活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

やる気の伝え方

やる気の伝え方 (一般書)やる気の伝え方 (一般書)
(2014/02/19)
横山 信治

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

著者の横山信治さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたの頑張りは、会社で正しく評価されていますか?

もし、評価されていないと感じるなら、あなたの「やる気」が
上司に伝わっていない可能性があります。

「やる気」があるかどうかは、あなたが決めるのではなく、
周りが決めるのです。

  「 “やる気” を上手く伝えることが出来れば、
  会社や上司から評価されます。
   “やる気” を上手く伝えることが出来れば、
  仲間を味方に付けることが出来ます。
   “やる気” を上手く伝えることが出来れば、
  楽しい会社生活を送れます。」

「やる気」は自分が持つかどうかではなく、
目線が相手に向かっていて、それが伝わることが重要なのです。

本書で横山さんが伝えるのは、あなたが会社で正しく評価
されるための究極の処世術。

例えば、どうしても気の合わない上司がいたとします。
あなたは、その上司とどのように接しますか?

次の3つの中から選んでください。

  a) なるべく「関わらない」ようにする
  b) 嫌いでも「話をする」ようにする
  c) 上司の話は「メモをしながら」聞くようにする

人間の感情は、簡単にコントロールできませんから、
気の合わない上司を、急に好きになることはできません。

しかし、そんな上司に対しても興味を持つことはできます。

  「できるだけ上司の話に耳を傾けましょう。
  その際、上司が話している内容をノートにメモすれば、
  とても相手が喜びます。相手に興味を持っていることを、
  行動として示すことができるからです。」

つまり、3択の中では「c」のメモをしながら聞くが正解です。

それでは、上司と気が合わないところから更に発展して、
上司との関係が悪化してしまったときは、
あなたは、どのように対処すべきでしょうか?

そんな時は、仕事上の「悩み」を上司に相談しに行きましょう。

なぜなら、人は相談してくれた人に好意を持つ性質があるからです。

ただし、相談する際にも3つのポイントがあります。

  1. 答えが簡単に出るような事を相談する
  2. 自分の弱みや欠点をさらけ出す(無理のない範囲で)
  3. 上司の得意なことを相談する

これらのポイントを踏まえて上司に悩みを相談すると、
親密度が増し、上司からの好感度が上がるようです。

相談中は真剣に「あいずち」を打ちながら、
上司の答えを「メモ」したり、「復唱」しながら聞きます。

また、相談後には必ず上司にお礼を伝え、
アドバイスを生かした事後報告も忘れずに。

そうすることで、あなたの信頼度はますます上がるのです。

会社という組織の中では、上司との人間関係が
あなたの評価に大きな影響を与えます。

このように、本書では横山さんの豊富な経験に基づいた
会社の中で生きてゆくための術を教えてくれます。

上司との関係で悩みがある人にとっては、
頼りななる一冊だと思います。

この本から何を活かすか?

  相手を褒めるときは「今日の」をつける。

例えば、「今日のプレゼン素晴らしかったですね」とか、
「今日のネクタイ素敵ですね」のように。

褒めることは、コミュニケーションの王道ですが、
それを一時的なお世辞にしないためにも、
「変化」に注目した褒め方にすると、真実味が増すようです。

「今日の」をつけることで、今日だけではなく、
以前から注目していることを相手に伝えられるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |