活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

統計の9割はウソ

統計の9割はウソ: 世界にはびこる「数字トリック」を見破る技術 (一般書)統計の9割はウソ: 世界にはびこる「数字トリック」を見破る技術 (一般書)
(2014/02/19)
竹内 薫

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:22

主婦の「平均へそくり額416.0万円」は本当か?

2013年にある会社が実施した、サラリーマン世帯の主婦を
対象とするアンケート調査では、へそくりの平均所持額が
「416万円」となりました。

このへそくり額を聞いて、あなたは、どう感じますか?

「ずいぶん多いな」と感じた人も多いと思います。

「ひょっとしてウチの妻もヘソクってる?」と疑った方や、
「世の中には貯め込んでいる人が結構いるんだな」と
素直に感心した方もいるかもしれません。

まず、こういったデータを見聞きしたときに、
最初に注目すべきは、誰が発表したデータかの確認です。

グラフやデータは、一部切り取ったり、見せたいところだけを
伝えることで、簡単に発表者の意図を反映することができます。

例えば、ダイエットのサプリメントを販売する会社の、
痩せた効果のデータなら、少しでもダイエット効果を高く
見せる工夫がなされているはず。

データがポジショントークになっていることは日常茶飯事です。

次に注目すべきは、調査を実施した対象者とサンプル数。

誰に聞くかによって、答えはまったく違ってきますし、
それを何人に聞くかで、どの程度の精度で、
母集団の特性を反映しているかが決まります。

冒頭の「主婦のへそくり」アンケートは、
損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ保険が
「2013年夏のボーナスと家計の実態」として調査したもの。

全国の20~50代のサラリーマン世帯の主婦500名
(各年代125名ずつ、平均年齢39.8歳)が対象でした。

アンケートの結果、「夫に内緒の資産(へそくり)の所持率」
が41.8%でした。

その内、へそくりがあると答えた人に所持額を聞いて
出た平均額が先の416万円でした。

つまり、約6割の主婦はへそくりを持っていませんが、
416万円は、それを除いた209人(n=209)のへそくり額の
平均になっているのです。

更に「平均のマジック」があるので、一部に突出した
へそくり額の人がいると平均が押し上げられます。

こういう時は、データの分布や分散なども合わせてみないと、
サンプル調査から、世間一般の主婦のへそくり実態を
見ることはできません。

この調査では、1000万円以上の人が10%いたので、
平均額をかなり押し上げています。

実際の分布を見ると、100万円未満の人が最も多く26.8%、
次に100万~200万円の人が21.1%でした。

ですから、主婦の平均へそくり額416万円は、
ウソではありませんが、そんなリッチな主婦なんて
滅多にいないというのが実態なのです。

本書では、人気サイエンスライターの竹内薫さんが、
このような日常で目にするデータを例にして、
陥りやすい間違った読み方や、統計目線での正しい読み方を
解説します。

数式だらけの本格的な統計本ではありませんから、
統計に不慣れな人でも、身近な話題から、
抵抗なく読める本になっています。

この本から何を活かすか?

  「超カンタン誤差計算法」

本書ではTBSの超人気ドラマ「半沢直樹」を例に、
視聴率が40%の場合でも、誤差がプラスマイナス4%あるので、
本当の視聴率は36%かもしれないし、44%かもしれないことが
指摘されていました。

この誤差4%は、次の簡便法で計算できるようです。

  「誤差を知りたければ平方根をとれ」

調査世帯600の平方根は、√600≒24なので、±24世帯。

これを調査世帯数で割ると24÷600=4%となります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 数学 | 06:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |