで、
  将来、どんな変化が起きようとも、その変化を乗り越えていく
  力を身につけられるのです。」

このように神田昌典さんが語ったのは2013年12月19日。

本書は、栃木県立宇都宮白楊高等学校にて、
全校生徒900名の前で行われた「未来創造推進事業講演会
<宇都宮白楊生の10年後と、世界のゆくえ>」の
講演内容を収めたもの。

そこで、神田さんが予報した未来とは、どんな未来なのか?

未来は現在とつながっていますが、現在の延長線上にはありません。

30年前、こんなにもインターネットでつながる世界を
一体、誰が想像したでしょうか?

10年前、誰もがスマートフォンが持つ時代が来ることを
一体、どれだけの人が想像していたでしょうか?

今では当たり前に、スマホを持ってネットにつながっていますが、
一昔前には、こんな未来を想像していた人は
ほとんどいなかったハズです。

それだけ、未来は大きく価値観が変わり、
私たちの想像を超えている可能性が高いということです。

神田さんがこの講演で高校生に伝えたのは、次の7つの予報です。

  第1の未来予報 お金がなくなる
  第2の未来予報 会社がなくなる
  第3の未来予報 病気がなくなる
  第4の未来予報 国境がなくなる
  第5の未来予報 学校がなくなる
  第6の未来予報 貧困がなくなる
  第7の未来予報 制約がなくなる

決して、「そんな世界が来たらいいな」といった
希望的観測を述べているわけではありません。

タイトルだけ見ると、「そんなこと実現するわけがない」と
思う予報もあるかもしれませんね。

しかし、神田さんは現在にある「未来の種」を提示し、
7つの予報が実現する可能性を見せてくれます。

高校生に語っていることもあり、非常にわかりやすく、
同時に、ものすごく想像力を掻き立てられる講演です。

恐らく、この講演会に参加していたた生徒たちは、
実際にそんな世界が来たら、自分は何をすべきなのか?
と考えながら聞いていたことでしょう。

私も、高校生の時に、こんなワクワクする話を聞いていたら、
自分の将来が大きく変わっていたかもしれません。

でも、この本を読むのは今からでも遅くはありません。
個人的には、今からでも、読むべき本だと思います。

  「この本は、高校生のために話し、書いたものですが、
  高校生だから希望に満ちているわけではありません。
  そのチャンスは、17歳にも、40代、50代、60代にもあります。」

この本から何を活かすか?

本書では、新しい未来を創るサービスがいくつも
紹介されていましたが、その中で私が注目したのは、
「会社がなくなる」の章で紹介されていた「チャットワーク」です。

チャットワークとは、クラウド型のビジネスアプリで、
業務の効率化と会社の成長を目的とした、
メールや電話、会議に代わるコミュニケーションツール。

「効率的に情報共有できる」、「タスク管理ができる」、
「手軽にファイルを共有できる」、「いつでもどこでも会議ができる」
の4つの特徴があり、神田さんもこのアプリを使ってから、
仕事のスタイルが大きく変わったそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嫌われ者の流儀

嫌われ者の流儀嫌われ者の流儀
(2014/04/11)
野村 克也、竹中 平蔵 他

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:21

以前、堀江貴文さんと茂木健一郎さんの対談本で、
同じタイトルの『嫌われ者の流儀』がありましたが、
本書は野村克也さんと 竹中平蔵さんの対談本です。

お二人とも、この「嫌われ者」というポジションが、
なかなか気に入っているようです。

野村さん
  「 “嫌われ者の流儀” ということですが、私はこれまで、
  本当にいろいろな場面場面で、どうしてなのかと思うくらい、
  嫌われてきたと思います。(中略)
  ありとあらゆるところから嫌われながら、この野球人生60年を
  歩んできました。つまり、私はプロ野球選手になってから、
  60年間嫌われっ放しだったと言えるかもしれません。」

野村さんの嫌われ自慢に対して、竹中さんも負けていません。

竹中さん
  「こう言うとなんですが、私もいろいろな人から嫌われながら、
  ここまで歩んできたと思います。01年から、小泉内閣で
  金融担当大臣を務めてから、官僚や既得権益者、野党議員など、
  目に見える相手はもちろんのこと、目に見えない相手からも
  嫌われ通しでしたよ。メディアにしてもそうです。」

お二人が、なぜ嫌われたかというと「改革者」だったからです。

野村さんは、それまで経験や勘などに頼っていたプロ野球に、
データを集め、それを科学的に分析してチームを作り上げる
「ID野球」を導入し改革を行いました。

一方、竹中さんは、小泉内閣時代に既得権者からの
激しい抵抗と強烈なバッシングに遭ったにも関わらず、
郵政民営化を成し遂げました。

本書は、分野は違えど、その分野では異端と
言われたお二人から、組織改革と再生のヒントを探る本です。

  第1章 弱者が強者と戦う方法
  第2章 新しい仕組みづくり
  第3章 組織改革と再生
  第4章 不良債権処理プログラム
  第5章 采配術
  第6章 理想の組織とは

活躍した分野も世代も違うお二人ですが、
竹中さんはプロ野球ファンとして野村さんを尊敬し、
野村さんは竹中さんの博学さに敬意を払っています。

だからと言って、お互いを持ち上げることに終始したり、
傷を舐め合うような話ばかりではなく、
それぞれが仕事に対するポリシーを語ります。

互いに学ぶ姿勢で相手の話に耳を傾けている対談なので、
意見が対立することはありませんが、
かなり噛み合った深い話がなされています。

竹中さんは論理的に話し、野村さんは示唆に富んだ話しをする。
語り口が対照的なところもいい感じです。

同じ分野の人同士の話だと、具体的な内容だけで、
話が通じてしまいますが、分野が違う人同士が話をすると、
一度相手の話を抽象化して、自分が理解できるようにします。

その抽象化の作業があるからこそ、
野球人や経済学者ではない、私たち一般の読者が読んでも
参考にできる対談になっているのでしょう。

各章末には、野村さんと竹中さんが交代で書いた
コラムも掲載されています。

この本から何を活かすか?

竹中さんは、野村さんの人材育成を
「コーチングとティーチングの使い分けが上手い」
と評しています。

竹中さんは、野村さんの人材育成術を踏まえ、
コーチングとティーチングのポイントを次のように解説します。

ティーチングのポイントは、「WHY:なぜそれをやるのか」、
「WHAT:何をやるのか」、「HOW:具体的にどうやるのか」
の3点を明確に伝えること。

一方、コーチングは相手に考えさせ、気付かせるのが基本で、
「なぜ」に重点をおいて質問する。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

資金ゼロ、ノーリスク! ! 図解 BUYMAでかんたん副収入

資金ゼロ、ノーリスク! !  図解 BUYMAでかんたん副収入資金ゼロ、ノーリスク! ! 図解 BUYMAでかんたん副収入
(2014/05/12)
BUYMAの名人 イチロー

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:15

あさ出版の畑下さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

本書は、タイトルの通り「BUYMA(バイマ)」という
ショッピングサイトで売り手(バイヤー)になって
副収入を得るための解説書。

BUYMAとは、東証マザーズに上場しているエニグモ社が
運営する急成長中のショッピングサイトです。

エニグモ社のサイトを見ると次のような説明があります。

  「BUYMA(バイマ)は、海外在住のバイヤーから世界中の
  ブランド品をお得に購入できるこれまでにない
  新しいソーシャルショッピングサイトです。
  日本未入荷や海外限定アイテム、国内完売の人気アイテム
  といったレアな商品が満載で、ラグジュアリーブランドから
  プチプラブランドまで、4,600以上のブランドが揃っております。
  バイヤーが海外で直接買い付けを行うから、
  日本で買うより安い商品が豊富です。」

要はブランド品の国内外の価格差を利用した転売サイト。

ブランド品によっては、現地で買うのと日本で買うのでは
かなり価格差がある商品もありますから、それを輸入して
転売することで、利鞘を稼げる仕組みは理解できます。

では、サイトの説明にあるように、海外在住者であったり、
現地まで買い付けに行かないと、BUYMAのバイヤーには
なれないのでしょうか?

本書の著者、イチローさんは言います。

  「しかし実は、多くの海外ブランド品は、日本にいながら
  海外から買い付けることができるのです。」

簡単に言うと、オンラインショッピングで海外のサイトから
個人輸入して、それをブランド品の買い手がたくさんいる
BUYMAで転売するのが本書のビジネス。

イチローさんは、2011年に脱サラしてBUYMA輸入ビジネスを
はじめ、現在は毎月50件ほどの出品で、月に50万円以上の
利益を上げているそうです。

そのイチローさんが説く、BUYMAの魅力は次の4点です。

  1. ノーリスクが最大の強み

BUYMAでは、買ってから出品するのではなく、依頼に応じて
買い付けるのが前提なので、在庫を抱えないようです。

  2. 資金ゼロからはじめられる

カード利用枠は必要ですが、BUYMAから売上の入金が先に来て、
買い付け時のカード支払いが後になるようです。

  3. 時間、場所を選ばない

パソコンさえあれば、いつでもどこでも出品が可能。

  4. 誰でもできる! とってもかんたん!

本書の解説を読めば、英語ができなくても、
ブランド知識がなくても、実践できるとイチローさんは言います。

本書は、BUYMAでバイヤーになるための入門書なので、
BUYMAでの登録、PayPalの利用法、商品の仕入れ方法、
配送のための知識、出品手順、価格設定、発送方法、
売れる商品の見つけ方、困ったときの対応方法など、
わかりやすく解説されています。

実際に誰がやっても、ノーリスクで儲けられるかというと、
さすがにそこまで簡単にはいかないと思います。

しかし、どんなビジネスでも、初期に始めてノウハウを
確立した人が一定の利益を得ているのは事実ですから、
もしかすると、今BUYMAのバイヤーになると、
まだ先行者利益を得られる段階なのかもしれません。

この本から何を活かすか?

私は、eBayでショッピングをすることがあります。

利用するのは、日本で買うより海外発送料を含めても
かなり安い場合と、日本では手に入らない場合です。

3ヶ月くらい前に「HESTRA」のスキーグローブを買った時には、
日本で買うより、1万円以上安かったと記憶しています。

スキーグローブでさえ、これだけの価格差がありますから、
もっと高級ブランドを扱えば、利鞘はあるのかもしれませんね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

統計思考入門

統計思考入門―プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ統計思考入門―プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ
(2014/04/10)
水越 孝

商品詳細を見る

Kindle版 統計思考入門 ― プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ

満足度★★★★
付箋数:25

C女子大に通うAさんとBさんはとても仲がよいのが有名です。

彼女たちの友人は「あの2人は性格がよく似ているから」と
口をそろえて言います。

本当にそうなのでしょうか?

これを本書では、次のように「統計的」に検証しています。

まず、「2人が仲がよいのは性格とは無関係」という仮説
(帰無仮説)を設定します。

次に女子大生100人に「仲がよい人と自分の性格には類似性が
あると思いますか」、「仲が悪い相手と自分の性格は似ていない
ことが多いですか」という設問でイエス・ノーで回答してもらます。

<実際のアンケート>
性格が似ている性格が似ていない
仲がよい人6832100
仲が悪い人2377100

もし「関係ない」という仮説が正しければ、イエスとノーの
回答に偏りはでないハズです。

<「関係ない」場合の理論値>
性格が似ている性格が似ていない
仲がよい人45.554.5100
仲が悪い人45.554.5 100

そこで、理論的に期待される数値(理論度数)と調査結果の差を
カイ二乗の式で検定します。

「めったに起こらない・起こる」の境界線(有意水準)を
超えた場合、前提とした「2人が仲がよいのは性格とは無関係」
の仮説は間違っていたと解釈します。

有意水準5%、自由度1の境界線はカイ二乗分布表から「3.84」。
一方、今回の調査のカイ二乗値は、計算すると「40.83」。
(カイ二乗分布表とカイ二乗値の計算は省略)

アンケートの結果は、境界線を大きく超えた値となるため、
めったに起こらないことが起きる確率が非常に高いことを示します。

つまり「関係ない」という前提が否定され、その対立仮説の
「関係がある」という説を採用すべきとなります。

計算は端折っていますが、最初に「そんなはずはない」という
無に帰したい仮説を立て、これを棄却することで、
本当に言いたかったその対立仮説が正しいことを立証します。

本書が解説するのは、このような統計思考のプロセス。

ここでは、たまたま女子大生の例を紹介しましたが、
本書では、さまざまな実践例や具体例をあげながら、
企業の活動やマーケティング戦略を導く手順に関して、
統計分析の手法を当てはめてそのプロセスを見ていきます。

  第1章 数字で考えることのおもしろさ
  第2章 「同じもの」のなかに違いを見つけ出す
  第3章 「違うもの」のなかに同じところを見つける
  第4章 「全体」から「小さい全体」をつくる
  第5章 「事実」は「真実」と一致するか
  第6章 「迷い」から抜け出すための方法
  第7章 数字に現れた現実にいかに対処するか
  第8章 自然公園がもたらす経済効果は?
  第9章 統計的アプローチで発想するということ

統計では、母集団の全数調査ができない場合、
母集団を正しく縮小させた標本を抽出して調査を行います。

それと同様に1冊の本の中で、統計について、
考え方から計算方法までをすべてを語ることは
不可能なので、うまく縮小して掲載する必要があります。

本書は、統計分析の手順がわかるように見事に縮小し、
ビジネスの現場で活かせる統計思考が身につけられように
解説されています。

この本から何を活かすか?

  ゼビオ、ケーヨー、キャンドゥ、新星堂、しまむら、
  ユナイテッドアローズ、青山商事、マミーマート、
  サンドラッグ、コジマ

この10業種10社の中で、似ている企業はどれ?

本書のクラスター分析では、意外な組み合わせの企業が
似ていることがわかりました。

その企業とはスポーツ用品店の「ゼビオ」と
婦人衣料「しまむら」です。

本書では、13項目でクラスター分析を行った結果、
見た目には近いと想像できない、この2つの企業間の距離が
最も近いと判定されていました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 数学 | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビジネスモデル×仕事術

ビジネスモデル×仕事術ビジネスモデル×仕事術
(2014/03/20)
細谷 功、井上 和幸 他

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:24

ビジネスモデルとは、企業が継続的に儲けるための仕組み。

差別化しにくい時代になったからこそ、
どんな仕組みで儲けているかが重要になってきます。

例えば、「プリンター」。

プリンター本体に利益を乗せて10万円で売る方法と、
本体は利益の出ない2万円で売り、代わりに消耗品のインクを
2000円で売ることで、継続的に利益を得る方法があります。

実際にプリンターメーカーが選んでいるのは後者のモデル。

これは、古くからコピー機業界などで採用されていた、
機械の値段を抑えて、消耗品や保守サービスで利益を得る
「消耗品モデル」です。

最近の例では、携帯電話でキャリアが上げる収益も
基本的には同じビジネスモデルの構造ですね。

本書では、こういった20個のビジネスモデルの構造を
わかりやすく解説。

ここまでの解説なら、いままで他のビジネス書でもありました。

しかし、本書が斬新なのは、そこから先の
「ビジネスモデルを個人に活用したらどうなるか?」
というところまで踏み込んでいること。

本書では、ビジネスモデルを活用することを
「借りてくる」と表現しています。

これは、単にそのモデルをパクることではありません。

構造的に理解し、いったん抽象化してから他に転用します。

この抽象化の段階を経ることで、違う分野への転用はもちろん、
企業が使うビジネうモデルを個人へも応用ができるのです。

例えば、本書で紹介されているビジネうモデルで、
「ベータ版モデル」があります。

ベータ版とは、ソフトウェアなどによく使われる用語で、
完成版の一歩手前の状態でリリースされるもの。

これを使ったビジネモデルでは、ベータ版を先に出すことで、
サービスの出来、不出来を効率的に判断することで、
失敗を減らし、投資回収をしやすくすることで、
利益を得るビジネスモデルです。

このベータ版モデルを個人の仕事に当てはめるとどうなるのか?

