活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)(2013/10/10)川上量生商品詳細を見る満足度★★★ 付箋数:21   「この本は、『ゲームを心から大好きな、いわゆる “ゲーマー” が、   社会的に過小評価されているのではないか』という仮説を検証する   という名目のために、僕のゲーマーとしての過去の輝かしい   (と自分では思いたい)経歴と、経営者としてビジネスで   考えていることを、抱き合わせ販売で読んでもらうというの...

発想をカタチにする技術 新しさを生みだす“ありきたり(2013/11/14)吉田 照幸商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22日本実業出版社の細野さんより献本いただきました。ありがとうございます。2004年と2005年に単発特番放送後、2006年から6シーズンに渡り、NHKで放送されたコント番組『サラリーマンNEO』。サラリーマンを題材にして、個性は俳優がシュールな笑いを演じ、海外ドラマのような半年クールのシーズン制。NHKの他の番組もパロ...

データ分析ってこうやるんだ! 実況講義―――身近な統計数字の読み方・使い方(2013/10/04)吉本 佳生商品詳細を見る満足度★★★付箋数:24世帯の所得格差を表す指標に「ジニ係数」があります。「ジニ係数が悪化し、日本の所得格差が拡大」みたいな新聞記事を目にすることがありますね。この指標は、0から1までの値をとり、平等であれば0に近づき、不平等であれば1に近づく値を示します。では、2009年の日本のジニ係数を見てみましょう。2...

0

創造する脳

創造する脳(2013/10/10)茂木健一郎商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23  「創造性とは何か。  何かを生み出す時に、脳の中では何が起きているのか。  どのようなことを心がければ、創造性が評価される時代に  輝くことができるのか。自分自身が、あるいは自分の子どもが   “クリエイティブ・クラス” になるには、どうしたらいいのか?  本書では、さまざまな角度からその基礎となる知識、  実践するノウハウを論じてい...

正しい太鼓のもち方 上司を転がす35の社交辞令(2013/08/09)トキオ・ナレッジ商品詳細を見る満足度★★★付箋数:18  「そもそも、社長や重役、いわゆる組織のトップクラスまで  いける人が世の中に何人いるでしょう。  言うまでもなく、社長は一社にたった1人です。  果たして、あなたはそれにふさわしい人物なのでしょうか。  自分がどれほどの人物なのかは、これまでの人生を  ちょっと振り返ればわかるはずです。目をそ...

あなたの年収は1分で決まる──現役アナウンサーが教える「稼ぐ人」の話し方(2013/11/23)三橋 泰介商品詳細を見る満足度★★★付箋数:24日本経済新聞出版社、堀内さんから献本いただきました。ありがとうございます。話の上手な人の会話は「グチュグチュ」だ。「グチュグチュ」と聞くと、あまり話が上手そうな響きはありませんが、それはカタカナで書いているからです。  「 “グチュグチュ” ・・・・・漢字で書くと“具抽具抽”。  つ...

これから誰に売れば儲かるのか 成長戦略の正しい考え方 (単行本)(2013/10/10)吉本 佳生商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23あなたは、ある町でスポーツクラブA(A社)を経営しています。シニア層にも、若・中年層にも利用してもらえるサービスを提供する老舗のスポーツクラブで、町では47%のシェアを占めます。同じ町内にライバルのスポーツクラブが2社あります。1社はシニア層限定のB社と、もう1社は若・中年層限定のC社です。この...

日本の論点(2013/10/10)大前 研一商品詳細を見る満足度★★★付箋数:21  「これから先、グローバル企業のアジア部長に  誰がなるかといえば間違いなく韓国人。日本人は韓国人の上司に  レポーティングするのが関の山だ。  しゃかりきに勉強させなくなった弊害は、今後重くのしかかる。」相変わらず刺激的な物言いをする大前研一さん。日本の覇気がなくなった原因が、「競争させない教育」にあると指摘します。その結果、若い...

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代新書)(2013/09/18)吉田 たかよし商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:26  「宇宙生物学とは、地球に限定せず、宇宙全体の広い視野で  生命の成り立ちや起源を解明する学問で、アウトロバイオロジー  とも呼ばれています。本書は、この宇宙生物学の研究成果を  医学に結びつけることによって、生命の本質をわかりやすく  解き明かしていくものです。」本書の著者は、コメン...

外資系コンサルタントのインパクト図解術(2013/07/24)清水 久三子商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:222012年5月に刊行した『プロの資料作成力』が好評だったプロを教えるプロと呼ばれる図解の達人、清水久三子さん。本書は、前著で伝えた資料作成の基本動作を踏まえた上で、さらにインパクトを出すためのノウハウが体系的にまとめられています。言わば、『プロの資料作成力』の上級編。しかし、本書は「図解術」の本でありながら、...

成功は99%が情熱! ―――どんな人でもやる気になれる36のアクション(2013/09/13)水野 元気商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20何年か前にロケットニュースで「【路上の哲学】 毎朝、渋谷駅前で朝礼を行う会社の社長 水野元気氏にインタビュー」という記事を読んだことがありました。それは、平日の朝8時、晴れの日も雨の日も大きな声で渋谷駅前のスクランブル交差点に向かって叫ぶ、株式会社情熱の朝礼を取材したものでした。そのイメー...

問題解決のためのデータ分析(2013/09/13)齋藤 健太商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23  「一番問題なのは “膨大な数値データをとりあえず分析して、  そこからわかったことをもとに次の施策をたてたい” といって、  目的を決めずにデータ分析に入ったために、結局何もわからず、  迷路に迷い込んでしまうパターンです。」データ分析して、問題点が浮かび上がってくる場合もありますが、最初に課題を設定しないと、そもそも...

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)(2013/10/01)梅原 大吾商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:262012年4月に刊行された、前著『勝ち続ける意志力』がベストセラーとなった、プロ・ゲーマーの梅原大吾さん。前著を読んでいない方はもちろんですが、読んだ方でも本書を読む価値があります。なぜなら、この1年半の間に、梅原さん自身がより進化を遂げているから。いかにして、勝ち続けるか?ゲームに限らず、スポーツでも、ビジネスでも...

ハーバードとグーグルが教えてくれた人生を変える35のルール(2013/07/01)石角 友愛商品詳細を見る満足度★★★付箋数:21ハーバード・ビジネススクール(以下、HBS)には、世界中から優秀な学生が集まってきます。優れた能力の人たちですから、みな自信とプライドを持っています。だから、HBSの教授は、最初に自信過剰にならないように「謙虚であれ」と楔をさすように学生に言うそうです。  「実際、私はグーグルで “君みたいに謙虚...

「不快感」がスーッと消える本(2013/10/19)佐藤 達三商品詳細を見る満足度★★★付箋数:19著者の運気上昇トレーナー、佐藤達三さんから献本いただきました。ありがとうございます。本書はタイトルにある通り、あなたの「不快感」を消し去るヒーリング本。  第1章 初めはみんな純真無垢だった  第2章 ある時から不快感が生み出され始める  第3章 ある時から不快感が積み重なり始める  第4章 ある時からそれが本当の自分だ...

ビジネスで差がつく計算力の鍛え方―――「アイツは数字に強い」と言われる34のテクニック(2013/09/28)小杉 拓也商品詳細を見る満足度★★★付箋数:16  「例えば部長から   “前期の経常利益は8億円だったが、後期は11億円で着地しそうだ”  と言われたときに、即座に   “37.5%アップですね” と言えたら?  きっとあなたを、 “数字に強い人”  “頭の回転の速い人”、  ひいては “優秀な人” と思うのではないでしょうか。」...

言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密(2013/10/05)遠藤功商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:24  「常務、それは違いますよ」あなたが、20代の若手社員だとします。社外の人との打ち合わせに同席した上司である常務に、このようにハッキリと言うことができますか?  「役職が上の人でも普通に話せる。若手社員が役員に平気で  ダメ出しをしている。社長でも意見が違えば反論する。  とにかく言いたいことを言う...

