活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く (幻冬舎新書)(2013/01/30)大栗 博司商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:28  「人類、やるじゃないか!」2012年7月4日、CERN(欧州共同原子核研究機構)がヒッグス粒子の発見を発表したとき、本書の著者、大栗博司さんは2つの意味で、この発見に驚き感動しました。1つは、この実験を支えたCERNの「技術力」の素晴らしさ。CERNは、世界最大の素粒子物理学研究施設ですから、その...

JAL再生―高収益企業への転換(2013/01/26)引頭 麻実商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22  「JALの利益回復は著しい。債権放棄や減損処理など  更生手続による財産評定から生じたコスト圧縮が  後押しした面は否定できないが、それによる利益押し上げ効果が  すべてではない。むしろ、JAL内部の仕事の進め方そのものが  大きく変わったことによる効果が、きわめて大きい。  また、JAL社員ひとりひとりの仕事に対する考え方...

1年で成果を出す P&G式 10の習慣(2013/02/02)杉浦里多商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20パンパース、ジョイ、マックスファクター、SK-Ⅱなどいくつもの有名なブランドを持ち、一般消費財メーカーとしては世界最大のP&G(プロクター・アンド・ギャンブル)。P&Gは、売上や時価総額が大きいだけでなく、人材輩出企業としても評価が高く、2008年にはフォーチュン誌で、「社員の能力が高い企業」ランキングで世界第1位とな...

金融緩和で日本は破綻する(2013/02/01)野口 悠紀雄商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23本書は、反リフレ派である野口悠紀雄さんによる、アベノミクスへ浮かれる日本へ警鐘を鳴らす本です。ダイヤモンド・オンラインに2012年1月から12月にかけて連載した「経済大転換論」をベースに加筆・編集したもの。本書で述べられる野口さんの3つの主張は、「はじめに」を読んだだけでもわかるように、明快にまとめられています。  「第一に、...

常識を疑うことから始めよう (Sanctuary books)(2013/03/15)ひすいこたろう、石井しおり 他商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:25「本を読まない人のための出版社」サンクチュアリ出版の高山さんからの献本いただきました。ありがとうございます。ある国の首相が、別の国の首相の訪問を受け、官邸の一室で国家間の問題について話し合っていました。すると突然、ひどく興奮した男性スタッフが駆け込んできて、叫びながら机を拳で激しく...

「デキるふり」からはじめなさい (星海社新書)(2013/01/25)千田 琢哉商品詳細を見る満足度★★★付箋数:21  「一度きりの人生ならば理想の人生を歩みたいと思うだろう。  その理想の人生に近づくために、まず “ふり” から  はじめることだ。   “ふり” さえできないのに、それが実現するはずはない。」本書は、「デキる人」になるための自己啓発書。著者は、最近ものすごい勢いで本を執筆している千田琢哉さん。千田さんは、「...

リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)(2013/01/31)小幡 績商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23  「リフレとは何でしょうか?  それはインフレを起こす、ということです。  インフレとは、多くのモノの値段が上がるということです。  モノの値段が一斉に上がったら、ふつう困りませんか?(中略)  ふつうの人は、みんな困ります。  なぜ、そんなことをあえてしなければならないのでしょうか?  よくわかりません。  ...

7つの動詞で自分を動かす - 言い訳しない人生の思考法(2013/01/31)石黒 謙吾商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20  「受動的姿勢から立ち上がり、自分で自分の背中を  どうやって押すか。手が届かないそこに対して。  その対策としては、自分の意識の変化しかありえず、  最終的には誰も手伝えるものではありません。  だから、まず自分でやったかやらないか判別可能な “動詞” を  思考の中に刷り込みましょう。」本書が...

アメリカは日本経済の復活を知っている(2012/12/19)浜田 宏一商品詳細を見る満足度★★★付箋数:21国際金融へのゲーム理論の応用で世界的な業績があり、東京大学やイェール大学で名誉教授の称号が与えられている浜田宏一さん。ノーベル経済学賞の候補者としても名前が挙がることもあります。浜田さんは、日米で経済学の教鞭を40年以上もとり、その教え子には、日本経済に影響力を持つ著名人が名を連ねます。しかし、そんな浜田さんが...

「中卒」でもわかる科学入門 (2013/02/09)小飼 弾商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:26私たちは、なぜ、科学を学ぶ必要があるのでしょうか?その理由について、本書で小飼弾さんは次のように答えています。  「その問いに対する答えは簡単で、話をするためです。   “俺が勝手に決めた定義” 同士で話をしようとしても  すれ違うだけ。 “コップ1杯” と言った時に、自分のコップと  相手のコップのサイズが10倍も違うのに “同...

世界へ挑め!(2013/01/23)徳重徹商品詳細を見る満足度★★★付箋数:21現在、アジアの新興国の一つであるフィリピンの国家プロジェクトに注目が集まっています。それは、庶民の足であり、同時に深刻な大気汚染の元凶の一つともされている「三輪タクシー(トライシクル)」を電気自動車化(EV化)するプロジェクトです。フィリピン政府は、アジア開発銀行の融資を受け、2016年までに国内の三輪タクシー350万台のうち10万台をEVタクシーに...

人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方(2013/01/17)柳内 啓司商品詳細を見る満足度★★★付箋数:18  「2枚目の名刺を持つ働き方は、生活の基盤を持ちながら、  したたかに自分の夢を実現していく “戦略” として、  今の時代にとてもマッチしていると考えられます。」本書がススメるのは、本業とは別に副業を持つワークスタイル。必ずしも、収入増を目的とした副業である必要はありません。なぜなら、本業とは別...

本のチカラ(2013/03/12)不明商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:23日本経済新聞社、堀内さんから献本いただきました。ありがとうございます。  「あなたにとっての希望の本は何ですか?」本書は、作家、書家、アイドル、経営者、DJなど各分野で活躍する22人の著名人に、「希望を与えてくれた本」についてインタビューした内容をまとめた本です。2011年の東日本大震災後、ラジオ番組のプロデューサーの立川亜美さんの声がけにより、...

テレビショッピングは、なぜ値段を最後に言うのか?(2013/01/25)理央 周商品詳細を見る満足度★★★付箋数:21本書は、現場で使えるマーケティングを物語形式で学ぶ本。著者は『最速で結果を出す人の「戦略的」時間術』を当ブログでも紹介したこともある理央周さん。本書では、マーケティングを「売れる仕組みを創り出す」という誰にでもわかる言葉で定義します。そして、売り手目線ではなく、お客様目線で、新しい考えを仕事に取り入れ...

運命を変える心とからだの磨き方(2013/03/04)久住眞理商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20人間総合科学大学の井上さんから献本いただきました。ありがとうございます。本書の著者、久住眞理さんは同大学の学長を務める方。  「この本は、人間を科学的に見るという目を持って書かれています。  人間の本質を見ることは、あなた自身がより良く生きるための  合理的なヒントを与えてくれます。  私の様々な経験を通して感じてき...

「つながり」の進化生物学(2013/01/25)岡ノ谷 一夫商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:24本書は、動物行動学者の岡ノ谷一夫さんが、埼玉県立川越高等学校及び川越女子高等学校の生徒、計16名を集めて行った4日間の講義をまとめたもの。進化生物学を軸に、動物と人間のコミュニケーションの違い、人間の言葉の生まれ方、動物と人間の心の違い、心はなぜ生まれたのかなどについて講義が進みます。岡ノ谷さんは、一方的に説明をするので...

心をつかみ人を動かす 説明の技術(2013/02/28)木田 知廣商品詳細を見る満足度★★★付箋数:24著者の木田知廣さんに献本いただきました。ありがとうございます。当ブログでは、以前、木田さんの『ほんとうに使える論理思考の技術』を紹介したことがあります。この本は、「イタい」論理思考に陥らないための、論理でつかみ、心理で動かす技術がまとめられていました。今回の著書のテーマは、相手に「説明する技術」。心をつかみ人を動か...