このモデルの肝は、完全に出来上がってから、
やり直しをするのではリスクが大き過ぎるので、
未完成でも先出しして、細かく修正することで、
大きな失敗を減らすことにあります。

本書では、「上司にたのまれて報告用の資料を作る」場合が
個人への活用例として紹介されていました。

かなり時間をかけて完全した後で、上司から
「頼んだものと違う」と言われたら、ショックは大きい。

だから、完全に作りこむ前にベータ版を見せて、
反応が悪ければ軌道修正することで、
一からやり直しをするリスクを減らすのです。

  「未完成版のリリースこそ、成功の秘訣」

本書の著者は、細谷功さん、井上和幸さん、西本伸行さんの
豪華な顔ぶれの3人。

この3人が、共著している時点で期待感が膨らみましたが、
本書はその期待を裏切らない一冊です。

この本から何を活かすか?

ビジネスモデルを仕事に活かしきれる人材の9つの要件

  1. T型プロデューサーを目指せ
  2. 「&」な人材であれ
  3. 「メジャー志向」を持つ
  4. 「ありそうで、ない」を見つける
  5. 相手の価値にロックインする
  6. 「それはできない!」という声にどう対応するか
  7. 相手の頭の中に「絵」を描く
  8. ビジネスプロデューサーは演出家になる
  9. 自分だけが「最終責任者」である

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い

2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い (アスキー新書)2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い (アスキー新書)
(2014/04/10)
Hagex

商品詳細を見る

Kindle版 ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い

満足度★★★
付箋数:20

ネット上で、時々、興味深い投稿を見つけることがあります。

しかし、そんな投稿を見つけた時は、
一度「釣り」であることを疑った方がいいかもしれません。

「2ちゃんねる」、「発言小町」、「Twitter」、「ブログ」
などには、「ネット釣り師」が存在するようです。

ネット釣り師とは、創作文や嘘の内容をネット上に投稿する、
読者を騙すことを目的とした人のこと。

釣り師たちは、金銭的な見返りがないにもかかわらず、
時間をかけてエピソードを創作し、文章を投稿します。

釣り師の投稿が増えると、そのサービスは盛り上がり、
サイトのアクセスも急増するようです。

それでは、本書の著者、Hagexさんが創作した釣り文章の
サンプルを見てみましょう。

  「先祖代々のお金持ちなので、財布は持っているが、
  中にお金は入っていない。財布の中にはクレジットカードが数枚。
  デパートからコンビニ、タクシーもカードで支払っている。
  先日もデパートで100万円近いお買い物をしたけど、
  すべてクレジットカードで精算。
  担当の人も驚いていたんじゃないかな。
  コンビニで支払い時に、100円のミネラルウォーターをカードで
  買ってるけど、店員さんは変に思っているんじゃないのかな?」

こんな文章が「発言小町」などの掲示板に投稿されていたら、
あなたは「釣り」だと見破ることができますか?

Hagexさんは、本書で釣りを見破る方法をいくつも
紹介していますが、その1つの方法が、
「書かれていることが全部真実という仮定で読み、
出てきた違和感のある部分を考察する」というもの。

このエピソードでは、本当に先祖代々のお金持ちなら、
昔からデパート付き合いがあるので、基本的には
デパートの「外商部」が自宅にやってくるはずなのに、
その点が書かれていないことがおかしいようです。

釣り師がデパートの「外商部」を知らなかったために、
作ったストーリーに綻びが出てしまった例ですが、
それを見破る方も、それなりの知識が必要なんですね。

ところで、釣り師はなぜ、わざわざ時間をかけて
ネットに偽りの投稿をするのでしょうか?

読者からの反応があれば、丁寧に返答し、
長期間に渡って偽りの設定に基づき、
投稿を続ける釣り師もいるようです。

この点について、Hagexさんは次の4つの動機を挙げています。

  1. 人から注目されたい
  2. いたずら・ストレス解消・暇つぶし
  3. 自分の文章力・釣り師としての実力を試したい
  4. 金銭をもらっているため

本書の巻末には、現役釣り師との対談も掲載されていますが、
その方の話だと、発言小町で普通にトピックを立てた場合、
レスは平均20~30ぐらい。

それに対して、釣りトピックだと、レスは200~300、
時には500レスまでいくこともあり、
反応は一般的なトピックの10倍にもなるそうです。

やはり、注目されることが快感となり、
やめられなくなる中毒性があるのでしょう。

本書では、釣り師を見破るために、
釣り師が好むテーマから、対立キーワード等を解説しています。

釣り師の良し悪しは別として、注目されるエントリーを
書きたい人にも参考になる本です。

この本から何を活かすか?

Hagexさんは、釣り師が投稿するエピソードを見破ることが、
ネットリテラシーを強くする訓練になると言っています。

釣りに限らず、ネット上の情報は玉石混交ですから、
本書の技術を身につけることが、情報の真贋を見抜く
トレーニングにもなるんですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事でいちばん大切な 人を好きになる力

仕事でいちばん大切な 人を好きになる力仕事でいちばん大切な 人を好きになる力
(2014/04/09)
岩瀬 大輔

商品詳細を見る

Kindle版 仕事でいちばん大切な 人を好きになる力

満足度★★★
付箋数:23

  「良好な人間関係とは、いつも自分発の “好き” から
  はじまるものだと思います。」

岩瀬大輔さんの経歴は、東大在学中に司法試験に合格、
卒業後はボストン・コンサルティング・グループを経て、
ハーバード・ビジネススクールに留学して日本人4人目の
ベイカー・スカラーを獲得。

2006年に出口治明さんとライフネット生命保険を立ち上げ、
2013年6月に同社代表取締役社長に就任というもの。

これらの華麗な経歴から、すごい頭のいいエリート
というイメージを持つ人も多いと思います。

この点について岩瀬さん自身は、「実はそうではない」と否定します。

その代わりに、岩瀬さんが、自分にある才能として
認識しているのが、「いい人に囲まれる力」。

その「いい人」が寄ってくる能力の源泉になるのが、
「自分から人を好きになる力」です。

岩瀬さんは、初めて会って5分程度話した人でも、
雰囲気に惹かれ、フィーリングが合えば、
「僕ら、気が合うと思うので、友だちになってください」
ということもあるそうです。

だからと言って、特別に社交的な性格でもなく、
むしろ人と群れることは苦手だとか。

岩瀬さんの自己申告なので、相対的に見ると、
やはり社交的なのかもしれませんが、いずれにせよ、
自分から人を「好き」になるよう心掛けているようです。

本書は、いわゆる人脈術の本とは少し違った、
岩瀬さん流の「人生を豊かにする対人関係の原則」が
披露されています。

まず、最初に紹介されているのは「友達をつくるための3原則」。

  1. 友達の数は「好き」の数と比例する

   好きだからこそ関係が近くなり、友達になっていく。
   「好き」を抜きにした友人関係なんて、ありえない。

  2. 自分を「好き」になってくれる人を、
   「嫌い」になるのはむずかしい。

   好意の返報性で、こちらが「好き」の気持ちを持って
   誠実に接していれば、相手も「好き」を返してくれる。

  3. 仕事とプライベートを「人」で分けない

   仕事とプライベートを分けるのは「人」ではなく「やること」。
   出会った経緯や場所は関係なく、プライベートでは
   仕事の同僚でも仲間として付き合う。

この原則を、私の場合に当てはめて考えてみました。

私は自分から好きになることも少ないし、
かつて仕事とプライベートを完全に分けて考えていました。

これが、私の友だちが少ない原因だったのですね・・・・。

では、人を好きになるには、どうしたら良いのでしょうか?

まずは、人に対して下心のない「感謝」の気持ちと、
「尊敬」の念を持つこと。

この「感謝」と「尊敬」の気持ちを忘れなければ、
仕事でもプライベートでも周囲の人を好きになれるようです。

そしてもう1つは、「ラッキーパーソン」という発想を持つこと。

自分に対して、一度でも「いいこと」をしてくれた人は、
自分にとってラッキーパーソンだと考える。

岩瀬さんは、この発想を持ってから、第一印象に左右されずに、
「好き」の範囲を広げることができたそうです。

この本から何を活かすか?

コミュニケーションの達人と言えば、当ブログでは
過去に何冊も著書を紹介した藤巻幸夫さんを思い出します。

  ・目利き力
  ・特別講義 コミュニケーション学
  ・藤巻流 実践・巻き込み術
  ・勝間・藤巻に聞け!「仕事学のすすめ」

残念なことに藤巻さんは、2014年3月15日、
大動脈破裂のため54歳という若さで亡くなりました。

ご冥福をお祈りします。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 10:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

図解 誰も教えてくれないお金の話

図解 誰も教えてくれないお金の話図解 誰も教えてくれないお金の話
(2014/04/09)
うだひろえ

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:14

サンクチュアリ出版の高山さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

25万部のベストセラーになった2010年10月刊行の
誰も教えてくれないお金の話』が「図解版」として
内容を凝縮して再登場。

もともとコミックエッセイで読みやすさが好評でしたが、
今回は各ページの2/3が図やイラストになっていますから、
更に本を読むのが苦手な人でも読める内容になっています。

この点は「本を読まない人のための出版社」を標榜する
サンクチュアリ出版の真骨頂が発揮されています。

うだひろえさんご夫婦が経営したいた横浜のカフェは
既に閉店してしまったようなので、今回の図解版では、
カフェを営む若夫婦がお金との向き合い方を学んでいく
という設定では書かれていません。

「フツーの人」と「お金持ち」の考え方の違い、
住宅ローン、生命保険、教育費、年金、お金の増やし方、
資産運用などについてピンポイントで解説されています。

住宅の購入については、2014年4月の消費税増税前に、
かなり駆け込み需要がありました。

私の住んでいる街では、春になって久しぶりに自転車で
走ってみると、街並みが変わって見えるほどに、
一気に新しい住宅が増えました。

増税前に駆け込んだ人も、駆け込まなかった人も、
一度、本書の住宅ローンの解説ページを読んだ方が
いいかもしれません。

増税分を節約しようと考えたことが、
長い目で見たマネープランでは、
かえって損をしていることもあり得るからです。

本書の良い点は、素人なら誰でも陥りやすい考えから入って、
お金との正しいつき合い方に導かれていること。

これは「フツーの人」の代表のうださんと、
「お金の専門家」で監修を務める泉正人さんが
うまくバランスしているからなせる技なのでしょう。

本書のメインとなるのは、うださんの株式投資体験を
描き下ろした「マンガ」のパートです。

「うだひろえ株deおさいふ倍増計画」と題され、
第一部と第二部に分けて描かれた、
約30ページにも及ぶ力作です。

正直、このマンガのように取引をしてはいけませんが、
うださんが反面教師になっているので、これから株取引を
始めたいと考えている人には参考になるでしょう。

もちろん、本書の株取引の説明は「超入門編」ですから、
この情報だけで投資をすると、それが短期投資でも、
長期投資でも、ギャンブルと同じになってしまいます。

また、素人向けのマネー本でありがちなことですが、
「株主優待」についてメリットしか書かれていないのが、
少し残念でした。

優待に釣られて投資すると、どんなデメリットがあるのか、
入門者が読む本だからこそ、しっかり書くべきだと思います。

この本から何を活かすか?

  「おトクな資産運用法NISA??」

2014年1月から、イギリスの少額投資に対して、
税金を優遇する制度(ISA)をモデルとした「NISA」
(少額投資非課税制度)がスタートしました。

各証券会社は、この制度を利用して顧客を増やす思惑が
ありますから、メリットを盛んに宣伝しています。

しかし、この制度もメリットばかりではなく、
当然、デメリットもあります。

NISAに不向きな投資商品もあれば、投資スタイルによって
使わない方がいい場合もありますから、
必ずデメリットを知った上で、活用すべき制度です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おとなの教養

おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書 431)おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書 431)
(2014/04/09)
池上 彰

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

  「私たちはどこから来て、どこへ行くのか?
  これは、過去からこれまでの人類の永遠の疑問のように思えます。
  人びとは、この疑問に解を見出そうと、叡智を絞ってきました。
  その結果、宗教が生まれ、哲学が発展し、さまざまな歴史が記され、
  宇宙や地球の謎が解かれてきました。人類が築いた学問体系とは、
  結局は、冒頭の疑問に取り組んできた成果なのだと思います。」

本書は池上彰さんが考える「現代人に必要なリベラルアーツ7科」
を勉強する上で、礎となる項目を解説した本。

  「すぐに役立つことは、世の中に出て、すぐに役立たなくなる。
  すぐには役立たないことが、実は長い目で見ると、役に立つ。」

だから時間がかかっても本当の教養を身につけるべきなのです。

池上さんは、「自分自身を知る」ことが、現代人に必要な教養と考え、
次の7科目について解説します。

1. 宗教

  「人間の力が及ばない、もっと強くて大きな力があるに違いないと
  古代の人びとは考え、そこから宗教というものが生まれました。
  宗教によって、古代の人々は世界の成り立ちを理解しようと
  したのです。」

宗教については、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教
それぞれの成り立ちと考え方の違いが解説されています。

2. 宇宙

  「神の倫理とはどのようなものだろうかと考えていくところから、
  実は科学というものが生まれたのです。(中略)
  宇宙を知るという営みは、 “自分はどこから来たのか” を
  知ることにつながるのです。」

宇宙の分野では、宗教とのつながりから、ビッグバンや
ヒッグス粒子などについて解説されています。

3. 人類の旅路

  「宇宙が誕生した後、地球が生まれ、やがて人類が生まれました。
  では、人類がいつ登場したのか、ということが知りたくなります。」

この分野では、人類の誕生と進化、ネアンデルタール人と
ホモ・サピエンスの違いなどが解説されています。

4. 人間と病気

  「生物や人類の進化の過程には “病気” というものが深く
  かかわっていることがわかってきました。(中略)
  つまり病気によって、私たちは進化してきたわけです。」

ここでは、細菌とウィルスの違い、スペイン風邪、
ウィルスの突然変異、インフルエンザなどについて解説されています。

5. 経済学

  「なぜ、景気は変わるのか。なぜ金持ちと貧乏人が生まれるのか。
  そのメカニズムを知りたいという欲求から、経済学という学問が
  誕生しました。」

歴史を変えた4つの理論、アダム・スミスさん、マルクスさん、
ケインズさん、フリードマンさんの経済理論について解説されています。

6. 歴史

  「歴史は時代の勝ち組によってつくられてきたという側面があります。
  こうしたことも含めて、私たちの過去を記した歴史を
  どのように捉えればいいのか、ということを考えていきます。」

ここでは、四大文明、歴史観、権力や政治と歴史の関係、
東京裁判史観と大東亜戦争などについて解説されています。

7. 日本と日本人

  「 “日本とは何か”   “日本人とは何か” という問いを深めていくと、
  それらが非常にあいまいなものであることがわかってきます。
  そんな思索を通じて、 “自分とは何か” を考える手がかりに
  したいということです。」

最後の分野では、日本の誕生と日本人のアイデンティティ、
愛国心、建国意識、他国との違いから自国を認識することなどが
解説されています。

この本から何を活かすか?