言葉ひとつで“儲け”は10倍!(2013/10/31)岩波貴士商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22著者の岩波貴士さんから献本いただきました。ありがとうございます。岩波さんには、大変申し訳ないと思いましたが、本書は、すでに私の手元にはありません。読了して、すぐにある友人に譲ってしまいました。私はその友人から、次のような相談を受けていたのです。「あまり難しいことが書いていない本で、営業で参考になる本ってない?」実は、その...

そして日本経済が世界の希望になる (PHP新書)(2013/09/14)ポール・クルーグマン商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23本書に「原書」はありません。なぜなら、本書は訳者の大野和基さんが行った、ポール・クルーグマンさんへのロングインタビューと、その後のEメールでの質疑応答をまとめたものだから。本書は、いわゆる「語り下ろし」です。この事実が最初にわかっていれば、違和感なく読むことができます。インフレターゲットを10年...

専門家はウソをつく (小学館新書)(2013/10/01)勝間 和代商品詳細を見る満足度★★★付箋数:21「専門家はウソをつく」と専門家自身が発言したら、その発言はウソか、それとも本当か?この本のタイトルを見て、論理クイズの「正直村とウソつき村」を思い出しました。このクイズは、次のような内容です。正直者だけが住む正直村と、ウソつきだけが住むウソつき村がありました。どちらの村へ通じるのかわからない分かれ道に差しかかりまし...

京大・鎌田流 一生モノの時間術(2013/09/13)鎌田 浩毅商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20火山学を専門とする京都大学の教授という立場でありながら、テレビやラジオにコメンテーターそして出演し、雑誌では連載を持ち、一般向けの本も執筆する鎌田浩毅さん。鎌田さんの仕事の密度を見て、「いったいどんなスケジュールで生活しているの?」と聞かれることがあるそうです。その質問に対して、普段の時間の使い方を説明すると、「そん...

貧乏人が激怒する ブラック日本の真実 「情弱一人負けの時代」を生き抜くヒント(2013/10/18)午堂 登紀雄商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22光文社の坂口さんから献本いただきました。ありがとうございます。あなたは、自分が「情報弱者(以下、情弱)」になっていると、考えたことがありますか?いやいや、私は新聞やテレビでニュースを見ているし、常にスマホでも最新の情報はチェックしているから、「情弱」になっているはずがな...

Excel対応 90分でわかる! 日本で一番やさしい「データ分析」超入門(2013/09/20)内田 学、兼子 良久 他商品詳細を見る満足度★★★付箋数:172013年のビジネス書業界では、「統計本」がブームとなりました。そのきっかけを作ったのが、2013年2月に刊行された西内啓さんの『統計学が最強の学問である』です。2007年から始めた当ブログでも、毎年1~2冊の統計本を紹介してきましたが、2013年は本書が5冊目の統計本となります。本書も少な...

業務改革の教科書―成功率9割のプロが教える全ノウハウ(2013/09/21)白川 克、榊巻 亮 他商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:25著者の榊巻亮さんから献本いただきました。ありがとうございます。時代の変化のスピードが加速していることで、企業は「業務改革」に迫られることが多くなりました。しかし、改革のプロジェクトはあまり大きな成果を上げず、その大半が失敗すると言われます。日経コンピュータの調べによると、IT関係のプロジ...

人生って、それに早く気づいた者勝ちなんだ!(2013/09/02)千田 琢哉商品詳細を見る満足度★★★付箋数:18  「失敗から学べるのは、全力を出し切った場合のみだ。  全力を出し切っていない失敗からは、得るものが少ない。  全力を出しきったか否かの目利きは、とてもわかりやすい。  言い訳があるか否かだ。  全力を出し切った人間は、言い訳をしない。  なぜならできる準備はすべてした上で、本番に臨んでいるからだ。  ...

僕らの新しい道徳(2013/08/20)岡田斗司夫 FREEex商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:26  「この本では、抜き挿しならないこの国の難題に際し、   “道徳” がどんな力を持ちえるのか、7人のゲストを招いて、  さまざまな角度から明らかにしていきます。  そしてそれは、あなた自身がかかえる問題や、  悩みに対するヒントにもなるはずです。  さあ、新時代の道徳の授業を始めましょう。」本書は、2012年9月から2013年5月ま...