君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?(2012/12/01)田村 耕太郎商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22  「私がこの本を書こうと思った理由は1つ。  日本人に、これからの時代への準備の大切さを知ってほしいからだ。  大げさに言えば、自分で自分の救命ボートを用意してもらう  その術について書いたつもりだ。」田村耕太郎さんは、以前にこのブログで紹介した『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?』でも、か...

アップル 驚異のエクスペリエンス ―顧客を大ファンに変える「アップルストア」の法則(2013/01/24)カーマイン・ガロ商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23  「アップルストアが成功したのは製品のおかげだと言われますが、  では、ウォルマートやベストバイ、ターゲットでも大半の製品は  買えるし、そちらならなにがしかの形で値引きも得られるというのに、  また、アマゾンならすべての製品が買えるし、売上税を払わずに  ...

一目惚れの科学 (ディスカヴァー携書)(2012/12/26)森川 友義商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:24  「 “恋愛感情” とはつまるところ、女性の持つ卵子と  男性の持つ精子を引き合わせて子どもを産ませるための  情動ですが、どんな女性でも、優秀な精子と結合したいと思い、  またどんな男性でも、優秀な卵子と結合したいと願います。  両者とも、よりよい卵子や精子を求めて、  相手を選ぼうとするわけです。」本書は、...

はじめる技術 続ける技術 一流アスリートに学ぶ成功法則(2013/03/05)中野ジェームズ修一商品詳細を見る満足度★★★付箋数:24さくら舎さんから献本いただきました。ありがとうございます。スポーツトレーナーの中野ジェームズ修一さんは、ジュニアの選手に「君はどうなりたいの?」と聞く機会がよくあるそうです。その時に、「ウィンブルドンに出場したい」とか、「金メダルをとりたい」と答える子どもがいます。そんな大きな夢を持つ...

人生を楽しみたければ ピンで立て!(2013/01/26)藤巻 幸大、阿久津 康弘 他商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20  「この本には、フジマキ流の “ピンで立つ” ための  行動ルールを詰め込んだ。 “ピンで立つ” ことができれば、  会社は必ず君を認めてくれることになるだろうし、  仕事はもちろん、人生そのものまでも楽しめるようにもなる。  今日から、いや今すぐ、行動を始めてほしい。」本書は、元伊勢丹のカリスマバイヤ...

ひとたまりもない日本 根拠なき「楽観論」への全反論(2013/01/22)藤巻 健史商品詳細を見る満足度★★★付箋数:17  「 “ずーっと外れているから2012年も外れる” と考えるか、  “その昔JPモルガンで長らく世界の儲け頭だった男が、  最近はずーっと外れているから、そろそろ当たる” と考えるか?  読者の皆様いかんである。」ありがたいことに、2012年も藤巻健史さんの予想はハズレました。2013年もその予想はハズれるでしょう...

金持ち父さんの お金を自分のために働かせる方法(2012/12/21)ロバート キヨサキ商品詳細を見る満足度★★付箋数:16ロバート・キヨサキさんの最新刊ということで読んでみましたが、内容は過去の著作の焼き直しでした。本書は青春出版社が発行するビジネス・マネー誌、「月刊BIGtomorrow」にキヨサキさんが連載する「金持ち父さんの先読み世界経済」をまとめたもの。同誌では2007年から「金持ち父さんの逆襲」というタイトルでキヨサキ...

一流役員が実践している仕事の哲学(2013/01/17)安田 正商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20  「これまで多くの方々と接してきてわかったのは、  優秀かどうかの差というのは紙一重の習慣にあるということです。」ロジカル・コミュニケーションのカリスマ、パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表の安田正さんは、講師として、これまで一般社員は5万人、部長以上の役職者には1000人以上に指導を行ってきました。そして...

セカンドマネーを創りなさい! :勝負しないで勝率99%! 利回り8%のインカムゲイン投資法(2013/01/18)瀧本 憲治商品詳細を見る満足度★★★付箋数:18「金持ち父さん」で有名なロバート・キヨサキさんの教えを、デフレ下の日本でどのように実践すべきかを解説した本。  「リスクを負って起業するつもりはないけれど、  サラリーマンを続けながら、お給料以外に、チャリンチャリンと  勝手にお金が入ってくる状態を創りたいと考えて...