池上さんは、テレビで解説する「理系の専門家」は、
世の中の人が何がわからないのかが理解できず、
難しい専門用語を使い、それをテレビで見る文系の人たちは、
数字が出てきただけで思考停止なるので、
「理系と文系の間には大きな溝がある」と考えています。

しかし、理系の人が、全員専門家になっているわけでは
ありませんし、文系でも数字が苦手ではない人もいますから、
これはちょっと極端な例を見て言っているような気がしますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キーパーソン・マーケティング

キーパーソン・マーケティング: なぜ、あの人のクチコミは影響力があるのかキーパーソン・マーケティング: なぜ、あの人のクチコミは影響力があるのか
(2014/04/03)
山本 晶

商品詳細を見る

Kindle版 キーパーソン・マーケティング―なぜ、あの人のクチコミは影響力があるのか

満足度★★★
付箋数:24

クチコミは、インターネットやSNSの登場によって、
拡散するスピードが劇的に速くなりました。

マーケティング上、クチコミは以前にも増して
非常に重要な要素になっています。

しかし、すべてのクチコミが平等に重要ではありません。

クチコミしても、それほど大きな影響が出ない人もいれば、
クチコミが絶大な影響を及ぼす人もいます。

クチコミに大きな影響を持つ人を、「インフルエンサー」
とか「イノベーター」、「オピニオンリーダー」などの
呼び方がありますが、本書ではその上位概念として、
「キーパーソン」という言葉を用います。

本書は「キーパーソン」を使ったクチコミ・マーケティングの
メカニズムを解明し、ビジネスへ応用する方法を検討した本。

  「この本は、これまで仕事で出会った現場で奮闘する
  ビジネスパーソンの疑問に答えるために書きました。
  本書のなかで登場するクチコミや対人影響、
  コメントや写真の投稿といった消費者のオンライン上の
  参加行動についての内容の多くは、私が実際に質問や疑問を
  投げかけられたものです。これまで出会った実務の人たちの
  疑問に、本というまとまった形で答えたい、そして、
  こうした質問・疑問を、どこかで同じような悩みとして
  抱える読者と共有したい、というのがこの本を執筆した
  モチベーションです。」

このように語るのは、著者の山本晶(ヤマモト ヒカル)さん。

慶應義塾大学ビジネス・スクールで准教授を務める、
マーケティングの専門家です。

「実務の人たち」と表現することからもわかる通り、
山本さん自身は、学術的な立場でマーケティングを
研究しています。

ですから、本書も一般的なビジネスパーソン向けの
マーケティング本に比べると、アカデミックな度合いが
強く感じられます。

山本さんは本書で、次のような疑問に答えます。

  ・なぜ、クチコミは最近注目されているのですか?
  ・クチコミで商品開発ってできますか?ヒット商品を作れますか?
  ・インフルエンサーはどうやって見つけるのですか?
  ・自分の製品をバズで広めるにはどうしたらよいですか?
  ・ソーシャルメディアの効果測定はどうしたらできますか?

通常の目次以外にも、質問別の逆引き目次も
掲載してくれているのは有難い。

本書では、山本さん自身の研究以外にも、
国内外の研究事例を引き合いに出し、
クチコミ・マーケティングを多方面から分析します。

自分の経験だけから語るマーケティング本ではないので、
非常に信頼度は高く感じられます。

しかしその反面、断定的な言い方をしていないので、
「実務の人たち」から見ると歯がゆさを感じるかもしれません。

具体的な手法を知りたい方より、クチコミ・マーケティングの
論理的な裏付けをしたい人向けの一冊。

この本から何を活かすか?

米国のクチコミ・マーケティング専門会社、
「バズエージェント社」のクチコミまでのステップ。

  1. クライアントからの依頼
  2. 製品・サービスのチェック
  3. 外部・内部環境分析
  4. 製品・サービス、競合、ファン・コミュニティの有無、
    エージェントの態度のチェック
  5. クチコミ・モデルのプロトタイプ策定
  6. クチコミに値する内容の精査
  7. プロジェクト受注の意思決定

このなかで重要なのが、2番めの「製品・サービスのチェック」。

そもそも良い商品でないと、クチコミ・マーケティングは成立せず、
魅力のない商品では、負のクチコミとして広がる可能性もあるので
注意が必要です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生が変わるたった1%の頭の使い方

人生が変わるたった1%の頭の使い方人生が変わるたった1%の頭の使い方
(2014/04/23)
小川 仁志

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

海竜社の逸見さんから献本いただきました。ありがとうございます。

  「成功した人はよくこう言います。才能は1%程度にすぎず、
  後の99%は努力だと。これは半分正しく、半分間違っています。

  たしかに、才能は1%にすぎないでしょう。
  そして、後は努力なのかもしれません。

  でもそれは、単純に割合が1対99ということではないのです。
  むしろ、その1%の才能をいかに開花させることができるかが
  大事なのです。そのことを意識せず闇雲に努力していても、
  成功することはありません。
  
  逆にいうと、もし自分の中に眠る1%の才能を最大限
  開花させることができれば、私は成功どころか
  天才にさえなれると思っています。」

本書の著者は、異色の哲学者、小川仁志さん。

小川さんは、大学卒業後、商社、市役所、フリーターなどを
経てから哲学者となった変わり種。

本書で、小川さんは「誰でも天才になれる」と言います。

なぜなら、誰の中にも、1%の才能は眠っているから。

ポイントは、その1%の才能をどうやって開花させるかということ。

才能を開花させるには、「環境」が必要です。

しかし、それ以上に必要なのが正しい「思考法」と、
それに即した「行動」をとることです。

  「 “環境” 、 “思考法” 、 “行動” 。この三つがそろって初めて、
  凡人の才能は開花し、天才へと変身することができます。
  繰り返しますが、一番大事なのはもともとの才能でも、
  環境でもなく、その才能を “開花” させることです。
  英語で開花のことをブラッサミング(blossoming)といいます。
  本書ではこの “ブラッサミング” をキーワードに、
  凡人が天才になるためのノウハウを提示したいと思います。」

才能を開花させるために、本書が示すのは次の7つのSTEP。

  STEP1(準備編) 常識を捨てる
  STEP2(探求編) 埋もれた才能を発掘する
  STEP3(開花編1) 1%の才能を伸ばす思考法
  STEP4(開花編2) 1%の才能を伸ばす行動
  STEP5(環境編) 才能を開花させる環境をつくる
  STEP6(活用編) 才能をフル活用する
  STEP7(番外編) 天才を育てる方法

非常にわかりやすく書かれている本ですが、
小川さんは哲学者だけあって、
ところどころに、哲学者らしい表現も出てきます。

例えば、集中を高めるために、ターゲットを明確化する方法。

それは、「エポケー」による対象の明確化。

エポケーとは、判断中止のこと。

ドイツの哲学者フッサールさんが、現象学の中で
説いている概念で、エポケーによって初めて
意識の中に本質が表れてくるそうです。

簡単に言えば、何か始めるときに、一呼吸置いて、
どの部分をどのようにするかを、考えてから取り組めば、
より集中できるということ。

例えば、英語のリスニングをする時に漫然と聴くのではなく、
「よし、今日はaとかtheといった冠詞に注意して聴こう」と、
一瞬エポケーしてから始めるだけで、いつもは聞き取れない
冠詞の部分が聴き取れるようになることです。

この本から何を活かすか?

眠っている才能を開花するには、時には何らかの
特別な刺激も必要です。

そこで、本書では普段とは異なる経験をすることで、
脳を活性化する5つの方法を紹介しています。

  1. 嬉しいドキドキ体験をする
  2. 不安になったり、怖がったりのドキドキ体験をする
  3. 旅行に行く
  4. アートを鑑賞する
  5. 極端なものを見る

このような刺激を受けて、私たちの思考のスイッチは
強制的に押され、脳が活性化するそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由

世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由
(2013/11/29)
松本 大

商品詳細を見る

Kndle版 世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由

満足度★★
付箋数:15

中身は普通の米国株投資の入門本。

そんな本を、マネック証券CEOの松本大さん自らが
執筆する必要があるのか? と思いましたが、
実際に半分以上はマネックの社員の方が書いていました。

  著者 松本大
  監修 マネックス証券株式会社

となっていますが、中身のイメージは逆で

  著者 マネックス証券株式会社
  監修 松本大

と表記した方がシックリくるぐらいです。

最終的には「米国投資はマネックス証券で!」という
流れになりますから、ネームバリューのある松本さんが
前面に出て社長自ら宣伝するのは、企業として正しい姿です。

  「米国株式市場は、おそらく世界最強の株式市場
  といっても過言ではないと思います。」

何をもって「最強」かは、人によって違いますが、
「米国株式市場が最強」と言う松本さんの意見に
異論を唱える人は少ないと思います。

なぜなら、米国の「人口」は右肩上がりで増え続け、
高等「教育」では、世界中のエリートが集まり、
シェールガスやシェールオイルの採掘が軌道に乗ったことで、
「資源」面でも、経済にプラスの影響を期待できるから。

  「米国経済はすでに危機的な状況から完全に脱却したと
  みてもよいでしょう。ここからシェール革命による
  双子の赤字解消、人口の増加といったメリットが
  加わってくるのです。」

私も米国株投資を行っているぐらいですから、
ここまでの松本さんの考えに違和感はありません。

では、松本さんは、どのように米国株に投資することを
推奨しているのでしょうか?

本書では米国株に投資するときの留意点として、
3つのポイントが紹介されています。

  「1. 外貨建て資産のポートフォリオとして、
     円に替えることなく長期で運用する
   2. 米国国債のゼロクーポン債との組み合わせでリスクを抑える
   3. 自分が働きたい会社、子供や孫に働かせたい会社
    という観点で銘柄を選ぶ

  という考え方をお勧めします。この3点に配慮しておけば、
  まず大きな失敗に終わることはないと思います。
  投資にとって時間を味方につけるのは、非常に大切なことなので、
  もし米国株式の投資を始めるのであれば、
  できるだけ若いうちからスタートさせることです。
  それが豊かなリタイヤメント生活を送るための
  資金づくりにつながっていくのです。」

一般的に株式投資をする場合、その会社の良し悪しだけでなく、
割安か割高かの投資のタイミングを考慮しなければなりません。

いくら自分が働きたいと思うような会社であっても、
人気が殺到して株価が上がり過ぎているタイミングでは、
割高となってしまうからです。

投資のタイミングを無視したようなアドバイスを
松本さんがしているのは、対象が「若い人」だから。

今、少しぐらい割高になっていたとしても、
本当に将来有望な企業の株式なら、何十年も歳月を経て、
そんな割高分も吸収して成長するからなのでしょう。

この本から何を活かすか?

  松本さん流の「株式投資のセンスを磨く方法」

松本さんは、株式投資のセンスを磨くために、
以下の方法で、バーチャルトレーディングを行うことを
推奨しています。

  1. これから1か月後までに想定される経済環境の変化を考える
  2. その環境下で自分自身が注目する銘柄をいくつか挙げる
  3. 1週間に1度それらの株価をチェック
  4. 1ヶ月経過時点で、自分が想定した環境変化と、
    それをベースに選んだ銘柄の株価の変化を振り返り、
    なぜそうなったかの原因も一緒に考える

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

期待以上に応える技術

期待以上に応える技術期待以上に応える技術
(2014/01/08)
網野麻理

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

  「この本は、 “どんな相手とも信頼関係を築いて、
  相手の期待以上に応えるためのコミュニケーションの極意”
  をまとめた本です。」

著者の網野麻理さんは、クレジットカード会社JCBで、
プレミアム会員との電話対応を長年行ってきた方。

網野さんは、言われたことだけでなく、
付加価値をつけた「期待以上」に応えるサービスで、
富裕層会員に高い満足感を与えてきました。

数あるクレジットカード会社の中から、メインカードに
選んでももらうためには、電話の問合せひとつでも、
「ここのカードを使いたい」と思わせる接客が必要でした。

網野さんは、ある日、JCBをメインで使っていないお客様から、
某人気ホテルの予約を取りたいとの電話を受けたそうです。

そのお客様は、いつも利用しているカード会社では
まったく予約が取れず断られたため、ダメ元でJCBに
電話をかけてきました。

しかし、トップシーズンの真っ只中だったため、
どのルートからもその人気ホテルの予約は取れなかったのです。

普通の対応なら、お客様もダメ元で電話してきている
ことなので、予約が取れないことをお詫びして終わりですが、
網野さんは、次のような提案をしました。

  「本日の段階では満室となっており、予約ができませんでした。
  宿泊予定が近づけば、キャンセルが出る可能性がございます。
  ご宿泊のお日にちギリギリまでホテルの空室を確認させて
  いただけないでしょうか」

更に、網野さんは、万一キャンセルが出なかった場合も考えて、
近くの別のホテルの予約も入れ、毎日時間を見つけては、
ホテルにキャンセルが出ていないか確認の電話を入れ続けました。

その結果、実際に宿泊間近にキャンセルが出て予約も取れ、
そのお客様はJCBをメインのカードに切り替えてくれたそうです。

これは電話でのコミュニケーションの一例ですが、
本書では「期待以上」に応えるための、作法や心得などを
実例と共に解説します。

また、本書の後半ではエニアグラムに基づく
「タイプ別コミュニケーション術」も紹介しています。

エニアグラムは、もともと古代アフガニスタン王家に
口伝された秘法で、1950年代に米スタンフォード大学で検証され、
理論・体系化された9つのタイプに分ける性格論です。

  ・秩序を大切にされるお客様への対応術
  ・優しさや愛を大切にされるお客様への対応術
  ・時間や効率を大切にされるお客様への対応術
  ・感性や独自性を大切にされるお客様への対応術
  ・情報を大切にされるお客様への対応術
  ・安心感を大切にされるお客様への対応術
  ・新たな可能性を大切にされるお客様への対応術
  ・影響力大切にされるお客様への対応術
  ・平穏なつながりを大切にされるお客様への対応

難しいのは、そのお客様がどのタイプかを見分けること。

本書ではお客様の発する言葉やキーワードから
どのタイプかを見分けて、そのタイプに合った対応を
する方法を紹介しています。

この本から何を活かすか?

  沈黙を活用する

まだ経験が浅かったころ、網野さんは、
お客様との沈黙に耐えられず、
必死に「間」を埋めるように対応していたそうです。

それは沈黙の時間が怖かったから。

しかし、間を詰めて説明すればするほど、
お客様が「また後で連絡するよ」と電話を切ることが続き、
沈黙もお客様には必要な時間と気づいたそうです。

  「沈黙の時間でお客様の頭は整理され、
  通話中に選択できるようになる」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 07:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙に挑むJAXAの仕事術

宇宙に挑むJAXAの仕事術宇宙に挑むJAXAの仕事術
(2014/03/15)
宇宙航空研究開発機構

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

1970年に打ち上げられたアポロ13号は、米国のアポロ計画で、
3度目に行なわれた有人月飛行ですが、致命的な爆発を起こしながら
奇跡の生還を成し遂げたことで知られています。

その様子はトム・ハンクスさん主演の映画『アポロ13
でも描かれています。

帰還を成功させた立役者の1人が、エド・ハリスさんが演じた
主席管制官(フライトディレクタ)のジーン・クランツさんでした。

クランツさんは自分の経験を元に10箇条の教訓を残していて、
それは宇宙航空研究開発機構(JAXA)職員にとっても
仕事の原点になっているそうです。

クランツさんの10箇条の教訓は以下の通りです。

  1. 先を見越して積極的に動く
  2. 自分の担当は自分で責任を持つ
  3. やるときは全力で。手を抜かない
  4. わからないことはその場で必ず確認する
  5. 考えられることはすべて試し、確認する
  6. 連絡も記録も、重要なことはすべて書く
  7. ミスは隠さない。それがチームメイトへの教訓になる
  8. システムを全部掌握する
  9. 次に来るものを常に意識する
  10. チームワークを尊重、信頼感を持つ

さて本書は、近年、世界にその高い実力が認められつつある
JAXAの仕事術をまとめた本です。

  「本書は、宇宙航空研究開発機構のメンバーたちが普段どのように
  仕事をしているのかを紹介した、おそらくはじめての本です。
  報道ではイプシロンロケットが無事打ち上がったことや、
  ちょうどいまなら若田宇宙飛行士が宇宙でどんな活動を
  行っているかなど、いわゆる “アウトプット” はよく耳に
  されると思いますが、その裏でJAXAのメンバーたちが
  どんな段取りで、どんな仕事術を駆使して
  成功させていっているのかについては、あまり知られていません。
  本書では、 “リスク要因を事前にあぶり出し、失敗を回避する仕事術”
   “業務目標達成と人材育成を両立させるためのマネージャの心得”
   “宇宙を動かす『和』の関係構築術” などJAXAの実例とともに
  様々な仕事術をご紹介しています。」

本書の「まえがき」を書いているのは、JAXA理事
有人宇宙ミッション本部長の長谷川義幸さん。

今は、宇宙飛行士ブームなので、当ブログでもこれまで
何冊かの宇宙飛行士関連本を紹介しています。

しかし、本書はライターの方が取材をして書いたものではなく、
JAXA自体か筆を執って、その仕事内容を紹介した貴重な本です。

本書の特徴は、宇宙飛行士と並んで、ミッション遂行時の
もう一つの花形であるフライトディレクタの仕事のついても
詳細に紹介されていること。

運用計画、システム運用、実験運用などの運用にかかわる
全責任を持つのがフライトディレクタで、運用管制員や
宇宙飛行士が作業を行うときに指揮を執る仕事です。

フライトディレクタの勤務体制から、日常業務までを紹介し、
業務遂行にあたり、求められるスキルなども書かれていますから
JAXAの仕事に興味がある方には、外せない一冊です。

もちろん、危機管理の優れたJAXAのノウハウは、
一般のビジネスパーソンの仕事術としても活用できます。

この本から何を活かすか?

ビジネスの現場では、ちょっとした説明不足や認識の違いで、
思いがけないトラブルが起こってしまうもの。

そんな時には、宇宙飛行士が実践する「言い直し確認法」が
役に立ちます。

  「宇宙開発の現場では、非常に緊張した状況のなかで
  未知の領域に挑むことになります。どんな優秀な人でも、
  思い込みによるミスはありえますので、JAXAでは、
  指示を受けたときには “それは○○ということですね”
  と自分の言葉で言い直し、認識のギャップを修正するよう
  指導しています。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5/6 休載します

高校時代から親しくしていた友人が亡くなったため、
5/6は休載いたします。

よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| お知らせ | 07:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元祖プロ・コーチが教える 育てる技術

元祖プロ・コーチが教える 育てる技術元祖プロ・コーチが教える 育てる技術
(2014/01/31)
ジョン・ウッデン、スティーブ・ジェイミソン 他

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:21

  「1934年、私はついに、自分なりの “成功の定義” を考案した。

  成功とは、自分がベストの状態になるために最善を尽くしたと
  自覚し、満足することによって得られる心の平和のことである。

  さらに言えば、自分の成功のレベルを判定できる
  唯一の人間は自分自身である。」

このように述べたのは、本書の著者ジョン・ウッデンさん。

ウッデンさんは、米大学バスケットボール界で、
「史上最高のコーチ」と言われた名将です。

1948年から1975年の間にカリフォルニア大学ロサンゼルス校
(UCLA)のバスケットボール部の監督を務め、
チームをNCAA全米大学バスケットボール選手権で
10度の優勝に導きました。

ウッデンさんの生涯勝率は8割で、660勝をあげ、
また、88連勝という前人未踏の記録も打ち立てています。

しかし、そういった記録もさることながら、
ウッデンさんが「史上最高のコーチ」と称されたのは、
別の理由があります。

それは、その高潔な人格からバスケット界に限らず、
広く尊敬を集めたからです。

残念ながら、ウッデンさんは2010年6月に
99歳でこの世を去っていますが、
彼の持つ哲学がわりやすく書かれたのが本書です。

ちなみに本書は、2004年に刊行された
『元祖プロ・コーチが教える 育てる技術』の新装版。

  「1934年、私は “成功のピラミッド” の礎石となる
  ふたつのブロックを選んだ。当初は、最終的にどれくらいの数の
  ブロックが必要になるか、また、ピラミッドの最終的な大きさが
  どれくらいになるかまったく知らなかった。
  結局、14年間にわたって膨大な時間を費やしたのちに
  やっとピラミッドが完成した。」

成功のピラミッドとは、「勤勉」、「友情」、「忠誠心」、
「協調性」、「情熱」といったブロックを底辺から順に
積み上げていくことで、頂点の「成功」に達するという
ウッデンさんの哲学です。

これらの各ブロックの位置と順番には、重大な意味があり、
まず土台となる礎石をしっかりと築くことが重要です。

本書では、この成功のピラミッドをはじめ、
人を育てる極意が、60の短い言葉でまとめています。

  「人前で叱らない
  人前で厳しく叱ると、相手に恥ずかしい思いをさせて
  反感を抱かせてしまい、こちらの真意がうまく伝わらない
  恐れがある。コートの上であれ、職場であれ、
  こういう指導は逆効果である。」

闘争心を剥き出しにして、その場で激しい感情を
コントロールできずに、選手にぶつけてしまう監督も
いますが、ウッデンさんはその対極にいます。

常に指導下にある人に敬意を払い、恐怖心ではなく
誇りで動かそうとします。

このようなウッデンさんの指導法は、
スポーツのみならず、職場での部下の育成や、
チームビルディングにも生かすことができます。

この本から何を活かすか?

生前のウッデンさんのスピーチはTEDの映像が残っています。



「The difference between winning and succeeding(勝利と成功の違い)」
というタイトルの2001年の講演です。

17分程度の映像です。日本語字幕付きでご覧ください。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早く正しく決める技術

早く正しく決める技術早く正しく決める技術
(2014/04/24)
出口 治明

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:23

日本実業出版社の細野さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

私たちは、ビジネスでもプライベートでも常に決断を迫られます。

どちらを選ぶべきか?という二択ならまだしも、
多数の選択肢の中から選んだり、
選択肢のない状態で決断せざるを得ないこともあります。

決断の原則は「どちらがベネフィットが高いか」。

誰もが、便益の高い方を選ぶというルールは知っています。

しかし、同じルールで考え、同じ選択肢から選んでも、
決断の早い人と遅い人がいます。

この違いは、どこからくるのでしょうか?

中には遅いだけでなく、明らかに間違った決断を
してしまう人さえいます。

ライフネット生命保険CEOの出口治明さんは、
この理由を、次のように説明します。

  「理由は、 “余計なこと” を考えてしまっているからです。」

本来、考える必要のない80%のムダなことが、
あなたの思考を鈍らせ、正しい決断の邪魔をしている。

では、考えなくていい余計なこととは、どんなことでしょうか?

例えば、上司の顔色、社内政治、自分の経験の有無、
過去の経験、仕事の哲学などが、
正しい決断には必要のない材料です。

「いくらベネフィットがあっても上司が承認しない」
と考えて、決断できないのかこのパターン。

余計なことを考えてしまう人は、意思決定と
提案を通すことの区別がついていないということ。

もちろん、上司の承認を得るという過程は必須ですが、
それはあくまで意思決定した後の話です。

では、余計なことは考えから除外して、
何を基準に決断すべきなのでしょうか?

出口さんは、正しく決めるには全世界共通の
3つのルールがあると言います。

それは、「数字・ファクト・ロジック」。

「数字」とはデータのこと。

これは国語としてのストーリーで考えるのではなく、
算数で考えるということです。

数字を見ていくと、一見、聞こえのいい話の
事実が見えてきます。

次に「ファクト」とは、データに関連する事項や過去の事実。

ここでは、客観的な事実と意見を分けるのがポイント。

ひとりのお客様の声は、ファクトではなく、
ある程度データを蓄積して、それを分析することで
初めて使えるファクトになるのです。

最後に「ロジック」とは、数字とファクトをもとに、
組たてれらる理論のこと。

論理的に筋が通っているのはもちろんですが、
結論にたどり着くまでの変数をより多く持っている方が、
優れたロジックになるそうです。

変数が増えることは、不確定要素が増えるのではなく、
より多面的に考えていることになります。

本書は、決断の仕方について非常にわかりやすく
書かれている良書でした。

この本から何を活かすか?

  ライフネット生命保険の入社試験

数字・ファクト・ロジックで考える力があるかを見るために、
ライフネット生命の2013年定期採用の入社試験では、
次のような重い課題を出したそうです。

  あなたは、内閣総理大臣の突然の呼び出しを受け、
  「インターネットの力を活用して、日本の少子化問題の
  解決に取り組む方法」について提案することになりました。

  1.日本における少子化の現状とその原因を明らかにしてください。

  2.そのうえで、あなたが解決すべき課題をあげてください。

  3.インターネットを使ってその課題を解決するプランを立て、
   費用対効果とともに提案してください。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか

なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのかなぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか
(2014/03/21)
本田 直之

商品詳細を見る

なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか

満足度★★★
付箋数:18

メジャーリーグで活躍する日本人選手の姿は、
今や当たり前に見られる時代になりました。

何人もの日本人選手が、メジャーリーグ各チームで
欠かせない存在になっています。

しかし、それは野茂英雄さんが、メジャーで実績を上げ、
日本人が受け入れられる道を切り開いたからです。

サッカーでも、中田英寿さんが出てくる前と後では、
日本人選手に対する評価が大きく変わりました。

中田選手がセリエAで活躍する前の時代には、
現在のように多くの日本人選手が欧州クラブで活躍す姿を
想像していた人は少なかったでしょう。

日本人が世界を相手に勝負できるようになったのは、
野球やサッカーだけではありません。

実は、「料理」の世界でも大きな変化が起こっているのです。

  「もし、日本人シェフが全員いなくなたら、ヨーロッパの
  レストラン業界は成り立たない。
  これは嘘でも冗談でもなく、本当の話。
  料理の世界で今、日本人がとんでもない活躍をしている
  ということに私が気づき始めたのは、もう3年ぐらい前に
  なるでしょうか。」

このように語るのは、レバレッジシリーズなどの
著書累計250万部以上を誇る本田直之さん。

本田さんは、日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザーの
資格も持つぐらいですから、料理にも詳しく、
ヨーロッパなどでも数多くのレストランを巡っているようです。

料理の世界では、ミシュランガイドの星を獲得することが
ひとつのステイタスです。

特に、ミシュランのお膝元、フランスで星を獲得することは、
日本人シェフにとっては、かなり難しいことでした。

しかし、2002年に日本人オーナーシェフとして
初めて1つ星を獲得した「レストランひらまつ」の平松宏之シェフ、
2006年に同じく星1つを獲得した「ステラ マリス」の
吉野建シェフらの地道な努力により、日本人料理人への信頼の
ベースがつくられました。

そして、次の世代の松嶋啓介シェフが最年少で星を取った頃から
一気に流れが変わり、2014年の「ミシュランガイド フランス」では、
20人もの日本人が星を獲得するまでになったそうです。

本書は、世界で活躍するシェフやソムリエ15人に
本田さんがインタビューを行い、その成功の秘訣を探る本。

登場するシェフが働くレストランは、フランス9店舗、
イタリア3店舗、スペイン1店舗、日本2店舗ですから、
そう簡単に行けるところにはありません。

つまり、本書はレストランガイドではありません。

また凄腕のシェフから、おいしい料理をつくる秘訣や
レシピを学ぶ本でもありません。

あくまで、インタビューから学ぶのは、
プロフェッショナルとしての仕事の哲学です。

それは、思考法であり、働き方であり、自分の磨き方であり、
強みの活かし方や勝負の仕方などです。

また、料理の世界で起こっている変化を感じ取り、
すぐに現地に飛んでシェフらにインタビューを行った
本田さんの行動力にも驚かされます。

この本から何を活かすか?

本田さんは15人のシェフやソムリエに聞いた話から、
「世界で活躍するために必要な34のスキル」としてまとめ
巻末に掲載しています。

その中から、特に私が気になったものをいくつか紹介します。

  1. 技術や知識よりも、哲学を学ぶ
  7. 賛否両論でOK
  15. ファーストステージをどう過ごすかで人生が変わる
  19. 好奇心を強く持つ
  20. 仕事を早くこなすトレーニングをしておく
  22. 遠慮しない、謙遜しない、感情を抑えない
  34. あらためて何が評価されているのか見つめる

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

江戸商人・勘助と学ぶ 一番やさしい儲けと会計の基本

江戸商人・勘助と学ぶ 一番やさしい儲けと会計の基本江戸商人・勘助と学ぶ 一番やさしい儲けと会計の基本
(2014/04/10)
眞山 徳人

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

日本実業出版社の細野さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

「会計」は敷居が高く、その仕組みやルールを覚えるのは、
正直、メンドウです。

それでは、なぜ、メンドウな会計の仕組みがあるのでしょうか?

企業は、税務申告しなければなりませんから、
納税のために、ルールに則った会計が必須です。

しかし、会計にはもっと本質的な必要性があるのです。

それは「会計は、会社が儲けるために必要」だから。

ですから、会計の知識は経理の人だけが使うものではなく、
儲けるための組織=会社に所属する、あらゆる立場の人に
必要な知識なのです。

ここで日本の歴史上、儲けた人たちを思い浮かべてみましょう。

戦前の日本には財閥と呼ばれるコンツェルンがありました。

その財閥の基礎ができあがった江戸時代。

  「江戸時代には現在のような複雑な会計ルールは
  存在していませんでしたが、三井家をはじめとした
  江戸時代の豪商たちは、独自の帳簿体系のなかで
  会計手順をふんでいました。

  ルールがないのに、なぜあえてそんなことをしていたのか―。

  理由は単純で “儲けるために必要だから” です。
  彼らのような豪商たちが破竹の勢いで力をつけ、
  現代においてもなお、大企業としてその名を残しているのは、
  会計のしくみがあったから・・・・・、
  そう言っても、決して過言ではないでしょう。」

ということで、本書は江戸時代の商人見習い(丁稚)である
三友勘助が商売を成功させるストーリーから会計を学びます。

勘助が丁稚奉公に来たのは、三友高光が主をつとめる
江戸の呉服屋「ゑびす」。

勘助は失敗を繰り返しながらも、風呂屋に住みつく
「商売の仙人」と呼ばれるメンターからアドバイスをもらい、
会計と商売の仕組みを学びます。

果たして、商売の仙人の正体とは・・・・。

主人公の勘助のモデルはわかりませんが、
主人の三友高光は、実在した三井高利さん、
呉服屋は「越後屋」(ゑちごや)をモデルにしています。

後の「三越」となる江戸時代の越後屋は、
「現銀掛値無し」や「切り売り」など、
当時、他の呉服屋ではやっていな画期的な商法を打ち出し、
豪商に成長していきました。

とは言っても、江戸時代のビジネスモデルですから、
現在と比べるとかなりシンプルです。

しかし、シンプルだからこそ会計の本質的な要素である
利益や費用の考え方、売掛金の回収、原価の計算など、
儲けの仕組みを、細かな会計ルールにとらわれずに
学ぶことができるのです。

ただし、面白く会計を学べるように設定を凝っていますから、
人によっては最初ストーリーに入り込むまでに、
少し時間を要するかもしれません。

設定の中には、江戸時代の通貨が「4進法」になっているなど、
会計を学ぶ上では、多少わかりにくい部分もあります。

しかし、一度、その世界に入ってしまえば、
時代小説を読むような感覚で、気が付くと会計の基本が
身についているというありがたい本です。

この本から何を活かすか?

時代小説はKindle本が安い。

私はここ最近、小説はKindleで読むと決めていますが、
Kindle本の中でも時代小説は価格が安くなっていますね。

ただし、価格やポイントは常に変動するので、
買うタイミングに注意は必要です。

少し前に読んだ時代小説は、冲方丁さんの『天地明察』、
今読んでいるのが池波正太郎さんの『鬼平犯科帳』シリーズ。

次に読もうと思っているのが、浅田次郎さんの
壬生義士伝』です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会計・ファイナンス・企業分析 | 06:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |